井坂聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井坂聡(いさか さとし、1960年1月2日 - )は、日本映画監督

略歴・人物[編集]

東京都世田谷区出身。都立戸山高校を経て、1983年東京大学文学部美学芸術学専修課程を卒業。大学時代には運動会硬式野球部に所属していた。

東京大学を卒業後に、フリーの助監督として、同大学野球部の先輩・瀬川昌治に師事。テレビドラマで監督デビューを果たした後に、1996年公開の実写映画「Focus」で劇場用映画に進出した。以降は、劇場用映画やテレビドラマの監督をコンスタントに務めている。阪神タイガースを舞台にした2002年公開の実写映画「ミスター・ルーキー」では、阪神のライバル・読売ジャイアンツの選手だった長嶋一茂を阪神の投手役で主演させたり、阪神甲子園球場を借り切った試合シーンでの撮影に広澤克実矢野燿大藪恵壹桧山進次郎(いずれも当時の阪神の主力選手)を本人役で登場させたりするなどの趣向を凝らした。

映画界で語り継がれてきた【名助監督と呼ばれる人は監督になれない。しかし、名監督と呼ばれる人はみんな名助監督であった】という言葉を、映画監督を目指す人へ事あるたびに話している[要出典]

現在、相模女子大学人間社会学部教授。

家族[編集]

長男の肇は、東京大学農学部への在学中に、父・聡と同じく硬式野球部へ所属[1]。右投手として、東京六大学野球のリーグ戦8試合に登板した(通算成績0勝0敗)。2013年12月6日には、ベースボール・チャレンジ・リーグドラフト会議で、信濃グランセローズから1巡目で指名を受け[2]、信濃に入団した[1]。日本のプロ野球独立リーグのドラフト会議で指名を受けた東京大学の関係者は、肇が初めてであった(参照)。大学卒業後の2014年から信濃で2シーズンプレーし、2016年からは四国アイランドリーグplus高知ファイティングドッグスに所属する[3]

作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]