幻の動物とその生息地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幻の動物とその生息地』(まぼろしのどうぶつとそのせいそくち、原題:Fantastic Beasts & Where to Find Them)は、『ハリー・ポッター』シリーズの作中に登場する書物。またそれを元にした映画シリーズ(邦題:ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅)。

概要[編集]

2001年にイギリスアメリカ合衆国日本などで副読本として実際に発売された。著者はJ・K・ローリング。日本では松岡佑子の翻訳で静山社より発行(ISBN 4915512436)。名目上の著者は魔法生物研究者のニュートン・アルテミス・フィド・スキャマンダー(ニュート・スキャマンダー)。この書の初版は1927年の刊行で、2001年刊行の第52版がマグル向けにも発売されたという設定になっている。

ホグワーツ魔法魔術学校で使われる教科書」で、魔法生物に関する基礎知識や、約80種の魔法生物の生態と危険度を示した書物。同書の中でもハリー・ポッターが使用したものの複製品(と言う設定)であり、そのため「ハリーが書きこんだ落書き」も再現されている。また、ハリーの友人のロン・ウィーズリーは、自分の教科書がばらばらになったため、ハリーの教科書を共用しており、ロンの落書きも見られる(一部、ハーマイオニー・グレンジャーの落書きもある)。また校長アルバス・ダンブルドアの前書き(とブックカース)が追記されている。

日本では、同時発売された『クィディッチ今昔』とともに、限られた書店で期間限定付で発売するという特殊な販売方法がとられたが、注文すれば店頭にない書店でも取り寄せができる場合があった。現在は市場在庫はほとんど残っておらず、入手しづらい本になっている。

売上金は全てイギリスの慈善団体「コミック・リリーフ」に寄付された。

主な生物[編集]

この本に出てくる生物:

  • アクロマンチュラ Acromantula
  • アッシュワイダー Ashwinder
  • オーグリー Augurey
  • バジリスク Basilisk
  • ビリーウィグ Billywig
  • ボウトラックル Bowtruckle
  • バンディマン Bundimun
  • ケンタウルス Centaur
  • キメラ Chimaera
  • チズパープル Chizpurfle
  • クラバート Clabbert
  • クラップ Crup
  • デミガイズ Demiguise
  • ディリコール Diricawl
  • ドクシ- Doxy
  • ドラゴン Dragon
    • オーストラリア・ニュージランド・オパールアイ種 Antipodean Opaleye
    • チャイニーズ・ファイアボール種/中国火の玉種 Chinese Fireball
    • ウェールズ・グリーン普通種 Common Welsh Green
    • ヘブリデス・ブラック種 Hebridean Black
    • ハンガリー・ホーンテイル種 Hungarian Horntail
    • ノルウェー・リッジバック種 Norwegian Ridgeback
    • ペルー・バイパーツース種 Peruvian Vipertooth
    • ルーマニア・ロングホーン種 Romanian Longhorn
    • スウェーデン・ショート-スナウト種 Swedish Short-Snout
    • ウクライナ・アイアンベリー種 Ukrainian Ironbelly
  • ダグボッグ Dugbog
  • エルクリング Erkling
  • エルンペント Erumpent
  • フェアリー/妖精 Fairy
  • ファイア・クラブ/火蟹 Fire Crab
  • フロバーワーム/レタス食い虫 Flobberworm
  • フウーパー Fwooper
  • グールお化け Ghoul
  • グランバンブル Glumbumble
  • ノーム/庭小人 Gnome
  • グラップホーン Graphorn
  • グリフィン Griffin
  • グリンデロー/水魔 Grindylow
  • ヒッポカンポス/海馬 Hippocampus
  • ヒッポグリフ Hippogriff
  • ホークランプ Horklump
  • インプ/小鬼妖精 Imp
  • ジャービー Jarvey
  • ジョバーノール Jobberknoll
  • カッパ/河童 Kappa
  • ケルピー/水魔 Kelpie
  • ナール Knarl
  • ニーズル Kneazle
  • レプラコーン Leprechaun
  • レシフォールド Lethifold
  • ロバラグ Lobalug
  • マックルド・マラクロー Mackled Malaclaw
  • マンティコア Manticore
  • マーピープル/水中人(セイレンセルキーメロウ) Merpeople
  • モーク Moke
  • ムーンカーフ Mooncalf
  • マートラップ Murtlap
  • ニフラー Niffler
  • ノグテイル Nogtail
  • ヌンドゥ Nundu
  • オカミー Occamy
  • フェニックス/不死鳥 Phoenix
  • ピクシー/ピクシー妖精 Pixie
  • プリンピー Plimpy
  • ポグレビン Pogrebin
  • ポーロック Porlock
  • パフスケイン Puffskein
  • クィンタペッド Quintaped
  • ラモラ Ramora
  • レッドキャップ/赤帽鬼 Red Cap
  • リーエム Re'em
  • ルーンスプール Runespoor
  • サラマンダー/火トカゲ Salamander
  • シー・サーペント/海蛇 Sea Serpent
  • シュレイク Shrake
  • スニジェット Snidget
  • スフィンクス Sphinx
  • ストリーラー Streeler
  • テボ Tebo
  • トロール Troll
  • ユニコーン/一角獣 Unicorn
  • ウィアウルフ/狼人間 Werewolf
  • ウィングド・ホース 天馬 Winged Horse
    • アブラクサン Abraxan
    • イーソナン Aethonon
    • グレニアン Granian
    • セストラル Thestral
  • イエティ Yeti

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅[編集]

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
Fantastic Beasts & Where to Find Them
監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 J・K・ローリング
出演者 エディ・レッドメイン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 マーク・デイ
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 イギリスの旗 2016年11月18日
日本の旗 2016年11月23日
言語 英語
テンプレートを表示

2013年9月、ハリー・ポッターシリーズの新作として映画化が発表。全3部作予定。[1]2015年11月4日に邦題が『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them)に決定した[2]。第1作目は2016年11月18日に初公開。

この作品で、原作者のJ・K・ローリング自身が初めて脚本を手掛け、ハリー・ポッターの1作目から約70年前のアメリカが舞台となる[2]

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]