ハリー・ポッターと秘密の部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハリー・ポッターシリーズ > ハリー・ポッターと秘密の部屋

ハリー・ポッターと秘密の部屋』(ハリー・ポッターとひみつのへや、原題: Harry Potter and the Chamber of Secrets)は、イギリス児童文学作家J・K・ローリング1998年に発表した、子供向けのファンタジー小説ハリー・ポッター』シリーズの第2巻。同じ題名で2002年映画化されている。

概要[編集]

ホグワーツ魔法魔術学校の2年生となったハリー・ポッターが、親友と共にホグワーツ城で起こった「秘密の部屋」事件を解決するまでの1年間を描く。

あらすじ[編集]

夏休み、ハリー・ポッターは唯一の身寄りであるダーズリー家へ帰省していた。初めての友人も出来て、夢のようだったホグワーツ魔法魔術学校での生活を中断されていたハリーのもとに、ドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れる。そしてドビーはハリーに「ホグワーツに戻ってはならない」と警告する。だがそれを拒否したハリーの前でドビーは、ケーキに浮遊術の魔法をかけて来客者の頭上で落下させる。この浮遊術をハリーの仕業と見せかけ、マグルの前で魔法を使ってしまったこととなったハリーに対し、規定に違反したとして魔法省は警告する。ダーズリー一家の怒りに触れたハリーは部屋に閉じこめられたばかりか、部屋に監禁されたハリーは、ロン・ウィーズリーフレッド・ウィーズリージョージ・ウィーズリー達に空飛ぶフォード・アングリアで救出され、ウィーズリー家へと向かった。

ウィーズリー家の暖炉から、新しい教科書を購入するためにダイアゴン横丁へ向かおうとするが、ハリーは発音が上手くいかず失敗し、「夜の闇(ノクターン)横丁」へ迷い込む。そこへホグワーツの森番、ルビウス・ハグリッドが現れて救出され、ダイアゴン横丁で親友のハーマイオニー・グレンジャーとも再会する。書店ではハンサムな魔法使い、ギルデロイ・ロックハートのサイン会が行われていて、ハリーと彼は一緒に日刊予言者新聞の記者に写真を撮られ、教科書に指定されている彼の7冊の自伝全てを贈られる。その後、一行はスリザリン生のドラコ・マルフォイとその父親、ルシウス・マルフォイと出会い、ロンの父親のアーサーとルシウスは殴り合いの喧嘩に発展するが、ハグリッドに制止される(映画ではルシウスの「役所で会おう」、ドラコの「学校で会おう」で終わっている)。

新学期、キングズ・クロス駅の9と3/4番線へ繋がる壁を何故か通り抜けられず、壁にカートごと激突・転倒したハリーとロンは、ホグワーツ特急に乗り遅れたためにアーサーが魔法をかけた空飛ぶフォード・アングリアでホグワーツへ向かった。フォード・アングリアはホグワーツの敷地内にある暴れ柳に激突し、そのためにロンの杖は折れ、車は2人を降ろして禁じられた森へ走り去った。何とかホグワーツに辿り着いたハリーとロンだったが、途中でマグル(非魔法族)に空を飛んでいるところを見られたこともあり、退学処分は免れたもののハリーとロンは罰則を受け、ロンは母親から吼えメールで散々叱られ、杖は折れた物をそのまま使用しなければいけなくなった。

ハロウィン当日、管理人アーガス・フィルチの猫であるミセス・ノリスが石になる事件が起こる。その後、マグル出身者の生徒が石にされる事件が立て続けに発生し、伝説と化していた「秘密の部屋」が「スリザリンの継承者」の手で開かれたのではないか、という疑惑がホグワーツ城内に広まる。ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、ドラコ・マルフォイが「スリザリンの継承者」ではないかと考え、ポリジュース薬を使ってマルフォイから話を聞きだそうと計画する。

「秘密の部屋」の話題でもちきりになっていたある日、ロックハートの提案で「決闘クラブ」が開催される。このクラブにて、ハリーが蛇語を話せることが明らかになる。これを契機に、城内ではハリーが「継承者」ではないかという噂が広まる(サラザール・スリザリンは蛇語に長けていたことで有名だった)。ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はクリスマス休暇を利用してマルフォイに探りを入れたが、マルフォイが「継承者」ではないことが判明する。

クリスマス休暇が明けたある日、ハリーは3階の女子トイレで黒く古い日記帳を見つける。その日記帳にはT・M・リドルの記憶が残されていて、その記憶を見たハリーは前回(50年前)の「秘密の部屋」事件の概要を知る。しかし後日、グリフィンドールの談話室が荒らされ、何者かに日記を盗まれてしまう。さらにハーマイオニーと別の女子生徒が襲われる事件が発生し、前回の事件の容疑者だと言われているハグリッドは、魔法大臣とアルバス・ダンブルドアからアズカバンへ送ることを告げられる。さらにはダンブルドアが校長職を停職させられる事態になり、城内は更なる不安に駆られる。ハグリッドから話を聞こうとその場に居合わせたハリーとロンは、透明マントで隠れながらハグリッドが去り際に残した言葉を基に「禁じられた森」に向かい、ハグリッドに育てられた大蜘蛛・アラゴグから話を聞く。その話から、2人は知り合いである嘆きのマートルが前回の事件の犠牲者だったのではないかと推測、彼女から話を聞こうとする。

期末試験の3日前、2人は機会を得てマートルを訪ねようとしたがマクゴナガルに見つかってしまう。しかしハリーが「ハーマイオニーを見舞おうとした」と機転を効かせたおかげで処罰を免れ、2人はハーマイオニーを見舞う。見ると、石になっている彼女が小さな紙切れを握っている事に気付いた。2人が取り出したくしゃくしゃになった紙切れを見てみると、そこには「スリザリンの怪物」の正体が記されていた。これを見た2人は、今までの事実が全て整合性を持つことに気づき、寮監であるマクゴナガルに話そうと職員室へ向かう。その時、城内にミネルバ・マクゴナガルの声で「生徒は全員寮に待機、教授は2階廊下へ集合」するよう放送が流れる。教授一同は遅れてやってきたロックハートに「スリザリンの怪物」の対応を一任したが、盗み聞きしていたハリーとロンは、連れ去られた女子生徒の名を聞いて愕然とする。その女子生徒は、ロンの妹であるジニー・ウィーズリーだったのである。

ハリーとロンは、ロックハートが教授達から「スリザリンの怪物」退治を任されていたことを思い出し、彼を訪ねて一緒に「秘密の部屋」へ連れて行くことにする。マートルを訪ねた一行は彼女から死んだ時の話を聞き、「秘密の部屋」へ続くトンネルの入り口がマートルの棲む3階の女子トイレにあることを知り、「秘密の部屋」に乗り込んだ。途中、トンネル内部で戻りたいロックハートとの間で小競り合いになり、ロックハートが自身の記憶を無くす事態になる。その際トンネルが崩れた為に、ハリーはロンとロックハートを残して1人で「秘密の部屋」へ向かった。

「秘密の部屋」で横たわっているジニーを見つけたハリーは、そこに16歳のT・M・リドルがいるのを見て驚く。「リドルは50年前の生徒だったはずだ」と驚くハリーに、リドルは「これは50年前の記憶だよ。一連の事件は全て自分がジニーにやらせ、自分はジニーの魂で復活するのだ」と明かす。更にリドルは自らの正体が学生時代のヴォルデモート卿だと明かす。自分の目の前にいるこの青年が将来大人になり、ハリーの両親や他の魔法使いを殺したのかと思い悩むハリーにリドルが容赦なく襲い掛かり、スリザリンの怪物にハリーを始末させようとする。窮地に陥ったハリーのところへダンブルドアのペットである不死鳥のフォークスが飛んできてハリーに「組分け帽子を渡し、ハリーを手助けする。ハリーは帽子から剣を取り出して怪物を倒し、その牙を使ってリドルを消滅させた。

その後、今回の「秘密の部屋」事件は全てルシウス・マルフォイの陰謀であったことがハリーに暴かれ、ルシウスは学校の理事をクビになる。ドビーはハリーの手によってマルフォイ家から「解放」され、自由な屋敷しもべ妖精となる。ロックハートはホグワーツ城を去らねばならなくなったが、ジャスティンやハーマイオニーをはじめ石にされた生徒達もみな元に戻り、ホグワーツに再び平和が戻った。

映画[編集]

ハリー・ポッターと秘密の部屋
Harry Potter And The Chamber Of Secrets
監督 クリス・コロンバス
脚本 スティーヴ・クローヴス
原作 J・K・ローリング
製作 デヴィッド・ハイマン
製作総指揮 クリス・コロンバス
マーク・ラドクリフ
マイケル・バーナサン
デヴィッド・バロン
出演者 ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ケネス・ブラナー
ジョン・クリーズ
ロビー・コルトレーン
ワーウィック・デイヴィス
リチャード・グリフィス
リチャード・ハリス
ジェイソン・アイザックス
アラン・リックマン
フィオナ・ショウ
マギー・スミス
ジュリー・ウォルターズ
デイビッド・ブラッドリー
トム・フェルトン
ショーン・ビガースタッフ
ロバート・ハーディー
シャーリー・ヘンダーソン
ジェンマ・ジョーンズ
ミリアム・マーゴリーズ
マーク・ウィリアムズ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ロジャー・プラット
編集 ピーター・ホーネス
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2002年10月15日
日本の旗 2002年11月23日
上映時間 161分(オリジナル劇場版)
174分(ロングバージョン)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $878,988,482[1]
173億円[2] 日本の旗
前作 ハリー・ポッターと賢者の石
次作 ハリー・ポッターと
アズカバンの囚人
テンプレートを表示

小説と同じくシリーズの第2作として映画化された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ 小野賢章
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント 常盤祐貴
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン 須藤祐実
アルバス・ダンブルドア リチャード・ハリス 永井一郎
ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス 谷育子
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン 斎藤志郎
学生時 マーティン・ベイフィールド 斎藤志郎
セブルス・スネイプ アラン・リックマン 土師孝也
ギルデロイ・ロックハート ケネス・ブラナー 内田直哉
ドビーの声 トビー・ジョーンズ 高木渉
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン 三枝享祐
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス 上野容
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト 高野朱華
ポモーナ・スプラウト ミリアム・マーゴリーズ 山本与志恵
フィリウス・フリットウィック ワーウィック・デイヴィス 田村錦人
アーガス・フィルチ デイビッド・ブラッドリー
マダム・ポンフリー ジェンマ・ジョーンズ 麻生美代子
マダム・ピンス サリー・モルトモア
ビンセント・クラッブ ジェイミー・ウェイレット 忍足航己
グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン 海宝直人
オリバー・ウッド ショーン・ビガースタッフ 川島得愛
フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス 尾崎光洋
ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス
バーノン・ダーズリー リチャード・グリフィス 楠見尚己
ペチュニア・ダーズリー フィオナ・ショウ さとうあい
ダドリー・ダーズリー ハリー・メリング 忍足航己
モリー・ウィーズリー ジュリー・ウォルターズ 一龍斎貞友
アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ 梅津秀行
シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ 渡辺悠
ディーン・トーマス アルフレッド・イーノック 山本隆平
パーシー・ウィーズリー クリス・ランキン 宮野真守
リー・ジョーダン ルーク・ヤングブラッド 進藤一宏
ケイティ・ベル エミリー・デイル
アンジェリーナ・ジョンソン ダニエル・テイラー
ラベンダー・ブラウン キャスリーン・コーリー
コリン・クリービー ヒュー・ミッチェル 有馬優人
マーカス・フリント ジェイミー・イェイツ 天田真人
ジャスティン・フィンチ=フレッチリー エドワード・ランデル 海宝直人
スーザン・ボーンズ エレノア・コロンバス
ペネロピー・クリアウォーター ジェンマ・パドリー
アーニー・マクミラン ルイス・ドイル
ハンナ・アボット Charlotte Skeoch
ほとんど首無しニック ジョン・クリーズ たかお鷹
嘆きのマートル シャーリー・ヘンダーソン 坂本千夏
コーネリウス・ファッジ ロバート・ハーディ 篠原大作
グレンジャー氏 トム・ナイト
グレンジャー夫人 ヘザーブリーズデール
メーソン氏 ジム・ノートン
メーソン夫人 ヴェロニカ・クリフォード
キングス・クロス駅の駅員 ハリー・テイラー 石住昭彦
ボージン(未公開シーン) エド・チューダー=ポール
アーマンド・ディペット アルフレッド・バーク
アラゴグの声 ジュリアン・グローヴァー 益富信孝
組分け帽子の声 レスリー・フィリップス 石森達幸
ジェームズ・ポッター エイドリアン・ローリンズ 後藤敦
リリー・ポッター ジェラルディン・ソマーヴィル 田中敦子
ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス 諸角憲一
トム・マールヴォロ・リドル クリスチャン・コールソン 石田彰

原作との相違点[編集]

以下の要素が省略・変更されている

  • ハリーがダドリーにイタズラで変な呪文を唱えたとき、怒った叔母にフライパンで殴られそうになり家事をやらされるシーンがカットされている
  • ドビーのイタズラでケーキを落とすとき、ハリーではなくメイソン夫人に落とす
  • ダーズリー家のハリーの部屋の窓に鉄格子がはめられるときに、叔父が業者に依頼するのではなく自分ではめる
  • ロン達が迎えに来る時、原作ではハリーは寝ている
  • ハリーのダーズリー家脱出後、モリーがウィーズリー兄弟を家の外で捕まえず家の中で出迎える
  • ウィーズリー家の庭小人駆除の場面
  • 夜の闇横丁でのハリーの行動や様子
  • グリンゴッツの場面がカットされている
  • フローリシュ・アンド・ブロッツ書店での殴り合いの喧嘩場面がカットされている
  • 幽霊の絶命日パーティがカットされている
  • 作中でドラコに「穢れた血(Mud Blood)」と罵られた時点で、ハーマイオニーがその意味を知っている(原作ではハリー同様、その意味を知らなかった)
  • 授業中にハーマイオニーがマクゴナガル先生に秘密の部屋について質問する(原作ではビンズ先生)
  • 決闘クラブでのハリー・ドラコの最初の呪文(笑わす・踊らすから吹き飛ばすものに)
  • トム・リドル、バジリスクとの対決の様子
  • ハグリッドが帰還した時のホグワーツの宴会の反応
  • エンドクレジット後の追加シーン
  • 日本語訳された際、先天性疾患(口唇口蓋裂)に対する差別的表現があったと指摘され、66刷以降は該当部分を削除している[3]

ソフト化[編集]

日本ではワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりブルーレイ、DVDが発売。

  • ハリー・ポッターと秘密の部屋 特別版(DVD2枚組、2003年4月25日発売)
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋 1枚組版(DVD1枚組)
  • 【初回限定生産】ハリー・ポッター DVD特別版 ツインパック(4枚組)
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋 ブルーレイ(1枚組)
  • 【数量限定生産】ハリー・ポッターと秘密の部屋 ブルーレイ アルティメット・コレクターズ・エディション(3枚組、2009年12月23日発売)
  • 【数量限定生産】ハリー・ポッターと秘密の部屋 DVD アルティメット・コレクターズ・エディション(4枚組、2009年12月23日発売)
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋 コレクターズ・エディション(Blu-ray版:3枚組 / DVD版:4枚組、2016年3月23日発売)

サウンドトラック[編集]

ゲーム[編集]

2002年11月23日には同タイトルのプレイステーション2版、プレイステーション版、ニンテンドーゲームキューブ版、ゲームボーイアドバンス版、Windows版のゲームソフトが発売された。メーカーはエレクトロニック・アーツ。PS版はアルゴノートゲームスが開発。シリーズの映画化にあわせて廉価版も出ている。アクション・アドベンチャー。

「秘密の部屋」の劇場用映画を題材にしたトレーディングカードも、カードゲームではないが作成されている。

  • 日本語版キャスト
  • ハリー・ポッター(声 - 矢島晶子
  • ロン・ウィーズリー(声 - 渕崎ゆり子
  • ハーマイオニー・グレンジャー(声 - 深見梨加
  • アルバス・ダンブルドア校長(声 - 大木民夫
  • ミネルバ・マクゴナガル先生(声 - 弥永和子
  • セブルス・スネイプ先生(声 - 茶風林
  • ギルデロイ・ロックハート先生(声 - 山寺宏一
  • ルビウス・ハグリッド(声 - 玄田哲章
  • フィリウス・フリットウィック先生(声 - 緒方賢一
  • マダム・フーチ先生(声 - 谷育子
  • ドラコ・マルフォイ(声 - 木内レイコ
  • 組み分け帽子(声 - 水内清光
  • ジニー・ウィーズリー(声 - 石田未来
  • モリー・ウィーズリー(声 - 野沢由香里
  • オリバー・ウッド(声 - 石田彰
  • ルシウス・マルフォイ(声 - 大塚芳忠
  • トム・マールヴォロ・リドル(声 - えなりかずき
  • ヴォルデモート卿(声 - 大塚芳忠)
  • バジリスク(声 - 大塚芳忠)
  • ナレーション(声 - 青野武

脚注[編集]

  1. ^ a b Harry Potter And The Chamber Of Secrets (2002)”. Box Office Mojo. 2010年2月13日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)630頁
  3. ^ 三苫正勝「図書館の自由と現代の動向」(日本図書館協会 2002年中堅職員ステップアップ研修レジュメ)

外部リンク[編集]