半保護されたページ

魔法ワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

魔法ワールド
Wizarding World
Wizarding World logo.png
創作者 J・K・ローリング
初作品ハリー・ポッターと賢者の石 』(2001年)
所有者 J・K・ローリング
ポッターモア
ワーナー・ブラザース
期間 2001年 -
出版物
書籍 一覧
映画・テレビ
映画 ハリー・ポッター一覧

ファンタスティック・ビースト一覧
舞台
舞台ハリー・ポッターと呪いの子』(2016年-)
ゲーム
コンピュータゲーム 一覧
ポートキー・ゲームズ
その他
アトラクション ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター
スタジオツアー スタジオツアー・ロンドン
電子出版 ポッターモア
公式ウェブサイト

Wizarding World

魔法ワールド

魔法ワールド」(Wizarding World)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズをベースにした映画シリーズを中心とした、ファンタジーメディア・フランチャイズであり、シェアード・ユニバ―ス[1]。映画は2000年から製作されており、これまでに「ハリー・ポッター」シリーズが8作、「ファンタスティック・ビースト」シリーズが2作が公開されており、今後数年間でさらに多くの映画が製作される予定。これらの作品は、ワーナー・ブラザースが所有・配給しており、さらに3作品が制作されている。シリーズ全体の世界興行収入は92億ドルを超え、マーベル・シネマティック・ユニバーススター・ウォーズに次ぐ歴代3位の興行収入を記録している。このフランチャイズには、舞台作品電子出版物ビデオゲームレーベル、世界各地のユニバーサル・パークス&リゾーツのアミューズメントパークにある「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」などが含まれる。

概要

デヴィッド・ハイマンと彼の会社であるヘイデイ・フィルムズは、「魔法ワールド」シリーズの全作品を製作している。クリス・コロンバスとマーク・ラドクリフは『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』までの製作を務め、デヴィッド・バロンは2007年の『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から2011年の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』までの作品を製作を務め、ローリングはハリー・ポッターシリーズの最後の2作品の製作を務めた。ヘイマン、ローリング、スティーヴ・クローヴスライオネル・ウィグラムは、『ファンタスティック・ビースト』シリーズの2作品の製作を務めている。映画は複数の個人が脚本と監督を担当し、大規模な、しばしばアンサンブルのキャストを起用している。ダニエル・ラドクリフルパート・グリントエマ・ワトソントム・フェルトンマイケル・ガンボンレイフ・ファインズアラン・リックマンマギー・スミスヘレナ・ボナム=カーターゲイリー・オールドマンエディ・レッドメインキャサリン・ウォーターストンアリソン・スドルダン・フォグラージョニー・デップなど、多くの俳優が多数の映画に出演している。また、各作品のサウンドトラックアルバムも発売されている。

魔法ワールドの第1作目は『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)で、その後、2002年の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』から、第1作目の公開から約10年後の2011年の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』まで、7本の『ハリー・ポッター』の続編が製作された。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016年)は、スピンオフ/前日譚の『ファンタスティック・ビースト』シリーズの第1作目。続編の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が2018年に公開された。3作の続編が計画されており、3作目は2022年4月15日に公開された。また、HBO Maxで公開される魔法ワールドを舞台にしたドラマシリーズも計画されている。

原作者のJ・K・ローリング

ハリー・ポッター映画

「ハリー・ポッター」シリーズのロゴ
作品名 公開日 監督 脚本 製作
ハリー・ポッターと賢者の石 イギリスの旗 2001年11月4日
アメリカ合衆国の旗 2001年11月16日
日本の旗 2001年12月1日
クリス・コロンバス スティーブ・クローブス デヴィッド・ハイマン
マーク・ラドクリフ
マイケル・バーナサン
ダンカン・ヘンダーソン
ハリー・ポッターと秘密の部屋 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2002年10月15日
日本の旗 2002年11月23日
デヴィッド・ハイマン
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 イギリスの旗 2004年5月31日
アメリカ合衆国の旗 2004年6月4日
日本の旗 2004年6月26日
アルフォンソ・キュアロン デヴィッド・ハイマン
クリス・コロンバス
マーク・ラドクリフ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2005年11月18日
日本の旗 2005年11月26日
マイク・ニューウェル デヴィッド・ハイマン
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 アメリカ合衆国の旗2007年7月11日
イギリスの旗 2007年7月12日
日本の旗 2007年7月20日
デヴィッド・イェーツ マイケル・ゴールデンバーグ デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
ハリー・ポッターと謎のプリンス アメリカ合衆国の旗イギリスの旗日本の旗 2009年7月15日 スティーヴ・クローヴス
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗日本の旗 2010年11月19日 デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
J・K・ローリング
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗日本の旗 2011年7月15日


ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

メインキャスト達(左から)ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント、(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)。
プロデューサー のデヴィッド・ハイマン(2009年)
監督のクリス・コロンバス(2013年)

1998年10月、ワーナー・ブラザースデヴィッド・ハイマンによる売り込みのあと、「ハリー・ポッター」シリーズの最初の4作の映画化権を7桁の金額で購入した[2][3]。ワーナー・ブラザースは、ローリングとの契約に際してローリングの希望や考えを聞いた。ローリングが必要とした条件のひとつはイギリス撮影で、すべてのキャストをイギリス人にすることだった[4]。2000年8月8日、ほとんど無名のダニエル・ラドクリフと、新人のルパート・グリントエマ・ワトソンが、ハリー・ポッターロン・ウィーズリーハーマイオニー・グレンジャーを演じることに決まった[5]。監督はクリス・コロンバス、脚本はスティーブ・クローヴスに選ばれた[6]。撮影は、イギリスのリーブスデン・スタジオで2000年9月29日から2001年3月23日まで行なわれた[7]。主要撮影は2000年10月2日にイギリス、ノース・ヨークシャーのゴースランド駅で行なわれた。2001年7月4日に公開予定だったが延期され、2001年11月16日にイギリス、アメリカで公開された。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)

コロンバスとクローヴスはそれぞれ監督と脚本をふたたび務めた[8]。前作の公開から3日後の2001年11月19日、本作の製作が開始された[9]サリーを始めとするイギリスの各地とリーブスデン・スタジオで撮影が行なわれ[10]、主要撮影は2002年の夏に終わった[10]。映画は10月上旬まで編集された[11]。2002年11月3日にイギリスで初演が行なわれ、11月15日にイギリス 、アメリカで公開された[12]

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

前2作で監督を務めたコロンバスは、3作目の監督を務めないことを決めてていたが[8]、ヘイマンとともにプロデューサーとして残った[13]。ワーナー・ブラザースは、コロンバスの代わりに、カーリー・クーリーケネス・ブラナー、そして最終的な監督のアルフォンソ・キュアロンをリストアップした[14]。キュアロンはこれまでの作品を知らなかったため、断るつもりだったが、彼の盟友、ギレルモ・デル・トロが原作を読むことを勧め、原作を読んで感銘を受けたキュアロンは監督になることを決めた[15]。主要撮影は、2003年2月24日から10月までリーブスデン・スタジオで行なわれた[16]。2004年5月23日にニューヨークで初演、5月31日にイギリスで、6月4日にアメリカで公開された[17]。また、シリーズで初めてIMAXシアターで上映された[18]

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)

2003年8月、前作の監督、キュアロンが監督を続投しないと発表したあと、初のイギリス人監督のマイク・ニューウェルが監督に選ばれた。ヘイマンはプロデューサーに戻り、クローヴスはふたたび脚本を書いた[19]。主要撮影は、2004年6月25日に始まり、主要キャストを含むシーンは6月25日にリーブスデン・スタジオで始まった[20]。2005年11月6日にロンドンで初演、11月18日にイギリス、アメリカで公開された[21]。本作は、シリーズで初めてPG-13指定された。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

監督のデヴィッド・イェーツ(2016年)

ダニエル・ラドクリフは2005年5月に、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マシュー・ルイス、ボニー・ライトは11月に再演することが確認された[22]。2006年2月、ベラトリックス・レストレンジ役としてキャスティングされたヘレン・マックロリーが彼女の妊娠によって脱落、5月に彼女の代わりとしてヘレナ・ボナム=カーターがキャスティングされた[23]。主要撮影は、2006年2月7日から2006年12月まで行なわれ、5月から2か月間の休みを取ったので、ダニエル・ラドクリフはASレベル、エマ・ワトソンはGCSEテストを受けることができた[24]。2007年6月27日に東京で初演、7月11日にアメリカ、7月12日にイギリスで公開された[25]

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009年)

前作に引き続き、デヴィッド・イェーツが監督を務め、スティーヴ・クローヴスが脚本をふたたび務めた。エマ・ワトソンはふたたび参加することはないとしていたが、ワーナー・ブラザースが彼女の試験の日程に合わせ、撮影スケジュールに変えたことによって参加した[26]。主要撮影は、2007年9月24日から2008年5月17日まで行なわれた[27]。2009年7月6日に東京で初演、7月15日にアメリカ、イギリスで公開された[28]

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年)

もともとは、2008年に単独作品として公開される予定であったが、細かい描写や設定を削ることは難しく、1作にまとめるのは難しいため二部作に分かれることが発表された。前2作で監督を務めたイェーツと前作で脚本を務めたクローヴスが続投した[29]。シリーズで初めて、原作者のローリングがプロデューサーとしてクレジットされた[30]。製作は2009年1月26日から始まり、主要撮影は2月16日より開始した[31]。2010年11月11日にロンドンのレスター・スクエアで初演、11月19日にイギリス、アメリカで公開された。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年)

2008年3月、「ハリー・ポッターと死の秘宝」二部作の2作目として発表された。引き続き、イェーツが監督、クローヴスが脚本を務めた[32]。PART1とは、製作中はバック・ツー・バックで1つの作品として扱われた[33]。2010年12月21日、リーブスデン・スタジオで最後の撮影が行なわれ、ハリー・ポッターシリーズ10年の歴史を締めくくった[34]。2Dで撮影されたが、3Dに変換されRealD3DとIMAX3Dとしてシリーズで初めて3D上映された[35]。2011年7月7日にロンドンのトラファルガー広場で初演、ニューヨークのリンカーン・センターで米国初演、7月15日にイギリス、アメリカで公開された[36]

ファンタスティック・ビースト映画

作品名 公開日 監督 脚本 製作
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2016年11月18日
日本の旗 2016年11月23日
デヴィッド・イェーツ J・K・ローリング デヴィッド・ハイマン
J・K・ローリング
スティーヴ・クローヴス
ライオネル・ウィグラム
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2018年11月16日
日本の旗 2018年11月23日
ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 アメリカ合衆国の旗 2022年4月15日

イギリスの旗日本の旗2022年

J・K・ローリング

スティーヴ・クローヴス

デヴィッド・ハイマン

J・K・ローリング

スティーヴ・クローヴス

ライオネル・ウィグラム

ティム・ルイス

ファンタスティック・ビースト4 アメリカ合衆国の旗2024年
ファンタスティック・ビースト5 アメリカ合衆国の旗2026年


ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフとして、「幻の動物とその生息地」の著者であるニュート・スキャマンダーを主人公とする。当初は、三部作として公開予定だったが、五部作に変更された[37]。作中は1926年から1945年が舞台となり[38]、作品ごとに違う都市が舞台となる[39]

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年)

メインキャスト達(左から)エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、キャサリン・ウォーターストン、(ティナ・ゴールドスタイン)、ジョニー・デップ(ゲラート・グリンデルバルド)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)。
脚本のJ・K・ローリング(2010年)

2013年9月12日、ワーナー・ブラザースJ・K・ローリングが「幻の動物とその生息地」の架空の著者、ニュート・スキャマンダーを主人公に「ハリー・ポッター」の70年前を舞台とした映画の脚本を書いていることを発表した。ローリングの脚本デビューと新シリーズの1作目として計画された[40]。ローリングによれば、ワーナー・ブラザースの提案のあと、12日間で脚本の原案を書いた。2014年3月、三部作になり最初の作品がニューヨークが舞台になることが計画された[41]。プロデューサーとして、ハリー・ポッターシリーズからデヴィット・ハイマンスティーブ・クローブヴスが務めることになった[42]。2015年6月、主人公のニュート・スキャマンダーをエディ・レッドメインが演じることが決まった[43]。主要撮影は、2015年8月17日にリーブスデン・スタジオで始まった[44]。2か月後に撮影はリヴァプールのセント・ジョージ・ホールに移され、1920年代のニューヨークが再現された[45]。2016年10月、シリーズを五部作に変更したことを発表した[46]。2016年11月18日、アメリカ、イギリスで公開された。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年)

シリーズの2作目として2014年3月に発表された[47]。2016年10月には、イェーツとローリングがふたたび監督、脚本を務めることが分かった。2016年11月には、ジョニー・デップゲラート・グリンデルバルドとして1作目から引き続き登場することが分かった。また、アルバス・ダンブルドアがふたたび登場することが分かった[48]。2017年4月、ジュード・ロウがダンブルドアを演じることが分かった[49]。舞台はイギリスパリになる[50]。主要撮影は、2017年7月3日から12月20日までリーブスデン・スタジオで行なわれた[51][52]。2018年11月16日にアメリカ、イギリスで公開した。

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年)

2021年11月12日の公開を予定していたが、2022年7月15日に変更され、2021年9月には、2022年4月15日に決定した。舞台はブラジル リオデジャネイロになる。2019年11月、これまで「ハリー・ポッター」作品の脚本家を務めていたスティーブ・クローヴスが共同脚本家としてプロジェクトに参加することが発表された[53]。2020年11月、ジョニー・デップが家庭内暴力関連の名誉毀損訴訟で敗訴した影響で降板し、後任としてマッツ・ミケルセンがキャスティングされた[54]。2020年3月16日に主要撮影を開始する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、9月20日から開始され、2021年2月末に終了した[55]。2022年4月15日にアメリカで公開。

舞台劇

パレス・シアター(ウエスト・エンド

2013年12月、J・K・ローリングは、ハリー・ポッターを題材にした舞台を制作していることを発表し[56]、2015年6月には正式に『ハリー・ポッターと呪いの子』(Harry Potter and the Cursed Child)というタイトルが付けられた[57]。2部構成のウェスト・エンドの舞台は、イギリスの劇作家ジャック・ソーンが執筆し、ソーン、ジョン・ティファニー、ローリングによるオリジナルストーリーに基づいている。演出はティファニー、振付はスティーヴン・ホゲット、セットデザインはクリスティン・ジョーンズ、衣装デザインはカトリーナ・リンゼイ、照明デザインはニール・オースティン、音楽はイモージェン・ヒープ、音響デザインはガレス・フライが担当している。物語は『死の秘宝』の出来事から19年後に始まり、現在は魔法省の職員であるハリー・ポッターと、ホグワーツへの入学を控えた次男のアルバス・セブルス・ポッターが描かれている。2015年12月20日、ジェイミー・パーカー、ノマ・ドゥメズウェニ、ポール・ソーンリーがそれぞれハリー・ポッター、ハーマイオニー・グレンジャー、ロン・ウィーズリーを演じることが発表された。劇は2016年6月7日にロンドンのパレス・シアターでプレビューデビューし、7月30日に正式開演した。 脚本は劇の世界初演の翌日に書籍として発売された。劇はブロードウェイで2018年4月22日にニューヨークのリリック・シアターでリニューアル開演した。パーカー、ドゥメズウェニ、ソーンリーはブロードウェイで役を再演した。

テレビシリーズ

2021年1月、ワーナー・ブラザーズは、HBO Maxで公開する魔法ワールドを舞台にしたシリーズを計画していると報じられた[58]

キャストとキャラクター

以下は複数の「魔法ワールド」作品に登場するキャラクター

  • 濃灰色の空白セル: 存在しないか、確認されていない役
  • V: 音声のみの出演
  • Y: 幼少期、青年期役での出演
キャラクター ハリー・ポッター
(2001 - 2011)
ファンタスティック・ビースト
(2016 - )
ハリー・ポッターと呪いの子
ウェスト・エンド
(2016)
ブロードウェイ
(2018)
ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ   ジェイミー・パーカー
ニュート・スキャマンダー 写真 エディ・レッドメイン
ジョシュア・シアY
 
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント   ポール・ソーンリー
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン ノーマ・ドゥメズウェニ
アルバス・ダンブルドア リチャード・ハリス
マイケル・ガンボン
トビー・レグボY
ジュード・ロウ
トビー・レグボY
バリー・マッカーシー エドワード・ジェームズ・ハイランド
ヴォルデモート卿
トム・マールヴォロ・リドル
リチャード・ブレマー
クリスチャン・コールソンY
レイフ・ファインズ
ヒーロー・ファインズ・ティフィンY
フランク・ディレインY
  ポール・ベンドール バイロン・ジェニングス
ゲラート・グリンデルバルド マイケル・バーン
ジェイミー・キャンベル・バウアーY
ジョニー・デップ
マッツ・ミケルセン
ジェイミー・キャンベル・バウアーY
 
セブルス・スネイプ アラン・リックマン
アレック・ホプキンズY
ベネディクト・クラークY
  ポール・ベンドール バイロン・ジェニングス
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン
マーティン・ベイフィールドY
クリス・ジャーマン ブライアン・エイブラハム
ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス フィオナ・グラスコット[59] サンディ・マクデイド ジェラルディン・ヒューズ
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト   ポピー・ミラー
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン アレックス・プライス
ダドリー・ダーズリー ハリー・メリング ジャック・ノース ジョーイ・ラブラスカ
ペチュニア・ダーズリー フィオナ・ショウ ヘレナ・リンバリー キャスリン・メイスル
バーノン・ダーズリー リチャード・グリフィス ポール・ベントール バイロン・ジェニングス
ビクトール・クラム スタニスラフ・アイエネフスキー ジャック・ノース ジョーイ・ラブラスカ
セドリック・ディゴリー ロバート・パティンソン トム・ミリガン ベンジャミン・ホイールライト[60]
エイモス・ディゴリー ジェフ・ラウル バリー・マッカーシー エドワード・ジェームズ・ハイランド[61]
ドローレス・アンブリッジ イメルダ・スタウントン ヘレナ・リンバリー キャスリン・メイスル
ジェームズ・ポッター エイドリアン・ローリンズ
ロービー・ジャーヴィスY
アルフィー・マキルウェインY
トム・ミリガン ベンジャミン・ヴェールライト
リリー・ポッター ジェラルディン・ソマーヴィル
スージー・シンナーY(削除シーン)
エリー・ダーシー・オルデンY
アンデル・バルドウィン ローレン・ニコール・シポレッティ
アルバス・セブルス・ポッター アーサー・ボウエン サム・クレメット
スコーピウス・マルフォイ バーティ・ギルバート アンソニー・ボイル
ジェームズ・シリウス・ポッター ウィル・ドゥン トム・ミリガン ベンジャミン・ホイールライト[62]
リリー・ルーナ・ポッター ダフネ・デ・ベイスティギー ゾーイ・ブラフ
クリスティーナ・フレイ
クリスチアーナ・ハッチングス
オリビア・ボンド
ブルックリン・シャック
ローズ・グレンジャー=ウィーズリー ヘレーナ・バーロウ シェレル・スキート スーザン・ヘイワード
組分け帽子 レスリー・フィリップスV クリス・ジャーマン ブライアン・エイブラハム
嘆きのマートル シャーリー・ヘンダーソン アナベル・バルドウィン ローレン・ニコール・シポレッティ
ナギニ CGI クローディア・キム  

評価

興行収入

作品 公開日 興行収入 歴代ランキング 制作費 参照
イギリス 北米 北米以外

の地域

日本 世界 北米 世界
ハリー・ポッター映画
賢者の石 イギリスの旗 2001年11月4日
アメリカ合衆国の旗 2001年11月16日
日本の旗 2001年12月1日
£66,096,060 $317,575,550 $657,179,821 203億円 $974,755,371 56 31 $125,000,000 [63]
秘密の部屋 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2002年10月15日
日本の旗 2002年11月23日
£54,780,731 $261,988,482 $616,991,152 173億円 $878,979,634 92 48 $100,000,000 [64]
アズカバンの囚人 イギリスの旗 2004年5月31日
アメリカ合衆国の旗 2004年6月4日
日本の旗 2004年6月26日
£45,615,949 $249,541,069 $547,147,480 135億円 $796,688,549 108 64 $130,000,000 [65]
炎のゴブレット アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2005年11月18日
日本の旗 2005年11月26日
£48,328,854 $290,013,036 $606,898,042 110億円 $896,911,078 79 44 $150,000,000 [66]
不死鳥の騎士団 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2007年7月13日
日本の旗 2007年7月20日
£49,136,969 $292,004,738 $647,881,191 94億円 $939,885,929 75 40 $150,000,000 [67]
謎のプリンス アメリカ合衆国の旗イギリスの旗日本の旗 2009年7月15日 £50,713,404 $301,959,197 $632,457,290 80億円 $934,416,487 67 41 $250,000,000 [68]
死の秘宝 PART1 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗日本の旗 2010年11月19日 £52,364,075 $295,983,305 $664,300,000 68.6億円 $960,283,305 70 36 $250,000,000 [69]
死の秘宝 PART2 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗日本の旗 2011年7月15日 £73,094,187 $381,011,219 $960,500,000 96.7億円 $1,341,511,219 28 10 [70]
ファンタスティック・ビースト映画
魔法使いの旅 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2016年11月18日
日本の旗 2016年11月23日
£52,509,958 $234,037,575 $580,000,000 73.4億円 $814,037,575 127 62 $180,000,000 [71]
黒い魔法使いの誕生 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2018年11月16日
日本の旗 2018年11月23日
$159,555,901 $494,100,000 65.7億円 $654,655,901 321 127 $200,000,000 [72]
合計 £492,779,694 $2,783,670,072 $6,407,454,976 1099.4億円 $9,192,125,048 3 3 $1,335,000,000 [73]
[74]

批評

タイトル Rotten Tomatoes Metacritic CinemaScore
ハリー・ポッター映画
賢者の石 80%
(194 レビュー)[75]
64
(35 レビュー)[76]
A[77]
秘密の部屋 82%
(232 レビュー)[78]
63
(35 レビュー)[79]
A+[77]
アズカバンの囚人 91%
(254 レビュー)[80]
82
(40 レビュー)[81]
A[77]
炎のゴブレット 88%
(249 レビュー)[82]
81
(38 レビュー)[83]
A[77]
不死鳥の騎士団 78%
(246 レビュー)[84]
71
(37 レビュー)[85]
A−[77]
謎のプリンス 84%
(271 レビュー)[86]
78
(36 レビュー)[87]
A−[77]
死の秘宝 PART1 78%
(266 レビュー)[88]
65
(42 レビュー)[89]
A[77]
死の秘宝 PART2 96%
(318 レビュー)[90]
87
(41 レビュー)[91]
A[77]
ファンタスティック・ビースト映画
魔法使いの旅 74%
(296 レビュー)[92]
66
(50 レビュー)[93]
A[77]
黒い魔法使いの誕生 36%
(314 レビュー)[94]
52
(48 レビュー)[95]
B+[77]

受賞

アカデミー賞

タイトル 衣裳デザイン賞 美術賞 作曲賞 視覚効果賞 撮影賞 メイクアップ&ヘアスタイリング賞
ハリー・ポッター映画
賢者の石 ノミネート[96] ノミネート[96] ノミネート[96]      
アズカバンの囚人     ノミネート[97] ノミネート[97]    
炎のゴブレット   ノミネート[98]        
謎のプリンス         ノミネート[99]  
死の秘宝 PART1   ノミネート[100]   ノミネート[100]    
死の秘宝 PART2   ノミネート[101]   ノミネート[101]   ノミネート[101]
ファンタスティック・ビースト映画
魔法使いの旅 受賞[102] ノミネート[102]        

英国アカデミー賞

タイトル 英国作品賞 助演男優賞 衣装デザイン賞 プロダクションデザイン賞 メイクアップ賞 音響賞 特殊視覚効果賞
ハリー・ポッター映画
賢者の石 ノミネート[103] ノミネート[103]ロビー・コルトレーン ノミネート[103] ノミネート[103] ノミネート[103] ノミネート[103] ノミネート[103]
秘密の部屋       ノミネート[104]   ノミネート[104] ノミネート[104]
アズカバンの囚人 ノミネート[105]     ノミネート[105] ノミネート[105]   ノミネート[105]
炎のゴブレット       受賞[106] ノミネート[106]   ノミネート[106]
不死鳥の騎士団       ノミネート[107]     ノミネート[107]
謎のプリンス       ノミネート[108]     ノミネート[108]
死の秘宝 PART1         ノミネート[109]   ノミネート[109]
死の秘宝 PART2       ノミネート[110] ノミネート[110] ノミネート[110] 受賞[110]
ファンタスティック・ビースト映画
魔法使いの旅 ノミネート[111]   ノミネート[111] 受賞[111]   ノミネート[111] ノミネート[111]
黒い魔法使いの誕生       ノミネート[112]     ノミネート[112]

その他のメディア

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター

ユニバーサル・スタジオのテーマパークに作られた『ハリー・ポッター』の世界を再現したアトラクション。ホグワーツ城とホグズミート村などが再現されている。アイランズ・オブ・アドベンチャーユニバーサル・スタジオ・フロリダユニバーサル・スタジオ・ジャパンユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに設置されている。

ポッターモア

ポッターモアのロゴ

2011年6月、ローリングは「ポッターモア」という今後のプロジェクトを告知するウェブサイトを立ち上げた。ここには今後のすべてのハリー・ポッターのプロジェクト、そしてすべての電子ダウンロードが集約されている

2018年7月31日、魔法ワールド公式サイトにて「Pottermore」の日本語版コンテンツが配信された[113]

ビデオゲーム

タイトル リリース日 提供 開発 プラットフォーム
レゴクリエイター:ハリー・ポッター英語版 2001年10月26日 Lego Software Superscape Microsoft Windows
ハリー・ポッターと賢者の石 2001年11月15日 EA Games Griptonite Games ゲームボーイカラー
ゲームボーイアドバンス
KnowWonder Microsoft Windows
アルゴノートゲームス PlayStation
2002年2月28日 Aspyr Mac OS X
2003年12月9日 Warthog Games ニンテンドーゲームキューブ
PlayStation 2
Xbox
ハリー・ポッターと秘密の部屋 2002年11月5日 EA Games Eurocom ニンテンドーゲームキューブ
PlayStation 2
Xbox
ゲームボーイアドバンス
KnowWonder Microsoft Windows
Griptonite Games ゲームボーイカラー
アルゴノートゲームス PlayStation
2003年4月10日 Aspyr Mac OS X
レゴクリエイター:ハリー・ポッターと秘密の部屋英語版 2002年11月15日 Lego Interactive
エレクトロニック・アーツ
Qube Software Microsoft Windows
ハリー・ポッター:クィディッチ・ワールドカップ英語版 2003年10月28日 エレクトロニック・アーツ Magic Pockets GameCube
Microsoft
Windows
PlayStation 2
Xbox
Game Boy Advance
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 2004年5月25日 エレクトロニック・アーツ KnowWonder Microsoft Windows
Griptonite Games ゲームボーイアドバンス
2004年6月2日 EA UK ニンテンドーゲームキューブ
PlayStation 2
Xbox
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 2005年11月8日 エレクトロニック・アーツ EA UK ニンテンドーゲームキューブ
Microsoft Windows
PlayStation 2
Xbox
ゲームボーイ アドバンス
ニンテンドーDS
PlayStation Portable
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 2007年6月25日 エレクトロニック・アーツ EA UK Microsoft Windows
PlayStation 2
PlayStation 3
Xbox 360
Wii
Mac OS X
ゲームボーイ アドバンス
ニンテンドーDS
PlayStation Portable
ハリー・ポッターと謎のプリンス 2009年6月30日 エレクトロニック・アーツ EA UK Microsoft Windows
PlayStation 2
PlayStation 3
Xbox 360
Wii
Mac OS X
ニンテンドーDS
PlayStation Portable
Various
レゴ ハリー・ポッター 第1章-第4章英語版 2010年6月29日 ワーナー・ブラザース・エンターテイメント TT Games Microsoft Windows
PlayStation 3
Xbox 360
Wii
ニンテンドーDS
PlayStation Portable
iOS
Android
2011年2月2日 Feral Interactive OS X
2016年10月18日 ワーナー・ブラザース・エンターテイメント PlayStation 4
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1英語版 2010年11月16日 エレクトロニック・アーツ EA Bright Light Microsoft Windows
PlayStation 3
Xbox 360
Wii
ニンテンドーDS
Varios
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2英語版 2011年7月12日 エレクトロニック・アーツ EA Bright Light Microsoft Windows
PlayStation 3
Xbox 360
Wii
ニンテンドーDS
Varios
レゴ ハリー・ポッター 第1章-第4章英語版 2011年11月11日 ワーナー・ブラザース TT Games Microsoft Windows
PlayStation 3
Xbox 360
Wii
ニンテンドーDS
PlayStation Portable
iOS
Android
2012年3月7日 Feral Interactive OS X
2016年10月18日 ワーナー・ブラザース PlayStation 4
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの事件簿 2016年11月17日 ワーナー・ブラザース Mediatonic iOS
Android

ポートキー・ゲームズ

ポートキー・ゲームズPortkey Games)は、ワーナー・ブラザースによって作られるスマートフォンゲームの新しいレーベル[114]。プレイヤーはJ・K・ローリングの創り出した「魔法ワールド」で魔法と冒険を体験することができる[115]

タイトル リリース日 提供 開発 プラットフォーム
ハリー・ポッター:ホグワーツの謎英語版 2018年4月25日 ワーナー・ブラザース Jam City iOS
Android
ハリー・ポッター:魔法同盟 2019年6月21日 ワーナー・ブラザース Niantic iOS
Android

レーベル名のポートキー(Portkey)は、『ハリー・ポッター』シリーズに出てくる瞬間移動ができる魔法。

書籍

タイトル 初版発行日 作者 出版社
J.K. Rowling's Wizarding World: Movie Magic Volume One – Extraordinary People and Fascinating Places 2016年10月18日 ジョディ・リベンソン Candlewick
J.K. Rowling's Wizarding World: A Pop-up Gallery of Curiosities 2016年11月18日 ジェームズ・ディアス Bloomsbury Childrens Books
J.K. Rowling's Wizarding World: Movie Magic Volume Two – Curious Creatures 2017年3月14日 ラミン・ザヘッド Candlewick
J. K. Rowling's Wizarding World: Magical Film Projections: Creatures 2017年4月4日 インサイト・エディション Candlewick
J.K. Rowling's Wizarding World: The Dark Arts – A Movie Scrapbook 2017年6月6日 ジョディ・リベンソン Candlewick
Harry Potter: Magical Film Projections – Patronus Charm 2017年7月4日 インサイト・エディション Candlewick
J.K. Rowling's Wizarding World: Movie Magic Volume Three – Amazing Artifacts 2017年9月27日 ボニー・バートン Candlewick

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ “New logo marks an exciting year ahead for the Wizarding World - Pottermore” (英語). Pottermore. https://www.pottermore.com/news/wizarding-world-brand-logo-launch 2018年7月26日閲覧。 
  2. ^ “Books: Cover Stories At the Frankfurt Book Fair” (英語). The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/books/books-cover-stories-at-the-frankfurt-book-fair-1177247.html 2018年10月7日閲覧。 
  3. ^ “Harry Potter Comes Alive” (英語). EW.com. https://ew.com/article/2001/09/14/harry-potter-comes-alive/ 2018年10月7日閲覧。 
  4. ^ 2000: Accio Quote!, the largest archive of J.K. Rowling interviews on the web”. www.accio-quote.org. 2018年10月7日閲覧。
  5. ^ Harry Potter” (2007年4月4日). 2018年10月7日閲覧。
  6. ^ Linder, Brian (2000年3月28日). “Chris Columbus to Direct Harry Potter” (英語). IGN. 2018年10月7日閲覧。
  7. ^ Harry Potter and the Sorcerer's Stone (2001) - Misc Notes - TCM.com” (英語). Turner Classic Movies. 2018年10月7日閲覧。
  8. ^ a b “Chris Columbus COS: full interview” (英語). (2002年11月13日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/tv_film/newsid_2465000/2465225.stm 2018年10月7日閲覧。 
  9. ^ USATODAY.com - 'Harry Potter' making records disappear”. www.usatoday.com. 2018年10月7日閲覧。
  10. ^ a b Harry Potter and the Chamber of Secrets (2002) - Greg's Preview - Yahoo! Movies” (2007年6月21日). 2018年10月7日閲覧。
  11. ^ “Potter film should be finished next week” (英語). (2002年10月4日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/tv_film/newsid_2300000/2300629.stm 2018年10月7日閲覧。 
  12. ^ Warner Bros. Online To Webcast World Premiere Of “Harry Potter And The Chamber Of Secrets” Live From London” (英語). www.warnerbros.com. 2018年10月7日閲覧。
  13. ^ Science Fiction Weekly Interview” (2004年6月15日). 2018年10月7日閲覧。
  14. ^ Harry Potter gets a new director” (英語). EW.com. https://ew.com/article/2002/07/22/harry-potter-gets-new-director/ 2018年10月7日閲覧。 
  15. ^ “アルフォンソ・キュアロンが「ハリポタ」監督になった裏にギレルモ・デル・トロの存在(映画.com) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000012-eiga-movi 2018年10月7日閲覧。 
  16. ^ “Dumbledore and Sirius cast for Azkaban” (英語). (2003年2月21日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/tv_film/newsid_2788000/2788225.stm 2018年10月7日閲覧。 
  17. ^ Watson, Julie. “J.K. Rowling And Her Magical Cash Cow” (英語). Forbes. https://www.forbes.com/2004/06/03/cx_jw_0603harrypotter.html 2018年10月7日閲覧。 
  18. ^ “Potter 3 will be screened on IMAX” (英語). (2003年12月19日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/world/newsid_3333000/3333477.stm 2018年10月7日閲覧。 
  19. ^ “Studio confirms Mike Newell will direct Potter IV (英語). EW.com. https://ew.com/article/2003/08/11/studio-confirms-mike-newell-will-direct-potter-iv/ 2018年10月7日閲覧。 
  20. ^ Ralph Fiennes Ready to Scare Harry Potter” (2017年7月14日). 2018年10月7日閲覧。
  21. ^ “Potter film to get Imax release” (英語). (2005年5月3日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/4509435.stm 2018年10月7日閲覧。 
  22. ^ “NR chats to GOF's Rupert Grint” (英語). (2005年11月16日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4440000/newsid_4443900/4443956.stm 2018年10月7日閲覧。 
  23. ^ “Potter exclusive: New Bellatrix” (英語). (2006年5月25日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_5010000/newsid_5015300/5015376.stm 2018年10月7日閲覧。 
  24. ^ Exclusive: Order of the Phoenix News” (英語). Empire. 2018年10月7日閲覧。
  25. ^ “Confirmed: Change to US "Order of the Phoenix" Release Date, Now July 11 - The-Leaky-Cauldron.org” (英語). The-Leaky-Cauldron.org. (2007年5月29日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/05/29/confirmed-change-to-us-order-of-the-phoenix-release-date-now-july-11/ 2018年10月7日閲覧。 
  26. ^ “Emma Watson Recalls Nearly Quitting 'Harry Potter'” (英語). MTV News. http://www.mtv.com/news/1652387/emma-watson-recalls-nearly-quitting-harry-potter/ 2018年10月7日閲覧。 
  27. ^ “Filming for "Half-Blood Prince" Completed - The-Leaky-Cauldron.org” (英語). The-Leaky-Cauldron.org. (2008年5月22日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2008/5/22/principle-photography-on-half-blood-prince-completed/ 2018年10月7日閲覧。 
  28. ^ Harry Potter And The Half-Blood Prince” (2010年1月3日). 2018年10月7日閲覧。
  29. ^ Warner Bros. Plans Two-Part Film Adaptation of 'Harry Potter and the Deathly Hallows' to Be Directed by David Yates”. www.businesswire.com. 2018年10月7日閲覧。
  30. ^ David Yates discusses 'Harry Potter and the Deathly Hallows - Part 2' | The Manila Bulletin Newspaper Online” (2012年9月10日). 2018年10月7日閲覧。
  31. ^ MuggleNet | The World's #1 Harry Potter Site - Deathly Hallows, Half-Blood Prince, JK Rowling, and much more” (2010年4月13日). 2018年10月7日閲覧。
  32. ^ Warner Bros. Plans Two-Part Film Adaptation of 'Harry Potter and the Deathly Hallows' to Be Directed by David Yates”. www.businesswire.com. 2018年10月7日閲覧。
  33. ^ Harry Potter at Leavesden” (2012年2月25日). 2018年10月7日閲覧。
  34. ^ HitFix”. www.hitfix.com. 2018年10月7日閲覧。
  35. ^ “'Harry Potter' Film To Bow On Record 423 Global Imax Screens” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/harry-potter-film-bow-record-210854 2018年10月7日閲覧。 
  36. ^ “World premiere for ‘Harry Potter and the Deathly Hallows — Part 2’ set for July 7” (英語). Hero Complex - movies, comics, pop culture - Los Angeles Times. (2011年3月1日). http://herocomplex.latimes.com/movies/world-premiere-for-harry-potter-and-the-deathly-hallows-part-2-set-for-july-7/ 2018年10月7日閲覧。 
  37. ^ McNary, Maane Khatchatourian,Dave (2016年10月13日). “‘Fantastic Beasts and Where to Find Them’ to Be Five-Film Franchise” (英語). Variety. https://variety.com/2016/film/news/fantastic-beasts-and-where-to-find-them-five-movies-1201888226/ 2018年10月8日閲覧。 
  38. ^ “J.K. Rowling Just Confirmed 'Fantastic Beasts' Will End in WWII” (英語). Inverse. https://www.inverse.com/article/24129-fantastic-beasts-timeline-confirmed-jk-rowling-grindelwald-dumbledore 2018年10月8日閲覧。 
  39. ^ 『ファンタビ』5部作、毎回違う都市が舞台に!” (日本語). シネマトゥデイ. 2020年5月27日閲覧。
  40. ^ “Warner Bros. Announces Expanded Creative Partnership with J.K. Rowling” (英語). https://www.businesswire.com/news/home/20130912005870/en/Warner-Bros.-Announces-Expanded-Creative-Partnership-J.K. 2018年10月8日閲覧。 
  41. ^ “Warner’s C.E.O. Is Bullish on the Big Screen” (英語). https://www.nytimes.com/2014/03/30/business/media/warners-ceo-is-bullish-on-the-big-screen.html 2018年10月8日閲覧。 
  42. ^ “'Harry Potter' producer David Heyman talks 'Fantastic Beasts' spinoff” (英語). EW.com. https://ew.com/article/2013/10/02/harry-potter-fantastic-beasts-david-heyman/ 2018年10月8日閲覧。 
  43. ^ “Eddie Redmayne Officially Cast in 'Harry Potter' Prequel 'Fantastic Beasts and Where to Find Them'” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/eddie-redmayne-officially-cast-harry-799359 2018年10月8日閲覧。 
  44. ^ Team, The Deadline (2015年8月17日). “David Yates-Helmed ‘Fantastic Beasts’ Filming Starts Up” (英語). Deadline. https://deadline.com/2015/08/david-yates-fantastic-beasts-filming-under-way-1201500147/ 2018年10月8日閲覧。 
  45. ^ Miles, Tina (2015年10月20日). “Harry Potter fans get ready for a sneak peek at the Fantastic Beasts set”. liverpoolecho. https://www.liverpoolecho.co.uk/news/showbiz-news/liverpool-harry-potter-prequel-snow-10298308 2018年10月8日閲覧。 
  46. ^ 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は5部作に! : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年5月27日閲覧。
  47. ^ “Warner’s C.E.O. Is Bullish on the Big Screen” (英語). https://www.nytimes.com/2014/03/30/business/media/warners-ceo-is-bullish-on-the-big-screen.html 2018年10月8日閲覧。 
  48. ^ “‘Fantastic Beasts 2’: Johnny Depp Confirmed as Grindelwald; Setting Revealed” (英語). Collider. (2016年11月8日). https://collider.com/fantastic-beasts-2-johnny-depp-grindelwald/ 2018年10月8日閲覧。 
  49. ^ “Jude Law cast as Albus Dumbledore in next Fantastic Beasts film - Pottermore” (英語). Pottermore. https://www.pottermore.com/news/jude-law-cast-as-albus-dumbledore-in-next-fantastic-beasts-film 2018年10月8日閲覧。 
  50. ^ “Fantastic Beasts 2 Won't Be Set Entirely In Paris”. CINEMABLEND. (2016年11月19日). https://www.cinemablend.com/news/1587480/fantastic-beasts-2-wont-be-set-entirely-in-paris 2018年10月8日閲覧。 
  51. ^ Tartaglione, Nancy (2017年7月3日). “‘Fantastic Beasts’ Sequel Reveals Plot Details, Adds Cast As Shooting Starts” (英語). Deadline. https://deadline.com/2017/07/fantastic-beasts-sequel-plot-details-cast-shooting-start-harry-potter-jk-rowling-warner-bros-1202123376/ 2018年10月8日閲覧。 
  52. ^ “‘Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald’ Wraps Filming” (英語). Collider. (2017年12月20日). https://collider.com/fantastic-beasts-2-filming-wraps-video/ 2018年10月8日閲覧。 
  53. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年11月4日). “‘Fantastic Beasts 3′ Moving Forward With Spring 2020 Start, Jessica Williams’ ‘Lally’ Character To Play Pivotal Part In Brazil-Set Threequel” (英語). Deadline. 2021年9月23日閲覧。
  54. ^ Rubin, Rebecca (2020年11月6日). “Johnny Depp Forced to Exit 'Fantastic Beasts' Franchise”. Variety. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月26日閲覧。
  55. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年3月15日). “'Fantastic Beasts 3' & 'King Richard' Warner Bros. Productions Are Also On Hiatus: Coronavirus”. 2020年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月16日閲覧。
  56. ^ “J.K. Rowling to produce Harry Potter stage play” (英語). USA TODAY. https://www.usatoday.com/story/life/theater/2013/12/20/jk-rowling-to-produce-harry-potter-stage-play/4140369/ 2018年10月7日閲覧。 
  57. ^ “Harry Potter play to open next year” (英語). BBC News. (2015年6月26日). https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-33283158 2018年10月7日閲覧。 
  58. ^ 『ハリー・ポッター』実写ドラマ化が初期段階!|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2021年4月17日閲覧。
  59. ^ Moore, Sam (2018年11月5日). “Professor McGonagall’s introduction in Fantastic Beasts 2 will break Harry Potter canon”. Metro. 2018年11月18日閲覧。
  60. ^ https://www.rollingstone.com/culture/culture-news/broadway-production-of-harry-potter-and-the-cursed-child-is-thrilling-630039/
  61. ^ https://www.vogue.com/article/harry-potter-and-the-cursed-child-broadway-opening-night
  62. ^ https://www.thestar.com/entertainment/2018/05/28/edmontons-benjamin-wheelwright-lands-dream-role-in-harry-potter-on-broadway.html
  63. ^ Harry Potter and the Sorcerer's Stone (2001)”. Box Office Mojo. 2009年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  64. ^ Harry Potter and the Chamber of Secrets (2002)”. Box Office Mojo. 2009年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  65. ^ Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (2004)”. Box Office Mojo. 2009年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  66. ^ Harry Potter and the Goblet of Fire (2005)”. Box Office Mojo. 2009年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  67. ^ Harry Potter and the Order of the Phoenix (2007)”. Box Office Mojo. 2009年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  68. ^ Harry Potter and the Half-Blood Prince (2009)”. Box Office Mojo. 2009年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  69. ^ Harry Potter and the Deathly Hallows Part 1 (2010)”. Box Office Mojo. 2017年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  70. ^ Harry Potter and the Deathly Hallows Part 2 (2011)”. Box Office Mojo. 2017年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  71. ^ Fantastic Beasts and Where to Find Them (2016)”. Box Office Mojo. 2017年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  72. ^ Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald”. Box Office Mojo. 2020年5月8日閲覧。
  73. ^ Franchise Index”. Box Office Mojo. 2014年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  74. ^ J.K. Rowling's Wizarding World Movies at the Box Office”. Box Office Mojo. 2017年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月4日閲覧。
  75. ^ Harry Potter and the Sorcerer's Stone (2001)”. Rotten Tomatoes. 2013年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  76. ^ Harry Potter and the Sorcerer's Stone (2001): Reviews”. Metacritic. 2009年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月29日閲覧。
  77. ^ a b c d e f g h i j Cinemascore”. CinemaScore. 2015年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月21日閲覧。
  78. ^ Harry Potter and the Chamber of Secrets (2002)”. Rotten Tomatoes. 2013年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  79. ^ Harry Potter and the Chamber of Secrets (2002): Reviews”. Metacritic. 2009年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月29日閲覧。
  80. ^ Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (2004)”. Rotten Tomatoes. 2013年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月29日閲覧。
  81. ^ Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (2004): Reviews”. Metacritic. 2009年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月29日閲覧。
  82. ^ Harry Potter and the Goblet of Fire (2005)”. Rotten Tomatoes. 2013年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月1日閲覧。
  83. ^ Harry Potter and the Goblet of Fire (2005): Reviews”. Metacritic. 2009年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月29日閲覧。
  84. ^ Harry Potter and the Order of the Phoenix (2007)”. Rotten Tomatoes. 2016年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  85. ^ Harry Potter and the Order of the Phoenix (2007): Reviews”. Metacritic. 2009年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月29日閲覧。
  86. ^ Harry Potter and the Half-Blood Prince (2009)”. Rotten Tomatoes. 2016年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  87. ^ Harry Potter and the Half-Blood Prince (2009): Reviews”. Metacritic. 2009年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月17日閲覧。
  88. ^ Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 1 (2010)”. Rotten Tomatoes. 2013年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  89. ^ Harry Potter and the Deathly Hallows: Part I (2010): Reviews”. Metacritic. 2010年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月1日閲覧。
  90. ^ Harry Potter and the Deathly Hallows – Part 2 (2011)”. Rotten Tomatoes. 2016年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月1日閲覧。
  91. ^ Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 2 (2011): Reviews”. Metacritic. 2011年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月11日閲覧。
  92. ^ Fantastic Beasts and Where to Find Them (2016)”. Rotten Tomatoes. 2017年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月9日閲覧。
  93. ^ Fantastic Beasts and Where to Find Them reviews”. Metacritic. 2016年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月28日閲覧。
  94. ^ (英語) Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald (2018), https://www.rottentomatoes.com/m/fantastic_beasts_the_crimes_of_grindelwald 2020年5月8日閲覧。 
  95. ^ Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald, https://www.metacritic.com/movie/fantastic-beasts-the-crimes-of-grindelwald 2020年5月8日閲覧。 
  96. ^ a b c “The 74th Academy Awards (2002) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (AMPAS). オリジナルの2014年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141109213431/http://www.oscars.org/oscars/ceremonies/2002 2011年11月19日閲覧。 
  97. ^ a b “The 77th Academy Awards (2005) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (AMPAS). オリジナルの2016年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160101230853/http://oscars.org/oscars/ceremonies/2005 2015年1月25日閲覧。 
  98. ^ “The 78th Academy Awards (2006) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (AMPAS). オリジナルの2014年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141109220946/http://www.oscars.org/oscars/ceremonies/2006 2011年11月20日閲覧。 
  99. ^ The 82nd Academy Awards (2010) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (AMPAS). 2014年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  100. ^ a b The 83rd Academy Awards (2011) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (AMPAS). 2011年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月11日閲覧。
  101. ^ a b c “The 84th Academy Awards (2012) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (AMPAS). オリジナルの2014年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141015232303/http://www.oscars.org/oscars/ceremonies/2012 2012年4月26日閲覧。 
  102. ^ a b “The 89th Academy Awards (2017) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (AMPAS). オリジナルの2017年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170227001154/http://oscars.org/oscars/ceremonies/2017 2017年2月26日閲覧。 
  103. ^ a b c d e f g Film in 2002”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2014年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  104. ^ a b c Film in 2003”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2016年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  105. ^ a b c d Film in 2005”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2016年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  106. ^ a b c Film in 2006”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  107. ^ a b Film in 2008”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2017年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  108. ^ a b Film in 2010”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2016年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  109. ^ a b Film in 2011”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2016年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  110. ^ a b c d Film in 2012”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  111. ^ a b c d e Film in 2017”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2017年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  112. ^ a b Film in 2019”. British Academy of Film and Television Arts (BAFTA). 2019年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月30日閲覧。
  113. ^ ハリー・ポッター&ファンタスティック・ビーストのファン必見!「魔法ワールド」公式サイトにて「ポッターモア」の日本語版コンテンツが初配信 | THE RIVER」『THE RIVER』、2018年9月12日。2018年10月13日閲覧。
  114. ^ PORTKEY GAMES”. www.portkeygames.com. 2018年7月31日閲覧。
  115. ^ “Portkey Games to release new games inspired by the Wizarding World - Pottermore” (英語). Pottermore. https://www.pottermore.com/news/portkey-games-to-release-new-games-inspired-by-jk-rowlings-wizarding-world 2018年7月31日閲覧。 

外部リンク