デイライト (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイライト
Daylight
監督 ロブ・コーエン
脚本 レスリー・ボーエン
製作 ジョン・デイヴィス
ジョゼフ・M・シンガー
デヴィッド・T・フレンドリー
製作総指揮 ラファエラ・デ・ラウレンティス
出演者 シルヴェスター・スタローン
エイミー・ブレネマン
スタン・ショウ
ヴィゴ・モーテンセン
音楽 ランディ・エデルマン
撮影 デビッド・エグビー
編集 ピーター・アマンドソン
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年12月6日
日本の旗 1996年12月21日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $33,023,469[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$159,212,469[1] 世界の旗
配給収入 12億9000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

デイライト』(Daylight)は1996年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演のアメリカ映画

概要[編集]

公開当時から、『ポセイドン・アドベンチャー』に酷似していると言われていた。実際、ストーリ展開や登場人物の台詞などに『ポセイドン・アドベンチャー』を彷彿させるものは多い。なお、監督のロブ・コーエンは『ポセイドン・アドベンチャー』の製作に関わっていた。

ストーリー[編集]

ニューヨークニュージャージー州を結ぶ海底トンネルで、ある日の夕刻、危険な産業廃棄物を満載したトラックに暴走車が激突し、トンネル内は一瞬にして炎に包まれる。大勢の死傷者が出る中、現場に居合わせたタクシードライバーで元EMS(緊急医療班)隊長だったラトゥーラは、閉じ込められた人々を救出すべく、現場のEMS隊の隊長と話をつけようとするが、かつてEMS隊に所属していた時期に死者を出した経緯もあるラトゥーラは相手にされない。

しかし、諦めきれないラトゥーラは副隊長のフランクと相談し、その海底トンネルの換気口からの決死の進入を試みる。かろうじて、トンネル内部に侵入したラトゥーラだったが、地上では早急な復旧を求めるニューヨーク市の土木課が先導してドリルによる削岩作業を強行しており、そのためにトンネル全体の圧力バランスが崩壊しようとしていた。

登場人物[編集]

キット・ラトゥーラ(シルヴェスター・スタローン
元救助隊チーフだったタクシー運転手。たまたま入り口付近でトンネル事故に遭遇。救助隊達と協力して、単身トンネル内部に救助に向かう。
現役時代のころにも大惨事に遭った経験があり、その時に判断の誤りで仲間を死なせ自分のみ助かってしまったことが、彼を自己犠牲に駆り立てていた。
マデリーン・トンプソン(エイミー・ブレネマン
恋愛小説専門の作家。妻子持ちの相手と不倫や執筆のスランプ状態から自暴自棄になり、街を出るためトンネルを通ろうとして事故に遭遇する。
トンネル爆発時は内部の中盤あたりにいた。
他の生存者達がキットの過去を知り彼に対して不信感を露にする中、唯一キットの事を信じて協力し始める。
ロイ・ノード(ヴィゴ・モーテンセン
大手のスニーカーメーカー、テレトリービヨンド社の社長。勝負師で自信家。重役と企画会議の後、渋滞を避けるためトンネルを利用していた。トンネル爆発時は中盤を通過しており、同乗していたマネージャーは即死する。
独自の判断で出口を探しだそうとするが、ラトゥーラに戻るよう説得される。しかし、既に手遅れで瓦礫の崩落に撒き込まれ絶命する。テレビにも出演する有名人で、CMなどで知られるそのキャラクターは、ラトゥーラが到着するまで生存者の生きる希望になっていた。
トリリング夫妻
愛犬ジャーマン・ポインター(クーパー)を息子同然に育てている老夫婦。動物病院の帰りにトンネルを利用する。
息子を死なせてしまった過去からずっと悲しみを背負っており、一時期逃げ遅れたクーパーが死んだと思いこんでしまう。
エレノアは水温による体温低下と悲しみのあまり静かに息を引き取る。ロジャーもエレノアともに死のうと考えるがキットの説得により生きる決意をする。
クーパーは後々に自力で這い上がってキットによって助け出される。
クライトン一家
家族旅行でニューヨークを訪れている三人家族。夫が以前に不倫をしてた事で家族環境は冷めている。妻は医者で昔キットの起こした事故を新聞で読んでいた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
キット・ラトゥーラ シルヴェスター・スタローン 玄田哲章 佐々木功
マデリーン・トンプソン エイミー・ブレネマン 佐藤しのぶ 富本牧子
ロイ・ノード ヴィゴ・モーテンセン 後藤敦 宮本充
エレノア・トリリング クレア・ブルーム 宮寺智子 大西多摩恵
ロジャー・トリリング コリン・フォックス 塚田正昭 大木民夫
スティーヴン・クライトン ジェイ・O・サンダース 手塚秀彰 金尾哲夫
サラ・クライトン カレン・ヤング 叶木翔子 田中敦子
アシュリー・クライトン ダニエル・アンドレア・ハリス 小林さやか 伊藤実華
フランク・クラフト ダン・ヘダヤ 中博史 宝亀克寿
ビンセント セイジ・スタローン 檀臣幸 川島得愛
ジョージ・タイレル スタン・ショウ 辻親八 長嶋雄一
ノーマン・バセット バリー・ニューマン 水野龍司 佐々木敏
ブーム ジョー・アンダーソン 佐藤しのぶ
デニス・ウィルソン マーク・ロルストン 田原アルノ
グレース ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ 金野恵子 唐沢潤
ラトーニャ トリナ・マクギー=デイビス 篠原恵美 竹田まどか
カディーム マルセロ・セッドフォード 谷田真吾
マイキー レノリー・サンティアゴ 室園丈裕 杉山大
その他:矢野陽子、宮寺智子、田中正彦北斗誓一紗ゆり秋元羊介小野健一岩本裕美子
演出:壺井正、翻訳:平田勝茂、調整:飯塚秀保、効果:リレーション、制作:グロービジョン

スタッフ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Daylight (1996)”. Box Office Mojo. 2010年1月5日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)564頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]