東急ジルベスターコンサート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東急ジルベスターコンサート
TOKYU SILVESTER CONCERT
会場となっているBunkamuraオーチャードホール
会場となっているBunkamuraオーチャードホール
イベントの種類 音楽系イベント
正式名称 東急ジルベスターコンサート
開催時期 毎年12月31日22:00 - 1月1日0:45
初回開催 1995年12月31日 - 1996年1月1日
会場 Bunkamuraオーチャードホール
主催 テレビ東京
後援 日本経済新聞社
協賛 東急グループ
企画制作 Bunkamura
来場者数 1,800人
オーチャードホールへの交通アクセス
最寄駅 渋谷駅
直通バス なし
駐車場 あり
公式サイト

東急ジルベスターコンサート(とうきゅうジルベスターコンサート、TOKYU SILVESTER CONCERT)は、1995年から開始した毎年12月31日から翌1月1日にかけて、東京都渋谷区Bunkamuraオーチャードホールで行われる、テレビ東京主催のクラシックコンサートおよびそれを生中継するテレビ番組である。東急グループ一社提供

概要[編集]

「ジルベスター」はドイツ語大晦日Silvester=聖ジルベスターの日)の意味であり、ドイツでは以前よりベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ジルベスターコンサートを行っており、広く知られている。日本国内でも、大晦日から元日にかけて行われるクラシックコンサートのイベントがあり、本イベントはその先駆けである。世界初のオーケストラ演奏によるカウントダウンイベントである。

管弦楽は東京フィルハーモニー交響楽団。記念すべき第1回(1995 - 1996年)は、同団常任指揮者(当時。現桂冠指揮者)の大野和士の指揮で行われた。カウントダウン曲はラヴェル作曲の『ボレロ』。なお同曲は、第5回(1999 - 2000年 / ミレニアムスペシャルとして演奏)、第10回(2004 - 2005年)、第17回(2011 - 2012年)、第21回(2015 - 2016年)ではカウントダウン曲として、第20回(2014年 - 2015年)では「番組を代表する楽曲」としてコンサートの最後に演奏されている(6度の演奏のうち4回はバレエと共に演奏されている)。

元々は普通の年越しコンサートという企画であったが、第1回指揮者の大野の「どうせやるなら午前0時に曲を終了しよう」という発案で「クラシック音楽でカウントダウン」が決まったという。例外として、演奏終了と年越しの瞬間とのタイミングがずれた回があった(下記)ほか、第21回はシルヴィ・ギエムの引退ステージを兼ねていたため、紙吹雪の発射が行われなかった。

カウントダウン曲は、5分から15分程度の管弦楽曲交響曲の終楽章が取りあげられ、行く年や来る年の世相、作曲者の生没年、指揮者の得意曲などを考慮し決定される。なお、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」第4楽章(約25分)や、マーラーの交響曲第2番「復活」第5楽章(約35分)など単一楽章でも演奏時間が長い場合は途中から演奏されたりカットが行われたりする。

年越しの瞬間にカウントダウン曲の演奏は終了するが、その際会場内ではキャノン砲から大量の紙吹雪紙テープなどが降り、その直後に司会者の音頭で観客とともに年明けの挨拶がされる。全般的に、通俗的にクラシック音楽にあるイメージのような厳粛な雰囲気ではなく、華やかに年越しを祝う雰囲気である。

テレビ中継[編集]

コンサート自体は2部構成である(例えば、2006 - 2007年は第1部・22:00 - 23:00、第2部・23:30 - 翌0:45)。第1部は普通のガラコンサート形式で、この間にカウントダウン企画の説明や、新年のあいさつの練習が行われる。第2部の模様はテレビ東京系列6局の地上波テレビジョン放送局で23:30 - 翌0:45(JST)に放送される。地上デジタル放送とBSテレ東では5.1サラウンド放送となっている。アナログ放送は16:9レターボックスで放送。ただしテレビ愛知2000 - 2001年にかけての回に限り、またBSテレ東でも2001 - 2002年にかけての回は放映されなかった。テレビ大阪でも放映されなかった回がある。2013 - 2014年びわ湖放送で、2014 - 2015年岐阜放送で、2015 - 2016年以降はびわ湖放送、岐阜放送、奈良テレビ放送でも同時ネットされた。

当日の新聞雑誌における番組表の番組名表記には、「生中継!ジルベスターコンサート」、「生中継ジルベスター」などと東急の社名が使用されないことが多く、これは新聞やテレビ雑誌では原則として番組タイトルに企業名を入れることができないためである。

当番組の終了直後には、ミニニュース番組『TXNニュース』が放映され、テレビ東京系地上波局では、吉本興業の芸人たちの番組(2000年代中頃より)に続く。

過去のカウントダウン曲と指揮者[編集]

放送回数(年) 曲名 指揮者 備考
第1回(1995-96年) ラヴェル ボレロ 大野和士 記念すべき第1回。1995年はラヴェル生誕120年。
第2回(1996-97年) ワーグナー 歌劇「タンホイザー」より大行進曲「歌の殿堂をたたえよう」 カウントダウン曲では初の合唱付きの曲。合唱は東京オペラシンガーズ
第3回(1997-98年) レスピーギ 交響詩「ローマの松 1998年はレスピーギを代表する「ローマ三部作」完成から70周年。
第4回(1998-99年) ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー 藤岡幸夫 カウントダウン曲では初めて独奏楽器(ピアノ)が登場した。1998年はガーシュウィン生誕100年。
当初、ピアノ演奏は羽田健太郎が予定されていたが、急病のため降板。前田憲男が代役を務めた。
第5回(1999-2000年) ラヴェル ボレロ 沼尻竜典 初めて、「以前にカウントダウンで演奏された曲」が演奏された。
ミレニアムスペシャルとして熊川哲也によるバレエとともに演奏された。
紙吹雪は、午前0時から約5秒遅れて発射された。
第6回(2000-01年) マーラー 交響曲第2番「復活」 第5楽章 小松長生 20世紀21世紀をまたいだ回。カウントダウン曲では初めての交響曲である。
合唱は新星日響合唱団(現・新星合唱団)。ソプラノはパオレッタ・マッローク、メゾ・ソプラノは寺谷千枝子
第7回(2001-02年) ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 第4楽章 井上道義 この回(第21回を除く)から23:58から表示されるテレビ画面のアナログ時計のデザインが固定された。
午前0時の約4秒前に最後の打音を奏し、年越しの瞬間は若干の余韻が残った状態であった。
第8回(2002-03年) ヴェルディ 歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」 2002年開催の日韓ワールドカップにちなみ、サッカーの応援時に使われることの多い本曲が選ばれた。
合唱は東京オペラシンガーズ。またコンサートの一部の曲を西本智実が指揮をした。
第9回(2003-04年) ベルリオーズ 幻想交響曲 第5楽章 小林研一郎 この年より司会が八塩圭子から大江麻理子に交代。
2003年はベルリオーズ生誕200年。
第10回(2004-05年) ラヴェル ボレロ 大野和士 番組開始10年目を記念し、第1回と同じ本曲が選ばれた。また、西島千博によるバレエとともに演奏された。
この年より、23:58から登場するCGアナログ時計に加えて、23:58まで年越しのカウントダウンを行うデジタルタイマーが登場した。
第11回(2005-06年) ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付き」 第4楽章 小林研一郎 合唱は武蔵野合唱団。ソプラノは崔岩光、メゾ・ソプラノは秋葉京子 、テノールは水口聡、バリトンは青戸知
第4楽章の合唱が入る2回目のPrestoから演奏され、ほかの部分も数か所カットされており、演奏時間は16分ほどになっている。
第12回(2006-07年) エルガー 行進曲「威風堂々」第1番 尾高忠明 2007年はエルガー生誕150年。
第13回(2007-08年) レスピーギ 交響詩「ローマの松」より「アッピア街道の松」 2008年はレスピーギを代表する「ローマ三部作」完成からちょうど80年。歴代のカウントダウン曲では最短(演奏時間は約5分)。
2008年2月2日に放送された「草刈民代・もう一つのカウントダウン-東急ジルベスターコンサートの舞台裏-」によれば、番組史上初のスタンディングオベーションだった。
第14回(2008-09年) ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー 井上道義 ピアノ演奏は小曽根真。途中から上野水香のバレエとともに演奏された。
カットや小曽根オリジナルのカデンツァが多く挿入されるなど原曲からの編曲が多く、演奏時間は13分ほどになっている。
紙吹雪発射から約2秒ほど遅れて終了した。
第15回(2009-10年) ホルスト 組曲「惑星」より「木星」 大友直人 2009年が世界天文年であることから選ばれた。
第16回(2010-11年) マーラー 交響曲第2番「復活」 第5楽章 小林研一郎 地上アナログ放送による最後[1]放送回。2010年はマーラー生誕150年、2011年は没後100年。
合唱は武蔵野合唱団。ソプラノは佐藤しのぶ、アルトは林美智子
再現部中盤のアカペラ部分から演奏され、演奏時間は13分ほどになっている。
第17回(2011-12年) ラヴェル ボレロ 金聖響 この年より司会者が大江麻理子から森本智子に交代。午前0時の約5秒前に演奏が終わり、年越しの瞬間はほぼ無音状態だった。
第18回(2012-13年) エルガー 行進曲「威風堂々」第1番 藤岡幸夫 ロンドンオリンピックなどイギリスにまつわるイベントが多かったことから選ばれた。
また中継先ではあるが、2年ぶりに大江麻理子アナウンサーが登場した。
藤岡がこの年に出演したことを機にBSジャパンで「エンター・ザ・ミュージック」の放送が開始された[2]
第19回(2013-14年) ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲 飯守泰次郎 2013年はワーグナー生誕200年。
今回はカウントダウンの曲を一般投票によって決める新たな方式がとられた。候補曲はこのほかに、ヴェルディの歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」、ストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」(1919年版から抜粋)が挙がっていた。なお落選した2曲は別枠で演奏された。
第20回(2014-15年) シベリウス 交響詩「フィンランディア」(合唱付き) 山田和樹 この年から司会者が森本智子から松丸友紀に交代。
2015年はシベリウス生誕150年。合唱は山田が音楽監督を務める東京混声合唱団
コンサート20回を記念し、フィナーレではジルベスターコンサートのカウントダウン曲では最多の演奏回数であるラヴェルのボレロが演奏された。
第21回(2015-16年) ラヴェル ボレロ 大友直人 シルヴィ・ギエム東京バレエ団によるバレエとともに演奏。これがギエムの引退ステージで、カウントダウン時にCGのアナログ時計や紙吹雪などの演出はなく、デジタルタイマーがそのまま0:00までカウントダウンを行った。
第22回(2016-17年) ボロディン 歌劇「イーゴリ公」より「だったん人の踊り」(合唱付き) この年は司会者が松丸友紀から狩野恵里に交代。合唱は東京オペラシンガーズ。
第23回(2017-18年) ムソルグスキー(ラヴェル編) 組曲「展覧会の絵」より「バーバ・ヤガーの小屋」、「キエフの大門」 広上淳一 この年より司会者が狩野恵里から水原恵理に交代。
テレビ朝日ナニコレ珍百景』テーマソング。
2018年は「日本におけるロシア年・ロシアにおける日本年」ということにちなみ、ロシアを代表する作曲家・ムソルグスキーの曲が選ばれた。
前年に引き続き、23:58から表示されるテレビ画面のCGアナログ時計が新作された。
第24回(2018-19年) ヴェルディ 歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」 アンドレア・バッティストーニ 平成最後の年またぎ。ソプラノは森麻季、テノールは樋口達哉、ヴァイオリンは辻彩奈、合唱は新国立劇場合唱団

指揮のアンドレア・バッティストーニは、東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者である。

ジルベスターコンサート史上初の日本国外在住の指揮者。

出演[編集]

司会[編集]

かつては、その回の指揮者が司会を兼任していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東北3県岩手県宮城県福島県)にはこの時点で、TXN系列局が存在しないため、既存局に番販ネットされなかったものの、東北3県岩手県宮城県福島県)は2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響を鑑み、2011年7月24日時点で地上アナログ放送停止が見送られた。なお、このうち宮城県には系列局構想がある
  2. ^ 「音楽の友」第72巻 第11号 p94 (音楽之友社, 2014)
  3. ^ 現在はフリーアナウンサー東洋学園大学准教授
  4. ^ 現在はテレビ東京報道局キャスター
  5. ^ a b Bunkamura (2016年10月31日). “東急ジルベスターコンサート 2016-2017”. Bunkamura. 2016年11月6日閲覧。

外部リンク[編集]

東急グループ[編集]

東急Bunkamura[編集]

テレビ東京[編集]