ハリー・ポッターと呪いの子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリー・ポッターシリーズ > 魔法ワールド > ハリー・ポッターと呪いの子
ハリー・ポッターと呪いの子
Palace Theatre - April 2017.jpg
脚本ジャック・ソーン英語版
構想
J・K・ローリング
ジャック・ソーン英語版
ジョン・ティファニー英語版
登場人物
初演日2016年7月30日 (2016-07-30)
初演場所パレス・シアター英語版
オリジナル言語英語
シリーズハリー・ポッターシリーズ
主題ハリー・ポッターとアルバス・セブルス・ポッター
ジャンル
舞台設定魔法界
公式サイト

ハリー・ポッターと呪いの子』(ハリー・ポッターとのろいのこ、原題: Harry Potter and the Cursed Child)は、イギリス児童文学作家J・K・ローリングによる新たな物語にもとづき、ローリング、ジョン・ティファニー英語版ジャック・ソーン英語版脚本化した、『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後を描く舞台劇である。「魔法ワールド」の作品。

概要[編集]

2016年7月30日に、ロンドンでワールド・プレミアが行なわれた[1]。前作『死の秘宝』で描かれたエピローグである「19年後」(2017年)から、ハリーの次男であるアルバスが4年生になる(2020年から2021年)までが描かれる。「逆転時計を使った過去の改変」がおもなテーマで、英雄の息子であるプレッシャーに苦悩するアルバス、子供との向き合い方に悩むハリー、そしてアルバスと唯一無二の親友となるドラコの息子、スコーピウスによる、時空と並行世界を股にかけた冒険が描かれる。小説7作に登場する主要登場人物が年齢を重ねた姿で登場するほか、「ホグワーツの戦い」までに死んだキャラクターも、タイムスリップした際や、改変が行われたあとの世界などでふたたび姿を現す。

イギリスでもっとも権威があるとされるローレンス・オリヴィエ賞では最優秀主演男優賞(ジェイミー・パーカー)、助演男優賞(アンソニー・ボイル)、助演女優賞(ノーマ・ドゥメズウェニ)、監督賞(ジョン・ティファニー)、新演劇賞、ラインティング・デザイン賞、コスチューム・デザイン賞、サウンド・デザイン賞、セット・デザイン賞の9部門に選ばれ、11部門ノミネートとともにオリヴィエ賞最多受賞、ノミネート作品となった[2]

トニー賞では、演劇作品賞、演劇演出賞、演劇装置デザイン賞、演劇衣装デザイン賞、演劇照明デザイン賞、演劇音響デザイン賞の6部門で受賞した[3]

舞台劇の脚本は『ハリー・ポッター』シリーズの第8巻として書籍化され、2016年7月31日に発売されている[注 1]。日本語版は「特別リハーサル版」として2016年11月11日静山社から出版された。最終的な脚本は当初の版と入れ替わるかたちで2017年7月25日に発売され、日本語版は「愛蔵版」として同年12月1日に発売された。

ストーリー[編集]

第1部[編集]

第1幕[編集]

物語は、闇の帝王ヴォルデモートが滅びてから19年後(第7巻『死の秘宝』終章)、ハリー・ポッターたちがホグワーツ魔法魔術学校に入学する子供たちをキングス・クロス駅へ送るシーンから始まる。ハリーの次男アルバス・セブルス・ポッターは兄のジェームズ・シリウス・ポッターに「スリザリンに組分けされるんじゃないか」とからかわれていることもあり、本当に組分けされたらどうしようという不安に駆られていた。一方、ドラコ・マルフォイの息子スコーピウス・マルフォイも、本当はヴォルデモートの息子なのではないかと周りに噂され悩んでいた。ドラコは闇の魔法により子供を作ることができない呪いがかけられており、それでも強力な子孫を望んだドラコと祖父のルシウスが、母であるアステリア逆転時計で過去へ送り込み、ヴォルデモートの子供を妊娠したという噂が立っていたからだった。そして入学式の組分けで、アルバスはスリザリンに組分けされる。その後も飛行訓練で自分だけうまく行かなかったりと、劣等感に苛まれるなか、母を病気で亡くし失意に暮れていたスコーピウスと互いに惹かれあっていく。

3年後、神秘部の戦い(第5巻『不死鳥の騎士団』)ですべて破壊されたはずの逆転時計がセオドール・ノットから押収される。それを聞きつけたエイモス・ディゴリーがハリーの家を訪れ、三大魔法学校対抗試合(第4巻『炎のゴブレット』)でヴォルデモート復活の陰謀によって殺された息子セドリックを逆転時計で過去を変えて蘇らせてくれと頼むも、ハリーはそれを断る。しかし、帰省中のアルバスはそのやりとりを聞き、「セドリックがハリーのせいで殺された」のではないかと考えるようになり、より父親への反発心を強めていく。

ヴォルデモートがいない世界でなぜかハリーの額の傷が痛み出すなか、アルバスはスコーピウスとともにホグワーツに向かって走るホグワーツ特急から脱走し、エイモスを説得して逆転時計を使ってセドリックをよみがえらせる計画に同意させる。そして、エイモスの姪のデルフィーニ・ディゴリーとともにポリジュース薬でハリー、ロンハーマイオニーの姿になって魔法省に潜入し、逆転時計を盗み出すことに成功する。

第2幕[編集]

アルバスとスコーピウスの脱走の知らせをミネルバ・マクゴナガル校長から聞いたハリーたちは、禁じられた森ケンタウルスベインから「アルバスの周りに黒い雲が漂っている」ということを伝えられる。一方アルバスは、デルフィーニから武装解除術を習得するなどして、着々と準備を整えていた。

そして逆転時計を起動させ、三大魔法学校対抗試合開催中のホグワーツまで時間を巻き戻す。そしてダームストラング専門学校の生徒に姿を変え、ドラゴンの卵を奪う課題に挑戦中のセドリックから武装解除術で杖を奪い取る。だが、スコーピウスがハーマイオニーを娘のローズ・グレンジャー=ウィーズリーと勘違いして話しかけたことで、時間軸が変化する。ダームストラングの生徒(アルバスとスコーピウス)がセドリックを妨害したと考えたハーマイオニーはダンスパーティーでビクトール・クラムの誘いを断る。結果的に、ロンはハーマイオニーへの恋心に気づくことなく、ふたりは結婚しなくなり、ロンは代わりにパドマ・パチルと結婚する。また、ハーマイオニーは魔法省に就職せず、ホグワーツで闇の魔術に対する防衛術の教師として教鞭をとっていた。さらに、アルバスはグリフィンドールの一員となっていた。しかし、父との確執は解消されておらず、セドリックも復活していなかった。「アルバスの周りに漂う黒い雲」がスコーピウスのことだと考えたハリーは、マクゴナガルに忍びの地図を渡し、ふたりの位置を監視させて引き離そうとし、もし拒否したら魔法省の権限を用いて学校に入り込むとまで脅す。そんなハリーに対し、ドラコは「黒い雲」はアルバスの孤独のことではないかと指摘する。

セドリックが復活していなかったことを知ったアルバスたちは、ふたたび時間を巻き戻す。嘆きのマートルから湖への抜け道の水路を教えてもらったアルバスらは鰓昆布で水中でも息ができるようにしたうえで、湖の底から大切な人を救い出す課題に挑戦中のセドリックの体を肥らせ魔法で膨らませ、湖の上まで浮上させる。だがもとの時代に戻ると、アルバスの姿が消えており、校長がドローレス・アンブリッジになっていた。

第2部[編集]

第3幕[編集]

三大魔法学校対抗試合の最中に肥らせ魔法で妨害され、嘲笑の的にされたセドリックは、その怒りのあまり死喰い人になる。そしてホグワーツの戦いでセドリックはネビル・ロングボトムを殺害する。結果的にネビルが組分け帽子のなかからグリフィンドールの剣を取り出してナギニを殺すことがなくなり、戦いはヴォルデモートの勝利、ハリーは死亡、魔法界はヴォルデモートの支配する暗黒時代となっていた。そしてスコーピウスは魔法法執行部長である英雄ドラコの息子として「スコーピオン・キング」と呼ばれ「穢れた血」を弾圧するなどして、校内で支配的な地位を築いていた。人が変わったようにハリーのことについて詮索しようとするスコーピウスに、アンブリッジは将来的にヴォルデモートの片腕になることが期待されているのだから、行動に気をつけるようにと忠告する。

もとの世界のほうが良かったと後悔したスコーピウスはこの時間軸では死んでおらず、魔法薬学を教えていたセブルス・スネイプに、今までのいきさつを話す。最初は信じていなかったスネイプも、スコーピウスがスネイプに対して、本当はアルバス・ダンブルドアに協力していたこと、ハリーの母リリーを愛していたこと、本来の世界ではハリーがスネイプを「世界一勇敢な男」と讃え、息子にセブルスの名前を付けたことを伝えていくにつれて話を信じるようになり、暴れ柳の下の隠れ家にスコーピウスを連れていく。そこにはロンとハーマイオニーがいた。ふたりはスネイプと協力して、ヴォルデモートを打倒するための方法を模索していたのである。

4人はまず三大魔法学校対抗試合に戻り、ハーマイオニーが武装解除術に対する反対呪文でドラゴンの課題に挑んでいるセドリックへの妨害を阻止する。しかしもとの時間軸に戻った直後にアンブリッジや吸魂鬼による急襲を受け、スネイプ、ロン、ハーマイオニーはスコーピウスをかばって死ぬ。スコーピウスはふたたび時間を巻き戻し、湖の中での肥らせ魔法を阻止することに成功する。こうして世界は元どおりになり、アルバスも復活する。その後ふたりは校長室でマクゴナガルにこってり絞られ、逆転時計を持ってくるよう命令されるも、湖で失くしたことを話す。この事件を通じて、アルバスは父にも怖いものがあったということ、父との不和の原因が自身がスリザリン生だからだけではないこと、スコーピウスは歴史には触れてはいけないということを身をもって知る。そしてスコーピウスはアルバスと相談し、隠し持っていた逆転時計をみずからの手で破壊することにする。そしてふくろう小屋でデルフィーニを交えて今まで起こったことを話す。するとデルフィーニは態度を豹変させ、逆転時計を奪い取り、スコーピウスとアルバスを縛り上げて、杖を折って連れ去る。そのころ、ハリーたちはまたスコーピウスとアルバスが行方不明になったと知らせを聞く。するとロンは、スコーピウスとアルバスがデルフィーニと会っていたことを伝える。まだ何かするかもしれないと考えたハリーたちはエイモスのいる老人ホームに向かうが、ホームの全員が錯乱の魔法をかけられており、エイモスはふたりとは会っていない、そもそも姪などいないと言う。

そのころ、3人はかつて第3の課題が行われた迷路にいた。第3の課題でふたたびセドリックを辱め、死喰い人にする算段であるとのことである。そこへ、何も知らないクレイグ・バウカーがやって来て、ふたりを探していることを伝えるが、デルフィーニに殺される。ふたたび三大魔法学校対抗試合に戻ったアルバスとスコーピウスは、デルフィーニがセドリックを妨害しに向かった隙に逃げ出そうとするものの、あっさりと彼女に捕まる。デルフィーニは協力を拒否するふたりを殺そうとするが、セドリックに武装解除され、縛られていたふたりも解かれる。デルフィーニはふたたび逆転時計を起動させてふたりもろともどこか別の時代に移動。そして逆転時計を破壊して去る。

一方、ハリーたちはデルフィーニの部屋を捜索するうちに、蛇語で書かれたメモを発見する。ハリーが「開け」と蛇語で呼びかけると、壁一面に予言が現れる。そこには「よけい者がよけい物でなくなり、時間が逆戻りし、見えない子どもたちがその父親を殺す時、闇の帝王が戻るであろう」とあり、さらにデルフィーニがヴォルデモートの娘であることも判明する。

第4幕[編集]

ハリーたちは魔法省で緊急会議を招集し、アルバスとスコーピウスが経験したこと、そのふたりが行方不明になっていること、デルフィーニが自分の父のヴォルデモートを復活させようとしていることなどを伝える。

一方、アルバスとスコーピウスは駅に着き、職員から時刻表を受け取る。そこには「1981年10月30日」 、すなわちハリーの両親が殺害された前の日の日付が記されていた。デルフィーニはヴォルデモートがハリーを殺害するのに加勢するつもりなのだ。ふたりはゴドリックの谷に向かい、なんとか現代のハリーに知らせる方法はないか思案する。そしてアルバスは赤ん坊のハリーが包まれていたブランケットに細工をすることを思いつく。というのもそのブランケットは以前、新学期祝いでハリーが自身に与えたものだったが、直後に口論になり、その拍子でロンにもらった愛の妙薬にかかり、一部が焼け焦げたのである。愛の妙薬には、それと混ぜると焼け焦げる性質の物質があるといい、ハリーは両親の命日にそれを触っていたという。もし焼け焦げたときに現れるメッセージを残し、それにハリーが気付けば助けに来るかもしれないと考えたふたりは、近くに住むバチルダ・バグショットの家から杖と材料を持ち出し、ブランケットに細工をする。

そのころ、魔法省ではハリーのもとにドラコがやって来て、家に所蔵してあったもうひとつの逆転時計を渡す。それはスコーピウスが持っていた5分間しか戻れない試作品ではなく、本物だった。そしてアステリアが逆転時計で過去に戻って宿したヴォルデモートの子がスコーピウスだという噂も虚偽であり、無理をして彼を産み体調を崩したため、3人で隠れ住むことになった結果、その噂が立ったのだという。その夜、ハリーとその妻ジニーはアルバスの部屋で自分自身を責め続けていた。そしてハリーがふとブランケットを手に取ってみると、焼け焦げた部分に文字が書いてあり、1981年10月31日のゴドリックの谷から息子が助けを求めていることを知る。

ハリー、ロン、ハーマイオニー、ジニー、ドラコはゴドリックの谷に急いで向かい、逆転時計を起動させて1981年10月31日に戻り、ついにアルバスとスコーピウスを見つける。そして聖ジェローム教会でデルフィーニをおびき寄せるための作戦を立てる。蛇語を使えるハリーがヴォルデモートに化けてデルフィーニを教会におびき寄せ、取り押さえる作戦である。

ヴォルデモートに化けたハリーのもとにデルフィーニが駆け寄り、自分が未来から来たヴォルデモートとベラトリックス・レストレンジの子供であること、ホグワーツの戦いのまえにマルフォイの館で生まれたこと、蛇語で話せることなどを話す。そして教会に入った次の瞬間、デルフィーニは封印の呪文をかけて教会のすべてのドアが開かないようにし、ハリーに攻撃を仕掛ける。ついに変身魔法が解けたのである。デルフィーニはハリーの動きを読んでおり、ハリーは窮地に追いやられる。そこへ床の格子戸からアルバスが入り込み、ドアの封印を解除する。現れたハーマイオニーやロン、ドラコたちと激戦を繰り広げるも、多勢に無勢で、とうとう取り押さえられ、デルフィーニはアズカバンに収容されることになる。

その直後、本物のヴォルデモートがハリーの家に現れる。自分の両親が殺されるのを止めることができないと嘆くハリーに対し、一行はあえて歴史に触れず、その様子を最後まで見守ることにする。

その後、美しい丘でハリーはアルバスに今までの仕打ちを謝り、父を知らない自分が父であることの恐怖、父として努力するという決意を語る。そして、アルバスに自分の名を恥じることはないと勇気づける。

公演[編集]

公演 場所 初試演 オープニング・ナイト クロージング・ナイト
ウェスト・エンド(ロンドン) パレス・シアター英語版 2016年6月7日(第1部)、2016年6月9日(第2部) 2016年7月30日 現在上演中
ブロードウェイ(ニューヨーク) リリック・シアター英語版 2018年3月16日(第1部)、2018年3月17日(第2部) 2018年4月22日 現在上演中
メルボルン プリンセス・シアター英語版 2019年1月18日(第1部)、2019年1月19日(第2部) 2019年2月23日 現在上演中
サンフランシスコ カラン・シアター英語版 2019年10月23日(第1部)、2019年10月24日(第2部) 2010年12月1日 現在上演中
ハンブルク メア!テアター英語版 2020年2月7日(第1部)、2020年2月8日(第2部) 上演予定 上演予定
トロント エド・マービッシュ・シアター英語版 2020年秋 上演予定 上演予定
東京 TBS赤坂ACTシアター 2022年夏 上演予定 上演予定

二部作の演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』は、ローリング、ティファニー、ソーンによる原作にもとづき、イギリスの劇作家ジャック・ソーン英語版が執筆した。一部ウェブサイトでは3人全員が脚本の執筆者として記載されていたが[4]、2016年7月26日までに劇の公式サイト[5]やほかの多くのサイト[6]では、ソーンがただひとりの脚本家として記載された。

この劇はティファニーが監督し[7][8]、振り付けをスティーヴン・ホゲット英語版[9]、セットデザインをクリスティーン・ジョーンズ英語版[10]、衣装デザインをカタリーナ・リンゼイ[11]、照明デザインをニール・オースティン英語版[12]、音楽をイモージェン・ヒープ英語版[13]、音響デザインをギャレス・フライ[14]が手掛けた。加えて、特殊効果をジェレミー・チャーニック[15]、イリュージョンをジェイミー・ハリソン、音楽監修をマーティン・ロウが担当した[16]

製作者とローリングは観客に大きなツイストを明かさないように依頼する「#KeepTheSecrets」と呼ばれるキャンペーンを継続している。このスローガンは劇のチケットに印刷され、幕間にスローガンの記されたバッジが無料配布される。オンラインでチケットを購入した人には、劇のあとでローリングよりキャンペーンの支援を求めるビデオがメールで送られる[17][18][19][20]

ウェスト・エンド[編集]

ウェスト・エンドパレス・シアター英語版における試演は2016年6月7日[21]、両部の正式なオープニング・ナイトは7月30日で[22]、当初は2016年9月18日までの予約で開始された[23]。チケットは事前登録された優先予約者に対して2015年10月28日に販売され、一般販売は10月30日の開始が予定された[24]。8時間弱の優先予約でワールド・プレミア公演のチケット17万5000枚が売れ[25]、劇の予約期間は2017年1月まで延長された[26]。一般販売の開始とともに予約は2017年4月30日まで延長され[27]、同日より2017年5月27日までさらに延長となった[28]

チケットの転売代理店が3,000ポンドまでの座席を販売していたが[25]、初演のチケットは両部に30ポンドから130ポンドまでの値段がつけられた[29]。チケットの転売は製作者によって禁じられ、売られた場合チケットは無効となる[30]。2016年7月中旬、劇場は毎週金曜日午後1時、劇場における「最高座席の一部」であるウェブサイト販売用の40枚を、1部20ポンドと宣伝された最低価格で発売するチケット抽選会の開催を始めた。たとえば、2016年7月29日に販売された「Friday Forty」チケットは8月の3、5、6、7日公演のものであった[31]

2015年12月20日、ハリー・ポッター役にジェイミー・パーカー英語版、ハーマイオニー・グレンジャー役にノーマ・ドゥメズウェニ英語版、ロン・ウィーズリー役にポール・ソーンリー英語版という最初の配役が発表された[32][33][34] 。ハーマイオニー役に黒い肌のドゥメズウェニが配役されたことで熱烈な議論が交わされ、ローリングは「ハーマイオニーの肌が白いと明記したことはない」と返答している[35][36]。さらに特筆すべき配役はジニー・ポッター役のポピー・ミラー英語版、ドラコ・マルフォイ役のアレックス・プライス英語版、アルバス・セブルス・ポッター役のサム・クレメット英語版、スコーピウス・マルフォイ役のアンソニー・ボイル英語版など[37]。この公演は総勢42人が出演する[38][39]

ブロードウェイ[編集]

ニューヨークのリリック・シアター(2019年7月)

この公演は2018年3月16日に試演が始まり、4月22日にリリック・シアター英語版で正式な開幕となった。クレメット、ボイル、ドゥメズウェニ、ミラー、パーカー、プライス、ソーンリーはウェスト・エンドより役を再演した[40][41]。劇場は観客席より400席を撤去し、43丁目の入口に移動させた[42]。2018年3月16日から11月18日までの公演用のチケットが最初、2017年10月18日に発売された[43]。『ニューヨーク・タイムズ』は、開催費用に6800万ドルがかかっており、ミュージカルではないブロードウェイ演劇のなかでもっとも高額だと推定している[44]。2020年3月12日現在、新型コロナウイルス感染症の世界的流行のために公演を中断している。公演は早くとも2021年1月3日まで中断される[45]

メルボルン[編集]

2017年10月24日、マイケル・カッセル・グループが『ハリー・ポッターと呪いの子』のオーストラリア初演をプロデュースすると発表した。試演は2019年1月18日、メルボルンのプリンセス・シアター英語版で始まり、オープニング・ナイトは2月23日であった。伝えられるところによれば、 この公演はプリンセス・シアターで独占的に2年間行なわれる[46][47]。 先行販売チケットは2018年8月2日に発売され、一般販売チケットが発売されるまえに、4日間で20万枚以上売れた[48][49]

9月2日にハリー・ポッター役のギャレス・リーヴス、ハーマイオニー・グレンジャー役のポーラ・アーランデル英語版、ロン・ウィーズリー役のジャイトン・グラントリー英語版、ジニー・ポッター役のルーシー・ゴールビー、アルバス・ポッター役のショーン・リース=ウェミス、ドラコ・マルフォイ役のトム・レン、スコーピウス・マルフォイ役のウィリアム・マッケンナを含むオーストラリアのオリジナル成人キャスト35人が発表された[50]

トロント[編集]

2019年5月22日、トロントエド・マービッシュ・シアター英語版でカナダ初演が行なわれると発表された[51]。2020年10月初演[52]

東京[編集]

日本では2022年よりTBS開局70年記念の一環として、ホリプロと共同でTBS赤坂ACTシアターでの無期限ロングラン上演が予定されている。キャストのオーディションを2021年夏に実施予定。

キャスト[編集]

役名 ウェスト・エンド[53]
(2016 - 2017)
ブロードウェイ[54]
(2018)
メルボルン[55][56] サンフランシスコ[57][58]
ハリー・ポッター ジェイミー・パーカー英語版 ギャレス・リーヴス ジョン・スケリー
ロン・ウィーズリー ポール・ソーンリー英語版 ジャイトン・グラントリー英語版 デヴィッド・アベレス
ハーマイオニー・グレンジャー ノーマ・ドゥメズウェニ英語版 ポーラ・アーランデル英語版 ヤンナ・マッキントッシュ英語版
ジニー・ポッター ポピー・ミラー英語版 ルーシー・ゴールビー アンジェラ・リード
ドラコ・マルフォイ アレックス・プライス英語版 トム・レン ルーカス・ホール
アルバス・セブルス・ポッター サム・クレメット英語版 ショーン・リース=ウェミス ベンジャミン・パパック
スコーピウス・マルフォイ アンソニー・ボイル英語版 ウィリアム・マッケンナ ジョン・スタイガー
ローズ・グレンジャー=ウィーズリー シェレル・スキート スーザン・ヘイワード英語版 マナリ・ダタール フォラミ・ウィリアムズ
若いハーマイオニー
デルフィーニ・ディゴリー エスター・スミス英語版 ジェシー・フィッシャー マデリン・ジョーンズ エミリー・ジュリエット・マーフィ
クレイグ・バウカーJr. ジェレミー・アン・ジョーンズ ジョシュア・デジェサス スローネ・スディロ アーヴィング・ダイソン・ジュニア
嘆きのマートル アナベル・ボールドウィン ローレン・ニコール・シポレッティ ジリアン・コスグリフ ブリタニー・ゼインストラ
リリー・ポッター・シニア
ポリー・チャップマン クローディア・グラント マデリン・ワインスタイン ジェシカ・ヴィッカース ローレン・ザクリン
バーノン・ダーズリー ポール・ベントール バイロン・ジェニングス デヴィッド・ロス・パターソン アンドリュー・ロング
セブルス・スネイプ
ヴォルデモート卿
ルビウス・ハグリッド クリス・ジャーマン英語版 ブライアン・エイブラハム ソーレン・ジェンセン ジュリアン・ロッセル・ジュニア
組分け帽子
ヤン・フレドリックス ジェネット・ル・ラシェール ジェス・バルバガロ コナー・スウィーニー コーリー・ヘディ
ペチュニア・ダーズリー ヘレナ・リンベリー キャスリン・メイスル ハンナ・ウォーターマン キャサリン・リースク
ドローレス・アンブリッジ
マダム・フーチ セオ・アリン
エイモス・ディゴリー バリー・マッカーシー英語版 エドワード・ジェームズ・ハイランド ジョージ・ヘナーレ チャールズ・ヤナシュ
アルバス・ダンブルドア
車内販売魔女 サンディ・マクデイド ジェラルディン・ヒューズ英語版 デブラ・ローランス英語版 キャサリン・リースク
ミネルバ・マクゴナガル シャノン・コクラン
セドリック・ディゴリー トム・ミリガン ベンジャミン・ホイールライト デヴィッド・サイムス ウィリアム・ベドナー=カーター
ジェームズ・シリウス・ポッター
ジェームズ・ポッター・シニア
ダドリー・ダーズリー ジャック・ノース ジョーイ・ラブラスカ ハミッシュ・ジョンストン タック・スウィーニー
カール・ジェンキンズ
ビクトール・クラム コナー・スウィーニー
ベイン ヌーノ・シルヴァ デヴィッド・セントルイス イオプ・アウヴァア ローガン・ジェームズ・ホール
若いハリー ルディ・グッドマン
アルフレッド・ジョーンズ
ビリ・キオ
ユアン・ラザフォード
ナサニエル・スミス
ディラン・スタンデン
ウィル・クームス
ランドン・マース
アルフィー・ヒューズ
エズラ・ジャスティン
アーチー・ピッチャー
ザカリア・ラーハリ
イライジャ・クーパー
タイラー・パトリック・ヘネシー
リリー・ルーナ・ポッター ゾーイ・ブラフ
クリスティーナ・フレイ
クリスティアナ・ハッチングス
オリヴィア・ボンド
ブルックリン・シャック英語版
サーシャ・トリヌイ
ルビー・ホール
シエナ・コンティ
ナタリア・ビンガム
ナタリー・シュローダー

ウェスト・エンド2年目入れ替え[編集]

ブロードウェイ入れ替え[編集]

背景[編集]

『ハリー・ポッター』シリーズをもとにした舞台劇が製作されることが2013年12月に発表され[59]2016年に上演されることもあわせて発表された[60]。このときローリングは、これまで明かされてこなかった幼少期のハリーの孤児としての孤独を描いた舞台になるだろうとコメントしている[61]2014年5月に彼女はこの企画のための製作チームの設立を開始した[62]

2015年6月26日には、タイトルが "Harry Potter and the Cursed Child" になることが発表され[63]、2016年夏ごろにロンドンパレス・シアター英語版でワールド・プレミアを開催することも併せて発表された[64][65]。これらの発表は1997年6月26日に発売されたシリーズの第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』の発売18周年を記念して行なわれたものである[66][67]

新たに小説を執筆するのではなく舞台を製作することを選んだことについてローリングは、この物語は舞台が最適であると観客にも理解してもらえると確信している旨を語り[68]、この舞台は序章ではないとして[69]、まったく新しいストーリー展開となっており、これまでの物語のリメイクではないということも観客に理解してもらえると確信している旨を語った[70]。2015年9月24日には、舞台が二部構成であることが発表され[71]、第1部と第2部は同日に上演されるか、あるいは2日間に分けて夜に上演されるかのいずれかであることもあわせて発表された[72][73]

10月23日には、シリーズの最終作『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後を描いたものになると発表され[74]、2016年7月にパレス・シアターで上演されることも併せて発表された[75]。内容としては、闇払い部部長となったハリーが結婚して3人の子を儲け、末の息子アルバス・セブルス・ポッターと冒険に出るというもので[76]、本作がシリーズ通算第8作となることもあわせて発表された[77]7月22日の時点では、6月7日からプレビューに参加していた人々からも、プロットが漏洩(ろうえい)することはほとんどなかった[78]

書籍版[編集]

ハリー・ポッターと呪いの子
Harry Potter and the Cursed Child
著者 脚本
ジャック・ソーン英語版
構想
J・K・ローリング
ジャック・ソーン英語版
ジョン・ティファニー英語版
訳者 松岡佑子
発行日 イギリスの旗 2016年7月31日
日本の旗 2016年11月11日
発行元 イギリスの旗 Bloomsbury Publishing
アメリカ合衆国の旗 Scholastic Corporation
カナダの旗 Raincoast Books
日本の旗 静山社
ジャンル ファンタジー
ページ数 イギリスの旗 352
アメリカ合衆国の旗 320
日本の旗 416
前作 ハリー・ポッターと死の秘宝
コード

イギリスの旗 ISBN 978-0-7515-6535-5

日本の旗 ISBN 978-4-86389-346-7
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

英語版の書籍が "Harry Potter and the Cursed Child Parts I & II" として発売された[79][80]

初版は「特別リハーサル版」としてプレビューでの内容が書かれており[81]ハリー・ポッターJ・K・ローリングの誕生日である2016年7月31日に発売された[82]。この初版の発売後も内容の改訂がなされ、2017年7月25日に最終的な脚本が「愛蔵版」として出版された。[83]アメリカのメディアであるCNNによれば、この本は2016年で最も予約された書籍であると言う[84]

書籍化のニュースが報じられた2月10日には、イギリスAmazonに予約が殺到し、たちまちベストセラーランキングの1位になり、日本のAmazonでも2月13日時点で洋書カテゴリーの第1位となった[85]。また、アメリカとカナダでは発売初日の2日間だけで200万部以上も売れた他[86]イギリスでは発売初週で84万7885部の売上を記録した。

映画化[編集]

アメリカワーナー・ブラザースが本作の映画化を画策していると2016年8月27日NYデイリーニュースによって報じられた[87][88]。3部作の予定で早ければ2020年の公開を目指しているというが、これまでの映画作品でハリー・ポッターを演じてきたダニエル・ラドクリフは当分は同役に復帰する意志がないことを明かしており、『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』や『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』といった作品への出演もしているため、ラドクリフと出演契約を結ぶことは難しく、ワーナーは説得するのに苦戦を強いられそうな状況となっている[89]

映画化についてさまざまな噂が飛び交っていたが、原作者であるローリングが2017年1月20日に自身の公式Twitterにて、本作の映画製作の噂を否定した[90]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第1巻 - 第7巻のような小説のスタイルではなく、本文はト書き台詞で構成されている。

出典[編集]

  1. ^ ハリー・ポッターシリーズ最新刊について”. 静山社. 2016年12月22日閲覧。
  2. ^ 「ハリポタと呪いの子」、オリヴィエ賞史上最多9部門受賞で圧勝!”. シネマカフェ. 2017年4月10日閲覧。
  3. ^ 「ハリー・ポッターと呪いの子」6部門を受賞”. YOMIURI ONLINE. 2018年6月11日閲覧。
  4. ^ EXPLORE THE STORY – Harry Potter and the Cursed Child”. Pottermore. J.K. Rowling's Wizarding World (2016年). 2016年7月22日閲覧。
  5. ^ Harry Potter and the Cursed Child”. harrypottertheplaylondon.com. 2016年7月26日閲覧。
  6. ^ Harry Potter and the Cursed Child gets five star reviews” (2016年7月26日). 2016年7月26日閲覧。 “The play, written by Jack Thorne, is set 19 years after the seventh and final book in the series by JK Rowling.”
  7. ^ About The Show”. Harry Potter The Play. Palace Theatre. 2016年7月22日閲覧。
  8. ^ “Harry Potter Coming Back, This Time on Stage in New Play”. The New York Times. (2015年6月26日). https://www.nytimes.com/aponline/2015/06/26/arts/ap-eu-britain-harry-potter-play.html 2015年6月27日閲覧。 
  9. ^ World Premiere of Harry Potter and the Cursed Child Sets London Premiere”. Playbill (2015年6月26日). 2015年6月27日閲覧。
  10. ^ 'Harry Potter and the Cursed Child' Play Planned for 2016”. Rolling Stone (2015年6月26日). 2015年6月27日閲覧。
  11. ^ Barraclough, Leo (2015年6月26日). “Harry Potter Play to Open in London Next Year”. Variety. https://variety.com/2015/legit/global/harry-potter-play-to-open-in-london-next-year-1201529046/ 2015年6月27日閲覧。 
  12. ^ 'Harry Potter and the Cursed Child' To Open in London's West End Summer 2016”. Deadline Hollywood (2015年6月26日). 2015年6月27日閲覧。
  13. ^ JK Rowling reveals new Harry Potter stage play”. The Scotsman (2015年6月26日). 2015年6月27日閲覧。
  14. ^ Harry Potter and the Cursed Child play to open in London in 2016, JK Rowling confirms”. Digital Spy (2015年6月26日). 2015年6月27日閲覧。
  15. ^ Harry Potter stage play to premiere in the West End next summer”. The Stage (2015年6月26日). 2015年6月27日閲覧。
  16. ^ HARRY POTTER AND THE CURSED CHILD TO BE PRESENTED IN TWO PARTS”. soniafriedman.com (2015年9月25日). 2015年10月16日閲覧。
  17. ^ “Meet the Harry Potter fans 'keeping the secrets' of the Cursed Child”. BBC News. (2016年6月8日). http://www.bbc.co.uk/newsbeat/article/36475868/meet-the-harry-potter-fans-keeping-the-secrets-of-the-cursed-child 
  18. ^ Raisa Bruner (6 June 2016). “J.K. Rowling Asks Harry Potter Fandom to 'Keep the Secrets' of 'Cursed Child'”. タイム. http://time.com/4359107/harry-potter-cursed-child-jk-rowling-spoilers/ 2019年5月26日閲覧。. 
  19. ^ “Harry Potter fans asked to keep a secret”. ワシントン・ポスト. (2016年6月9日). https://www.washingtonpost.com/lifestyle/kidspost/harry-potter-fans-asked-to-keep-a-secret/2016/06/09/e117249e-2e6a-11e6-9b37-42985f6a265c_story.html?noredirect=on 2019年5月26日閲覧。 
  20. ^ "Harry Potter and the Cursed Child" stars explain why fans are keeping the play's secrets”. CBSニュース (2018年5月29日). 2019年5月26日閲覧。
  21. ^ Lyall, Sarah (2016年6月7日). “'Harry Potter and the Cursed Child' Begins Previews in London, as Magic Continues”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2016/06/08/theater/harry-potter-and-the-cursed-child-preview.html 2016年6月29日閲覧。 
  22. ^ How to get tickets to Harry Potter and the Cursed Child”. whatsonstage.com (2015年10月23日). 2015年10月23日閲覧。
  23. ^ “Harry Potter and the Cursed Child ticket sale: Over 175,000 tickets sell in just eight hours”. The Independent. (2015年10月29日). https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/theatre-dance/news/harry-potter-and-the-cursed-child-ticket-sale-over-175000-tickets-sell-in-just-eight-hours-a6713021.html 2015年10月29日閲覧。 
  24. ^ Harry Potter and the Cursed Child: West End play focuses on Harry's youngest son”. The Guardian (2015年10月23日). 2015年10月23日閲覧。
  25. ^ a b Harry Potter and the Cursed Child run extended to April 2017 as touted tickets go on sale for £3,000”. The Daily Telegraph (2015年10月29日). 2015年10月30日閲覧。
  26. ^ More than 175,000 tickets for Harry Potter and the Cursed Child on London's West End were snapped up in eight hours”. The Hollywood Reporter (2015年10月29日). 2015年10月29日閲覧。
  27. ^ Extended booking dates confirmed for Harry Potter and The Cursed Child general sale”. Digital Spy (2015年10月29日). 2015年10月29日閲覧。
  28. ^ Harry Potter and the Cursed Child extends booking YET AGAIN – this time to May 2017”. Digital Spy (2015年10月30日). 2015年11月7日閲覧。
  29. ^ How to get tickets to Harry Potter and the Cursed Child”. whatsonstage.com (2015年10月23日). 2015年10月30日閲覧。
  30. ^ Harry Potter stage show producers warn scalpers that resold tix will not fly”. Playbill (2015年10月29日). 2016年2月14日閲覧。
  31. ^ The Friday Forty”. Palace Theatre. Palace Theatre. 2016年7月22日閲覧。
  32. ^ Harry Potter and the Cursed Child announces lead cast”. BBC News.ukwork=BBC News (2015年12月21日). 2015年12月21日閲覧。
  33. ^ Hooton, Christopher (2015年12月21日). “JK Rowling shuts down anyone with a problem about Hermione being black on Twitter: 'Frizzy hair is canon'”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/theatre-dance/news/harry-potter-fans-delighted-that-black-the-cursed-child-actress-is-cast-as-hermione-in-series-all-a6781251.html 2015年12月21日閲覧. "Responding to (a small pocket of) negative discussion of the casting, she tweeted: "Canon: brown eyes, frizzy hair, and very clever. White skin was never specified. Rowling loves black Hermione." UPDATE: Hold up, maybe the logic isn't quite so airtight." 
  34. ^ In Harry Potter and the Cursed Child, a black actress will play Hermione”. The New York Times (2015年12月21日). 2015年12月21日閲覧。
  35. ^ Maltby, Kate. “There's nothing confusing about a black actress playing Hermione Granger – Spectator Blogs”. Spectator Blogs. 2015年12月23日閲覧。 “JK Rowling tweeted this morning that she'd never specified Hermione's skin colour in the books”
  36. ^ J・K・ローリング [@jk_rowling] (21 December 2015). "Canon: Brown eyes, frizzy hair, and very clever. White skin was never specified. Rowling loves black Hermione" (ツイート). 2016年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブTwitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  37. ^ Harry Potter and the Cursed Child cast photos released”. BBC News.ukwork=BBC News (2016年5月31日). 2016年5月31日閲覧。
  38. ^ 42 Member multicultural cast revealed for Harry Potter and the Cursed Child”. Playbill (2016年2月26日). 2016年3月7日閲覧。
  39. ^ Full casting announced for Harry Potter and the Cursed Child”. whatsonstage.com (2016年2月26日). 2016年3月7日閲覧。
  40. ^ Gerard, Jeremy (2017年5月4日). “‘Harry Potter and the Cursed Child’ Sets April 22, 2018 Broadway Opening”. Deadline Hollywood. 2017年5月4日閲覧。
  41. ^ McPhee, Ryan. " 'Harry Potter and the Cursed Child' Officially Opens on Broadway April 22" Playbill, 22 April 2018
  42. ^ “Harry Potter and the Cursed Child to Bow on Broadway in 2018”. Broadway.com. https://www.broadway.com/buzz/186879/harry-potter-and-the-cursed-child-to-bow-on-broadway-in-2018/ 2017年10月25日閲覧。 
  43. ^ Harry Potter and the Cursed Child Play | Broadway”. Harry Potter and the Cursed Child. 2017年10月25日閲覧。
  44. ^ “Another Harry Potter Landmark: At $68 Million, the Most Expensive Broadway Nonmusical Play Ever”. The New York Times. (2018年4月14日). https://www.nytimes.com/2018/04/14/theater/harry-potter-broadway.html 
  45. ^ Clement, Olivia (2020年5月12日). “Check the Statuses of Broadway Shows During the Coronavirus Shutdown”. 2020年5月29日閲覧。
  46. ^ Harry Potter and the Cursed Child | Melbourne”. HarryPotterThePlay.com. 2017年10月25日閲覧。
  47. ^ Cooper, Nathanael (2017年10月28日). “The secret is out: How Harry Potter and the Cursed Child came to Melbourne”. The Sydney Morning Herald. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  48. ^ Harry Potter and the Cursed Child Parts One and Two”. HarryPotterThePlay.com. 2018年7月25日閲覧。
  49. ^ Cooper, Nathanael (2018年9月1日). “Next generation of wizards: Harry Potter and the Cursed Child cast revealed”. The Sydney Morning Herald. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  50. ^ Cast Announced For Australian Premiere Production - Harry Potter and the Cursed Child Melbourne” (2018年8月30日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  51. ^ Harry Potter and the Cursed Child to make Canadian premiere in 2020”. CBC News (2019年5月22日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  52. ^ https://www.mirvish.com/shows?p=3#content
  53. ^ “Cast Announcement | Harry Potter and the Cursed Child London”. Harry Potter and the Cursed Child London. (2015年12月21日). https://www.harrypottertheplay.com/uk/jamie-parker-noma-dumezweni-and-paul-thornley-to-lead-the-cast-as-harry-hermione-and-ron/ 2017年8月2日閲覧。 
  54. ^ McPhee, Ryan (2017年8月2日). “Original Harry Potter and the Cursed Child Trio to Reunite on Broadway; Additional Casting Announced | Playbill”. Playbill. 2017年8月2日閲覧。
  55. ^ Cast Announced For Australian Premiere Production” (2018年9月2日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  56. ^ Rehearsals Begin – First Look at Full Cast” (2018年10月17日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  57. ^ Franklin, Mark J. (2019年10月10日). “Meet the Cast of Harry Potter and the Cursed Child in San Francisco”. Playbill. 2019年11月20日閲覧。
  58. ^ Cast Announced for the San Francisco Production of Cursed Child”. WizardingWorld.com. Pottermore (2019年8月1日). 2019年11月20日閲覧。
  59. ^ Shenton & Hetrick (2013)
  60. ^ Davies (2013)
  61. ^ Battersby (2015)
  62. ^ Beaumont-Thomas (2014)
  63. ^ “Harry Potter and the Cursed Child, a new play by JK Rowling, will hit the West End in 2016”. The Daily Telegraph (London: Telegraph Media Group). (2015年6月26日). ISSN 0307-1235. OCLC 49632006. http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/theatre-news/11700410/Harry-Potter-prequel-to-hit-West-End-in-2016.html 2015年6月27日閲覧。 
  64. ^ AMOS (2015)
  65. ^ “「ハリー・ポッター」新作舞台、来夏ロンドンで上演へ”. 映画ニュース (映画.com). (2015年7月8日). http://eiga.com/news/20150708/15/ 2016年12月26日閲覧。 
  66. ^ “Harry Potter and the Cursed Child to open in 2016”. BBC News (BBC). (2015年6月26日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-33283158 2015年6月27日閲覧。 
  67. ^ Harry Potter and the Philosopher's Stone”. bloomsbury.com. 2015年6月27日閲覧。
  68. ^ “Harry Potter and the Cursed Child play to debut in London in 2016”. The Sydney Morning Herald (Fairfax Media). (2015年6月26日). ISSN 0312-6315. OCLC 226369741. http://www.smh.com.au/entertainment/theatre/harry-potter-and-the-cursed-child-play-to-debut-in-london-in-2016-20150626-ghyzwn.html 2015年8月9日閲覧。 
  69. ^ Lee, Jarry (2015年6月30日). “Here's The One Thing J.K. Rowling Wants Everyone To Know About The New Harry Potter Play”. BuzzFeed. 2015年12月23日閲覧。
  70. ^ Desta, Yohana (2015年6月27日). “'Harry Potter and the Cursed Child': Everything you need to know”. mashable.com. Mashable. 2015年8月9日閲覧。
  71. ^ Shepherd (2015)
  72. ^ Butterly (2015)
  73. ^ Wiegand (2015)
  74. ^ Shea (2015)
  75. ^ Bell, Crystal (2015年10月23日). “ere's How You Can See 'Harry Potter and the Cursed Child' Without Robbing Gringotts”. MTV. 2015年10月30日閲覧。
  76. ^ “Grown-up Harry must juggle working at the Ministry of Magic with being a father to three children, including his youngest Albus.”. Sky News (United Kingdom: Sky). (2015年10月23日). http://news.sky.com/story/1574969/london-harry-potter-play-will-be-a-two-parter 2015年10月23日閲覧。 
  77. ^ “「ハリー・ポッター」新作舞台はハリーとその息子が主人公の2部作に”. 映画ニュース (映画.com). (2015年10月27日). http://eiga.com/news/20151027/7/ 2016年12月26日閲覧。 
  78. ^ Lawson (2016)
  79. ^ “Harry Potter and the Cursed Child to be eighth book”. BBC News (BBC). (2016年2月10日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-35539552 2016年2月10日閲覧。 
  80. ^ How to pre-order the Harry Potter and the Cursed Child Parts I & II script book”. Pottermore. J.K. Rowling's Wizarding World (2016年). 2016年7月22日閲覧。
  81. ^ Begley (2016)
  82. ^ Cain (2016)
  83. ^ Exciting publishing programme from J.K. Rowling's Wizarding World”. pottermore.com (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  84. ^ Fashingbauer Cooper (2016)
  85. ^ “「ハリー・ポッター」シリーズ新作舞台脚本が書籍化 ハリーの子どもが主人公”. 映画ニュース (映画.com). (2016年2月15日). http://eiga.com/news/20160215/9/ 2016年12月26日閲覧。 
  86. ^ “'Harry Potter and the Cursed Child' Script Book Sells Over 2 Million Copies in 2 Days”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). (2016年8月3日). ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. http://www.hollywoodreporter.com/news/harry-potter-cursed-child-script-916817 2016年8月4日閲覧。 
  87. ^ Desborough (2016)
  88. ^ Shepherd (2016)
  89. ^ “米ワーナー、舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を3部作で映画化か?”. 映画ニュース (映画.com). (2016年9月1日). http://eiga.com/news/20160901/15/ 2016年12月26日閲覧。 
  90. ^ Twitter”. J.K.Rowling (2017年1月20日). 2018年6月29日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]