ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
Fantastic Beasts and Where to Find Them
監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 J・K・ローリング
原作 J・K・ローリング
製作 デヴィッド・ハイマン
J・K・ローリング
スティーヴ・クローヴス
ライオネル・ウィグラム
製作総指揮 ティム・ルイス
ニール・ブレア
リック・セナ
出演者 エディ・レッドメイン
キャサリン・ウォーターストン
ダン・フォグラー
アリソン・スドル
エズラ・ミラー
サマンサ・モートン
ジョン・ヴォイト
カルメン・イジョゴ
ロン・パールマン
コリン・ファレル
ジョニー・デップ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 マーク・デイ
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 イギリスの旗 アメリカ合衆国の旗 2016年11月18日
日本の旗 2016年11月23日
上映時間 133分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $180,00,000[2]
興行収入 世界の旗 $812,448,968 [2]
テンプレートを表示

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(英語: Fantastic Beasts and Where to Find Them)は2016年のイギリス映画である。2013年9月、ハリー・ポッターシリーズの新作として映画化が発表され、全5部作予定である[3]。2015年11月4日に邦題が『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(ファンタスティック・ビーストとまほうつかいのたび、原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them)に決定した[4]。第1作目は2016年11月18日に初公開された。

この作品で、原作者のJ・K・ローリング自身が初めて脚本を手掛けることとなった。英語では同名となる著書『幻の動物とその生息地』(Fantastic Beasts and Where to Find Them)に触発された作品であり、ハリー・ポッターの1作目から約70年前、1926年アメリカが舞台となる[4]デヴィッド・イェーツが監督し、ワーナー・ブラザースにより配給された。ハリー・ポッターシリーズスピンオフ前日譚である。エディ・レッドメインがニュート・スキャマンダーを演じ、キャサリン・ウォーターストンダン・フォグラーアリソン・スドルエズラ・ミラーサマンサ・モートンジョン・ヴォイトカルメン・イジョゴロン・パールマンコリン・ファレルが助演した。「ファンタスティック・ビースト」シリーズの第1作であり、ハリー・ポッターシリーズの映画で始まるフランチャイズであるJ・K・ローリングの魔法世界もの全体では9作目となる[5]

撮影は2015年8月17日にイングランドにあるワーナー・ブラザースリーブスデン・スタジオで始まった。2016年11月10日にニューヨークでプレミア上映が行われ、2016年11月18日に3DIMAX4Kレーザーその他のフォーマットで劇場公開された。世界中で8億200万ドルの収益をあげ、2016年で8番目に興行収入が多い映画となった。

「ファンタビ」と略される場合もある[6]

あらすじ[編集]

1926年イギリス魔法使いで魔法生物学者であるニュート・スキャマンダーが、アメリカ合衆国アリゾナ州へ向かうルートの経由地ニューヨークに船で到着する。ニュートは非魔法使い(アメリカ英語で「ノー・マジ」"No-Maj"、イギリス英語で「マグル」"Muggle")の女性であるメアリー・ルー・ベアボーンに出会うが、メアリー・ルーは魔女魔法使いは実在し、危険であるという主張をしている新セーレム慈善協会を率いていた。ニュートがメアリー・ルーのスピーチを聞いている間に、魔法で拡張されて複数の魔法生物のすみかになっているニュートのスーツケースからニフラーが逃げ出してしまう。ニフラーをつかまえようとするうちに、ニュートはノー・マジの缶詰工場職員でパン屋志望のジェイコブ・コワルスキと出会い、ひょんなことから2人が持っていたスーツケースが入れ替わってしまう。降格させられた闇祓い(闇の魔法使いを追う専門家)であるティナ(ポーペンティナ)・ゴールドスタインはニュートを無登録の魔法使いとして逮捕し、かつての地位を取り戻したいと思ってアメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)の本部に連れて行く。しかしながらニュートが持っていたのはジェイコブのスーツケースで、パンや焼き菓子が入っていただけであったので、ニュートは釈放される。ジェイコブが借りていたアパートでは、ニュートのスーツケースから生きものが複数逃げ出してしまい、アパートを壊してジェイコブは噛まれてしまう。

ティナとニュートがジェイコブとスーツケースを見つけ、その後ティナは2人を数日間見張るため自分のアパートに連れて行く。ティナは妹でレジリメンス(人の心が読める力を持つ人物)であるクイニーを2人に紹介する。アメリカの魔法使いはノー・マジと結婚したり、社交をしたりすることすら禁じられているが、クイニーとジェイコブは互いに惹かれあうようになる。ニュートはジェイコブを自分の魔法で拡張したスーツケースの中へ連れて行き、そこでジェイコブは魔力をコントロールすることができない魔法使いの子どもの内に潜む暗く破壊的な寄生物であるオブスキュラスが格納されているのを見つける。オブスキュラスに苦しむ者が10歳を越えて生きられることはめったになく、ニュートはこれを亡くなってしまった少女から引き抜いてきたのであった。ニュートはジェイコブを説得し、いなくなった生物を探す手助けをしてもらう。逃げた動物3匹のうち2匹をつかまえた後、全員でスーツケースに再び入ったが、これをティナはMACUSAに持って行ってしまう。当局はニュートの動物がアメリカ合衆国上院議員であるヘンリー・ショー・ジュニア殺しを行ったと信じて皆を逮捕する。当局はニュートのスーツケースを壊してジェイコブの最近の記憶をオブリビエイト(魔法で忘却させること)すると決める。魔法保安局長官パーシバル・グレイブスはニュートを悪名高い闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドと共謀していると断罪する。ニュートとティナは即刻死刑を宣告されるが、クイニーとジェイコブが2人を救出する。4人組は逃げた生き物の最後の1匹を見つけ、つかまえる。

一方、パーシバル・グレイブズはメアリー・ルーの養子であるティーンエイジャーの少年クリーデンス・ベアボーンに接近し、虐待的な母親から逃がしてやると持ちかける。かわりにパーシバルはクリーデンスにオブスキュラスを見つけさせようとする。グレイブスは町中で起こっている謎の破壊活動はオブスキュラスが起こしたと信じていた。クリーデンスは同じく養子である妹モデスティのベッドで魔法の杖を見つける。メアリー・ルーはクリーデンスの杖だと思い込むが、モデスティは自分のものだと主張する。モデスティが罰を受けそうになるとオブスキュラスが放たれ、モデスティとクリーデンス以外全員を殺した。グレイブズが到着して、スクイブ(魔法使いの家系に属するノー・マジ)だとしてクリーデンスを突き放し、魔法を教えることを拒む。ここでクリーデンス自身がオブスキュラスのホストだということがわかる。クリーデンスの魔力が強すぎるため、他のホストよりも長く生き延びていたのであった。怒りにかられてクリーデンスはオブスキュラスを街に放つ。

ニュートはクリーデンスがニューヨーク市地下鉄のトンネルに隠れているのを見つけるが、グレイブズに襲撃される。ティナはクリーデンスと知り合いであり、到着してクリーデンスを落ち着かせようとするが、一方でグレイブズは自分の言うことを聞くようクリーデンスを説得する。クリーデンスは落ち着いて人間の姿になりそうになるが、MACUSAのピッカリー議長と闇祓いたちが到着する。ピッカリーはクリーデンスは魔法界を守るため処刑されねばならないと決める。闇祓いは一見したところクリーデンスを分解したように見えるが、オブスキュラスの小さなかけらが逃げおおせる。グレイブズは魔法使いの共同体をノー・マジに暴露するためオブスキュラスを放とうとしたと認め、怒りながらMACUSAは自分たちよりももっとノー・マジのほうを保護していると主張する。グレイブズは変装したゲラート・グリンデルバルドであることがわかり、MACUSAの闇祓いたちの監視下におかれる。

MACUSAは自分たちの秘密の世界が暴露されることを怖れるが、ニュートは自分のサンダーバードを放ってニューヨークの人々全員の最近の記憶を消せる薬を町中に雨として降らせ、MACUSAの魔法使いたちは破壊されたものを修復する。クイニーは雨がジェイコブの記憶を消してしまうので、ジェイコブにキスして別れを告げる。ニュートはヨーロッパに出発するが、本が書き終わったらまた戻ってきてティナを再訪すると約束する。ニュートはジェイコブがパン屋を開く資金を得られるよう、オカミーの銀でできた卵の殻を匿名で残しておく。無意識のうちにニュートの動物に触発された幻想的な形のパンやペイストリーのおかけでジェイコブのパン屋は大成功する。クイニーがパン屋を訪問し、ジェイコブはクイニーを見て顔中に大きな微笑みを浮かべる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[7]

スタッフ[編集]

プロダクション[編集]

企画[編集]

幻の動物とその生息地』はハリー・ポッターシリーズで何度か学校の教科書として言及されるが、スキャマンダー自身は小説に登場しない。2001年にローリングはイギリスのチャリティーであるコミックリリーフの資金集めとして、この「教科書」を刊行・販売した。この本は著者ニュート・スキャマンダーの序文がついた魔法生物の事典であり、物語は無い。文学的には、小説のナラティヴに組み込まれない長い作品は"false document"と呼ばれることもある[8]

2013年9月に最初にこの企画についてのアナウンスが行われ、ローリングの映画脚本家としてのデビュー作になるということであった[9]。ともにハリー・ポッター映画フランチャイズのベテランであるプロデューサーのデヴィッド・ハイマンと脚本家のスティーヴ・クローヴスが再任されることになった[10]アルフォンソ・クアロン監督がオファーを断った後、ワーナー・ブラザーズはデヴィッド・イェーツが少なくとも計画されている三部作の最初の一作を監督すると公表した[11][12][13]ジェームズ・ニュートン・ハワードが作曲者として契約した[14]

プリプロダクション[編集]

2015年6月、エディ・レッドメインが魔法界屈指の魔法生物学者である主役のニュート・スキャマンダーを演じることになった[15]マット・スミスニコラス・ホルトも候補であった[16][17]。長編映画デビューとなるアリソン・スドルキャサリン・ウォーターストンが魔女の姉妹クイニーとティナの訳に選ばれた[18][19]エズラ・ミラーコリン・ファレルが魔法使いクリーデンスとグレイブズ役でキャストに加わった[20][21]コメディアンダン・フォグラーがニュートの友人になるノー・マジの人間ジェイコブ役をつとめることになった[22]。公募によるオーディションを多数行い、10歳のフェイス・ウッド=ブラグローヴがモデスティ役に選ばれた[23]ジェン・マーリーがチャスティティ役で契約し、サマンサ・モートンがメアリー・ルー役に決まった[24][25]ジョン・ヴォイト、ジェマ・チャン、カルメン・イジョゴロン・パールマンが名前未定の役でキャストされた[26][27]

ハリー・ポッター映画シリーズ8作中6作でアルバス・ダンブルドアを演じたマイケル・ガンボンは新シリーズへの興奮を語った。「もちろん出たいですよ」と語っており、ダンブルドアの父親の役で出てみたいと述べた[28]

撮影[編集]

撮影は2015年8月17日にワーナー・ブラザースリーブスデン・スタジオで始まった[29][25][30][31]ロンドンでロケ撮影された場面もあった[32]。2ヶ月後、プロダクションはリヴァプールの聖ジョージホールに移動し、この建物が1920年代のニューヨークとして使われた[33]。ロンドンのフレームストアが映画のための視覚効果を担当した[34]

音楽[編集]

2016年4月9日に、ジェームズ・ニュートン・ハワードが映画音楽を作曲すると発表された[35]。同年10月24日にポッターモアはハワードが作曲した映画のメインテーマ曲について最初の公式発表を行った[36]。メインテーマはヘドウィグのテーマなど、ジョン・ウィリアムズがシリーズ前作に作った音楽を組み込んだものであった[37]サウンドトラックは2016年11月18日にウォータータワー・ミュージックから発売された[38]

公開[編集]

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は2016年11月10日、ニューヨークのアリス・タリー・ホールでプレミア上映され、11月18日に2D、3D、新しいIMAX 4Kレーザーシステムを用いて世界各地で一般公開された[15][39]。1日早く公開がはじまった地域もある。

マーケティング[編集]

2015年12月10日に「告知トレイラー」の公開が予告され、5日後である12月15日に公開された[40]。1分間のトレイラーとともにティーザーポスターも発表された[41][42]。2016年2月にユニバーサル・オーランド・リゾートで行われた「ハリー・ポッター記念の日」にさまざまなキャストやクルーメンバーのインタビューをおさめた短編が公開された[43]。2016年4月10日にはMTVムービー・アワードで最初のティーザートレイラーが公開された[44]。2016年4月26日には11月19日に映画台本が書籍として刊行されるという発表があった[45]

評価[編集]

興行収入[編集]

2017年1月2日 (2017-01-02)現在、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はアメリカ合衆国カナダで約2億2560万ドル、その他の国で約5億5140万ドルの興収をあげ、全世界では約7億7700万ドルを稼いだことになる[46]。この映画は1億8000万ドルの予算で作られ、マーケティングにはさらに1億5000万ドルほどがかかった[47][48]。本作は公開直後の週末に世界中の64地域、24,200スクリーンで約2億1990万ドルを稼ぎ出し、ローリングの魔法もの映画で5番目、2016年で5番目、11月としては11番目の興収をあげた[49][50]IMAXでは605スクリーンで総額1500万ドルを稼いだ[51]

2016年11月18日にイギリス及びアイルランドで一般公開され、666館で1533万ポンド(1915万ドル)の収益をあげたが、これはこの年最高の公開時興行成績であり、その前にこの年の記録を持っていた『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(1447万ドル)と『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(1462万ドル)を上回る興行成績をあげた。多くはマルチプレックスシネマで売り切れが出たことで高収益となっており、ワーナーによると666館、約1900スクリーンで上映されていた[51][52]。『ハリー・ポッター』シリーズの映画に比べると初動は明らかに低いが、プレビューのせいで比較が困難になっている。プレビューを差し引くと、チケット代のインフレーション補正なしで『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は『ハリー・ポッターと死の秘宝』第1部(1832万ポンド) 及び第2部(2377万ドル)に次ぐ3番目の収益であった[52]

アメリカ合衆国カナダでは最初の週末に6800-8500万ドル程度稼ぐと推定されており、1億ドルもの収益を予測する向きすらあった。11月18日に4143館で公開され、そのうち388館はIMAXで、3600館以上は3D上映であった[53][54][55][56][57][58]。初日に2970万ドルを稼いだが、これはローリングの作品の翻案の中では『ハリー・ポッターと秘密の部屋』が金曜に2960万ドルを稼いだのに継いて二番目に低い収益であった[59]。これには3700館で午後6時からはじまった木曜日の夜のブレビューであげた875万ドルの収益も含まれており、この前に公開された『ハリー・ポッター』シリーズ数本の深夜プレビューでの収益より低かった[60]。最初の週末で総額7440万ドルを稼ぎ、興行成績は推定の範囲内におさまって興行収入1位を獲得したが、ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズの中では最も低い収益額であった[49][61]

北アメリカの外では63カ国で公開された[62][63]。11月16日に9カ国で公開され、5070スクリーンから690万ドルを稼いだ[64][65]。11月18日にさらに38カ国で公開され、1660万ドルを稼いだ[64]。最初の3日間では5360万ドルの収益をあげたことになる[66]。中国では11月25日に公開され、11600スクリーンから1120万ドルの収益をあげ、これはローリング原作の映画で最高の初動であった[67][68]。最初の週末に総額で4千万ドル前後の収益をあげ、これだけで最終作をのぞくハリー・ポッター・シリーズの映画すべてを一本あたりの収益で上回った[69][70]。日本は過去のハリー・ポッター映画の収益においては極めて大きなマーケットであり、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』及び『ハリー・ポッターと死の秘宝』第2部をのぞく全作品の一本あたり収益を上回った[69]

日本での興行収入[編集]

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』動員数・興行収入の推移
週末動員数 累計動員数 週末興行収入 累計興行収入 備考
1週目の週末
(11月26日・27日)[71]
1位 54.6万人 119.0万人 8.2億円 17.2億円 公開日は11月23日。
2週目の週末
(12月3日・4日)[72]
44.5万人 217.8万人 6.8億円 31.4億円
3週目の週末
(12月10日・11日)[73]
2位 38.0万人 289.3万人 5.7億円 41.9億円 週末興行収入では、本作が『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』を抜いて1位。
4週目の週末
(12月17日・18日)[74]
3位 339.1万人 49.0億円
5週目の週末
(12月24日・25日)[75]
4位 384.5万人 55.2億円
6週目の週末
(12月31日・1月1日)[76]
7週目の週末
(1月7日・8日)[77]
5位 489.1万人 68.5億円 累計動員数、累計興行収入は、1月9日までのもの。
8週目の週末
(1月14日・15日)[78]
7位 502.4万人 70.2億円
最終[79] 73.0億円

批評[編集]

映画批評サイトであるRotten Tomatoesでは261人の批評家のレビューから73%の評価を受けた。平均スコアは6.8/10である。サイトの一般的評価としては、本作は「ハリー・ポッターの豊かな神話体系を用いて自らのフランチャイズを作り上げる魔法を放つスピンオフを生みだした[80]」と評されている。別のレビュー集計サイトであるMetacriticではレビューを用いて加重平均値を出しており、50人の批評家のレビューから100点中66点という採点をしており、「おおむね好意的な評価」としている[81]

ガーディアン』のピーター・ブラッドショーは5つ星満点で星5つの評価をつけている[82]。インディワイアのエリック・コーンはB+の評価をつけ、2016年のハリウッドブロックバスターの中では最善のものだとしている[83]

受賞[編集]

映画賞 対象 結果 出典
2017 第21回美術監督組合(ADC賞) ファンタジー映画部門 未決定 [84]
第70回英国アカデミー賞 英国作品賞 未決定 [85]
第15回視覚効果協会 長編実写映画・視覚効果賞 未決定 [86]

続編[編集]

当初は三部作とされていたが、2016年10月にローリングはこのシリーズが5本の映画から構成されることになると述べた[87]。 2016年11月にジョニー・デップが1作目にカメオ出演し、続編にも出演すると発表され、一週間後に役名も発表された[88][89]。 2作目はイギリスやパリを舞台にする予定である[90]

脚注[編集]

  1. ^ Fantastic Beasts and Where to Find Them (12A)”. British Board of Film Classification (2016年10月28日). 2016年11月28日閲覧。
  2. ^ a b Fantastic Beasts and Where To Find Them” (英語). Box Office Mojo. 2016年11月28日閲覧。
  3. ^ “Harry Potter Spinoff ‘Fantastic Beasts’ to Hit Theaters Nov. 18, 2016”. Variety. (2014年5月13日). http://variety.com/2014/film/news/harry-potter-spinoff-fantastic-beasts-to-hit-theaters-nov-18-2016-1201179553/ 2014年5月19日閲覧。 
  4. ^ a b ハリー・ポッター新シリーズ、邦題決定 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』”. ORICON STYLE (2015年11月4日). 2015年11月4日閲覧。
  5. ^ http://www.campaignlive.co.uk/article/fantastic-beasts-release-shows-magic-brand-reinvention/1416310
  6. ^ 「ファンタビ」プロデューサーが明かす、完成までもっとも時間がかかった魔法動物とは?映画ドットコム
  7. ^ ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅”. ふきカエル大作戦!! (2016年11月28日). 2016年11月28日閲覧。
  8. ^ Fantastic Beasts and Where to Find Them: A worthy, magical addition to the Harry Potter universe - Firstpost” (2016年11月20日). 2017年1月5日閲覧。
  9. ^ Nancy Tartagloine (2013年9月12日). “Warner Bros, J.K. Rowling Team For New 'Harry Potter'-Inspired Film Series”. Deadline Hollywood. http://www.deadline.com/2013/09/warner-bros-j-k-rowling-team-for-new-harry-potter-inspired-film-series/ 2013年9月12日閲覧。 
  10. ^ 'Harry Potter' producer David Heyman officially on board to produce 'Fantastic Beasts and Where To Find Them'”. Page to Premiere. 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月18日閲覧。
  11. ^ Chitwood, Adam (2014年5月25日). “Alfonso Cuaron Says He Will Not Direct Fantastic Beasts and Where to Find Them”. The Daily Beast. 2014年5月25日閲覧。
  12. ^ X-Men's Jane Goldman Joining Fables Film Writing Team, Updates on Rowling's Fantastic Beasts” (2015年1月20日). 2015年1月20日閲覧。
  13. ^ “David Yates in Talks For 'Harry Potter' Spin-Off 'Fantastic Beasts'”. deadline.com. http://deadline.com/2014/08/david-yates-in-talks-for-harry-potter-spin-off-fantastic-beasts-822934/ 
  14. ^ James Newton Howard to Score 'Fantastic Beasts and Where to Find Them'” (2016年4月7日). 2016年5月3日閲覧。
  15. ^ a b McMillan, Graeme (2015年6月1日). “Eddie Redmayne Officially Cast in 'Harry Potter' Prequel 'Fantastic Beasts and Where to Find Them'”. The Hollywood Reporter. 2015年6月2日閲覧。
  16. ^ Kroll, Justin (2015年4月10日). “Eddie Redmayne the Frontrunner to Star in 'Harry Potter' Spinoff (Exclusive)”. Variety. http://variety.com/2015/film/news/eddie-redmayne-harry-potter-fantastic-beasts-cast-1201455556/ 2015年4月11日閲覧。 
  17. ^ Hawkes, Rebecca (2015年3月25日). “Matt Smith cast in Harry Potter spin-off Fantastic Beasts?”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/harry-potter/11494139/Matt-Smith-cast-in-Harry-Potter-spin-off-Fantastic-Beasts.html 2015年5月25日閲覧。 
  18. ^ Kroll, Justin (2015年6月15日). “'Fantastic Beasts': Katherine Waterston Lands Female Lead in 'Harry Potter' Spinoff”. Variety. http://variety.com/2015/film/news/fantastic-beasts-katherine-waterston-tina-harry-potter-spinoff-1201500789/ 2015年6月16日閲覧。 
  19. ^ Kroll, Justin (2015年7月9日). “'Fantastic Beasts': Alison Sudol Joins Eddie Redmayne in 'Harry Potter' Spinoff (Exclusive)”. Variety. http://variety.com/2015/film/news/fantastic-beasts-alison-sudol-harry-potter-spinoff-1201523466/ 2015年7月9日閲覧。 
  20. ^ Ford, Rebecca (2015年8月5日). “Colin Farrell Joins Harry Potter Spinoff 'Fantastic Beasts' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/harry-potter-spinoff-fantastic-beasts-813321?utm_source=twitter 2015年8月5日閲覧。 
  21. ^ Kroll, Justin (2015年6月24日). “Ezra Miller Eyes 'Harry Potter' Spinoff 'Fantastic Beasts' (Exclusive)”. Variety. http://variety.com/2015/film/news/ezra-miller-eyes-harry-potter-spinoff-fantastic-beasts-and-where-to-find-them-exclusive-1201527280/ 2015年6月25日閲覧。 
  22. ^ Fleming Jr, Mike (2015年7月10日). “Dan Fogler Cast In 'Fantastic Beasts And Where To Find Them' As Jacob: Comic Con”. Deadline.com. http://deadline.com/2015/07/j-k-rowling-harry-potter-spinoff-fantastic-beasts-and-where-to-find-them-dan-fogler-1201473440/ 2015年7月11日閲覧。 
  23. ^ “Fantastic Beasts actress chosen from open auditions”. BBC. (2015年8月5日). http://www.bbc.co.uk/newsround/33790004 2015年8月7日閲覧。 
  24. ^ Sneider, Jeff (2015年8月6日). “J.K. Rowling's 'Fantastic Beasts' Casts 'Brooklyn' Actress Jenn Murray (Exclusive)”. TheWrap. http://www.thewrap.com/j-k-rowlings-fantastic-beasts-casts-brooklyn-actress-jenn-murray-exclusive/ 2015年8月7日閲覧。 
  25. ^ a b “David Yates-Helmed 'Fantastic Beast' Filming Starts Up”. Deadline.com. (2015年8月17日). http://deadline.com/2015/08/david-yates-fantastic-beasts-filming-under-way-1201500147/ 2015年8月17日閲覧。 
  26. ^ Kit, Borys (2015年10月8日). “Harry Potter Spinoff 'Fantastic Beasts' Casts Ron Perlman (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2015年10月9日閲覧。
  27. ^ Kit, Borys (2015年10月5日). “'Harry Potter' Spinoff 'Fantastic Beasts' Casts Jon Voight (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2015年10月5日閲覧。
  28. ^ Withers, Laura; Kitchener, Shaun (2016年1月26日). “Exclusive: 'I want to be in it' Michael Gambon begs for role in Harry Potter spinoff”. Express.co.uk. http://www.express.co.uk/celebrity-news/638283/Michael-Gambon-begs-role-Harry-Potter-spinoff-Fantastic-Beasts 2016年12月22日閲覧。 
  29. ^ Osorio, Paulette (2015年8月17日), “Filming Gets Underway on 'Fantastic Beasts and Where to Find Them'” (プレスリリース), Warner Bros. Pictures, http://www.businesswire.com/news/home/20150817005158/en/Filming-Underway-%E2%80%9CFantastic-Beasts-Find-Them%E2%80%9D 
  30. ^ Dan Fogler [mrdanfogler] (16 August 2015). "#fantasticBeasts tomorrow the adventure really begins! my mustache is ready! are you?! so blessed!..." (ツイート). 17 August 2015閲覧Twitterより. 
  31. ^ “Filming To Begin August 17th”. FantasticBeastsMovies.com. (2015年8月12日). http://www.fantasticbeastsmovies.com/index.php/2015/08/12/filming-to-begin-august-17th/ 2015年8月17日閲覧。 
  32. ^ Steven Weintraub [colliderfrosty] (11 August 2015). "Fantastic Beasts and Where to Find Them starts filming in London on Monday. Heard most of the shoot is in London." (ツイート). 17 August 2015閲覧Twitterより. 
  33. ^ Miles, Tina (2015年10月20日). “Fake snow on Harry Potter prequelset as Liverpool filming makes progress”. Liverpool Echo. http://www.liverpoolecho.co.uk/news/showbiz-news/liverpool-harry-potter-prequel-snow-10298308 2015年10月21日閲覧。 
  34. ^ Kollewe, Julia (2016年11月3日). “Harry Potter special effects firm looks east with sale to China group” (en-GB). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/business/2016/nov/03/framestore-sale-china-group-harry-potter-paddington-doctor-strange 2017年1月12日閲覧。 
  35. ^ 'Fantastic Beasts': James Newton Howard to score JK Rowling's 'Harry Potter' spin-off - NME” (2016年4月9日). 2016年1月12日閲覧。
  36. ^ Szalai, Georg (2016年10月7日). “Pottermore Debuts 'Fantastic Beasts' Theme Tune”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/pottermore-debuts-fantastic-beasts-theme-936077 2016年10月27日閲覧。 
  37. ^ Bacardi, Francesca (2016年10月7日). “Fantastic Beasts and Where to Find Them Theme Song Includes a Nod to a Harry Potter Classic”. E! News. http://www.eonline.com/news/800517/fantastic-beasts-and-where-to-find-them-theme-song-includes-a-nod-to-a-harry-potter-classic 2016年11月22日閲覧。 
  38. ^ Derschowitz, Jessica (2016年10月7日). “Fantastic Beasts and Where to Find Them theme debuts on Pottermore”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/article/2016/10/07/fantastic-beasts-soundtrack-title-theme 2016年10月27日閲覧。 
  39. ^ Kilday, Gregg (2014年5月13日). “New J.K. Rowling Movie 'Fantastic Beasts and Where to Find Them' Gets Release Date”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/new-jk-rowling-movie-fantastic-703759/ 2014年5月13日閲覧。 
  40. ^ Fantastic Beasts [FantasticBeasts] (10 December 2015). "Your first glimpse at #FantasticBeasts will arrive on December 15. pic.twitter.com/8Qi2QFfG7X" (ツイート). 15 December 2015閲覧Twitterより. 
  41. ^ Fantastic Beasts [FantasticBeasts] (15 December 2015). "One hour until the #FantasticBeasts trailer. pic.twitter.com/nSgAxvUZmd" (ツイート). 15 December 2015閲覧Twitterより. 
  42. ^ Fantastic Beasts [FantasticBeasts] (15 December 2015). "The Announcement Trailer for #FantasticBeasts is here. t.co/kVFBnSN3b7" (ツイート). 15 December 2015閲覧Twitterより. 
  43. ^ Adam McCabe (2016年2月2日). “Our favorite moments from ‘A Celebration of Harry Potter 2016’ at Universal Orlando”. 2016年12月12日閲覧。
  44. ^ Sullivan, Kevin P.. “Fantastic Beasts and Where to Find Them trailer debuts at MTV Movie Awards”. 2016年4月11日閲覧。
  45. ^ Maloney, Jennifer. “The 'Fantastic Beasts and Where to Find Them' Screenplay to be Published as a Hardcover”. 2016年4月26日閲覧。
  46. ^ Fantastic Beasts and Where to Find Them (2016)”. 2017年1月11日閲覧。
  47. ^ Barnes, Brooks (2016年11月7日). “Warner Bros., Quietly Thriving, Recasts Its Own Story”. The New York Times. オリジナル2016年11月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161109012715/http://www.nytimes.com/2016/11/08/business/media/warner-bros-quietly-thriving-recasts-its-own-story.html?_r=0 2016年11月11日閲覧。 
  48. ^ Brooks Barnes (2016年11月20日). “'Fantastic Beasts' Is a Hit for Warner Bros.”. The New York Times. 2016年11月22日閲覧。
  49. ^ a b Anthony D'Alessandro (2016年11月19日). “'Fantastic Beasts' Gobbles Up Teen Girl, Vinny Paz & 'Billy Lynn'...But Is 'Potter' Spinoff Big Enough for a New Franchise?”. 'Deadline.com'. 2016年11月20日閲覧。
  50. ^ Worldwide Openings”. Box Office Mojo. 2016年11月22日閲覧。
  51. ^ a b Nancy Tartaglione (2016年11月20日). “'Fantastic Beasts' Climbs To Magical $145.5M Overseas – Intl Box Office Update”. 'Deadline.com'. 2016年11月21日閲覧。
  52. ^ a b Charles Gant (2016年11月22日). “Fantastic Beasts sprinkles magic dust over the UK box office”. The Guardian. 2016年11月23日閲覧。
  53. ^ Anthony D'Alessandro (2016年10月27日). “Putting 'Fantastic Beasts' Opening Projections in Perspective”. 'Deadline.com'. 2016年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月31日閲覧。
  54. ^ Brent Lang (2016年10月27日). “Box Office: ‘Fantastic Beasts and Where to Find Them’ Eyes $75 Million Opening”. Variety. 2016年10月31日閲覧。
  55. ^ Here's How Much Analysts Think 'Fantastic Beasts' Will Make Opening Weekend”. Fortune (2016年11月8日). 2016年11月11日閲覧。
  56. ^ Simon Thompson (2016年11月12日). “Where 'Fantastic Beasts' Opening Weekend Will Fit in the Multi-Billion Dollar 'Harry Potter' World”. Forbes. 2016年11月13日閲覧。
  57. ^ Pamela McClintock (2016年11月17日). “Box-Office Preview: 'Fantastic Beasts' Hopes to Make Magic With $70-80M U.S. Debut”. The Hollywood Reporter. 2016年11月17日閲覧。
  58. ^ Brad Brevet (2016年11月17日). “'Fantastic Beasts' Eyes Fantastic Opening that Could Top $90 Million”. Box Office Mojo. 2016年11月18日閲覧。
  59. ^ Scott Mendelson (2016年11月19日). “'Fantastic Beasts' Box Office: Not-So-Magical $29.7M Friday For J.K. Rowling Prequel”. Forbes. 2016年11月19日閲覧。
  60. ^ Scott Mendelson (2016年11月18日). “Box Office: 'Fantastic Beasts' Finds Just $8.75M On Thursday”. Forbes. 2016年11月19日閲覧。
  61. ^ Box Office Top 20: 'Fantastic Beasts' summons $74.4 million”. Associated Press (2016年11月21日). 2016年11月22日閲覧。
  62. ^ Nancy Tartaglione (2016年11月13日). “'Doctor Strange' A Marvel As Pic Nears $500M WW, 'Billy Lynn' Walks With $13.2M; 'Arrival' Lands $10.2M – Intl Box Office”. 'Deadline.com'. 2016年11月14日閲覧。
  63. ^ Anthony D'Alessandro and Nancy Tartaglione (2016年11月15日). “'Fantastic Beasts' Box Office To Wolf Down As Much As $200M+ Worldwide: Weekend Preview”. 'Deadline.com'. 2016年11月16日閲覧。
  64. ^ a b Nancy Tartaglione (2016年11月17日). “'Fantastic Beasts' Unleashes $16.6M on Day 2 Overseas; $23.5M Running Cume”. 'Deadline.com'. 2016年11月18日閲覧。
  65. ^ Scott Mendelson (2016年11月17日). “'Fantastic Beasts' Box Office: J.K. Rowling Prequel Nets Promising $6.9M In Overseas Debut”. Forbes. 2016年11月18日閲覧。
  66. ^ Pamela McClintock and Rebecca Ford (2016年11月18日). “Weekend Box Office: 'Fantastic Beasts' Heads for $75M-Plus Opening After $29.7M Friday”. The Hollywood Reporter. 2016年11月20日閲覧。
  67. ^ Nancy Tartaglione (2016年11月26日). “‘Fantastic Beasts’ Boasts $227M+ Through Friday; Bests All ‘Potter’ Bows In China – Intl Box Office Update”. 'Deadline.com'. 2016年11月27日閲覧。
  68. ^ Patrick Frater (2016年11月24日). “‘Fantastic Beasts’ Sees Powerful Chinese Opening Day”. Variety. 2016年11月27日閲覧。
  69. ^ a b Nancy Tartaglione (2016年11月27日). “'Fantastic Beasts' Climbs To $474M Global; 'Moana' Catches $16.3M Offshore Wave – Intl Box Office”. 'Deadline.com'. 2016年11月28日閲覧。
  70. ^ Patrick Frater (2016年11月28日). “China Box Office: ‘Fantastic Beasts’ Enjoys $40 Million Opening”. Variety. 2016年11月28日閲覧。
  71. ^ “『ファンタビ』1位!『君の名は。』2位!『この世界の片隅に』は6位に浮上!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年11月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087895 2016年11月29日閲覧。 
  72. ^ “『ファンタビ』30億円突破でV2!『君の名は。』『この世界の片隅に』アニメも絶好調!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年12月6日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088091 2016年12月6日閲覧。 
  73. ^ “『モンスト』が初登場1位!『君の名は。』は『ハリポタ』超えで歴代4位!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年12月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088280 2016年12月13日閲覧。 
  74. ^ “『妖怪ウォッチ』3年連続初登場1位!『スター・ウォーズ』は興収トップ!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年12月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088482 2016年12月20日閲覧。 
  75. ^ “『バイオハザード』歴代最高のオープニングで初登場1位!生田斗真『土竜の唄』も初登場【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2016年12月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088632 2016年12月27日閲覧。 
  76. ^ “『ファンタビ』30億円突破でV2!『君の名は。』『この世界の片隅に』アニメも絶好調!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年1月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088745 2017年1月5日閲覧。 
  77. ^ “『妖怪ウォッチ』1位に返り咲き!『君の名は。』が『アナ雪』にジワリ迫る!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年1月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088876 2017年1月11日閲覧。 
  78. ^ “綾瀬はるか『本能寺ホテル』が初登場1位!『この世界の片隅に』は動員100万人突破!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年1月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088992 2016年1月17日閲覧。 
  79. ^ “歴代ランキング”. シネマトゥデイ. (2017年3月21日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2017年3月21日閲覧。 
  80. ^ Fantastic Beasts and Where to Find Them (2016)”. Rotten Tomatoes. 2016年12月26日閲覧。
  81. ^ Fantastic Beasts and Where to Find Them reviews”. Metacritic. 2016年11月18日閲覧。
  82. ^ Peter Bradshaw (2016年11月13日). “Fantastic Beasts and Where to Find Them review – JK Rowling goes steampunk”. The Guardian. 2016年11月13日閲覧。
  83. ^ Eric Kohn (2016年11月13日). “'Fantastic Beasts and Where to Find Them' Review: The ‘Harry Potter’ Prequel Is One of the Best Blockbusters of the Year”. IndieWire. 2016年11月13日閲覧。
  84. ^ “第21回米美術監督組合賞ノミネート発表”. 映画.com. (2017年1月10日). http://eiga.com/news/20170110/11/ 2017年1月10日閲覧。 
  85. ^ “英国アカデミー賞ノミネート発表「ラ・ラ・ランド」が最多11部門”. 映画.com. (2017年1月11日). http://eiga.com/news/20170111/11/ 2017年1月11日閲覧。 
  86. ^ “「ローグ・ワン」視覚効果協会賞で7部門ノミネート!”. 映画.com. (2017年1月12日). http://eiga.com/news/20170112/8/ 2017年1月12日閲覧。 
  87. ^ Khatchatourian, Maane; McNary, Dave (2016年10月13日). “'Fantastic Beasts and Where to Find Them' to Be Five-Film Franchise”. Variety. http://variety.com/2016/film/news/fantastic-beasts-and-where-to-find-them-five-movies-1201888226/ 2016年11月9日閲覧。 
  88. ^ McNary, Dave (2016年11月1日). “Johnny Depp to Star in J.K. Rowling's 'Fantastic Beasts' Sequel”. Variety. http://variety.com/2016/film/news/johnny-depp-fantastic-beasts-sequel-jk-rowling-1201906497/ 2016年11月9日閲覧。 
  89. ^ Chitwood, Adam (2016年11月8日). “'Fantastic Beasts 2': Johnny Depp Confirmed as Grindelwald; Setting Revealed”. Collider.com. 2016年11月9日閲覧。
  90. ^ Wood, Matt (2016年11月19日). “Fantastic Beasts and Where to Find Them 2 takes place in Paris”. 2016年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]