死喰い人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

死喰い人(しくいびと、Death Eaters)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ、及びその派生作品に登場する架空の集団である。映画版の翻訳では英語読みであるデスイーターが使われている。

概要[編集]

ヴォルデモートの思想に賛同し、彼に忠誠を誓った闇の魔法使い魔女の中でも特に重要な人物を指す。フェンリール・グレイバックのように、ヴォルデモートの配下であるが死喰い人とはされず、格下とされている者も大勢いる。政財界に深く入り込んで権力を持つ者もいる。

純血主義を標榜し、メンバーの多くは純血かつスリザリン出身である。1930年代に発表された「純血一族一覧」で「間違いなく純血の血筋」と認定された「聖28一族」出身の者も多い。ただし作者によればマグル生まれのメンバーも少数ながらいる模様で、ヴォルデモートも純血ではない。

基本的に黒のローブを身にまとい、戦闘時にはフードや仮面を装着する。魔法使い以外の種族にも勢力を拡大しており、巨人や狼人間も味方している他、終盤ではアズカバンに勤務していた吸魂鬼全員が合流している。ヴォルデモートが最も台頭した時代には不死鳥の騎士団側の20倍の勢力を誇り、反対勢力を多く殺害、弾圧し民衆を恐怖に陥れた。闇の魔術に精通していることから総じて戦闘に秀でており、主要メンバーは不死鳥の騎士団や闇祓いといった優秀な魔法使いとも互角に渡り合う実力を持つ。差別的な純血主義者が中心でヴォルデモートの権力・実力に惹かれて集まり、絶対の忠誠を誓っているが、中には恐怖から従う者や服従の呪文によって従わされている者も多い。

ヴォルデモートがハリーの殺害に失敗してからは、一部の者は服従の呪文や脅しにより無理やり従わされたと訴え、ヴォルデモートに忠実な者は騎士団員や闇祓いによって投獄、あるいは殺害され、一旦組織は解体された。

4巻でヴォルデモートが復活してからは多くのメンバーが再集結して再び勢力を拡大、アルバス・ダンブルドア、魔法大臣ルーファス・スクリムジョールの殺害にも成功し、ホグワーツや魔法省までも掌握した。7巻では総力を挙げてホグワーツに攻め込み、ハリーを守ろうとするホグワーツ防衛隊と激戦を繰り広げた。防衛隊側の半数を死傷させたが、主君ヴォルデモートがハリー・ポッターとの戦いの中で死亡し、主要メンバーも殆どが敗北。完全に壊滅した。

闇の印[編集]

死喰い人の印。マークは、口から蛇が出ているドクロ。死喰い人は、反対勢力に対する破壊活動を行う際、「モースモードル(闇の印を)」と呪文を唱え、上空に闇の印を打ち上げる(例えば民家を襲った場合、襲われた家の上空に印が打ち上げられている)。この印は死喰い人しか作り方を知らず、民衆の恐怖の象徴とされる。

死喰い人は全員、左の前腕に闇の印を刻まれている。ヴォルデモートが一人の印に触れると全員の印が黒く変色して熱くなる(これがヴォルデモートによる招集の合図である)。印は消すことができず、また印の変色・発熱は痛みを伴わないが、直接ヴォルデモートから印に触れられた場合は激しい苦痛が伴う(ピーター・ペティグリューは触られることを拒んでいた)。なお、ハーマイオニー・グレンジャーは、この方法にヒントを得て、ダンブルドア軍団の集合時間を知らせる方法を編み出している。

メンバー[編集]

セブルス・スネイプ
死喰い人の一人だったが離反、不死鳥の騎士団からの二重スパイとなる。
ホグワーツ魔法魔術学校の教師。死喰い人であったがリリーを守るために心離れし、アルバス・ダンブルドアを頼って不死鳥の騎士団のメンバーとなる。闇の陣営のヴォルデモートと死喰い人を調査するためのダンブルドアから送りこまれた二重スパイであり、その真実は本人とダンブルドアのみに秘されていた。
ヴォルデモート陣営からは不死鳥の騎士団に送りこまれたスパイ、不死鳥の騎士団陣営からはヴォルデモート陣営から脱退した不死鳥の騎士団の一員としてヴォルデモート陣営を調査する二重スパイ、ということで認識されていたが、実際は後者の通り、スネイプは不死鳥の騎士団のメンバーであり不死鳥の騎士団の味方であったことが真実である。
スネイプがホグワーツから逃亡した後、不死鳥の騎士団のメンバーたちはそれがスネイプによる不死鳥の騎士団のメンバーとしてのヴォルデモート陣営を欺くための作戦であった真実を知らなかったため、スネイプがヴォルデモート陣営に戻り寝返ったと誤解をした。
ルシウス・マルフォイ
魔法族の名家・マルフォイ家の当主。死喰い人のリーダー格であり、2巻まではホグワーツの理事も務めていた。純血の名家(聖28一族)の一つ、マルフォイ家の当主であり、マルフォイの館は死喰い人の拠点として利用される。魔法省に多大な寄付を施しており、魔法大臣にすら意見するほどの権力を有している。ウィルトシャーの屋敷は、死喰い人にも利用されている。
非常に身の保身を案ずる性格である。旧友であるのにも関わらず、スネイプの不死鳥の騎士団とダンブルドアへの離反の真実を最後まで見抜くことができなかった。
妻に純血の名家(聖28一族)・ブラック家出身のナルシッサ、息子にドラコがいる。家族愛は強く、妻と同様に息子を溺愛しているが、躾や教育に関しては厳しく、家より遠方ながらも教育には的確として息子をダームストラング専門学校に入学させようとしたり、マグル生まれのハーマイオニー・グレンジャーに成績で劣ったことに対する息子の言い訳を「私はむしろ、魔法の家系でもなんでもない小娘に、全科目の試験で負けているおまえが、恥じ入ってしかるべきだと思うが」と一蹴しており、ドラコが処罰をうけたときに父が黙っていないという主旨の発言を聞いたハグリッドが「父親はそれが当然だと言うだろう」と、スリザリン寮の関係者でない人間からも私情より風紀を尊重する一面を認められていた(ただし、ホグワーツ決戦で息子の命がかかっていた時には、味方の状況よりも息子を優先した)。
ホグワーツ在学中はスリザリン寮に所属しており、監督生に選ばれている。スネイプはホグワーツ時代の後輩で旧友でもあり、セブルスが半純血の出自や能力への嫉妬により貶められる中にあって、ルシウスは彼の実力を認め交友を結んだ。その後もホグワーツ理事の一人としてセブルスを高く評価しており、息子のドラコによれば、秘密の部屋事件で失脚したダンブルドアの後任にセブルスを推薦するつもりだったようである。
純血主義者で、マグルに寛容なアーサー・ウィーズリーとは、街中で取っ組み合いの喧嘩を繰り返す程の犬猿の仲である(アーサーはもちろん、ルシウスも基本的に紳士的な人物であることから余程の確執があることが分かる)。死喰い人の一員でもあり、その中でもリーダー的な存在である。
魔法の実力も立場相応のものがあるようで、神秘部の戦いでその実力を垣間見ることができる(小説では、トンクスの失神呪文を回避しルーピンと決闘している。また、ベラトリックスの放った呪文を捻じ曲げるという荒業を披露した。映画では、他の死喰い人と組んで、シリウスとハリーを相手に一時互角に渡り合うも、吹き飛ばされた)。
ベラトリックス・レストレンジは義理の姉に当たる。ともにヴォルデモートの信任が厚く死喰い人のリーダー格であるが、7巻ではハリー・ポッター捕獲の手柄を取り合うなど、あまり良好な関係とは言えない(もっともベラトリックスがマルフォイの館に出入りしている様子から険悪というわけでもない)。
2巻で発生した「秘密の部屋」事件は、親マグル派のアーサーとアルバス・ダンブルドアを同時に失脚させようとしてルシウスが企てたものである。ルシウスはヴォルデモートから預かっていた「リドルの日記」をジニー・ウィーズリーの持ち物の中に紛れ込ませ、彼女が「秘密の部屋」事件の犯人になるように仕向けた。しかしこの企みは失敗に終わり、日記はハリーによって破壊されてしまう(加えて事件の首謀者だったことも暴かれ、ホグワーツの理事を辞めさせられる)。更にハリーの策に嵌り自分の屋敷しもべ妖精ドビーを「解放」してしまう。
リドルの日記はヴォルデモートの分霊箱であり、このことがヴォルデモートに知れ、凄烈な怒りを買う(この時、ルシウス自身は神秘部の戦いで捕まり、アズカバンに収監されていた)。これにより、ルシウスは死喰い人内での地位を失うこととなる。
ダンブルドアの死後、他の死喰い人と共にアズカバンから脱獄するが、7巻冒頭、ヴォルデモートに命じられ、自分の杖をヴォルデモートに提供、杖を失う。これは、ルシウスの地位が下落したことを示す象徴的な出来事であった。が、当の本人はグレイバックらがハリーたちを捕えて突き出した際には気取った態度を取り、権限をめぐってベラトリックス・レストレンジと口論したり復権を図ったりするなど地位に固執していた。
7巻終盤のホグワーツ最終決戦では戦闘に参加せずにスネイプを呼びに行かせられたり、妻ナルシッサと共にドラコを探し回る始末であったが、このためヴォルデモートの死後も逮捕されず、ホグワーツの祝勝会に妻や息子と共に肩身が狭そうに座っていた。
物語終了後は死喰い人残党の捕獲に協力したことから投獄は免れた。息子ドラコはこれまでどおりルシウスに対して深い愛情を抱いてはいたが、一方で両親のような純血主義とは一線を画す考えになったことにも気付いたようである。息子に嫁いだアステリア・グリーングラスはルシウスが妻と共に望んだ「間違いなく純血の血筋」とされる「聖28一族」出身の女性ではあったが、ドラコ同様にマグルに対する差別思想を脱した人物であったため、家族の集まりはしばしば緊張をはらんだものとなった。
映画では『秘密の部屋』から登場。ジェイソン・アイザックスが演じている。日本語版の吹き替えは諸角憲一が担当した。杖映画版ではをステッキに仕込んでいる他、初めて死の呪文を使おうとした人物である(詠唱はドビーに途中で遮られ、失敗に終わっている)。『死の秘宝 PART2』のホグワーツの戦いでは、停戦が明け、2度目の戦いが始まると、妻と息子の後を追いながらホグワーツから逃走した。また、ゲームでは大塚芳忠が日本語版の声を担当していた。
ドラコ・マルフォイ
ルシウスの長男。小説では死喰い人と明言されていないが、6巻以降ヴォルデモートから任務を与えられており、行動は死喰い人そのものである(映画では左腕に闇の印が刻まれている)。ハリーとは仲が悪い。
ピーター・ペティグリュー
小柄で鼻が尖っており、どことなくネズミに似ている。瞳の色は薄い。髪はくすんだ茶色でくしゃくしゃ。更に頭頂部は広く禿げている。ホグワーツ在学中はグリフィンドール寮に所属しており、シリウスと行動を共にする機会が多かったため、「シリウスの腰巾着」と呼ばれていた。忍びの地図を作った人物の一人。
小心者で、いつも強い者の後ろについて歩くような性格。自分の立場が悪くなると情に訴えて助けを請うなど、卑怯な面も見られる。ホグワーツの組分け帽子が、勇敢さを信条とするグリフィンドール寮に彼を組み分けした理由は判然としない。頭が悪く魔法の才能にも恵まれていないかのような描写をされており、マクゴナガルは「ジェームズやシリウスのようには絶対になれない子だった」と評している。しかし、10年以上も正体を隠して周囲に気づかれないよう潜伏していたり、4巻で高い魔力がないと威力を発揮しない死の呪文を行使したりと、闇の魔術の才能と、慎重性の高さが伺える行動も少なからず見られる。
死喰い人としては下働きの役割が多いなど立場は低いようだが、良く言えば仕事量が多く顔が広かったともいえる。徹底した秘密主義で仲間同士でも顔を知らない状況が珍しくない死喰い人の中でも知名度は高くポッター家とも深い関わりがあり、この点からもスパイ活動の観点でヴォルデモートにも買われていた。しかしポッター家の襲撃に貢献したものの、ヴォルデモートが敗れたことから、仲間である死喰い人からはヴォルデモート敗北の元凶と見なされ、裏切り者として追われる身となる。後に同じ死喰い人としてスネイプと会っているが、学生時代に仲間のジェームズとシリウスが自分を攻撃するのを後ろで笑って見ていた事、及びスネイプの愛するリリーを死に追いやった張本人であることから、関係は良くなかった。
ジェームズ・ポッターやシリウス・ブラック、リーマス・ルーピンの元学友であったが、恐怖心から裏切ってヴォルデモートに密通した。4巻以降、敵味方を問わず、基本的にワームテールと呼ばれるが、これは元々、学生時代にジェームズたち友人の間で使われたあだ名である。「worm」と「tail」から成る造語であり、ピーターがネズミの動物もどきであることから命名された(ネズミの尾はミミズのような形をしている)。ちなみにリリー・ポッターからはワーミーと呼ばれていた。当初リーマス・ルーピンと親しくなった後、彼を通してジェームズ・ポッターとシリウス・ブラックに認知され、4人で仲良くつるむようになった。後にルーピンが人狼であると分かると、ジェームズやシリウスと共に動物もどきとなる。
ホグワーツ卒業後は友人と共に不死鳥の騎士団に加わり、ヴォルデモートに命を狙われたポッター家の秘密の守人になる。しかし既に裏で死喰い人に加わっており、ポッター家の居所をヴォルデモートに密告、ジェームズとリリー夫妻を死に追いやった。その後、夫妻を死に追いやった罪をシリウスに着せ、自身は死を偽装して逃亡した。以降、ネズミに姿を変えてウィーズリー家に潜伏していた。
ウィーズリー家では「スキャバーズ」という名を与えられ、ペットとして飼われていた。1991年夏(ロン・ウィーズリーがホグワーツに入学する年)まではパーシー・ウィーズリーが、それ以降はロンが飼い主となっている。ロンは愚痴をこぼしつつもスキャバーズを大事にしており、3巻でスキャバーズが行方不明になったとき、ハーマイオニーのペット・クルックシャンクスがスキャバーズを食べたものと思い込み、ハーマイオニーに対して非常に攻撃的になった。しかしスキャバーズの正体を知った後は、スキャバーズの存在を忘れたかのような態度を取っている。ロンがハリーの親友となり、ホグワーツでの寮でも同室になったことから、3年次までハリーのすぐ傍で生活していたことになるが、アルバス・ダンブルドアが校長を務めていたため、ハリーに危害を加えることは一切無かった。
3巻終盤、アズカバンを脱獄したシリウスや、「闇の魔術に対する防衛術」教授に就いていたルーピンに正体を暴かれ、殺されそうになるが、「父の親友であるシリウスやルーピンを罪人にしたくない」という理由でハリーに命を助けられる。その後、一瞬の隙に逃亡し、仲間と主君への恐怖心から、ヴォルデモートの下に戻る。
その後、4巻で自分の右手(手首から先)を「下僕の肉」として捧げてヴォルデモートを復活させた。この時、代わりとしてヴォルデモートから銀色のを与えられる。7巻でマルフォイの館にてハリーの殺害を躊躇った為、この銀色の手に絞め殺されてしまう。
作中における「愚」(知性の面ではなく道徳の面での“愚”)の象徴であり、正義と勇気を重んじるグリフィンドール出身者でありながら、己の心の弱さに屈して破滅の道を選ぶという「善」ではないが「悪」とも言い切れぬ特異な性質を体現する。
作中に登場した闇の魔法使いは、ヴォルデモートをはじめとしてその多くがスリザリン寮やダームストラング専門学校の出身であるが、ピーターは、作中に登場した死喰い人の中で唯一のグリフィンドール寮出身者である。
映画では『アズカバンの囚人』から登場。ティモシー・スポールが演じていた。日本語版の吹き替えは茶風林が担当した。『死の秘宝 PART1』では、ハリーとロンに気絶させられた所で出番が終了したため、その後の消息は不明。ゲームでは、日本語版の声優中博史(ナレーションと兼任)。原語版の声はトム・グッドマン・ヒル
バーテミウス・クラウチ・ジュニア
純血の家柄でも最も旧家である家系の一つクラウチ家の最後の一人。ホグワーツ在学中は優等生で、OWL試験で12科目合格するほどの秀才だった。いかにして死喰い人の道を選んだのかは定かではないが、父バーテミウス・クラウチ・シニアとの不和から人間が歪んでしまい、10代の頃に死喰い人に加わった。
若い頃は臆病で卑屈な面があり、裁判では、険悪していた父に「自分は死喰い人ではない!」と無実を言い張っていたが、成人してからは危険な任務を自ら志願するなど芯の強い性格となった。ヴォルデモートとは「父親を憎悪していた」「父親と同じ名前をつけられた」「父親を殺した」などの共通点があり、ヴォルデモートに対する忠誠心は極めて高く、死喰い人の中でも数少ないヴォルデモートを失踪後に探した一人でもある為、先述の裁判での出来事を差し引けるほどに彼からの信頼も厚く、復活した直後に「最も忠実なる下僕」と語られる。
ベラトリックス達と共にネビルの両親を「磔の呪い」で拷問し、廃人にした。その後、イゴール・カルカロフの司法取引により告発され、アズカバンの終身刑を受けたが、ポリジュース薬を利用して母と入れ替わり、脱獄した。その後は父に「服従の呪文」をかけられて自宅に幽閉されていた。徐々に服従の呪文に抵抗し始めていたところを、バーサ・ジョーキンズから彼が生存していることを聞き出したヴォルデモートによって解放された。
解放後は、ヴォルデモートの肉体の復活に必要なハリーをヴォルデモートのもとへ届けるべく、アラスター・ムーディに成りすます。炎のゴブレットに錯乱呪文をかけて三大魔法学校対抗試合にハリーを参加させ、ハリーが勝つよう助言し、優勝杯を「移動キー」に変え、それにハリーを触れさせることで任務を完遂した。その後は闇の帝王の最高の栄誉を受ける喜びを嬉々として語り、ハリーを殺そうとしたところをアルバス・ダンブルドアに捕らえられ、真実薬によって真相を吐かされた。そして、コーネリウス・ファッジの護衛役を受けた吸魂鬼に接吻を施され、死よりも酷い姿となった。その後の消息は不明。
映画では『炎のゴブレット』に登場。デイヴィッド・テナントが演じた。日本語版の吹き替えは桐本琢也が担当した。カルカロフの司法取引では、傍聴席から逃亡しようとしたところを取り押さえられ、荒れ狂いながら周りに罵詈雑言を浴びせる形で自分が死喰い人であることを否定しないなど、原作の態度とは異なった。最後はダンブルドアに捕らえられたところで出番が終了したため、その後の消息は不明。
ベラトリックス・レストレンジ(旧姓ブラック)
純血の名家(聖28一族)・ブラック家の出身で、シリウスの従姉。ファーストネームの「ベラトリックス」は、オリオン座の2等星ベラトリックス[1]に由来する。愛称はベラ。ナルシッサとアンドロメダの3人姉妹の長女。夫は死喰い人のロドルファス・レストレンジ。ルシウスは義弟、ドラコは甥に当たる。
ヴォルデモートの失脚後も彼を探し求めた数少ない死喰い人。彼に対しては敬愛を抱いており、その愛情は夫に対するものよりも深いとされる。ヴォルデモートも彼女を「ベラ」と愛称で呼び、分霊箱の1つを預けるなど、他の部下に比べて特に信頼を置いていた様子が窺える。また、1996年から1998年の間にヴォルデモートとの間に娘デルフィーニを設けている。なお娘は愛から生まれた子供ではなく、ヴォルデモートの力、ゴーント家及びスリザリンの血筋を引かせるために作られた子供である[2]
その一方で、ヴォルデモートに信頼を置かれ、かつダンブルドアにも通じていると疑っているスネイプに対しては、強い嫉妬と警戒心を抱いており、6巻ではスネイプがドラコの秘密を探るために開心術を使う可能性を見越し、ドラコに閉心術を教えてスネイプを妨害している。ルシウスもヴォルデモート失脚の際には彼を裏切り、かつ分霊箱の一つを預けられたり他の死喰い人への優越権も与えられるなど、ヴォルデモートが最も重用した人物と言えるが、義弟であるからか彼に対しては特別な反応は示しておらず神秘部の戦いでは彼の命令に素直に従っていた。もっとも、神秘部の戦いでの失敗を経てルシウスが主人の信頼を失っても同情のかけらも見せてはいなかった。
豊かな黒髪を持ち、厚ぼったい瞼をしている。ブラック家の血筋の例にもれず美しい容姿ではあったが、アズカバンに収監されていた影響で、脱獄直後は見る影もない有様だった。感情の起伏が激しく、かなりのサディスト。またエキセントリックな一面もあり、幼児語を用いて相手を挑発したこともある。また、少々調子に乗りやすい面もあり、5巻ではシリウスを殺害し、油断していたところをハリーに圧倒された他、ホグワーツの戦いでも、連戦連勝だったことで油断していたため、モリーに敗北した。
ヴォルデモートから直々に闇の魔術を教わっており、その戦闘力は死喰い人の中でも随一である。ハリーからも「並外れた技を持ち、良心を持たない魔女」と評されている。5巻ではシリウス・ブラックとの決闘に勝利し、7巻では狼人間フェンリール・グレイバックを含めた人攫い4人を相手に1人で圧倒した。ホグワーツの戦いにおいても闇祓いのトンクスを殺害し、ハーマイオニー、ジニー、ルーナの3人を相手に1歩も引かずに渡り合う実力を見せた。許されざる呪文の扱いにも長けており、特に磔の呪文を使用する際は「相手を痛めつけたいと本気で思い、それを楽しむ必要がある」と説いている。ハリーはベラトリックスに磔の呪文を使用した際は殆ど効果がなかったが、この言葉通りに使用したことでカローを失神させるほどの強力な磔の呪文に成功している。
ホグワーツではスリザリン寮に所属。その後、死喰い人の一員に加わる。主君ヴォルデモートの失踪時には、他の死喰い人の多くが闇の陣営を去る中、主君を捜索し、その過程でロングボトム夫妻を磔の呪いで拷問し、廃人にした。この罪で夫ロドルファス、義弟ラバスタン、そしてバーテミウス・クラウチ・ジュニアと共に逮捕され、アズカバンに収監された。その後、ヴォルデモートの手引きで、夫や義弟を含む他の死喰い人9人と共に脱獄する。6月、魔法省神秘部の戦いに参戦し、従弟のシリウスを殺害した。
7巻では、マルフォイ邸にて人さらいが所持していたグリフィンドールの剣を発見したことから、ハリー達がグリンゴッツ銀行の自分自身の金庫に進入して剣を奪ったと思いこみ、ハーマイオニーを拷問した。5月、ホグワーツの戦いに参戦。作者のインタビューによると、このときニンファドーラ・トンクスを殺害した。戦いの際ジニー・ウィーズリーを殺害しかけたことで、モリー・ウィーズリーを激怒させ、決闘となる。フレッドの死でモリーを挑発するも、最後には心臓にモリーの呪文が当たり絶命した。
映画では『不死鳥の騎士団』から登場。ヘレナ・ボナム=カーターが演じた[3]。日本語版の吹き替えは高乃麗が担当した。
『謎のプリンス』では、死喰い人の中心的存在として、原作より出番が増えていた。フェンリール・グレイバックと共に隠れ穴を火の海に変え、原作では参加しなかったホグワーツ襲撃に参加していた[4]
『死の秘宝 PART1』では、ハーマイオニーを拷問する際、腕に「mudblood(=穢れた血)」とナイフで傷をつけている。『死の秘宝 PART2』でモリー・ウィーズリーと一騎打ちを行うが、原作と違い、映画では石化された後に粉々に砕かれるという最期だった。
ロドルファス・レストレンジ
純血の名家(聖28一族)で狂信的な純血主義とされるレストレンジ家の出身。ベラトリックス・レストレンジの夫であり、ラバスタン・レストレンジの兄。初登場は四巻でハリーが憂いの篩を覗いたダンブルドアの記憶であり、大法廷で妻、弟、クラウチ・ジュニアと共に終身刑を言い渡されていた。
ヴォルデモートが失脚し他の死喰い人達が相次いで闇の陣営を去る中、妻や弟と共に闇の帝王を探し続け、主人の居場所を聞き出そうとネビルの両親である闇祓いフランク・ロングボトムとアリス・ロングボトムを、「磔の呪い」を用いて拷問し廃人にした罪でアズカバンに収監される。このことからヴォルデモートには高く評価されており、復活した直後には最高の栄誉を与えると宣言されている。5巻でヴォルデモートの手引きによって妻や弟らと共に脱獄。神秘部の戦いに参加したが、アルバス・ダンブルドアに捕らえられ、弟や義弟ルシウスらと共にアズカバンへ再収監となった(ベラトリックスはヴォルデモートと共に逃亡したため難を逃れた)。
7巻でアズカバンを再脱獄。その後、ロドルファスは七人のポッター作戦の襲撃に参加して、負傷したことが明かされているが、それ以降の消息は不明。ヴォルデモートからは分霊箱の守護を任されるほどの信用を得ており、7巻ではレストレンジ家の金庫が登場。数多くの財宝を所持していた。
ラバスタン・レストレンジ
ロドルファスの弟。がっちりした魔法使い。初登場は4巻でハリーが憂いの篩を覗いたダンブルドアの記憶であり、大法廷で兄、義姉、クラウチと伴に終身刑を言い渡されていた。
ヴォルデモートの消滅後、他の死喰い人達が相次いで闇の陣営を去る中彼を探し続け、その際ネビルの両親を拷問して廃人にした罪で先述したようにアズカバンに収監される。このことからヴォルデモートには高く評価されており、復活した直後には最高の栄誉を与えると宣言されている。5巻でヴォルデモートの手引きによって脱獄。神秘部の戦いに参加したが、アルバス・ダンブルドアに捕らえられ、兄弟共にアズカバンへ再収監となった。その後の消息は不明。
アントニン・ドロホフ
死喰い人の最古参の1人。プルウェット家の兄弟(ギデオンとフェービアン)を殺害した罪で、アズカバンに収監されていた。顔はひん曲がっていて色黒。カルカロフはドロホフがマグルや反ヴォルデモートの者を数え切れぬほど拷問したと証言したが、既にカルカロフのすぐ後に逮捕されていた。5巻でアズカバンを脱獄、神秘部の戦いでアラスター・ムーディを倒すも、ダンブルドアに捕らえられ、アズカバンに再収監となった。7巻でアズカバンを再脱獄、トナテム・コート通りでハリーらを襲撃するも失敗する。ホグワーツの戦いではリーマス・ルーピンを殺害するが、フィリウス・フリットウィックに敗れた。死喰い人の中でも戦闘に秀でているようで、杖を鞭のように振るい、紫の炎を出して相手に致命傷を与えるという特殊な魔法を披露している。
映画ではアーベン・バジラクタラジが演じていた。日本語版の吹き替えは山口りゅうが担当した。
ワルデン・マクネア
魔法省危険動物処理委員会の死刑執行人。がっちりとして大柄で、細く黒い口ひげを生やしている。3巻でバックビークに死刑を執行すべくホグワーツを訪れたが、バックビークが脱出したため失敗に終わる。第5巻では巨人の居住地に赴いているのをルビウス・ハグリッドらに目撃されている(ハグリッドはマクネアのことを「殺人鬼」と評していた)。その後、神秘部の戦いに参加するがダンブルドアに捕らえられ、アズカバンに収監される。7巻で脱獄、ホグワーツの戦いに参加するが、ルビウス・ハグリッドに投げ飛ばされ、そのまま壁にぶつかって意識を失った。
オーガスタス・ルックウッド
元魔法省官僚。青白い痘痕面。神秘部に勤務し、無言者として魔法省の内部からヴォルデモートに情報を流していたが、カルカロフの告発に遭い、アズカバンに収監される。5巻で脱獄し、神秘部に保管されていた「予言」の情報をヴォルデモートに与える。神秘部の戦いにも参加するがダンブルドアに捕らえられ、アズカバンに再収監となる。7巻で再脱獄し、ホグワーツの戦いに参加するが、アバーフォース・ダンブルドアに敗れた。魔法省の情報に精通していたことから、ヴォルデモートに頼りにされていた。ルード・バグマンの父とは古い親友で、その関係から若い頃のバグマンを騙し、情報集めに利用していた。
マルシベール
「服従の呪文」に長けた死喰い人。第5巻でアズカバンを脱獄、神秘部の戦いに参加するが、ダンブルドアに捕らえられてアズカバンに再収監となった。スリザリン寮出身で、同寮のスネイプとも親密な交流があった。学生時代から他の学生に闇の魔術を使用しており、リリー・エバンズには名前をあげて非難されるほど嫌われていた。スネイプは彼との友情を捨てなかったため、リリーとの間に亀裂を生じさせる一因になった。
ヤックスリー
純血の名家(聖28一族)・ヤックスリー家出身の死喰い人。6巻でホグワーツを襲撃した死喰い人の1人。
ホグワーツ魔法魔術学校ではスリザリン寮に所属していた。
外見は厳つい顔(または野蛮な顔)であり長身でもある。純血の名家ヤックスリー家の出身。7巻で「俺が結婚した女は...」と発言していることから、所帯持ちと思われる。なお彼の縁戚と推測されるライサンドラ・ヤックスリーたる人物が、シリウス・ブラックの曾祖叔父にあたるアルクトゥルス・ブラックのもとに嫁いでいる。
ヴォルデモートには非常に忠実で、自分の運ぶ情報には常に大きな自信を持っている。しかしルシウス・マルフォイ、グレイバック、エイブリー、カロー兄妹同様、ヴォルデモートがハリーを殺し損ねて失脚したときは彼を探さなかった一人でもある。
6巻でホグワーツの決戦に赴き(映画版では参加せず、代わりにベラトリックス・レストレンジが加わっている)ドラコ・マルフォイ、フェンリール・グレイバック、アミカス・カロー、アレクト・カロー、ソーフィン・ロウルと共にアルバス・ダンブルドアを追い詰める。セブルス・スネイプがダンブルドアを殺害した後に逃亡しようとしたがハリーに凍結呪文をかけられた。しかし、その後は逃げのびたと思われる。また服従の呪文が得意で、7巻ではヴォルデモートの命を受けて魔法省に侵入し魔法法執行部部長だったパイアス・シックネスに服従の呪文をかけ服従させ、魔法省内部の情報を流すことに成功する。魔法大臣ルーファス・スクリムジョールが暗殺され、ヴォルデモートが魔法省を掌握し、シックネスが魔法大臣に就任すると、ヤックスリーは後任として魔法法執行部部長に就任した。新政策でマグル生まれ登録委員会を設立しドローレス・アンブリッジと共にマグル生まれを裁判・弾劾した。
ホグワーツの最終決戦に参戦し、ジョージ・ウィーズリー、リー・ジョーダンと戦うが打ち倒された。
映画では、『死の秘宝 PART1』に登場。ピーター・マランが演じた。日本語吹き替えは廣田行生が担当。 
アミカス・カロー
アレクトの兄。カロー家も聖28一族に数えられる純血の名家。ずんぐりとしていて、目が小さく青白い。第6巻で他の死喰い人と共にホグワーツを襲撃する。第7巻では兄妹でホグワーツ魔法魔術学校の教師に就任し、アミカスは「闇の魔術に対する防衛術」、アレクトは「マグル学」を担当した。同時に規律係も務めているが、「磔の呪い」で体罰を行う残酷さから「ドローレス・アンブリッジすらカロー兄妹に比べればかわいいもの」と評されていた。第7巻で、レイブンクロー寮にアレクトの闇の印の連絡を受け駆けつけるものの、居合わせたマクゴナガルを侮辱したことによってハリーの怒りを買い磔の呪いをかけられ、兄妹揃ってミネルバ・マクゴナガルに拘束される。その後の消息は不明(映画『死の秘宝 PART2』では、スネイプとマクゴナガルが決闘した際、マクゴナガルの魔法の流れ弾を喰らって気絶した描写がある)。映画ではアミカスをラルフ・アイネソンが演じている。
アレクト・カロー
アミカスの妹。兄同様ずんぐりとした体型。笑い方は「ケタケタ」と表現されている。第6巻で他の死喰い人と共にホグワーツを襲撃する。第7巻では兄妹でホグワーツ魔法魔術学校の教師に就任し、「マグル学」を担当、マグルを蔑視した教育を行った。同時に規律係も務め、「磔の呪い」で体罰も行った。第7巻の後半、レイブンクロー寮に侵入したハリーを発見し、闇の印を使ってヴォルデモート一派に連絡するが、直後にルーナ・ラブグッドに失神させられる。その後、兄と共にマクゴナガルによって拘束された。映画ではスザンヌ・トースが演じている。原作ではアレクトがドラコにダンブルドアを殺害するよう迫る場面があるが、映画ではベラトリックスがその役目を務めている。カロー家も聖28一族に数えられる純血の名家。
ソーフィン・ロウル
第6巻でホグワーツを襲撃した死喰い人の1人。登場巻は6巻、7巻。 ロウル家も聖28一族に数えられる純血の名家。
色黒の巨漢で、髪は短くブロンド。映画版ではベラトリックスが闇の印を打ち上げた際、下を覗き込んでいる男性。6巻では他の死喰い人と共にホグワーツ魔法魔術学校に乗り込み、ハリー・ポッターたちと戦闘を繰り広げた。この時、死の呪いを乱射し、同じく死喰い人であるギボンを殺害してしまう(死の呪いの使用には相当量の魔力が必要となるため乱射は難しく、作中でこの呪文を乱射したのはロウルとヴォルデモートだけである)。7巻後半のホグワーツ最終決戦では、木に縛りつけられていたとはいえ巨人の血を引くルビウス・ハグリッドを杖の一振りで黙らせたことから死喰い人の中でも上位の魔力を持つと推察される。その後の消息は不明。
映画「謎のプリンス」から登場。ロッド・ハントが演じている。
トラバース
冷静な性格の死喰い人。痩身で、王冠のように見えるもじゃもじゃした白髪、鋭く高い鼻の持ち主。トラバース家も聖28一族に数えられる純血の名家。マッキノン一家の殺害に関与した。カルカロフがその罪を告発したが、既にアズカバンに収監されていた。その後脱獄したと思われる。
第7巻後半でゼノフィリウス・ラブグッドから連絡を受け、セルウィンと共にラブグッド邸を訪れてハリーを捕らえようとした。その後、ダイアゴン横丁で変装したハリーたちと遭遇する。ポリジュース薬でベラトリックスに変身していたハーマイオニーと共にグリンゴッツ銀行に向かうが、銀行で透明マントで姿を隠していたハリーに服従の呪文をかけられ、グリンゴッツ銀行の地下洞窟に置き去りにされる。ホグワーツ最終決戦にも死喰い人として参戦しパーバティ・パチルと交戦するが、その後の消息は不明。
セルウィン
純血の名家(聖28一族)・セルウィン家出身の死喰い人。アンブリッジは自身をセルウィンの血筋だと偽っていた。荒々しい声や性格をしている。
ゼノフィリウス・ラブグッドから連絡を受け、トラバースと共にラブグッド邸を訪れてハリーを捕らえようとした。冷静に状況を分析していたトラバースに対し、セルウィンはゼノフィリウスが自分を謀ったと決めつけ激怒していた。
エバン・ロジエール
純血の名家(聖28一族)・ロジエール家出身。メンバーの中でも最古参で有力な死喰い人だった。ベラトリックス・レストレンジ、アンドロメダ・トンクス、ナルシッサ・マルフォイら三姉妹の母方の親戚。
4巻で、ダンブルドアの憂いの篩の中で名前のみ登場。イゴール・カルカロフが自身の裁判の時に、罪の軽減を求め司法取引を行った際に名前が挙がったが、裁判を傍聴していたアラスター・ムーディらの証言から、既にムーディによって殺されていることが判明した。死に際の抵抗でムーディの鼻を削ぐなど、戦闘に秀でていた。
ウィルクス
4巻で名前のみ登場。ヴォルデモートの失墜する前年に、闇祓いに殺された。
クラッブ
ビンセント・クラッブの父親。4巻ではヴォルデモートの復活に駆けつけ、5巻では神秘部の戦いに参加するが、ダンブルドアに捕らえられ、アズカバンに収監された。
ゴイル
グレゴリー・ゴイルの父親。4巻ではヴォルデモートの復活に駆けつけた。
ノット
セオドール・ノットの父親。4巻ではヴォルデモートの復活に駆けつけ、5巻では神秘部の戦いに参加するがダンブルドアに捕らえられ、アズカバンに収監された。ノット家は聖28一族に数えられる純血の名家であり、聖28一族を認定した「純血一族一覧」の著者はノット家出身のカンケンタラス・ノットであるとされている。
エイブリー
4巻から登場。ヴォルデモートの復活の際に駆けつけ、主の失脚後その消息を追わなかったことに関し許しを請うも磔の呪いで罰せられる。5巻ではヴォルデモートに予言に関して誤った情報を流してしまい、罰せられた。その後神秘部の戦いに参加するが、ダンブルドアに捕らえられ、アズカバンに収監された。学生時代にスネイプと交流があった。エイブリー家は聖28一族に数えられる純血の名家である。
ギボン
6巻でホグワーツを襲撃した死喰い人の1人で、天文台の上空に闇の印を打ち上げた。ハリーたちと交戦中、ロウルが唱えた死の呪いが当たってしまい死亡した。映画版では登場せず、闇の印を打ち上げる役目はベラトリックスが務めた。
ジャグソン
神秘部の戦いに参加するが、ダンブルドアに捕らえられ、アズカバンに収監された。

関係者[編集]

クィリナス・クィレル
ホグワーツ魔法魔術学校の教師。ハリー・ポッターが1年生の時の「闇の魔術に対する防衛術」教師。めぐってヴォルデモートと密通し、彼のために賢者の石を奪うために暗躍していたが、ハリーにかけられていた愛の魔法で体を焼かれ命を落とした。彼自身は死喰い人ではない。
イゴール・カルカロフ
元死喰い人。現在はダームストラング専門学校の校長。以前アズカバンに収監されていたが、魔法省と司法取引を行い、釈放された。約1年後にヴォルデモート陣営の手によって殺害された。
レギュラス・ブラック
元死喰い人で、シリウス・ブラックの弟。ホグワーツ在学中はスリザリン寮に所属し、クィディッチチームのシーカーを務めていた。
16歳の時に死喰い人に加わり、約一年後、ヴォルデモートの求めに応じ、屋敷しもべ妖精のクリーチャーを差し出したが、毒液を飲まされ放置されるなど酷い扱いを受け、死にかけた状態で帰ってきたことで、レギュラスはヴォルデモートに失望する。
その後、ヴォルデモートが洞窟に隠した分霊箱を破壊するため、クリーチャーを連れて洞窟へ行き、クリーチャーにロケットの破壊を命じた後、スリザリンのロケットの入った水盆の毒液を飲み干して衰弱したところを亡者に水の中に引きこまれて死亡した。この時、偽のロケットとしてブラック家の家宝のロケットを代わりに置き、その中にヴォルデモート宛てのメモを残した。メモに記された「R.A.B」とは、レギュラスのことである。
全て秘密裏に行い、自分がヴォルデモートを裏切ったことが知られれば家族やクリーチャーに危険が及ぶと判断したためクリーチャーにも話さないように命令していた。そのためレギュラスの死は、一般に「闇の陣営にある程度まで入り込んだ時、恐れをなして身を引こうとした為、数日後にヴォルデモートの命を受けた他の死喰い人に殺された」ということになっている。当人が望んだこととはいえ、真実が巷に伝わらなかったことから、リーマス・ルーピンからはその死を、不名誉な死に方(死喰い人を保身で売った報復)をしたイゴール・カルカロフと同一視された上で揶揄され、シリウスには「愚かな弟」と言われていた。
ナルシッサ・マルフォイ(旧姓ブラック)
ルシウス・マルフォイの妻で、ドラコの母。聖28一族に数えられる純血の名家、ブラック家の出身。名前の由来はギリシア神話ナルキッソスから。
父方の実家ブラック家、母方の実家ロジエール家、嫁ぎ先のマルフォイ家のいずれも「間違いなく純血の血筋」とされる「聖28一族」で、生粋の名家。父は純血の魔法使いシグナス・ブラック、母は純血の魔女ドゥルーエラ・ブラック。1955年にこの二人の間に三女として生まれる。ホグワーツでは在学中はスリザリン寮に所属。セブルス・スネイプや、従弟のレギュラス・ブラックは同寮の後輩に当たる。純血主義者
なかなかの美人で、すらっとしていて色白。髪はブロンドで目は青い。姉にベラトリックスとアンドロメダがおり、ニンファドーラ・トンクスは姪にあたる。父方の従兄弟に、シリウス・ブラックとレギュラス・ブラック兄弟がいる。トンクス家およびシリウスとは絶縁状態にある。死喰い人やヴォルデモートと関わりが深いが、正式な死喰い人ではない。
普段は冷たく高慢であるが、子供のまた、7巻のホグワーツの戦いでは、戦いの結果より息子の安否確認を優先し、ヴォルデモートに対しハリーの生死を偽っている。自身の杖は息子のドラコに渡している。
夫や息子との仲は良好で、家族愛は極めて強い。特に息子のことは溺愛しているようであり、教育上の理由で夫がダームストロングに行かせようとするのに対し、「ダームストロングは遠い」と反対したり、姉のベラトリックスの反対を押し切り、セブルス・スネイプに息子のドラコを守ってくれるよう泣きついたりしていた。長姉ベラトリックスとも「ベラ」「シシー」と愛称で呼び合う仲ではあるが、夫や息子に向ける愛情ほど強くはない。ヴォルデモートに対する忠誠は家族愛に比べると低いようで、7巻では闇の陣営より息子の無事を優先した。このことが、ハリーがヴォルデモートに勝利するきっかけとなった。
息子と同年代のハリーと口論になり挑発するなど、気が強い面もある。名家ブラック家の出身であるだけあって魔力は高く、マルフォイ邸において突如現れたハリー、ロンにも敏速に応戦し、ドラコと組んで呪文の応酬戦を繰り広げた。
6巻ではヴォルデモートに任務を命じられた息子の守護を求め、スネイプに破れぬ誓いを結ばせる。7巻のホグワーツの戦いでは、息子を探す為、禁じられた森でハリーが「死の呪文」を受けた後でヴォルデモートに「(ハリー・ポッターは)死んだ」と虚偽の申告をした。そのためか、ヴォルデモートの敗北後マルフォイ一家が咎めを受けることはなく家名は存続した。
映画では、『謎のプリンス』から登場。ヘレン・マックロリーが演じる。日本語吹き替えは佐藤しのぶが担当。原作と異なり、頭髪の上部が黒髪であり、一部を三つ編みにしている。映画ではハリー達と口論になるシーンが削除されており、常識的な賢婦人となっている。
フェンリール・グレイバック
現存する人狼の中で最も残酷・獰猛とされる男で、闇の陣営側の人狼たちのリーダー的存在。身体は大きく、血と泥と汗が混じったような悪臭が漂い、歯は尖り、爪は長く黄色く、髪や髭は灰色で縺れているといった野獣の如き風貌をしている。「人狼は人の血を流す権利がある」という考えを持ち、「魔法使いの子供を噛んで人狼、そして死喰い人にすること」を使命とする。人を噛むだけでは飽き足らず、食い殺していたこともダンブルドアの発言から示唆されている。
正確には死喰い人ではなく、より多くの獲物を与えるという約束から彼に仕えている。なお、ハリーはグレイバックの腕に闇の印がない事から、死喰い人の正規メンバーになれていないと考えている。
子供を専門に狙うという特性から、ヴォルデモートによって対抗勢力への脅しに利用された。幼少期のリーマスを噛み、人狼へ変えた張本人である。また6巻終盤では数名の死喰い人と共にホグワーツ城へ侵入し、不死鳥の騎士団と交戦するが、その際にビル・ウィーズリーを噛んでいた(もっとも、ビルを噛んだ時は狼の姿に変身していなかったため、ビルに目立った後遺症はなかった)。
7巻後半では「人さらい」のリーダーとしてハリー、ロン、ハーマイオニー、ディーン・トーマスグリップフックを捕らえてマルフォイ邸まで連行した。
終盤でのホグワーツ最終決戦にも死喰い人として参戦し、ラベンダー・ブラウンを組み伏せ噛み付こうとしたが、ハーマイオニーの呪文で吹き飛ばされ、起き上がろうとしたところをシビル・トレローニーが投げつけた水晶玉が頭に当たって気絶した。ヴォルデモートが戦闘を中断させた際に撤退したが、戦闘が再開された後でロンとネビルによって倒された。
映画では『謎のプリンス』から登場。デイブ・レジェノが演じた。日本語版の吹き替えは江川央生が担当した。本編冒頭で他の死喰い人と共にダイアゴン横丁を襲撃してオリバンダー老人を誘拐、その勢いのままミレニアム・ブリッジを崩落させた。また、人さらいの構成はスカビオールがリーダー格になっていた。『死の秘宝 PART2』では、原作と違ってラベンダーを殺害し、その後ハーマイオニーに吹き飛ばされた。
スカビオール
「人さらい」の一人。フェンリール・グレイバックと共にハリー達を追い詰めた。映画版では『死の秘宝』二部作に登場。ニック・モランが演じ、日本語版の吹き替えは佐藤せつじが担当した。映画版では原作と比べて役割が大きくなり、「人さらい」のリーダー格として描かれている。『死の秘宝 PART2』ではホグワーツの戦いにも死喰い人側として参戦したが、シェーマス・フィネガンが仕掛け、ネビル・ロングボトムが作動させた渡り廊下の爆発によって、谷底に落とされ死亡した。

脚注[編集]

  1. ^ ラテン語で「女戦士」という意味がある。
  2. ^ 「呪われた子供」より
  3. ^ 当初ベラトリックスを演じるのはヘレン・マックロリーの予定だったが、ヘレンが妊娠したためヘレナに変更された。後にヘレンはナルシッサ役として出演した。
  4. ^ この際、闇の印を天文台に打ち上げ(小説ではギボン)、ドラコにアルバス・ダンブルドアの殺害を迫り(小説ではアレクト・カロー)、ルビウス・ハグリッドの小屋を燃やした(小説ではソーフィン・ロウル)。