横溝正史ミステリ大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

横溝正史ミステリ大賞(よこみぞせいしミステリたいしょう、英称YOKOMIZO SEISHI MYSTERY AWARD)は、株式会社KADOKAWA(社内ブランド・角川書店)が主催しテレビ東京の協賛により行われる日本の公募新人文学賞である。

沿革[編集]

1980年昭和55年)、探偵小説作家横溝正史にちなんでミステリ作家を発掘するために設けられた。大賞受賞者には、金田一耕助像と副賞として400万円が、優秀賞には30万円が授与される。また、第22回から第30回まで設立されていた、最終候補作の中からテレビ東京が独自にテレビドラマ化を前提とした作品を選出する、テレビ東京賞受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作はテレビ東京(第27回の受賞作までは『水曜ミステリー9』、第28・29回は『水曜シアター9』、第30回は単独枠)でドラマ化されている。ただし、テレビ東京賞の受賞作は、書籍としての刊行はない場合もあった。

第20回までは、横溝正史賞として発表されていたが、第21回から現行の名称に変更した。

受賞者[編集]

第1回から第10回[編集]

第11回から第20回[編集]

第21回から第30回[編集]

第31回から第40回[編集]

  • 第31回(2011年)
    • 大賞 長沢樹 『消失グラデーション』(眼鏡もじゅ『リストカット/グラデーション』から改名改題)
  • 第32回(2012年
    • 大賞 菅原和也(菅原蛹を改名) 『さあ、地獄へ堕ちよう』、河合莞爾 『デッドマン』(『DEAD MAN』から表記変更)
  • 第33回(2013年
    • 大賞 伊兼源太郎 『見えざる網』(『アンフォゲッタブル』から改題)
  • 第34回(2014年
    • 大賞 藤崎翔 『神様のもう一つの顔』

歴代選考委員[編集]

刊行された最終候補作[編集]

  • 第8回(1988年) 矢島誠 『双曲線上の殺人』、吉村達也 『シンデレラの五重殺』
  • 第10回(1990年) 鈴木光司リング』、吉村達也 『幽霊作家殺人事件』
  • 第11回(1991年) 松木麗 『紫陽花の花のごとくに』、鈴木光司 『光射す海』
  • 第16回(1996年) 森純 『墜ちた鷲』
  • 第20回(2000年) 真木武志 『ヴィーナスの命題』

脚注[編集]

  1. ^ 横溝正史ミステリ大賞公式サイトでは「芳岡」、『日本ミステリー事典』では「吉岡」
  2. ^ 横溝正史ミステリ大賞公式サイトでは『篝り火の陰に』、『日本ミステリー事典』では、「陰」ではなく『篝り火の蔭に……』

参考文献[編集]

  • 権田萬治新保博久監修『日本ミステリー事典』新潮社、2000年(第1回から第19回までの結果について参照)

関連項目[編集]

角川書店主催の新人文学賞

外部リンク[編集]