バレエダンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男性のバレエダンサーと女性のバレエダンサーで行うパ・ド・ドゥ
ダイナミックなジャンプを見せる男性バレエダンサー

バレエダンサー: ballet dancer)とは、バレエを踊ることを職業としている人のこと。

男女を問わず、ダンス・クラシックを専門とする人間を「バレエダンサー」と呼ぶ。男女を分けて呼ぶ場合は、女性は「バレリーナ」、男性はバレリーノ[注釈 1]とも呼ぶ。 漢字表現では「舞踊手」とも呼び、やや俗的には「踊り手」などとも。女性の場合は「踊り子」とも[注釈 2]

概説[編集]

バレエは本場のフランスロシアでは歴史が長く、王室や帝室の宮廷舞踊として発展してきた歴史がある。イタリア、ドイツなどではオペラに組み込まれそれに必要なものとして扱われてきて、アメリカでは歴史が浅く「エンターテイメント」として発展してきたにすぎないわけである。 本場のロシア、フランス、イギリスなどのバレエダンサーの多くはバレエ団に所属している。

まず本場のロシアのバレエダンサーについて解説する。

ロシア

ロシアではバレエダンサーは国家公務員である。

ロシアではバレエダンサーの国家試験があり、5段階評価で「3」以上をとらないとバレエの国家資格を得られない。国家資格を得ないとロシアの国立劇場などでバレエダンサーとして採用されず、プロのバレエダンサーとしてのキャリアがそもそも始まらない。その国家試験を受けるためには、まずバレエダンサー養成学校に通う必要がある。

ロシアのバレエ学校(バレエダンサー養成学校)では「8学年制」でバレエダンサーを養成している(つまり生徒たちは基本的に8年間、バレエダンサー養成学校に通う)。

例えばロシア屈指、世界でも最高峰のバレエダンサー養成学校のひとつとされる学校のひとつ(筆頭に)、1738年に創設されたロシアの最古のバレエ学校、ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミー英語版[注釈 3]が挙げられ、この学校では370名あまりの、世界中から集まった10歳~18歳の生徒が学んでいる。

ワガノワ・バレエ・アカデミーに入学するためには、まず厳しいオーディションに合格しなければならない。進級(学年を1段階進む)するためには、節目節目ごとに行われる厳しい試験や審査に合格しつづけなければならず、毎学年ごとにある程度の割合の生徒が「不合格」とされ、不合格となった者は(留年などという甘い制度は無く)その時点で強制的に退学(中途退学)させられる。卒業までたどりつけるのは入学者のおよそ4割だけである(つまり、あとの6割は、途中で「不合格」をくらい、退学させられている)。各学年ごとに設定された必須の基礎技術を会得できない生徒はもちろんだが、女性バレエダンサーとして必須(※これの理由については後述)の体型のコントロール(いわゆる食事習慣のコントロール(ダイエット)や、やせ形体型づくり(痩身))ができないような女性生徒も、容赦なく、中途で強制退学させられる。[注釈 4]

そして学校卒業の時期(学校卒業 直前の時期)に、バレエの国家試験の試験官たちの前で踊ってみせて、3点以上の合格点を得れば国家資格を得て、国立劇場などのオーディションを受ける扉が開かれ、逆にこの国家試験で合格点を得られなければバレエダンサーとしての道は実質的に閉ざされる。バレエダンサーの国家試験に合格した上で、各劇場のバレエ団が行う(新人向けの)オーディションを多数受け、他のさまざまなバレエ学校から卒業した者たちと競い合い、優れていると認められた者だけが「オーディション合格」とされ、ようやくプロのバレエダンサーとしての(つまり、一応いくらかの「給料」が貰えるダンサーとしての)キャリアの最初の一歩を踏みだすことになる。(だがどのバレエ団のオーディションでも「合格」を得られなかったダンサーは苦境に陥ることになる。再挑戦の可能性はあるものの、それで合格に到る人の割合はかなり少ない。)

オーディションで合格しバレエ団に入団した者も、この段階では、あくまで学校を出たばかりの、一応基礎を身に付けただけの、将来の「可能性」はあるものの、プロとしては足りないところだらけの存在だとバレエ団経営者側からは見なされており、劇場(バレエ団)の中では「研修生」のような位置づけをされており、つまり、トレーニングをすることで将来的に伸びてゆく可能性がある(だが努力を続ける素質が無い者は将来性が無いので、退団させなければならない可能性がある)という位置づけであり、まずはトレーニングをほどこされる日々が続く。やがて、プロとしての品質(お客様から、お金をいただいて見せることのできるような品質)に届いた者がいれば、劇場(バレエ団)の監督やプロデューサーなどに選ばれて、(大抵は、大勢の「端役」の中の一人など)あまり重要でない役から始めるかたちで舞台に立つことになる。この段階に到達したダンサーは、観客からお金をいただき厳しい眼で批評・批判されることを経験し、プロのバレエダンサーに求められる質の高さ、その世界の厳しさを経験してゆくことになる。

プロのバレエダンサーとしてバレエ団に雇われ続けるためには、厳しい競争で生き残りつづけなければならない。 バレエ団の中でも競争相手は非常に多いので、努力を怠りバレエの技術があまり向上しなかったりすると、役が与えられるとしても、せいぜい主役以外の「その他大勢」であり、大勢のダンサーに埋もれたままで、毎年新たに入団して来るもっと若いダンサーの中にいる技術に優れた人や体型や容姿に優れた人に次第に抜かれ、バレエ団の中での「重要さ」の順位が落ちてゆき、それが何年か続くと「解雇」を言い渡され、退団させられてしまうことになる。バレエ団に残りつづけるような優秀なダンサーにとっても、バレエダンサーの道は決して生易しいものではなく、そのキャリアの間ずっと、努力の連続であり、厳しいトレーニングと、厳しいリハーサルと、厳しい本番の繰り返しである。

バレエダンサーのヒエラルキー

バレエダンサーの「役がら」や、その「花形」度、その条件や制約について解説する。

「プロのバレエダンサー」と言っても、ずっと脇役ばかりを踊りつづけてそのままキャリアを終えてゆく人もいれば、次第に能力や努力を認められて重要な役を踊るようになってゆく人もいる。特に女性の主役級のバレエダンサーを「プリマ・バレエダンサー」や「プリマ・バレリーナ: prima ballerina)」、略して「プリマ」 (: prima)などと呼ぶ。男性のバレエダンサーでは、「王子様」役を踊る人が、女性の「プリマ」のように花形であり、注目を浴びる存在であり、フランス語では「danseur noble ダンスール・ノーブル」と言う。

男性のバレエダンサーで、パ・ド・ドゥを踊るような主役級の人は、女性のバレエダンサーを「リフト」(持ち上げること)をしなければならない[注釈 5]ので、それだけの「力」が必要とされ、腕力が十分にあることも求められる。また主役級の男性バレエダンサーは背が高いことも求められる。(女性バレエダンサーがトゥシューズを履いて「つま先立ち」をして男性と並ぶので)『「つま先立ち」をした女性と並んでも女性よりも背が高いこと』、つまりかなり背が高いことが求められるのである。他方、女性のバレエダンサーで主役級の人は、反対に「リフト」されなければならないので、体重が軽い必要があり、(一般に、大柄な女性はなることがかなり困難で、一般論として言えば比較的小柄で)体重が絶対に軽くなければならないので、結果として、いかにもバレリーナらしい「痩せた体型」を維持しつづけなければならず、もしも太ったりすると重いので、男性ダンサーは(実際、そうしたバレリーナを無理してリフトをすると身体を壊してしまうので)「リフト困難」などと(監督やプロデューサーなどに)苦情を伝え、そのバレリーナはバレエ団幹部などから「主役からの降格」「プリマからの降格」を伝えられることになる。

なお、バレエという芸術では、「お姫様」役や「王子様」役だけが重要なわけではなく、その敵役(かたきやく)も重要である(ちょうど演劇全般、ドラマなどでも、敵役がいて敵役が手ごわければ手ごわいほどストーリーが盛り上がるようなものである。)。そうした役は「(男女の)顔立ちの美しさ」「(男性の)背の高さ」などの制約も少なく、(ほぼ純粋に)バレエの技術自体で判断されて採用される傾向がある。敵役を担う男性ダンサーの中には「超人的」と言ってもよいようなジャンプ力やスタミナやバレエ・テクニックを持ち、「王子様」役のダンサー(ややもすると外見重視で選ばれてしまう傾向があるダンサー)を超えて観客を魅了する人もおり、バレエ観賞歴が長い観客や、バレエに対する理解の深い観客、いわゆる「通(つう)」の観客たちは、「王子様」や「お姫様」役だけでなく、こうした名脇役に注目して観賞している人も多く、こうしたダンサーも大きな拍手喝采を浴びることになり、相当に名誉ある位置づけがされている。

世界のバレエダンサーの具体例[編集]

Category:バレエダンサーを参照のこと。世界中のバレエダンサーがリスト状に表示されている。

日本のバレエダンサー[編集]

この節では日本のバレエダンサーを概説する。

生活

日本のバレエ団の多くが東京やその周辺地域に存在する。そのため関東は他の地区にくらべてバレエダンサーが多い。

資格などはない。そのためバレエ団と正規団員の契約を結んでいる者が「バレエダンサー」を職業として公言するのが一般的である。またフリーランスで仕事をするものもいる。

日本のダンス・クラシックはお稽古ごととして発展した歴史を持つ。それは他の習い事同様に日本独特のバレエ文化を形成してきた。

例えば女性と男性では待遇や仕事量に差があり、男性は後述するように比較的優遇されている一方で、女性はバイトや後進の指導もしながら生活を立てるものが多い。

またバレエ界全体で女性ダンサーの比率は男性ダンサーよりも圧倒的に多い[注釈 6]。自分のバレエ団に所属する男性だけで公演を行えるバレエ団は一握りである。したがって規模の小さなバレエ団では公演のたびに他のバレエ団かフリーの男性ダンサーに客演を頼まなければならない。このため日本の男性ダンサーは概して女性ダンサーよりギャラは得やすく、バレエの収入だけで生活することも相対的に容易である(もちろん人気・実力が十分でなければその限りではない)。

本来プロのダンサーとは西洋諸国の様に所属バレエ団からの収入や公演のゲスト収入のみで生活をするものをいうが、日本の現状ではそれが出来る人間はごく少数に限られる。多くのダンサーがバレエ教室での講師やバレエスタジオの発表会にゲスト出演、あるいはバレエと無関係なアルバイトもして収入を得ている。例として、NHKおかあさんといっしょたいそうのおにいさんだった岡田祥造が挙げられる。日本舞踊などの先生文化に近く、日本の独自のスタイルである。

ただ日本人ダンサーは以前はプロポーションと実力で西洋に劣るとされてきたが、1980年代以降外国で活躍する者も多くなった。また人気と実力の備わった女性のダンサーで男性のようにゲスト出演する者も出てきている。

教育

日本の大学や専門学校にはバレエを専門的に学べるところがあるが、これらを卒業してもダンサーの資格や職を保証されるわけではなく、オーデションにて選考に合格し、バレエ団に所属することから始める。

バレエダンサーの多くは、子供の頃からバレエ教室で習い始め、技術が向上して認められたらバレエ団に推薦かオーデションにより入団するという経歴を辿る。


関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 語源はイタリア語。女性形 "ballerina" に対するイタリア語の男性形は "ballerino" だが、こちらはイタリア語以外で用いることはほとんどない。
  2. ^ 若い女性を強調して踊り娘とも。「踊り子」という呼称はバレリーナ達を数多く描いた印象派画家エドガー・ドガの作品タイトル(『舞台の踊り子』『三人の踊り子』など)に多用されている。
  3. ^ 1738年、アンナ・イヴァノヴナの時代に設立され、ロシア帝国バレエ学校として知られた。その後ソヴィエト時代にはレニングラード・国立振付学院となった。1957年、アグリッピナ・ワガノワ(バレエの教育法を改良・発展させた人物で、この学校で1920年代後半から教えていた人物)を讃えて、学校名が「Академия русского балета им. А. Я. Вагановой ロシア・バレエ・アカデミー・ワガノワ」という名に改称された。サンクトペテルブルクにある。
  4. ^ 将来的にバレエダンサーとして活躍できる可能性がほぼ無い人については、いつまでもバレエばかりをしていると、バレエ以外の、その人に適した道を見つけるのが遅れ、判断が遅れれば遅れるほど、後になってその人は大きな困難に直面することになる。したがって可能性が無い人については、早めに他の道(他の学校)を見つけて、転校させるほうがよい、という判断が働いており、ある意味で(深い意味での)配慮や愛情の表れである。バレエ以外のもっと一般的で比較的容易な道ですら、歳をとればとるほどその道の技術を習得することは難しくなるので、早めに判断することが重要だと考えているわけである。ワガノワ・バレエ・アカデミーでは退学させる人に対しては他の進路、他の学校について情報やアドヴァイスを提供している。なお余談だが、バレエに限らず、極端に競争が激しい分野、最終的に生き残れる人が非常に少ない分野では、あまりに多人数の若い人の人生をまるごと奪ったりしないように、こうしたしくみは採用されていることがある。たとえば日本の将棋の世界でも、新進棋士奨励会では年限を設けることで、将来的な望みの少ない人については若いうちに将棋をあきらめさせて、他に生きる道を見つけられる可能性を残すように配慮している。合格率が極端に低い弁護士試験に受験回数制限や年齢制限などが設けられているのも同様の配慮である。
  5. ^ バレエでは、主役級の男女の踊りでは、男性が女性を持ち上げること(=「リフト」)が多用される。
  6. ^ プロ・アマを含めた女性ダンサーは約40万人、男性ダンサーは約8000人ともいわれる[1]

出典[編集]

  1. ^ マツコの知らない世界三木雄馬バレエダンサーの世界」

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、バレエダンサーに関するカテゴリがあります。