宮尾俊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやお しゅんたろう
宮尾 俊太郎
生年月日 (1984-02-27) 1984年2月27日(36歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道札幌市
国籍 日本
身長 184cm
職業 バレエダンサー、振付家、俳優
ジャンル バレエ
活動内容 バレエダンサー、振付、ドラマ・舞台出演、ミュージカル出演
公式サイト https://www.k-ballet.co.jp/shuntaro_miyao
主な作品
「白鳥の湖」「ジゼル」「ドン・キホーテ」「くるみ割り人形」「カルメン」など多数
テンプレートを表示

宮尾 俊太郎(みやお しゅんたろう、1984年2月27日 - )は、北海道札幌市出身のバレエダンサー、俳優である。血液型はO型。熊川哲也が率いる K-BALLET COMPANYのゲスト・アーティスト。2004年から2020年までK-BALLET COMPANYにてプリンシパル(最高位ダンサー)としてほぼすべての作品に主演。2014年3月、自らが座長を務めるBallet Gents(バレエジェンツ)を結成し、演出・振付を手掛ける。Kバレエ カンパニー常任振付として、振付分野でも活躍。テレビ出演、ミュージカル出演などバレエ以外の分野での活動も数多い。

人物・略歴[編集]

  • ピアノ教師の母と高校の音楽教師の父のもと、北海道に生まれる。3歳から自らもヴァイオリンを学んでいた。中学では美術部で絵画に親しみ絵描きを目指していた。
  • 14歳とき、熊川哲也が出演するCMをみて「男らしい雰囲気に圧倒され、きらびやかな世界観に魅了」されて、札幌舞踊会でバレエを始める。バレエを始めるにしてはかなり遅い年齢であったが、本人は気に留めずバレエにのめり込んでいった。
  • 熊川哲也による厳しい指導を受け頭角を現し、「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」「ジゼル」等次々と主演を果たす。2009年9月ファースト・ソリストに昇格、2007年9月ソリスト、2009年9月ファースト・ソリスト、2012年10月プリンシパル・ソリスト、2015年12月プリンシパル(最高位ダンサー)に昇格。
  • 2008年、たかの友梨ビューティーのCMに出演し、米倉涼子のダンスの相手役を務めるほか、日本テレビ系列の番組「アナザースカイ」の司会を今田耕司LIZAと約2年間務めるなど、テレビの出演も数多い。
  • 2013年にはミュージカル「ロミオとジュリエット」で死のダンサー役に抜擢(2019年にも出演)。近年のミュージカル出演では、歌唱のある役にも抜擢されている。
  • 2014年3月、自らが座長を務めるBallet Gentsを結成。演出・振付を手掛ける。
  • 2014年12月、ローラン・プティ熊川哲也のために創作した『ボレロ』を、東急ジルベスターコンサート2014-2015で踊りテレビ東京にて生放送される。
  • 2019年2月、主演映画『吾郎の新世界』にて、‪ロンドンフィルムメーカー国際映画祭 2019「外国語映画部門 最優秀撮影賞」を受賞。
  • 2019年9月、Kバレエ カンパニー常任振付に就任。バレエ団のレパートリーとして「Piano Concerto Edvard」を手がけたり、Bunkamuraチャレンジ映像作品「運命 FATE」でも演出・振付を手がけている。
  • 2020年9月、Kバレエ カンパニー ゲスト・アーティストに就任。

バレエレパートリー[編集]

主な出演作[編集]

  • 『シンデレラ』の王子
  • 『ロミオとジュリエット』のロミオ/パリス
  • 『ラ・バヤデール』のソロル
  • 『海賊』のコンラッド/ランケデム
  • 『くるみ割り人形』のくるみ割り人形/王子/ねずみの王様/ドロッセルマイヤー
  • 『ドン・キホーテ』のバジル/エスパーダ
  • 『白鳥の湖』のジークフリード
  • 『ジゼル』のアルブレヒト/パ・ド・シス
  • 『眠れる森の美女』のフロリムント王子/宝石
  • 熊川振付『カルメン』のドン・ホセ/エスカミーリョ
  • 熊川振付『マダム・バタフライ』のピンカートン
  • 熊川振付『クレオパトラ』のアントニウス
  • 熊川振付『ベートーヴェン 第九』第3楽章主演
  • 熊川振付『ウォルフガング』のサリエリ
  • アシュトン振付『二羽の鳩』のジプシーの恋人
  • アシュトン振付『レ・パティヌール〜スケートをする人々〜』のホワイトカップル
  • アシュトン振付『バレエ ピーターラビット™と仲間たち』のきつねの紳士
  • アシュトン振付『真夏の夜の夢』のデミトリアス
  • バランシン振付『シンフォニー・イン・C』第1楽章主演
  • プティ振付『ボレロ』 *これまで熊川哲也と宮尾俊太郎しか踊っていない。
  • プティ振付『アルルの女』のフレデリ
  • 服部有吉振付『戦慄』
  • スカーレット振付『Promenade Sentimentale』
  • 山本康介振付『Thaïs Mēditation』

振付作品[編集]

  • 『Piano Concerto Edvard』2018年 K-BALLET COMPANY
  • 『Cerebration all for you』2020年 Tokyo Girls Collection
  • 『La Festa』2016年 Ballet Gents
  • 『Five Jewels』2015年 Ballet Gents
  • ルスランとリュドミラ』序曲 2016年 Ballet Gents
  • 『ファランドール』2016年 Ballet Gents
  • Bunkamuraチャレンジ映像作品『運命 FATE』(Youtubeにて公開)

エピソード[編集]

  • 留学後なかなか就職先のバレエ団が決まらず傷心のうちに帰国。いっときバレエから離れていたが、「学生でないのだから働け」という厳格な父の方針で、居酒屋やコンビニでアルバイト経験もした。その際に働いた高級和食店で「昨日熊川さんが打ち上げをしにきていたよ」という話を聞き、「ぼくもそちら側にいたかった」という強い想いにかられ、再びバレエの道を目指した。その翌年にはKバレエカンパニーに入団を果たすことになる。
  • 熊川が宮尾にかける期待は厚く、二十代の頃受けた熊川からの指導は大変厳しかったといい「毎朝稽古場に入るのに覚悟が必要なほど」であったと語っている。個人指導を受ける貴重な機会にも恵まれたが、それは「とてつもない緊張感漂うエンドレスとも思える厳しい指導」であったというが、「あの頃がなければその後の自分はないので、感謝しかない」と振り返っている。
  • 日本人離れした長身と長い手足、恵まれた容姿を生かした優雅な佇まいが魅力であり、バレエ作品では王子役を当たり役としている。研究熱心で好奇心旺盛な性格であり、新たな役やジャンルに挑戦するときには、幅広いジャンルの本を読み役作りをする。
  • 世界的バレリーナ 中村祥子やニーナ・アナニアシヴィリのパートナーを務めるなど、女性を美しくみせるサポート技術も高く評価されている。
  • 2009年、稽古中に左ひざを負傷し、手術。約1年間のリハビリ生活を経て見事に舞台復帰した。
  • 卒業アルバムに「絵の仕事ならなんでも」と夢を描くほどだった美術の才能は、2019年のMBS「プレバト!!」 で発揮された。2019年5月放送「油絵の才能査定ランキング」でトウシューズを描いた絵画で満点を取り「才能アリ1位」に。専門家に「これはプロ的」と絶賛を受けた。熊川哲也はこの絵をみて、「素敵、ダンサー辞めたほうがいいよ」とコメントしたという。 2019年9月放送の「俳句の才能査定ランキング」「消しゴムはんこの才能査定ランキング」でも「才能アリ第1位」に。俳句では、宮尾の「回転寿司 根室さんまの ボレロかな」という句に対し「素直に書けば良い、という見本のよう。」と好評をうけた。消しゴムはんこでは「シンデレラ城とガラスの靴」をテーマに創作し、「光の表現がとてもよい」と評を受けた。
  • 趣味はバイク。「父親がバイク好きで子供の頃よく後ろにのせてもらっていたこと」が影響していると語る。二十歳で免許を取得してからは、ヤマハのドラッグスタークラシック、カワサキZ1000、ヤマハV-MAX、スズキGSX1300Rハヤブサ、DUCATIパニガーレV4Sなどを乗り継いでいる。自らの運転スタイルについては「安全運転に勝るカッコいい乗り方はない」[2]とモットーを語っている。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • アナザースカイ日本テレビ系列)2008年10月 - 2010年9月 司会
  • 日テレ「スペシャルギフト」(2009)
  • TBS「関口宏の東京フレンドパーク2」(2010)
  • TBS「はなまるカフェ」(2010)
  • テレビ朝日「徹子の部屋」(2011年)
  • テレビ東京「クロスロード」宮尾俊太郎密着ドキュメント(2013)
  • テレビ東京「東急ジルベスターコンサート2014-15」出演。(2014)
  • TUF「げっきんチェック」“俊太郎が行く”コーナー担当。(2018~2020)
  • MBS「プレバト!!」 ”1位才能あり”を3度受賞。(2019)

ほか多数

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 花のあと(2010年3月13日、東映) - 江口孫四郎 役
  • 吾郎の新世界(2019年3月2日、スタジオブルー) - 主演・吾郎 役 *ロンドンフィルムメーカー国際映画祭 2019「外国語映画部門 最優秀撮影賞」

ラジオ[編集]

  • DJクラシック宮尾俊太郎の舞踊へのエスコート(NHK-FM 毎月第2金曜、2017年4月14日 - 2018年3月30日[7][8]
  • J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」
  • ラジオNIKKEI 第 1『中野アナへちょっと言わせて!〜雷部屋』vol.170

ほか多数

雑誌[編集]

  • ザ・テレビジョン(2008年12月5日号)
  • BRUTUS(2009年7月15日号)
  • 週刊朝日(2010年12月3日号)特集
  • an(2010年12月6日)表紙
  • Gainer(2011年4月号)表紙
  • Tarzan(2008年8月27日号 No.512・2020年2月13日号 No.780)
  • GQ JAPAN

ほか多数

CM・広告[編集]

  • CM 「たかの友梨ビューティクリニック」2008年(米倉涼子と共演)
  • CM 「キリン氷結」 2010年 (深田恭子と共演)
  • 広告メインビジュアル VOLVO V40 T5-R

舞台[編集]

  • 華麗なるダンスの競演「スーパー・ダンス・プレミアム」(2007)
  • ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」死のダンサー役(2013・2019)
  • ミュージカル「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」アレクセイ・ペトリコフ役(2018)
  • ミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」ミゲル・ダ・コレッラ役(2020)※COVID-19のため中止
  • BALLET GENTS

イベント[編集]

書籍・DVD[編集]

書籍[編集]

写真集「MIYAO」(学研パブリック)

DVD[編集]

ファーストDVD「BALLET OF LIFE」(ポニーキャニオン)

K-BALLET COMPANY「シンデレラ」王子役 (TBS)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.524
  2. ^ Goo Bike. プロトコーポレーション. (2012年2月6日) 
  3. ^ ““バレエ王子”宮尾俊太郎、織田裕二主演ドラマで刑事役に初挑戦”. ORICON STYLE. (2016年9月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2078015/full/ 2016年9月7日閲覧。 
  4. ^ “「下町ロケット」今度はバレエダンサー宮尾俊太郎が参戦「表現に本業の壁はない」中間管理職のエンジニア役”. スポニチ Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2018年12月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/02/kiji/20181202s00041000160000c.html 2020年7月28日閲覧。 
  5. ^ “趣里、草刈民代、宮尾俊太郎ら5名、多部未華子のドラマ「私の家政夫ナギサさん」出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月19日). https://natalie.mu/eiga/news/371777 2020年7月28日閲覧。 
  6. ^ “『私の家政夫ナギサさん』2時間SP放送決定 “新婚おじキュン!”特別編”. ORICON NEWS (オリコン). (2020年9月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2170929/ 2020年9月1日閲覧。 
  7. ^ フォトギャラリー”. DJクラシック. 2018年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月17日閲覧。
  8. ^ 番組紹介”. DJクラシック. 2018年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]