柴田よしき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柴田 よしき
(しばた よしき)
誕生 (1959-10-14) 1959年10月14日(57歳)
日本の旗 東京都
職業 小説家
推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 青山学院大学文学部フランス文学科卒業
活動期間 1995年 -
ジャンル ミステリ
警察小説
サスペンス
SF
伝奇小説
ホラー
恋愛小説
代表作 RIKOシリーズ
猫探偵正太郎シリーズ
花咲慎一郎シリーズ
主な受賞歴 横溝正史賞(1995年)
デビュー作 『RIKO - 女神の永遠』(1995年)
公式サイト http://www.shibatay.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

柴田 よしき(しばた よしき、1959年10月14日[1] - )は、日本小説家推理作家。女性。『RIKO - 女神の永遠』で第15回横溝正史賞を受賞[2]

経歴・人物[編集]

出身は東京都の下町[3]青山学院大学文学部フランス文学科卒業[4]。被服会社、病院出版社などに勤務し、結婚、出産の後に退職、子育ての傍ら執筆活動を始める[5]1995年、『RIKO - 女神の永遠』で第15回横溝正史賞(現在の横溝正史ミステリ大賞)を受賞してデビューする[2]1998年、第51回日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門で『切り取られた笑顔』が候補作に選ばれる[6]2001年、第54回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門で『フォー・ユア・プレジャー』が候補作に選ばれる[6]。作風は多彩で、警察小説のRIKOシリーズなど、いわゆる女探偵ハードボイルド系統に近いものから、猫探偵正太郎シリーズなどコージー・ミステリの枠に入るもの、SFホラーまで幅広い[7]。20年あまり京都府に住んでいたが、2004年から神奈川県在住[3]東京ヤクルトスワローズのファンである[3][8]

著書[編集]

シリーズ作品[編集]

RIKOシリーズ[編集]

猫探偵正太郎シリーズ[編集]

  • 柚木野山荘の惨劇(1998年4月 角川書店)
    • 【改題】ゆきの山荘の惨劇(2000年10月 角川文庫)
  • 消える密室の殺人(2001年2月 角川文庫)
  • 風精(ゼフィルス)の棲む場所[9](2001年8月 原書房 / 2005年6月 光文社文庫 / 2012年9月 光文社文庫【新装版】)
  • 猫は密室でジャンプする - 猫探偵正太郎の冒険 1(2001年12月 光文社カッパノベルス / 2004年12月 光文社文庫
  • 猫は聖夜に推理する - 猫探偵正太郎の冒険 2(2002年12月 光文社カッパノベルス / 2005年11月 光文社文庫)
  • 猫はこたつで丸くなる - 猫探偵正太郎の冒険 3(2004年1月 光文社カッパノベルス / 2006年2月 光文社文庫)
  • 猫は引っ越しで顔あらう - 猫探偵正太郎の冒険 4(2006年6月 光文社文庫)
  • 猫は毒殺に関与しない - 猫探偵正太郎の冒険 5(2016年11月 光文社文庫)

炎都シリーズ[編集]

  • 炎都(1997年2月 トクマ・ノベルズ / 2000年11月 徳間文庫
  • 禍都(1997年8月 トクマ・ノベルズ / 2001年8月 徳間文庫)
  • 遙都 - 渾沌出現(1999年3月 トクマ・ノベルズ / 2002年8月 徳間文庫)
  • 宙都 第一之書 - 美しき民の伝説(2001年7月 トクマ・ノベルズ)
  • 宙都 第二之書 - 海から来たりしもの(2002年1月 トクマ・ノベルズ)
  • 宙都 第三之書 - 風神飛来(2002年7月 トクマ・ノベルズ)
  • 宙都 第四之書 - 邪なるものの勝利(2004年6月 トクマ・ノベルズ)

花咲慎一郎シリーズ[編集]

RIKOシリーズの登場人物・山内練が絡むスピンオフ作品

  • フォー・ディア・ライフ(1998年4月 講談社 / 2001年10月 講談社文庫
  • フォー・ユア・プレジャー(2000年8月 講談社 / 2003年8月 講談社文庫)
  • シーセッド・ヒーセッド(2005年4月 実業之日本社 / 2008年7月 講談社文庫)
  • ア・ソング・フォー・ユー(2007年9月 実業之日本社 / 2014年12月 講談社文庫)
  • ドント・ストップ・ザ・ダンス(2009年7月 実業之日本社)

R-0シリーズ[編集]

ララシリーズ[編集]

  • 星の海を君と泳ごう 時の鐘を君と鳴らそう(2000年3月 アスキーメディアワークス
    • 【分冊】星の海を君と泳ごう(2006年8月 光文社文庫)
    • 【分冊】時の鐘を君と鳴らそう(2006年10月 光文社文庫)
  • 宙の詩を君と謳おう(2007年3月 光文社文庫)

成瀬歌義シリーズ[編集]

猫探偵正太郎シリーズの登場人物・浅間寺龍之介の教え子が主人公のスピンオフ作品

  • 桜さがし(2000年5月 集英社 / 2003年3月 集英社文庫 / 2012年3月 文春文庫)
  • 流星さがし(2009年8月 光文社)

ばんざい屋シリーズ[編集]

  • ふたたびの虹(2001年9月 祥伝社 / 2004年6月 祥伝社文庫)
  • 竜の涙 ばんざい屋の夜(2010年2月 祥伝社 / 2012年10月 祥伝社文庫)

ヴァンパイア探偵シリーズ[編集]

  • Vヴィレッジの殺人(2001年11月 祥伝社文庫)
  • クリスマスローズの殺人(2003年12月 原書房 / 2006年12月 祥伝社文庫)

麻生龍太郎シリーズ[編集]

RIKOシリーズの登場人物・麻生が主人公のスピンオフ作品

  • 聖なる黒夜(2002年10月 角川書店 / 2006年10月 角川書店【上・下】)
    • 文庫版上巻には「歩道」、下巻には「ガラスの蝶々」という単行本未収録の短編を追加収録
  • 所轄刑事・麻生龍太郎(2007年1月 新潮社 / 2009年8月 新潮文庫
  • 私立探偵・麻生龍太郎(2009年2月 角川書店 / 2011年9月 角川文庫)

下澤唯シリーズ[編集]

  • 観覧車(2003年2月 祥伝社 / 2005年6月 祥伝社文庫)
  • 回転木馬(2007年3月 祥伝社 / 2010年7月 祥伝社文庫)

鉄道旅ミステリシリーズ[編集]

  • 夢より短い旅の果て(2012年6月 角川書店)
    • 【改題】夢より短い旅の果て 鉄道旅ミステリ1(2015年9月 角川文庫)
  • 愛より優しい旅の空 鉄道旅ミステリ2(2015年11月 角川文庫)

シリーズ外作品[編集]

  • 少女達がいた街(1997年2月 角川書店 / 1999年4月 角川文庫)
  • RED RAIN(1998年6月 角川春樹事務所 / 1999年11月 ハルキ文庫
  • 紫のアリス(1998年7月 廣済堂出版 / 2000年11月 文春文庫
  • ラスト・レース(1998年11月 実業之日本社 / 2001年5月 文春文庫)
  • Miss You(1999年6月 文藝春秋 / 2002年5月 文春文庫)
  • 象牙色の眠り(2000年2月 廣済堂出版 / 2003年5月 文春文庫)
  • 貴船菊の白(2000年3月 実業之日本社 / 2003年1月 新潮文庫 / 2009年6月 祥伝社文庫)
  • Pink(2000年10月 双葉社 / 2002年12月 双葉文庫 / 2009年9月 文春文庫)
  • 淑女の休日(2001年5月 実業之日本社 / 2006年3月 文春文庫)
  • 猫と魚、あたしと恋(2001年10月 イースト・プレス / 2004年9月 光文社文庫)
  • Close to You(2001年10月 文藝春秋 / 2004年10月 文春文庫)
  • 残響(2001年11月 新潮社 / 2005年2月 新潮文庫)
  • ミスティー・レイン(2002年3月 角川書店 / 2005年10月 角川文庫)
    • 【改題】恋雨(2013年11月 文春文庫)
  • 好きよ(2002年8月 双葉社 / 2007年11月 文春文庫)
  • 蛇(ジャー)(2003年11月 トクマ・ノベルズ【上・下】 / 2007年9月 徳間文庫【上・下】)
  • 水底の森(2004年2月集英社 / 2007年8月 集英社文庫【上・下】 / 2011年4月 文春文庫【上・下】)
  • 太陽の刃、海の夢(2004年7月 祥伝社ノン・ノベル
  • ワーキングガール・ウォーズ(2004年10月 新潮社 / 2007年4月 新潮文庫)
  • 窓際の死神(アンクー)(2004年12月 双葉社 / 2008年2月 新潮文庫)
    • 【改題】ランチタイムは死神と(2014年1月 徳間文庫)
  • 夜夢(2005年3月 祥伝社 / 2007年9月 祥伝社文庫)
  • 激流(2005年10月 徳間書店 / 2009年3月 徳間文庫【上・下】)
  • 銀の砂(2006年8月 光文社)
  • 求愛(2006年9月 徳間書店 / 2010年5月 徳間文庫)
  • 小袖日記(2007年4月 文藝春秋 / 2010年7月 文春文庫)
  • 朝顔はまだ咲かない - 小夏と秋の絵日記(2007年7月 東京創元社 / 2010年9月 創元推理文庫
  • やってられない月曜日[10](2007年8月 新潮社 / 2010年7月 新潮文庫)
  • 謎の転倒犬 - 石狩くんと(株)魔泉洞(2008年5月 東京創元社)
    • 【改題】ぼくとユーレイの占いな日々 - 石狩くんと株式会社魔泉洞(2013年2月 創元推理文庫)
  • 神の狩人 - 2031探偵物語(2008年6月 文藝春秋 / 2010年8月 文春文庫)
  • いつか響く足音(2009年11月 新潮社 / 2012年5月 新潮文庫)
  • 桃色東京塔(2010年5月 文藝春秋 / 2012年11月 文春文庫)
  • 輝跡(2010年9月 講談社)
  • クロス・ファイヤー(2012年2月 徳間書店 / 2013年12月 徳間文庫)
  • 風のベーコンサンド 高原カフェ日誌(2014年12月 文藝春秋)
  • 自滅(2014年12月 角川書店)
  • 女性作家(2016年6月 光文社文庫)
  • あおぞら町 春子さんの冒険と推理(2016年8月 原書房)
  • 青光の街(2016年10月 早川書房ハヤカワ・ミステリワールド〉)

連載中作品[編集]

  • 恋の神様はお昼休み中(『IN★POCKET』2012年5月号 - )
  • 猫町駅前商店街日々便り(『小説NON』2012年5月号 - )
  • わらし花子と涼菜の憂鬱(『文蔵』2013年5月号 - )
  • 君がいた夏は(『月刊ジェイ・ノベル』2015年7月号 - )
  • 海は灰色(角川書店・電子書籍で配信中)※麻生龍太郎シリーズ
  • 荒野(『別册文藝春秋』2016年1月号 - )

連載終了作品[編集]

  • 白い戦場(『小説宝石』2010年8月号 - 2015年10月号)※成瀬歌義シリーズ
  • 名前のない古道具屋の夜(『小説新潮』2011年5月号 - 2015年9月号)

アンソロジー・リレー小説・共著[編集]

「」内が収録されている柴田よしきの作品

  • ザ・ベストミステリーズ1998 推理小説年鑑(1998年6月 講談社)「切りとられた笑顔」
    • 【分冊・改題】完全犯罪証明書(2001年4月 講談社文庫)
  • 金田一耕助の新たな挑戦(1996年2月 カドカワノベルズ / 1997年9月 角川文庫)「金田一耕助最後の事件」
  • 白のミステリー(1997年12月 光文社)「貴船菊の白」
    • 【改題・再編集】恐怖の化粧箱(1999年10月 光文社文庫)
  • 不条理な殺人(1998年7月 祥伝社文庫)「切りとられた笑顔」
  • 新世紀「謎」倶楽部(1998年8月 角川書店 / 2001年8月 角川文庫)「観覧車」
  • ミステリを書く!(1998年10月 ビレッジセンター出版局 / 2002年2月 小学館文庫)「生身の女、等身大の女性を書く」- インタビュー集
  • 堕天使殺人事件(1999年9月 角川書店 / 2002年5月 角川書店)「第二章 天使の婚礼」- 新世紀「謎」倶楽部によるリレー小説
  • 金曜の夜は、ラブミステリー(2000年1月 王様文庫)「誰かに似た人」
  • 血の12幻想(2000年4月 エニックス / 2002年4月 講談社文庫)「夕焼け小焼け」
  • 前夜祭(2000年6月 角川書店)- 芦辺拓西澤保彦らとのリレー小説
  • 密室殺人大百科【下】時の結ぶ密室(2000年7月 原書房)「正太郎と田舎の事件」
    • 【改題】密室殺人大百科【下】(2003年9月 講談社文庫)
  • 本格ミステリ01(2001年7月 講談社ノベルス)「正太郎と井戸端会議の冒険」
    • 【改題・分冊】透明な貴婦人の謎(2005年1月 講談社文庫)
  • 名探偵で行こう(2001年9月 光文社カッパ・ノベルス / 2004年6月 光文社文庫)「2031探偵物語 秘密」
  • 密室レシピ(2002年3月 角川スニーカー文庫)「正太郎と冷たい方程式」
  • 恐怖症 - 異形コレクション(2002年5月 光文社文庫)「つぶつぶ」
  • 京都 愛憎の旅(2002年5月 徳間文庫)「七月の喧噪」
  • 金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲(2002年6月 角川書店 / 2012年11月 角川文庫)「鳥辺野の午後」
  • 紅迷宮(2002年6月 祥伝社文庫)「どろぼう猫」
  • 紅と蒼の恐怖(2002年8月 祥伝社ノン・ノベル)「毒殺」
  • 邪香草(2003年4月 祥伝社文庫)「願い」
  • 恐怖 Little selections あなたのための小さな物語(2003年4月 ポプラ社)「切り取られた笑顔」
  • 推理作家になりたくて第1巻 マイベストミステリー 匠(2003年6月 文藝春秋)「聖夜の憂鬱」、書き下ろしエッセイ「無限のイマジネーションと日常の小さな謎」
  • 暗闇を追いかけろ(2004年11月 光文社カッパ・ノベルス / 2008年5月 光文社文庫)「願い」
  • 恋は罪つくり 恋愛ミステリー傑作選(2005年7月 光文社文庫)「そこにいた理由」
  • 最後の恋 つまり、自分史上最高の恋。(2005年12月 新潮社 / 2008年12月 新潮文庫)「LAST LOVE」
  • 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所(2007年5月 集英社 / 2011年5月 集英社文庫)「一杯の賭け蕎麦 - 花咲慎一郎、両津勘吉に遭遇す」
  • マイ・ベスト・ミステリーI(2007年8月 文春文庫)「聖夜の憂鬱」
  • 不思議の足跡(2007年10月 光文社カッパノベルス / 2011年4月 光文社文庫)「隠されていたもの」
  • 暗闇を見よ(2010年11月 光文社カッパ・ノベルス / 2015年4月 光文社文庫)「雪を待つ朝」
  • 坂木司リクエスト! 和菓子のアンソロジー(2013年1月 光文社 / 2014年6月 光文社文庫)「融雪」
  • タッグ 私の相棒(2015年6月 角川春樹事務所) 「真夜中の相棒」
  • 捨てる(2015年11月 文藝春秋) 「花子さんと、捨てられた白い花の冒険」
  • 毒殺協奏曲(2016年6月 原書房)「猫は毒殺に関与しない」

メディア・ミックス[編集]

オリジナルビデオ[編集]

映画[編集]

  • 女刑事RIKO 聖母の深き淵(1998年4月25日公開、配給:エース・ピクチャーズ、監督:井坂聡、主演:滝沢涼子、原作:聖母の深き淵)

テレビドラマ[編集]

テレビ朝日
NHK総合
日本テレビ
  • DRAMA COMPLEX
    • 保育士探偵危機100発!(2006年6月6日、主演:高橋克典、原作:シーセッド・ヒーセッド)
フジテレビ
テレビ東京

ラジオドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 柴田よしき のプロフィール - allcinema
  2. ^ a b 柴田よしき,シバタヨシキ|東京創元社
  3. ^ a b c 公式サイト profile
  4. ^ 柴田よしき | 人名事典 | お楽しみ | PHP研究所
  5. ^ 月神の浅き夢/柴田 よしき - 本:hontoネットストア
  6. ^ a b 柴田よしき-直木賞大衆選考会-推薦候補作家-131SY
  7. ^ 朝顔はまだ咲かない 小夏と秋の絵日記 - 柴田よしき|東京創元社
  8. ^ 柴田よしき(@shibatay)さん | Twitter
  9. ^ 正太郎の前の飼い主・浅間寺龍之介が探偵役のスピンオフ作品
  10. ^ 『ワーキングガール・ウォーズ』の主人公・墨田翔子が脇役で登場する姉妹編

外部リンク[編集]