今陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
今 陽子
出生名 今津陽子
別名 ピンキー
生誕 (1951-11-01) 1951年11月1日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県横須賀町(現:東海市
ジャンル ポップス
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1967年 -
事務所 パオ
共同作業者 ピンキーとキラーズ
公式サイト

ホリプロ公式プロフィール

今陽子オフィシャルブログ
こん ようこ
今 陽子
プロフィール
愛称 ピンキー
生年月日 1951年11月1日
現年齢 70歳
出身地 日本の旗 日本愛知県
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 167 cm / kg
活動
デビュー 1967年
ジャンル 女優、歌手
モデル内容 一般
モデル: テンプレート - カテゴリ

今 陽子(こん ようこ、1951年11月1日 - )は、日本歌手女優。所属事務所ホリプロ系列のパオ。本名、今津 陽子(いまづ ようこ)。身長168cm。

略歴[編集]

愛知県知多郡横須賀町(現:東海市)出身。父親は日本のPOP広告コンサルタントの嚆矢[1]として活躍した今津次朗(2009年死去)[2]。両親が元々音楽好きだった影響で、幼少期より洋楽に造詣を深める[3]

1964年、金城学院中学校に入学。1年生のときは宝塚歌劇団に憧れる。「男役をやりたい、那智わたるさんみたいになりたい、と真剣に考えたこともある」とのちに述べている[4]。「中学卒業後に宝塚音楽学校を受験しよう」と考えていたが[3]、2年生のときスカウトされ、東京へ移住。1966年いずみたくに師事。1967年、15歳でビクターレコードよりソロ歌手として「甘ったれたいの」でデビューしたが全く売れなかった。

1968年キングレコードに移籍し、ピンキーとキラーズを結成。同年7月20日に発売されたデビューシングル「恋の季節」が、240万枚という大ヒットとなった[5][注釈 1]

翌年発売の「涙の季節」も続いてオリコン1位を獲得。主演として映画「恋の季節」(1969年、松竹)も製作された。1972年ピンキーとキラーズからソロに転向。近年は歌手活動のほかにも女優業に進出し、ドラマ舞台などで活躍中。

1981年3月から1982年2月の間、ダンス、歌、英会話等の勉強のため、単身ニューヨークへ留学。ブロードウェイミンスコフ劇場で「SAYONARA」の主役オーディションを受け、合格するが、ミュージカルそのものが上演されず、出演には至らず。

1986年(35歳)、にっかつロマンポルノ『蕾の眺め』に主演し、全裸とセックスシーンを披露。

2011年11月には、ジャズアルバム「Love Seasons〜恋の季節たち〜」を発表。2012年7月には旭ジャズまつりにも出演。

近年Facebookを使用。「60歳からのフェイスブック」(マイナビ)という著書もある。

エピソード[編集]

子供時代[編集]

母は、若い頃にコロムビア全国歌謡コンクールで優勝経験があった[3]。父は、ギターやハーモニカが得意で若い頃にバンドを組んでいた。今は、子供の頃からバーブラ・ストライサンドライザ・ミネリベット・ミドラーなどの洋楽を好んで聴いていた[3]

父は、当時先述のPOP広告の仕事をしながら、日本の有名歌手[注釈 2]が名古屋でコンサートをする際の司会も時々行っていた[3]。中学2年生の頃に上記のコンサート会場でいしだあゆみのマネジャーからスカウトされ、いしだの所属先であるいずみたくの事務所への所属が決まった[注釈 3]

デビュー時[編集]

当時「背の高い女性歌手は売れにくい」というジンクスがある中、1966年に今と同じくらいの身長の山本リンダが「こまっちゃうナ」でヒットしていた。今もこの流れに乗せられて、1967年に“ぶりっ子風”アイドル路線による「甘ったれたいの」でのデビューが決まった[3]。ただし本人は「私には肌が合わなかった」[注釈 4]ということもあり、この曲はヒットしなかった[注釈 5]

上記のことに加え、同じ事務所の佐良直美が「世界は二人のために」で売れたことに、強い挫折感を味わった[3]。後日傷心して愛知の実家に帰ったが母親から叱られて奮起し、一晩だけ泊まって東京に戻り歌手を辞めずに済んだ[注釈 6]。ちなみに佐良とはサバサバした性格同士で馬が合い、仲は良かった[3]

人物[編集]

  • ピンキーとキラーズ以前のソロ時代、いずみたく経由で依頼されたCMソングを歌っており、その数40本以上にのぼる[6](一例として三共ルル[注釈 7]ハウス食品バーモントカレー雪印の冷凍食品、ナショナルの電化製品など[6])。
  • ピンキーとキラーズ以前のソロ時代、フジテレビ系ドラマ「グー・チョキ・パー」に出ていた。当時デカベビーの愛称で親しまれていた。
  • 映画「恋の季節」では主演としてクレジットとされているが、共演の奈美悦子のラブストーリーとして展開されており、ストーリー上の実質的主演は奈美。今は奈美の友人である歌手・ピンキーとしての出演。
  • 料理は全くしない。
  • 徳光和夫が有名人の結婚式の司会を初めて務めたのは今の結婚式(1973年)である。
  • 1973年に制定された太平洋クラブライオンズの球団歌『君こそライオンズ』の創唱者だった。一般公募による曲で、入選発表では歌唱指導も行い、球場内でも流されていたが、レコードとしては発売されず、更に翌1974年から西郷輝彦の歌唱のバージョンに切り替えられた(こちらはシングル盤として発売された)。
  • 後輩の和田アキ子とは50年来に渡る親友の間柄である。音無美紀子も40年来の親友である。
  • 若い頃からイケメン好きである。「イケメン会」という会をつくり、毎月1回ぐらいのペースで飲み会を開いている。男性は20代から40代のイケメン男性たちで、若い男性たちからエキスをもらっている。
  • 現在(2022年)の夢は、男性ヒップホップグループのBTSと一緒のステージに立つこと。
  • 先述の通り一時宝塚を目指したことや女性にしては身長が高いことから、仕事で共演する若い芸能人などから元タカラジェンヌと間違えられることがよくあるという[3]
  • 28歳の時に2年間ニューヨークに滞在し、アメリカン・ダンス・マシーンのリー・セオドアという人物に見込まれ、当時の名だたる先生たちから歌唱法やダンスを教わった[3]
  • イラストレーター和田誠は、今のような性格の女性が好きで、過去に平野レミから嫉妬されそうになったことがある[注釈 8]
  • 1970年頃に佐良直美由紀さおりと自身の3人で「いずみたく三人娘」[注釈 9]の呼び名で、何度か一緒に歌番組に出ることもあった[3][7][注釈 10]

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
ビクターレコード
1967年7月 EP SV-582 A 甘ったれたいの 岩谷時子 いずみたく
B 素敵なあいつ
キングレコード
1972年3月 EP BS-1492 A さよならの朝 山川啓介 いずみたく 松岡直也
B 恋は心の灯 岩谷時子
1972年6月 EP BS-1542 A 熱風 山口あかり 鈴木邦彦
B 禁じられた愛の行方
1972年 EP BS-1597 A 夜が終る時 藤田敏雄 いずみたく 大柿隆
B グッド・バイ
1973年5月 EP BS-1671 A 夜明けの港 たかたかし 鈴木邦彦
B 今日をあなたと
1973年 EP BS-1755 A 女ともだち 山口洋子 いずみたく 高田弘
B 熱いうちに捨てないで 岩谷時子
1974年3月 EP BS-1805 A さよならの嵐 千家和也 加瀬邦彦 東海林修
B 別れたあなたへ
1974年8月 EP BS-1851 A 私の場合 荒木とよひさ 加瀬邦彦 東海林修
B 倖せを集めて 安井かずみ
1974年8月 EP BS-1852 両A面 オキちゃんマーチ[注釈 11] あさひな知彦 小林亜星 筒井広志
海洋博ユンタ[注釈 12] 横井弘 遠藤実
1974年11月 EP BS-1874 A 街を出る日に 中上る伊 いずみたく 森岡賢一郎
B 野に咲く娘
1975年5月 EP BS-1920 A 東高円寺 吉田健美 杉本真人 森岡賢一郎
B 徒然草 みなみらんぼう みなみらんぼう
1975年9月 EP BS-1950 A 風のまつり 藤公之介 小坂明子 宮本光雄
B 素敵な別れ
1976年5月 EP GK-3 A みちづれ[注釈 13] 山川啓介 いずみたく 親泊正昇
B お人好し
1977年1月 EP GK-60 A 追憶 山川啓介 いずみたく 上田力
B ブルー・バースデイ
東芝EMI
1978年6月 EP TP-10422 A 誘惑 山上路夫 都倉俊一 宮川泰
B かがやく朝日のように
キングレコード
1980年 EP GK-381 A 愛・それはふれあい 山口洋子 平尾昌晃 竜崎孝路
B 気がつけば5月 奥山侊伸 服部克久
徳間ジャパン/ジャパンレコード
1983年6月25日 EP JAS-2047 A ハーバーライト・ブルー 竜真知子 大村雅朗
B ルナパーク午後3時 水口馨 大村雅朗
キングレコード
1991年12月21日 8cmCD KIDS-72 1 恋の季節
2 涙の季節
1992年10月21日 8cmCD KIDX-86 1 グッドバイ
2 青空もよう

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 規格 規格品番 アルバム
キングレコード
1972年5月20日 LP SKA-21 ピンキー一人歩き

※ 演奏:オールスターズ・レオン

Side:A

  1. 熱風
  2. 葉山の海(作詞:なかにし礼、作曲:平尾昌晃、編曲:馬飼野俊一)
  3. 赤い稲妻(作詞:安井かずみ、作曲・編曲:東海林修)
  4. 夜間飛行(作詞:阿久悠、作曲:都倉俊一、編曲:青木望)
  5. 青空の誘惑(作詞:阿久悠、作曲・編曲:宮川泰)
  6. 愛のドアをあけて(作詞:山上路夫、作曲・編曲:大野雄二)
  7. さよならの朝

Side:B

  1. 京のにわか雨(作詞:なかにし礼、作曲:平尾昌晃,編曲:馬飼野俊一)[9]
  2. 恋は心の灯
  3. バラをくれた人(作詞:安井かずみ、作曲・編曲:東海林修)
  4. 心は翼をつけて(作詞:山上路夫、作曲・編曲:大野雄二)
  5. 実らぬ夢(作詞:有馬三恵子、作曲:都倉俊一、編曲:青木望)
  6. 禁じられた愛の行方
  7. 愛こそすべて(作詞:有馬三恵子、作曲・編曲:宮川泰)
1973年 LP SKA-58 夜明けの港

Side:A

  1. 夜明けの港
  2. 今日をあなたと
  3. 青空の誘惑
  4. 愛こそすべて
  5. さよならの朝
  6. 恋は心の灯

Side:B

  1. 夜が終わる時
  2. グッド・バイ
  3. 熱風
  4. 禁じられた愛の行方
  5. 赤い稲妻
  6. バラをくれた人
1974年9月1日 LP SKA-91 私の場合
徳間ジャパン/ジャパンレコード
1982年 LP JAL-36 ラハイナストリート

※ 全編曲:大村雅朗

Side:A

  1. ハーバーライト ブルー(作詞:竜真知子、作曲:大村雅朗)4:13
  2. 真夏のミステリー(作詞:KURO、作曲:大野克夫)4:38
  3. 黄昏の都会(作詞:久石譲)3:54
  4. Rainy Woman(作詞:宮哲郎、作曲:大村雅朗)3:34
  5. ルナパーク午後3時(作詞・作曲:水口馨)3:50

Side:B

  1. あの胸にもう一度(作詞:来生えつこ、小椋桂)4:58
  2. Stop The Falling Rain(作詞:竜真知子、作曲:佐藤健)4:33
  3. ファンタジー アイランド(作詞:KURO、作曲:大野克夫)3:58
  4. Last Night Dreamin'(作詞:竜真知子、作曲:緒方泰男)4:32

カバー・アルバム[編集]

発売日 規格 規格品番 アルバム
キングレコード
1973年12月20日 LP SKA-67 ジャスト・ナウ・ピンキー

Side:A

  1. ハートに火をつけて
  2. 動物と子供達の詩
  3. 愛の休日
  4. フィーバー
  5. ハッピー・ハート
  6. 帰り来ぬ青春

Side:B

  1. ユアー・ソー・ベイン
  2. 愛は面影の中に
  3. ピロー・トーク
  4. ファーガソン・ロード
  5. シバの女王
  6. イッツ・インポシブル
1977年 LP SKA-168 ラブ・ソング

※ 全編曲:上田力

Side:A

  1. 別に
  2. ブルー・バースデー
  3. ゆきずりの人(Le Temps Est Loin)
  4. サバの女王(La Reine de Saba)
  5. アンド・アイ・ラブ・ユー・ソー(And I Love You So)
  6. (Wave)

Side:B

  1. あなたのすべてを
  2. ルイ
  3. 時計(El Reloj)
  4. 愛のフィナーレ
  5. マスカレード(This Masquerade)
  6. 追憶
ワーナーミュージック・ジャパン
2011年11月23日 CD WPCL-11014 Love Seasons~恋の季節たち~
  1. 恋の季節 ~sweet ver.~/ピンキーとキラーズ
  2. Over the rainbow
  3. My favorite things
  4. 土曜日はいちばん~saturday is the one~
  5. N.Y. state of mind
  6. It don't mean a thing
  7. 見上げてごらん夜の星を/坂本九
  8. 涙の季節~bitter memory ver.~/ピンキーとキラーズ
  9. What a wonderful world/ルイ・アームストロング
  10. おいしい水
  11. Love for sale
  12. あの鐘を鳴らすのはあなた/和田アキ子
2013年4月24日 CD WPCL-11237 今昔歌~ピンキーの男唄~
  1. セクシャルバイオレット No.1/桑名正博
  2. 悲しい色やね/上田正樹
  3. わかって下さい/因幡晃
  4. さよならをもう一度/尾崎紀世彦
  5. 夢の途中/来生たかお
  6. バン・バン・バン/ザ・スパイダース
  7. ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ
  8. もうひとつの土曜日/浜田省吾
  9. 飾りじゃないのよ涙は/井上陽水
  10. そっとおやすみ/布施明
  11. 君に会いたい/ザ・ジャガーズ
  12. 恋の季節~ラテン・ヴァージョン~/ピンキーとキラーズ
2016年4月27日 CD WPCL-12328 ピンキーの女唄
  1. 恋の季節~50th ver.~/ピンキーとキラーズ
  2. TAXI/鈴木聖美
  3. ごめんね…/高橋真梨子
  4. 駅/竹内まりや
  5. どしゃぶりの雨の中で/和田アキ子
  6. 愛は翼に乗って[Wind Beneath My Wings]/ベット・ミドラー
  7. ミ・アモーレ[Meu amor e・・・]/中森明菜
  8. オリビアを聴きながら/尾崎亜美
  9. 本能/椎名林檎
  10. マホガニーのテーマ[Theme from Mahogany(Do You Know Where You're Going To)]/ダイアナ・ロス
  11. ラヴ・イズ・オーヴァー/歐陽菲菲
  12. 「スター誕生」愛のテーマ[Love Theme From A Star Is Born(Evergreen)]/バーブラ・ストライサンド
2018年11月7日 CD WPCL-12955 今の季節
  1. 恋の季節2018/ピンキーとキラーズ
  2. 制服/松田聖子
  3. いい日旅立ち/山口百恵
  4. シンデレラ サマー/石川優子
  5. シーズン・イン・ザ・サン/チューブ
  6. September/竹内まりや
  7. 恋人よ/五輪真弓
  8. ママがサンタにキッスした(I Saw Mommy Kissing Santa Claus)/ジミー・ボイド
  9. A HAPPY NEW YEAR/松任谷由実
  10. 恋する季節/ピンキーとキラーズ
  11. This is My Season~「今」を生きる!~

ベスト・アルバム[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム
1999年12月23日 キングレコード CD KICX-2559 今陽子全曲集

出演[編集]

テレビ[編集]

ほか多数

ラジオ[編集]

  • ミュージックメモリー (NHK-FM[10]、2004年4月 - 2007年3月)

ミュージカル、その他の舞台[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 100万$の女(1995年)

出版物[編集]

書籍
  • 写真集 週刊プレイボーイ特別編集 in NEW YORK(1983年、集英社
  • 写真集 映画の友増刊(1986年、近代映画社
  • 「陽子流シェイプで、メリハリつけてやせる。」(1986年、主婦の友社
  • 「60歳からのフェイスブック」(2012年、マイナビ新書
イメージビデオ
  • ラハイナ・ストリート(日本ビデオ映像)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 別の記事で今は、「270万枚売れた」とも証言している[3]
  2. ^ 石原裕次郎島倉千代子など。
  3. ^ 近々いしだが事務所を移籍するという時期で、いずみたくの事務所スタッフが新人歌手を探していた所、名古屋で出会った今に声をかけたという[3]
  4. ^ 具体的には、「こんな曲歌いたくない」と思っていたが、周りのスタッフたちから説得されて何とかレコーディングで歌い終えた。しかし本心では、「心の底から嫌だったため、売れて欲しくないと思いながら歌った」とのこと。
  5. ^ 本人は後年、「洋楽好きの人間にあの曲はないなと思ったし、B面の『素敵なあいつ』の方がエイトビートで断然カッコよかったのに。未だに『あれ本当にいずみ先生が書いた曲なの?』って思ってます。」と回想している[3]
  6. ^ 母は結婚により歌手になる夢を断念し、その夢を娘に託していた。このため今は、「歌手になるって上京したのにそれくらいのことで帰ってくるわけ?あんたそんな根性なしなの?」とキツめの言い方で叱られたという[3]
  7. ^ ほぼ同時期に武田ベンザエスエス製薬のエスタックなど他社の風邪薬のCMソングも依頼を受けていた。現在では通常競合を避けるためこのような出演はかなり異例だが、本人は「当時は時代がおおらかだったのかな?」と語っている[3]
  8. ^ 具体的には、平野から「ホントさ、頭きちゃう。和田さんったらさ、ピンキー(今)が好きなんだよ?!」などと直接愚痴をこぼされた[3]
  9. ^ 佐良は先述の通り当時いずみたくの事務所に所属し、彼が作曲した「いいじゃないの幸せならばが大ヒットした。由紀は1969年にいずみ作曲の「夜明けのスキャット」が大ヒットし、一躍人気歌手となった。
  10. ^ 2019年頃に2人と再会している[8]
  11. ^ 海洋博協会選定歌。
  12. ^ 歌:三橋美智也
  13. ^ フジテレビ系「さらば浪人」挿入歌。

出典[編集]

  1. ^ 役員名簿”. 一般社団法人 日本POPサミット協会(Japan POP Summit Association) (2015年). 2020年1月25日閲覧。 “創立 1996年2月 故今津次朗の呼び掛けにより、POP広告クリエイターのための協会として創立”
  2. ^ 立川青風(荒雄) (2009年2月7日). “今津次朗さん(今陽子さんの父)が亡くなっていた”. 青風ブログ. さがファンブログ. 2020年1月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 週刊文春2022年4月21日号「阿川佐和子のこの人に会いたい」第1390回・今陽子p104-109
  4. ^ 『中日新聞』1969年1月5日付朝刊、中日サンデー版、24面、「楽しみな故郷の舞台 ピンキーと名鶴加代」。
  5. ^ 今自身が2010年7月1日のレディス4で「公の数字はそうだが、実際は倍近く売り上げがあった」とコメントしている。
  6. ^ a b CMソングたくさん歌いました”. 今陽子オフィシャルブログ This is my Season 「今」を生きる (2020年8月24日). 2022年4月15日閲覧。
  7. ^ いずみたく三人娘?”. 今陽子オフィシャルブログ This is my Season 「今」を生きる (2019年2月25日). 2022年4月15日閲覧。
  8. ^ いずみたく3人娘パート2”. 今陽子オフィシャルブログ This is my Season 「今」を生きる (2019年2月26日). 2022年4月15日閲覧。
  9. ^ 同年8月、小柳ルミ子によってカバーされた。
  10. ^ https://www.horipro.co.jp/konyoko/ 過去の代表作
  11. ^ “坂本昌行主演、ミュージカル「THE BOY FROM OZ」2年越しの上演決定”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年2月27日). https://natalie.mu/stage/news/467295 2022年2月27日閲覧。 

外部リンク[編集]