逸木裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
逸木 裕
(いつき ゆう)
誕生 (1980-11-01) 1980年11月1日(41歳)
日本の旗 東京都
職業 小説家
推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 学習院大学法学部卒業
活動期間 2016年 -
ジャンル 小説
推理小説
主な受賞歴 横溝正史ミステリ大賞(2016年)
日本推理作家協会賞(2022年)
デビュー作 『虹を待つ彼女』(2016年)
公式サイト http://blog.yuitk.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

(いつき ゆう、1980年11月1日[1] -)は、日本小説家推理作家

経歴・人物[編集]

東京都生まれ[2]学習院大学法学部を卒業する[3]。フリーランスのウェブエンジニア業のかたわら、小説の執筆を開始する[3]。2016年、「虹になるのを待て」でKADOKAWAが主催する第36回横溝正史ミステリ大賞を受賞する[注 1][4][5]。同年、同作を「虹を待つ彼女」と改題し刊行、小説家デビューを果たす[2]。2019年、「イミテーション・ガールズ」で第72回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。2022年、「スケーターズ・ワルツ」で第75回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞[6]

中学1年生の頃には、小説を書きたいと思っていた。高校生の頃には、実際に小説を書いていた[3]。中学生の頃には、綾辻行人宮部みゆきなどの作品を愛読しており、新本格の作品、エラリー・クイーンアガサ・クリスティなどの古典名作などに親しんできた[3]。好きな作家はロバート・R・マキャモン貴志祐介、漫画家の岩泉舞[7]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 虹を待つ彼女(2016年9月 KADOKAWA / 2019年4月 角川文庫
  • 少女は夜を綴らない(2017年7月 KADOKAWA / 2020年6月 角川文庫)
  • 星空の16進数(2018年6月 KADOKAWA / 2021年12月 角川文庫)
  • 電気じかけのクジラは歌う(2019年8月 講談社 / 2022年1月 講談社文庫
  • 銀色の国(2020年5月 東京創元社
  • 空想クラブ(2020年8月 KADOKAWA)
  • 五つの季節に探偵は(2022年1月 KADOKAWA)
    • 収録作品:イミテーション・ガールズ / 龍の残り香 / 解錠の音が / スケーターズ・ワルツ / ゴーストの雫
  • 風を彩る怪物(2022年6月 祥伝社

単行本未収録作品[編集]

  • 線対称の夜(『小説宝石』2019年12月号)
  • 祝祭の子(『小説推理』2021年5月号 - 2022年5月号)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 受賞時のペンネームは木逸裕(きいつ ゆう)。

出典[編集]

外部リンク[編集]