トップガン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トップガン
Top Gun
監督 トニー・スコット
脚本 ジム・キャッシュ英語版
ジャック・エップス・ジュニア英語版
製作 ドン・シンプソン
ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮 ビル・バダラート
出演者 トム・クルーズ
ケリー・マクギリス
ヴァル・キルマー
アンソニー・エドワーズ
トム・スケリット
音楽 ハロルド・フォルターメイヤー
ジョルジオ・モロダー
撮影 ジェフリー・L・キンボール
編集 ビリー・ウェバー
クリス・レベンゾン
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年5月16日
日本の旗 1986年12月6日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費  $15,000,000
興行収入 $357,100,000
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $180,272,583
日本の旗 70.9億円
配給収入 日本の旗 39億5000万円[1]
次作 トップガン マーヴェリック
テンプレートを表示

トップガン』(原題: Top Gun)は、1986年のアメリカのアクションドラマ映画。監督はトニー・スコット、製作はドン・シンプソンジェリー・ブラッカイマー、脚本はジム・キャッシュとジャック・エップス・ジュニアが務め、3年前に『カリフォルニア』誌に掲載された「Top Guns」という記事に着想を得ている。主演は、トム・クルーズケリー・マクギリスヴァル・キルマーアンソニー・エドワーズトム・スケリット。クルーズが演じるのは、空母エンタープライズに乗船する若き海軍飛行士ピート・マーベリック・ミッチェル大尉。

1986年の全米興行成績1位を記録し[2]、主演のトム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。助演のヴァル・キルマーメグ・ライアンアンソニー・エドワーズティム・ロビンスら、若手俳優の出世作としても知られる。

製作にはアメリカ海軍が全面協力し、ミラマー海軍航空基地英語版空母レンジャー」内で撮影が行われた(作中では「エンタープライズ」として登場している)。また、俳優達はF-14トムキャットの後席で体験訓練飛行をした[3]

ストーリー[編集]

劇中に登場するF-14 トムキャットの同型機
Filming and clapperboard of Top Gun on July 5, 1985.

ピート・ミッチェル(コールサイン:マーヴェリック)はアメリカ海軍の艦上戦闘機F-14のパイロット。秘匿事項とされた父親デューク・ミッチェルの謎の死の影を引きずり、野生の勘を頼りに無鉄砲で型破りな操縦を行うパイロットである。

天才的な直観力と技量を持つ彼は、自らとは全く対照的な心優しく陽気な性格のレーダー要員グースを相棒として、クーガー/マーリン組が乗り込む僚機と共に、インド洋上で国籍不明のMiG-28と空中戦に陥った。

クーガー機の背後に執拗に張り付いたMIG-28の頭上で、マーヴェリック機はバックトゥバックによる双方の操縦席のニアミスを行い、敵パイロットに向かってファックサインを見せつけ、更に後席のグースがポラロイドカメラで敵機パイロットを撮影してみせ、敵機はそのまま離脱していった。

母艦への帰路についたマーヴェリック機であったが、先の空戦の恐怖によりパニック状態となったクーガーの変調に気づき、一旦は着艦するもすぐまたリテイクした上で、操縦が乱れていたクーガーに適切な助言を繰り返して無事帰投させることができた。クーガーはこの恐怖心を払拭できずパイロットを自主退官し、マーヴェリックとグースは思いがけなくもミラマー海軍航空基地英語版のエリート航空戦訓練学校(通称:トップガン)への派遣を艦長より命令され、航空戦技の神髄であるACM(空中戦闘機動)すなわちドッグファイトの戦技を磨くために教育を受けることとなる。

訓練開始前に催された非公式な歓迎パーティでは、幾人かの戦闘機パイロットやレーダー要員の他に、民間人専門技術(宇宙航空物理学)教官とは知らずに近づいたシャーロット(チャーリー)に一目惚れし、彼女にとっても自分の専門領域であるMiG-28の性能情報を目の前で見ているマーヴェリックとは、いつの日か立場を超えて恋愛関係を持つようになる。

初日の飛行実技訓練終了後には、飛行教官のヴァイパーやジェスターから規則や協調性の重要性について叱責を受けつつも、日を追う毎に厳しさを増す飛行実技訓練や座学による様々な戦技理論講義・飛行実技後の検討講義・筆記試験を重ねて、ライバルのアイスマン達と訓練成績を競い合っていった。ある日の編隊飛行での攻撃訓練中に、マーヴェリック機はエンジンのコンプレッサー・ストールにより、操縦不能のきりもみ状態に陥ってしまい、脱出の際の不慮の事故でグースを失い、マーヴェリックは激しい自責の念にさいなまれる。

事故調査委員会による査問で、パイロットとしての責任は問われなかったが、「彼を飛ばし続けろ」と言うヴァイパーの願いも空しく、マーヴェリックは自信を喪失し、かつてのような攻撃性を失った弱気な戦闘機パイロットに変貌する。ワシントンD.C.での就職を決めたチャーリーからは、失望の意を告げられて去られてしまう。

野獣のような激しさは影を潜め、このまま流されてトップガンはおろか、アメリカ海軍を辞めるか、在学中に貯め込んだ好成績点と事故後の成績不振とを相殺して、生前グースが望んでいたように平凡な成績でもいいからトップガンを卒業して、その後には普通退役するか迷うマーヴェリックに対し、かつて彼の父親の戦友でもあったヴァイパーは、父の死は軍事境界線を越えた上空での交戦によるために国家機密扱いとされたものの、実は友軍機を救うために多数の敵機の攻撃に晒されて、その犠牲となった英雄的行為であったという真相を知らせて励まし、復活を促す。

周囲の励ましもあってマーヴェリックはトップガンの卒業式に出るが、その謝恩会中にインド洋上での情報収集活動中の巡洋艦援護の緊急出撃命令が彼を含む幾人かに届く。レーダー要員の決まっていないマーヴェリックに、ヴァイパーは自分が一緒に飛んでもいいとまで言って彼を励ました。ヴァイパー自身についても、実技飛行初日の午後にジェスターと話し合ったように、デュークを失ったときに何もできなかったことを悔やんでいたことへの決着をつけるつもりであった。

トップガンでのマーヴェリックの弱気ぶりが聞こえていた空母飛行隊長は、作戦ブリーフィングで彼をバックアップにまわし、先鋒に発つアイスマンの不信感を無理に押さえつける。2機対2機の互角と見積もっていたが実際は6機であり、数で圧倒的に勝る敵機によってアイスマンらは苦戦を強いられ、とうとうハリウッド/ウルフマン機が撃墜されるに及んで、マーヴェリックは自らに自信が持てないままで出撃を余儀なくされる。

超音速飛行でやってきた戦闘域で、アイスマン/スライダー機1機に対する敵機5機のローリング・シザー機動による猛烈な攻撃を目の当たりにしてマーヴェリックは愕然としていたが、後方からの1機に気を取られて、知らない間に自分らの前方から向かってきた1機がすれ違いざまに起こした乱気流によって一時的な機の制御不能状態に陥る。マーヴェリックはからくも制御不能状態から回復はしたもののグースを失った恐怖の記憶が甦り、怖気付いてしまって戦闘域から逃げ出した。

空母戦闘指揮所内で、無線会話をモニタリング中だった飛行隊長の罵怒声は届かないまでも、レーダー要員であるマーリンの叱咤やグースのドッグタグを握りしめ、まるで後部席に彼がいるかのようにいつもの台詞の「教えてくれ。教えてくれ、グース…」と、祈るかのように呟きながらマーヴェリックは戦闘復帰を果たし、苦戦するアイスマン/スライダー機と協調して敵機を4機撃墜、1機を撤退させることに成功。撃墜されたハリウッドらも無事に生還して、アイスマンらとフライトデッキ上でわだかまりを解消させた。

この一戦によって、マーヴェリックは一匹狼からチームワークを知る優秀なパイロットへ成長したばかりでなく、グースを失った自責の念は克服され、僚友の死の悲しみを振り払うかのようにドッグタグを大海原に放り投げ、彼なりの弔いを行なった。世界中に報道された戦果でもあったことにより、これに気を良くした軍上層部の計らいによって、マーヴェリックは教官としてトップガンへ戻り、さらにその知らせを聞いて、ワシントンD.C.から戻っていたチャーリーと、2人の出会いのきっかけとなった思い出の曲に包まれながら劇的な再会を果たす。

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ 日本テレビ ソフト版[4] テレビ東京
(追加収録部分)
マーヴェリック トム・クルーズ 渡辺裕之 高橋広樹 塚本高史 森川智之
チャーリー ケリー・マクギリス 吉田理保子 日野由利加 湯屋敦子 安藤麻吹
アイスマン ヴァル・キルマー 谷口節 桐本琢也 森川智之 東地宏樹
グース アンソニー・エドワーズ 江原正士 高木渉 小森創介 平田広明
ヴァイパー トム・スケリット 前田昌明 磯部勉 野島昭生 小川真司
佐々木睦
ジェスター マイケル・アイアンサイド 麦人 岩崎ひろし 水内清光 土師孝也
クーガー ジョン・ストックウェル 曽我部和恭 宮内敦士 津田健次郎 加瀬康之
ウルフマン バリー・タブ英語版 荒川太郎 阪口周平 佐藤淳 荻野晴朗
スライダー リック・ロソヴィッチ英語版 幹本雄之 楠大典 木内秀信 山野井仁
マーリン ティム・ロビンス 小野健一 坂詰貴之 竹若拓磨 斉藤瑞樹
羽鳥佑
サンダウン クラレンス・ギルヤード・Jr英語版 秋元羊介 大家仁志 鉄野正豊 竹田雅則
ハリウッド ウィップ・ヒューブリー英語版 大塚芳忠 松山鷹志 神奈延年 坂詰貴之
スティンガー ジェームズ・トールカン 小林修 池田勝 西村知道 麦人
キャロル メグ・ライアン 井上瑤 雨蘭咲木子 はしのえみ 斎藤恵理
その他 村越伊知郎
石森達幸
藤夏子
小島敏彦
吉村よう
古田信幸
小室正幸
清水明彦
内田直哉
小島敏彦
小形満
深沢エミ
鎌田梢
蓮池龍三
川田妙子
世古陽丸
入江崇史
島宗りつこ
青山穣
木村雅史
佐藤健輔
居谷四郎
真仲恵吾
瑚海みどり
中司優花
演出 小山悟 木村絵理子 中野洋志 伊達康将
翻訳 戸田奈津子(ソフト版)
森本務(プレミアムシネマ版)
木原たけし 松崎広幸 久保喜昭 松崎広幸
調整 小野敦志 田中和成 菊池悟史 阿部直子
効果 リレーション サウンドボックス リレーション
担当 稲毛弘之
奥本敬大
河村常平
伊藤哲
プロデューサー 山形淳二 宮崎啓子
北島有子
遠藤幸子
五十嵐智之
プロデューサー補 野地玲子
村井多恵子
スタジオ オムニバス・ジャパン ACスタジオ
制作 東北新社 ACクリエイト 東北新社
テレビ東京
初回放送 1989年10月7日
21:00-23:14
ゴールデン洋画劇場
※ノーカット
2005年7月1日
21:03-22:54
金曜ロードショー[5]
2009年3月19日
21:00-22:54
木曜洋画劇場
  • 2020年6月24日にNBCユニバーサル・エンターテインメントジャパンより発売された「TV吹替初収録特別版 4K Ultra HD+ブルーレイ」及び「パラマウント 思い出の復刻版 ブルーレイ」には、ノーカットのフジテレビ版と放送時にカットされた箇所に追加録音をしたテレビ東京版が収録されているが、ソフト版は未収録となっている。

製作[編集]

撮影で実際に空戦シーンを演じたF-14とF-5E/Fの編隊[6]
"MiG-28"はF-5E/Fが演じた

本作に登場する航空機は基本的に全て実機であり、実機の航空アクションシーンは冒頭の背面飛行シーンのワンカットを除き、アメリカ海軍の協力の元で現用戦闘機を飛ばして撮影されている[7]

ただし、俳優の飛行シーンはスタジオに作られた、実物のF-14のコクピットを再利用したジンバル(リング状のレールに固定された、好きな角度に回転できるセット)により撮影されている。ドッグファイト中にF-14やMiG-28が撃墜されるシーンでは、大きさが異なる数種類の模型が使用された。また、現実味のある背景(本物の空)にこだわり、屋外で実際に火薬を使い爆破して撮影された。

敵機として登場する「MiG-28」は架空機であり、冷戦最中の撮影当時、ソビエト連邦製の戦闘機を調達できなかったことから、MiG-21に似た特徴を持ち、実際にトップガンなどの訓練でアグレッサー部隊の仮想敵機として使われたノースロップF-5を使用している[8]

公開[編集]

劇場公開[編集]

1986年5月12日にニューヨークでプレミアが開催され[9]、5月15日にはサンディエゴでも開催された[10]

アメリカとカナダでは、1986年5月16日、戦没将兵追悼記念日の週末の1週間前に、1,028館で公開された[11]

IMAX 3Dの再公開[編集]

2013年2月8日から6日間、IMAX 3Dで再公開された[12]

2021年の再公開[編集]

2021年5月13日にAMCシアターズによって153スクリーンで再公開・上映された。最初の週末には合計24万8千ドルの興行収入を上げ、10位にランクインした。10日間で合計433,000ドルの興行収入を記録した[13]


興行成績[編集]

公開後すぐに成功を収め、1986年の最高興行収入を記録した。最初の週末の興行成績は8,193,052米ドルで1位となり[14]、国内総興行成績は176,781,728米ドル、海外では177,030,000米ドル、世界総興行成績は353,811,728米ドルとなった[14]

2013年にIMAXで再公開された際には、さらに301万8,873米ドルの興行収入を記録し、国内興行収入は1億7,980万601米ドル、世界興行収入は3億5,683万601米ドルに達した[14]

日本でも1987年度の洋画配給収入1位を記録した[15]

批評家の反応[編集]

本作が公開された当初、批評家の反応は様々だった。Rotten Tomatoesでは、59人の評論家のレビューをもとに、58%の支持率を獲得し、平均評価は5.90/10だった[16]Metacriticでは、15人の批評家による加重平均スコアは100点満点中50点で、「賛否両論、または平均的な評価」となっている[17]CinemaScoreで調査された観客は、A+からFまでの評価で平均「A」を与えている。

受賞[編集]

音響や効果を中心に多くの賞にノミネート、受賞した。

部門 対象
1986 エーペックス・スクロール賞 サウンドエフェクト
1987 ASCAPフィルム&テレビジョン・ミュージック賞 歌曲(映画部門) ジョルジオ・モロダー、トム・ウィットロック『Take My Breath Away』
1987 アカデミー賞 歌曲 ジョルジオ・モロダー、トム・ウィットロック『Take My Breath Away』
1987 ブリット・アワード サウンドトラック
1987 ゴールデングローブ賞 オリジナル楽曲(映画部門) ジョルジオ・モロダー、トム・ウィットロック『Take My Breath Away』
1987 ゴールデン・スクリーン賞
1987 グラミー賞 ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス ハロルド・ファルターマイヤー、スティーブ・スティーブンス『Top Gun Anthem』
1987 音響効果監督組合賞 ゴールデン・リール賞 最優秀音響編集
音響編集(サウンドエフェクト部門)
1987 批評家選出賞 お気に入りの映画
1988 日本アカデミー賞 外国作品

その後[編集]

劇中でグースがピアノを弾くシーンの他、ラストシーンでの撮影に使われた、カンザスシティー・バーベキュー

公開後に海軍への志願者が激増した[18]ほか、映画の影響で戦闘機パイロットの道に進んだ者も多いが[19]、アメリカ海軍戦闘機兵器学校では映画の台詞を口にすることは「プロ意識に欠ける」とされ、ペナルティとして5ドルの罰金をその場で払う罰則があったという[20]

サンディエゴのダウンタウン、マーケットストリート沿いにあるカンザスシティー・バーベキューはラストシーンでチャーリーがかけたジュークボックスを保存するなど、本映画の撮影に使われた当時の風景を保存して営業を続けている(2008年6月26日の火事により休店[21]していたが、現在は営業再開している)。

これだけの人気作品であるにもかかわらず続編が製作されないままだったのは、この作品の出来を非常に気に入った主演のトム・クルーズが、続編が製作されることで本作の価値が低下することを嫌って(実際に公開直後に続編の製作が企画されていたとの一部報道がある[22])、自ら続編製作権を買い取ってしまったためである。

2008年7月には続編の製作が計画されていると一部で報道され[23]、その後、続編『トップガン マーヴェリック』(2022年公開予定)の制作が発表された。

サウンドトラック[編集]

主題歌・挿入歌といった歌曲を集めたソングアルバム(歌以外も1曲のみ収録)が「オリジナル・サウンドトラック盤」として繰り返し発売されているだけでなく、最近では、歌以外の劇中音楽やオマージュ曲、登場人物が劇中で歌った『Great Ball Of Fire』『You've Lost That Lovin' Feeling』の原曲などを収録したデラックスエディションも発売されている。一方、そのソングアルバムに収められた「トップガン~賛美の世界~(原題TOPGUN ANTHEM(トップガン・アンセム))」は、劇中に使用されたものとは別の演奏である。

プロデューサーのドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーが手がけた『フラッシュダンス』や『ビバリーヒルズコップ』と同様に、本作もMTV感覚の映像作品としてロックやポップ・ミュージックをBGMに使用している。これらを収録したサウンドトラックも大ヒットし、ビルボードアルバムチャート1位、日本ではオリコン洋楽アルバムチャートで1986年12月22日付から11週連続1位[24]を獲得。ベルリンが歌う挿入歌「愛は吐息のように」(Take My Breath Away)もシングルチャート1位を記録し、アカデミー賞ゴールデングローブ賞においてアカデミー歌曲賞[25]およびゴールデングローブ賞 主題歌賞を受賞した。

カナダのポップ・ロック歌手コリー・ハートは映画関係者から『トップガン』のサントラのオファーがあったが、すでに出来上がっていたものであったために、詞も曲もすべて自分で書くと決めてていたポリシーに反するために断ったとされる[26]

# 曲名 歌唱・演奏 曲長
1 デンジャー・ゾーン~TOP GUN THEME ケニー・ロギンス 3:33
2 マイティ・ウィングス チープ・トリック 3:50
3 真昼のゲーム ケニー・ロギンス 3:56
4 リード・ミー・オン ティーナ・マリー 3:44
5 愛は吐息のように~TOP GUN LOVE THEME ベルリン 4:12
6 ホット・サマー・ナイト マイアミ・サウンド・マシーン 3:36
7 ヘブン・イン・ユア・アイズ ラヴァーボーイ 4:04
8 炎をぬけて ラリー・グリーン 3:42
9 行き先のない旅 マリータ 3:46
10 トップガン〜賛美の世界〜 ハロルド・フォルターメイヤー&スティーヴ・スティーヴンス 4:12
11 ドック・オブ・ザ・ベイ オーティス・レディング 2:43
12 メモリーズ ハロルド・フォルターメイヤー 2:56
13 グレート・ボールズ・オブ・ファイア ジェリー・リー・ルイス 1:53
14 ユーヴ・ロスト・ザット・ラヴィン・フィーリング ライチャス・ブラザーズ 3:45
15 真昼のゲーム(ダンス・ミックス) ケニー・ロギンス 6:42
16 涙のフィーリング REO スピードワゴン
17 ブロークン・ウィングズ ヴァリアス
18 ファイナル・カウントダウン ヨーロッパ
19 愛はとまらない スターシップ
20 パワー・オブ・ラブ ジェニファー・ラッシュ

ホームメディア[編集]

2007年10月26日にHD DVD版を発売。Blu-ray Disc版は当初同年10月の発売を予定していたが、発売元パラマウントのHD DVD支持の方針転換により、8月21日にBlu-ray版発売中止が発表された。その後再度の方針転換により、2009年1月27日に改めてBlu-ray版のリリースを発表し、同年4月24日に発売。Blu-ray版は本編の他にトップガンの舞台裏や、ストーリーボード、ミュージック・ビデオ(Kenny Loggins “Danger Zone”、Berlin “Take My Breath Away”、Loverboy “Heaven In Your Eyes”、Harold Faltermeyer & Steve Stevens “Top Gun Anthem”)やトム・クルーズ秘蔵インタビューなどの特典映像を収録。さらにBlu-ray版のみの特典映像も収録している。

シューティングゲーム[編集]

  • トップガン[27](1987年・コナミ・FC)
  • トップガンデュアルファイターズ(1989年・コナミ・FC)
  • トップガンエースオブザスカイ(2002年・タイタスジャパン・PS2)
  • トップガン(2006年・タイトー・DS)
  • トップガンハードロック(2012年・505ゲームズ・PS3・日本未発売)

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)460頁
  2. ^ [1]
  3. ^ DVD特典のメイキングより。実際に戦闘機の後席に乗せられた感想は「散々だった」とのこと。強烈なGにより、ほとんどの俳優が具合が悪くなったという。
  4. ^ 2005年10月21日発売の「スペシャル・コレクターズ・エディション DVD」に初収録。その後Blu-ray Discオンデマンド配信でも使用されている。
  5. ^ “トップガン - 解説、見どころ”. 金曜ロードショー. オリジナルの2016年4月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160410055634/http://www.ntv.co.jp/kinro/before200805/before200602/lineup/2005/0701/index.html 
  6. ^ 中段右側のF-14の他は、機体の塗装とマーキングは劇中に登場した状態とは異なる
  7. ^ なお、撮影はアメリカ西海岸沿岸の海上と、アメリカ西部の演習空域、両方で撮影された。そのため、シーン構成(モンタージュ)の都合上、作中のシチュエーションが洋上のシーンであるにもかかわらず、眼下に陸地が映っていたり、戦闘機の背後に山脈が映っているカットが存在している。また、劇中の時間では一連のシーンであるにもかかわらず、朝焼けや夕焼けのシーンと日中のシーンが断続的に構成されているなど、時制が一定していない。
  8. ^ 劇中では「ミグ(戦闘機)の想定としてF-5とA-4を使用する(...we will be dealing with F-5's and A4's, as our MiG simulators.)」との台詞があるが、一連の空戦訓練のシーンにはF-5は登場しない。これは当作にはF-5が"MiG-28"として登場するため、同じ外形の機体が役柄を変えて登場することで観客が混乱しないようにとの配慮と思われる。
  9. ^ Actor Tom Cruise attends the 'Top Gun' Premiere Party on May 12, 1986...” (英語). Getty Images. 2021年10月20日閲覧。
  10. ^ AFI|Catalog”. catalog.afi.com. 2021年10月20日閲覧。
  11. ^ Top Gun”. Box Office Mojo. 2021年10月20日閲覧。
  12. ^ Lussier, Germain (2012年12月11日). “'Top Gun' Gets IMAX 3D Re-Release In February” (英語). SlashFilm.com. 2021年10月20日閲覧。
  13. ^ Top Gun 2021 Re-release”. Box Office Mojo. 2021年10月20日閲覧。
  14. ^ a b c Top Gun”. Box Office Mojo. 2021年10月20日閲覧。
  15. ^ 過去収益上位作品(配給収益10億円以上番組)1987年(1月〜12月)(社団法人 日本映画製作者連盟)
  16. ^ (英語) Top Gun, https://www.rottentomatoes.com/m/top_gun 2021年10月20日閲覧。 
  17. ^ Top Gun, https://www.metacritic.com/movie/top-gun 2021年10月20日閲覧。 
  18. ^ 米映画「トップガン」続編の制作開始で海軍と空軍が「舌戦」 宣材写真の戦闘機めぐり性能論争 - 産経ニュース
  19. ^ 空自初の女性パイロット誕生へ「小さい頃から夢だった」 - 朝日新聞
  20. ^ Pickrell, Ryan. “Former US Navy fighter pilot explains why TOPGUN fines aviators $5 each time they quote the iconic 1986 film 'Top Gun' starring Tom Cruise” (英語). Business Insider. 2021年7月23日閲覧。
  21. ^ [2]
  22. ^ 『トップガン』には続編企画があった!(シネマトゥデイ)
  23. ^ トム・クルーズ、22年ぶりに『トップガン』のマーヴェリック役再び?(シネマトゥデイ)
  24. ^ オリコンのデータ協力による “全曲、80年代の週間オリコンチャートNo.1” の洋楽コンピが登場!、ソニーミュージック、2017年8月8日。
  25. ^ allcinema.
  26. ^ コリー・ハート「ベストヒットUSA」インタビュー:「自分は毎日家にいる父親になりたくて、子供達が小さい時に音楽をやめたんだ」
  27. ^ 即死性の高い相手の攻撃などから、ゲームとしての難易度は高い。
    マイウェイ出版『死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー ファミコン&スーファミ』 (ISBN 978-4-86511-985-5、2018年10月10日発行)、40ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]