ロン・ウィーズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロン・ウィーズリー
Ron Weasley
『ハリー・ポッター』シリーズのキャラクター
初登場 ハリー・ポッターと賢者の石
最後の登場 ハリー・ポッターと呪いの子
作者 J・K・ローリング
ルパート・グリント
常盤祐貴
詳細情報
性別
家族 アーサー・ウィーズリー(父)
モリー・ウィーズリー(母)
ビル・ウィーズリー
チャーリー・ウィーズリー
パーシー・ウィーズリー
フレッド・ウィーズリー
ジョージ・ウィーズリー(以上兄)
ジニー・ウィーズリー(妹)
国籍 イギリスの旗 イギリス
テンプレートを表示

 

ロナルド・ビリウス・ウィーズリー: Ronald Bilius "Ron" Weasley)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ、およびその派生作品に登場する架空の人物で魔法使いである。

概要[編集]

主人公ハリー・ポッターの親友。ホグワーツ魔法魔術学校グリフィンドール寮に所属する男子生徒で、ハリーとは同学年である。ハリーともうひとりの親友ハーマイオニー・グレンジャーロン・ウィーズリーと共にいつも三人で行動している。

魔法界で純血家系の両親の下に生まれ育った生粋の魔法使いである。さまざまに個性豊かな魔法使い一家の末息子として描かれ、ハリーや読者にとって魔法界を知るための情報源になっている。

登場巻[編集]

全巻

人物[編集]

名前・通称[編集]

通称の「ロン」はファーストネーム「ロナルド」の愛称の1つである。 母親からは幼名である「ロニーちゃん(: Ronnie)」と呼ばれたり、また双子の兄たちから「ロニー坊や(: Ickle Ronniekins)」と呼ばれてからかわれることがある。 ミドルネームの「ビリウス」は亡くなったおじの名からつけられた。

外見[編集]

背が高く、ひょろっとしている。燃えそうな赤毛で、肌にはそばかすがある。また手と足が大きく、鼻が高い。瞳の色はブルー。

来歴[編集]

1980年3月1日、魔法族のウィーズリー家の六男として誕生。

1991年9月1日キングズ・クロス駅でハリー・ポッターと初対面し、ホグワーツ特急内で意気投合する。その後、ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、ハリー同様グリフィンドール寮生となる。

1992年夏、ハリーを自宅に迎えるため、父の所有するフォード・アングリアを借りて、フレッドとジョージと共にダーズリー家を訪問。ダーズリー家に軟禁されていたハリーを救出する。同年9月1日にはドビーによりホグワーツ特急に乗車できなかったため、再びフォード・アングリアを借りてハリーと共にホグワーツへ向かうが、ホグワーツ到着時に暴れ柳から攻撃を受け、杖が折れてしまう。

1993年5月29日、ハリーと共に「秘密の部屋」事件を解決。その功績を称えられ、「ホグワーツ特別功労賞」を授与される。同年、父がガリオンくじに当選し、一家でエジプト旅行に行き、新しい杖も買ってもらう。

1995年、ハーマイオニーと共に監督生に選ばれる。また寮対抗クィディッチ試合のグリフィンドール代表チームのキーパーになる。

1996年、ハリー、ハーマイオニー、ネビル・ロングボトムジニー・ウィーズリールーナ・ラブグッドと共に魔法省神秘部に潜入。待ち構えていた死喰い人と戦闘になる。

1997年3月1日、スラグホーンの部屋で毒入りの蜂蜜酒を飲んで瀕死に陥るが、ハリーに助けられる。

同年夏、ハリー、ハーマイオニーと共に、ヴォルデモート分霊箱を探す旅に出る。不満から一度は旅から離脱してしまうものの、後に合流し、最後まで戦い抜いた。

7巻発売後に作者が明かしたところによると、本編終了後は魔法大臣となったキングズリー・シャックルボルトの依頼により魔法省の闇祓いとなった[1]

性格[編集]

ハリーやハーマイオニーと比べて皮肉めいた言い回しや冗談を言うことが多く、3人の中ではムードメーカーの役回りである。

一方で才能ある兄たちが5人おり、妹も唯一の少女として可愛がられるウィーズリー家7人兄妹の中で育った末弟のロンは、己の個性と立場についての自負心がない面を持つ。また家計のしわ寄せで、兄たちのお下がりや自分に合っていない中古品を与えられることが多いため、劣等生ではないにも関わらず、他の生徒たちに引け目を感じる学生生活を過ごす。これらの状況からハリーやハーマイオニーに比べて自信に欠けるロンは、感情の揺れやすさや傷つきやすさが作中で描かれる少年でもある。

しかし自らは貧しくとも裕福な親友ハリーには決してたかろうとせず、ハリーがお金を貸そうとしても頑として断る潔癖さを持ち合わせている。また脚が骨折していても身を挺してハリーを敵からかばおうとしたり、妹を異性から保護しようとするなど、愛する人々を危害から守ろうとする気持ちが強い。

過去にテディ・ベアをフレッドによって蜘蛛に変えられたことがあり、そのことから蜘蛛恐怖症になり、まね妖怪は彼の前では大蜘蛛に変化する。 またエンジ色(Maroon)が大嫌いである。

才能[編集]

ロンは自分のことを優秀ではないと語っているが、実はチェスの達人である。実際に1巻では、人間大の駒を相手に戦う「魔法使いのチェス」で指揮を執り、見事勝利を収めた。このチェスはマクゴナガルが動くよう魔法をかけたものであり、実質的にロンは最下級生でありながらホグワーツ副校長にチェスで勝利したことになる。

学業に関しては作中あまり触れられてはいないが、そもそもホグワーツの具体的な行事を知らなかったり(フレッド達から「入学試験ではトロールと決闘する」という嘘を鵜呑みにしていた)5巻で自分(ハリー)はどの科目(闇の魔術に対する防衛術を除く)でもロンより優れてはいない、とあることからハーマイオニー以下ハリーと同程度である。OWLはハリーと同じ7科目を合格しており、「優・O」はなかったものの、ハリーと同じ5科目の継続履修を認められている。(これらの科目については、「良・E」以上で継続履修が認められるため、5科目で「良・E」を獲得していることになる。)

また声真似が得意なのか、7巻ではマルフォイ邸でピーター・ペティグリューの声を真似て窮地を脱したり、ハリーが蛇語を話すのを真似て「秘密の部屋」を開けるといった活躍を見せている。

グリフィンドール寮のクィディッチチームには、ハリーやハーマイオニーには言わず陰で一人トレーニングする努力を積み重ねて入部試験に合格した。キーパーを務めるようになるが、気持ちが不調の時はミスを連発、絶好調の時は滅多に弟を褒めないフレッドとジョージでさえ感心する素晴らしいセーブを見せるほど、精神状態によってプレーに大きなむらがある。

七巻下では、ハリーとハーマイオニーを置き去りにしたことへの埋め合わせからか、ハリーの分霊箱への熱意のなさからか、眠っていた指揮能力を開花させ実質的リーダーとして二人を激励したり説得したりしている。

父が魔法省に勤務しているため、魔法省の内部事情にも通じている。

ちなみに守護霊はジャック・ラッセル・テリアである。

人間関係[編集]

血縁[編集]

彼が生まれたウィーズリー家は純血の魔法使いの一族でも最も古く、著名な一族の一つだった(彼がマグル生まれの魔女ハーマイオニーと結婚したため純血の一族ではなくなる)。父は純血の魔法使いアーサー・ウィーズリー、母は純血の魔女モリー・ウィーズリーであり、ロンは純血の魔法使いである。兄妹は、兄が5人、妹が1人いる。

家族の中では年齢が低いため、モリーやフレッドとジョージから幼く扱われることがある。一方で長兄ビルに対しては「どんなときでもきちんと扱ってくれた」と言っており、家族の中で特に信頼している。また次兄チャーリーがロンを可愛がっている様子が1巻の手紙のやりとりから窺える。妹であるジニーは唯一自分より年下であるためか、特に彼女の恋愛について過保護な面が見られる。

この他、判明している親族は、セプティマス・ウィーズリー(祖父)、セドレーラ・ウィーズリー(祖母)、ビリウス(おじ)、ギデオン・プルウェット(叔父)、フェービアン・プルウェット(叔父)、ミュリエル(大叔母)などがいる。

友人[編集]

親友としては、ハリー・ポッターとハーマイオニー・グレンジャーの名前が挙げられる。

ハリーに対しては、初めて会った時に「かの有名なハリー・ポッター」であると確認したが、その後はハリーを特別扱いせず普通の学生同士として接している(ただしハリーのいないところでハリーの親友であることを誇示したことはあったと7巻のミュリエルの発言から推測される)。またハリーが魔法界で有名人であること自体は肯定的にとらえて羨望しており、そのため4巻ではハリーが自分に黙って有名人の虚栄心から年齢制限を破りゴブレットに名前を入れたと誤解して詰り、一時的に絶交状態におちいった。しかしハーマイオニーを介して課題解決には協力し、その後ハリーが第1の課題をクリアした時、陰謀である事実を受け入れてハリーと和解した。 5巻ではハリーへ不信感を露わにする同級生たちに対しハリーに味方して抗弁し、終盤では魔法省へハリーが行くことは得策ではないと考えるも、親友ハリーのために自分の意思は曲げて一緒に乗り込んだ。

貧しい家に住むが学校の休暇のたびにハリーを実家に招待して同じ部屋に泊まらせ、家族のいないハリーにとってかけがえのない温かいくつろぎの場所として自らの家庭を共有している。ハリーとともに行動するためにたびたび自分や家族が重傷を負っているロンだが、そのことでハリーを恨んだり愚痴ったりしたことは一切ない。

ハーマイオニーに対しては、入学当初はお節介な彼女にいい印象を持っていなかったが、1巻で彼女がトロールに襲われているところをハリーと共に助けたことがきっかけで親しくなる。2巻ドラコ・マルフォイからハーマイオニーが「穢れた血」と侮辱されると逆上してドラコに呪いをかけようとしたり、ハーマイオニーが石化した際にはハリー以上に気落ちし、解決の手がかりを求めて蜘蛛恐怖症でありながらハリーとともに巨大蜘蛛アラゴグの住む禁じられた森へ潜入する勇気を奮った。 3巻では、ハリーにファイアボルトが贈られたことをハーマイオニーが独断でマクゴナガルに報告してファイアボルトをハリーが没収される結果を招くと、ハーマイオニーに対しハリーと一緒になって怒り、またペットのネズミ、スキャバーズがいなくなったのはハーマイオニーのペットである猫のクルックシャンクスが食べたものと考えて一時二人の仲は修復不可能寸前に陥ったが、スキャバーズ失踪の謎が解けると仲直りした。

勉強の虫のハーマイオニーには宿題をしろといつも小言を言われては不満の軽口をもらすが、彼女の知性を高く評価し尊敬しており、賞賛する言葉を彼女によくかけている。普段は恐れている教授セブルス・スネイプが授業中にハーマイオニーを知ったかぶりと形容すると猛然と抗議したり、ハーマイオニーが魔法界では常識はずれな屋敷しもべ妖精福祉振興協会の活動を始めると、生粋の魔法界育ちとしてその活動を奇妙であると感じながらもおとなしく協力するなど、友情に厚いところを見せる。

この他、友人としては、ルビウス・ハグリッド、ネビル・ロングボトム、シェーマス・フィネガンディーン・トーマスルーナ・ラブグッドなどがいる。

好意・恋愛[編集]

元来ロンは男兄弟に囲まれて育ったために女心に疎く、恋愛に関しては殊に初心である。そのため幼稚な振る舞いで女性を怒らせてしまうこともしばしばで、好意を伝えたい相手にも上手くアプローチすることが自分では出来ない。

4巻のダンスパーティ開催前には、フラー・デラクールの美貌にふらふらとなり、衆人環視の中でダンスパートナーに申し込んで断られた。またハーマイオニーをパートナーに誘うことはパーティ直前まで思いつかなかったにも関わらず、彼女のパートナーがビクトール・クラムであることをパーティ会場で知ると、自分のダンスパートナーであるパドマ・パチルそっちのけでそれまで熱狂的なファンであったクラムの悪口を言い続けて、パドマに愛想をつかされる。 5巻以後も、クラムの話題が出るたびに不機嫌になっていた。5巻終盤のクリスマスには友人へのプレゼントとしてはロマンチックな選択である香水をハーマイオニーに贈って彼女を驚かせている。

そして6巻では、ハーマイオニーからクリスマスパーティの同伴に誘われると快諾。二人は友人以上の雰囲気になったものの、ジニーに「ハーマイオニーとクラムはキスした」と告げられると激怒し、ハーマイオニーに冷たく当たるようになって彼女を混乱させた。さらにハーマイオニーとは異なり、自分をさかんに誉めそやしてくれるラベンダー・ブラウンに好印象を持って交際するようになるが、相性が良くないことを悟ってからはラベンダーを避けるようになり、あるきっかけで別れることに成功する。

6巻まではあまり直接的にハーマイオニーへの好意を示してこなかったが、7巻では彼女への好意を隠さずに示すようになる。分霊箱破壊の旅では、スリザリンのロケットにハリーとハーマイオニーによって裏切られる不安を抱く内奥を具現化され、ハリーへの危害をけしかけられるが、疑念を断ち切りグリフィンドールの剣でロケットを破壊した。物語終盤では遂にハーマイオニーとのキスを果たして名実ともに恋人となった。

嫌悪[編集]

ロンは純血の魔法使いであるが、マグル生まれや半純血の魔法族に対して寛容な一家に生まれているため、ロン自身もマグル出身者に対して寛容的かつ非常に友好的である(親友のハリーはマグル界育ちの半純血の魔法使い、同じく親友のハーマイオニーはマグル生まれの魔女)。そのため、同じ純血でも純血主義者とは仲が悪く、特にドラコ・マルフォイとは犬猿の仲である。

また先述したように、ビクトール・クラムとはハーマイオニーをめぐって恋敵の間柄である。

物語終了後[編集]

物語終了後はホグワーツには復学せず、ハリー、ネビルとともに魔法省に入省して闇祓いとなる。また、ハーマイオニーと結婚し、娘ローズと息子ヒューゴを授かった。7巻発売後の作者インタビュー[2]によると、のちにロンは兄が創業した悪戯道具専門店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」の経営に携わり、資産を得たという。

ローズ・グレンジャー=ウィーズリー(長女)
ヒューゴ・グレンジャー=ウィーズリー(長男)

なお、妹ジニーは親友ハリーの妻であるため、ロンから見てハリーは義弟にあたる姻戚である。

財産・ペット[編集]

ロンの所持品は概ね、家族のお下がりか、中古販売されていた安物である。数少ない新品は、何らかのお祝いに買ってもらったものが多い。

作中でロンが手に入れた杖は3本ある。
1本目は、次兄チャーリーのお下がりの杖。本体はトネリコ、芯は一角獣のたてがみ(少し横に飛び出している)。この杖は2巻序盤で折れてしまうが、スペロテープで接着して2年次終了時まで使い続ける。
2本目は、3巻で買ってもらった新品の杖。本体は柳、芯はユニコーンの尻尾の毛、長さは33センチ。
3本目は、マルフォイ邸でペティグリューから奪い取った杖。本体は栗、芯はドラゴンの心臓の琴線、長さは23.5センチ、脆い。なお、この杖はオリバンダー老人曰く、ピーターのために無理矢理作らされたものであるらしい。
ペット
ホグワーツ入学時に、三兄パーシーからネズミのスキャバーズを譲り受ける。その後、3巻終盤でスキャバーズを失うが、シリウス・ブラックからフクロウを貰い、ピッグウィジョンと名付けて飼うようになる(ちなみに「ピッグウィジョン」という名前はジニーが命名)。
クィディッチ用箒
監督生に選ばれたお祝いとして、同系クラスとしては当時最新型のクリーンスイープ11号を買ってもらう。
腕時計
魔法界における成人年齢である17歳の誕生日に両親から贈られた新品。
灯消しライター
アルバス・ダンブルドアの死後、遺言により相続した品。ダンブルドアが設計したもので、世界に1つしかないかもしれない珍しい品。(スクリムジョール談)
外見は銀のライターだが、使うと近くにある灯りを吸い取ることができる。また、周りに灯りがない状態で使うと中に吸い込まれていた灯りが元あった場所に放出される(元の場所に戻れない灯りは小型の太陽のような形で一定の距離を保って浮かぶ)。
作者によれば、ダンブルドアがロンにこのライターを相続させたのは、ロンが他の二人と比べて、より多くの助けが必要となると見越していたからであった。ダンブルドアは三人を団結させるロンのユーモアや善意はなくてはならないものと三人の関係性におけるロンの重要性を理解していた[2]ため、ライターにはあらかじめハリーとハーマイオニーのいる場所へ誘導するよう魔法がかけてあった。実際にロンはライターを使って二人と合流することに成功する。
チェス
祖父セプティマスから貰ったらしい。

映画・ゲーム・舞台[編集]

映画では『賢者の石』から登場。ルパート・グリント(ロンと同様に蜘蛛が嫌いである)が演じていた(日本語版の吹き替えは常盤祐貴が担当した)。

ゲームでは『賢者の石』と『秘密の部屋』は渕崎ゆり子、『アズカバンの囚人』は藤原堅一、『炎のゴブレット』は佐藤まさよしが日本語版の声を担当していた。

舞台『Harry Potter and the Cursed Child』は、イギリス初演においてポール・ソーンリーが演じる予定[3]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.accio-quote.org/articles/2007/1217-pottercast-anelli.html
  2. ^ a b J.K.ローリング「ハリー・ポッターと死の秘宝」ブルームズベリー・ライブ・チャット 2007 ネタバレ和訳 - ポッターマニア
  3. ^ 「ハリー・ポッター」続編舞台のキャスト発表!中年のハーマイオニーはアフリカ系に!”. シネマトゥデイ (2015年12月21日). 2015年12月21日閲覧。