コージー・ミステリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コージー・ミステリcozy mystery)は推理小説のジャンルの1つ。

概要[編集]

イギリス第二次世界大戦時に発祥した小説形式で、当時アメリカで流行していたハードボイルド形式の小説の反義語として用いられた。

ハードボイルドのニヒルでクールなイメージに対し、「地域社会が親密である」「居心地が良い」といった意味を持つ「コージー(cozy)」を使用し、日常的な場面でのミステリーであることを示す。

特徴としては

  • 探偵役が警察官私立探偵などの職業的捜査官ではなく素人であること
  • 容疑者が極めて狭い範囲のコミュニティに属している
  • 暴力表現を極力排除していること

などがあげられる。

ブルース・F・マーフィーは『The Encyclopedia of Murder and Mystery』(1999年)でマーサ・グライムズをコージー・ミステリー作家の代表に挙げている[1]

日本におけるコージー・ミステリ[編集]

欧米でのコージー・ミステリには豪邸や上流階級の人々という要素が欠かせないという意見もあるが、日本を舞台にした場合は豪邸などは登場させ難い[2]。そのため、裏道にある建物のような「知る人ぞ知る」場所に住んでいる人を主人公とし、そこに迷い込んできた人の悩みの相談に乗って、問題を解決する[2]。悩みの内容も、初対面の相手でも世間話のように気軽に話せるものか、それほど親しくないからこそ相談できる内容であることが多い[2]

また、古書店喫茶店、占いの館といった場所を舞台にし、仕事の裏側の事情やうんちくが入ること多い[2]。メインとなって謎解きをするのが女性であり、恋愛も繰り広げられる[2]

斎藤美奈子は『L文学完全読本』で赤川次郎を挙げて、「コージー・ミステリの先駆者」としている[3]

2012年には原書房よりコージー・ミステリを専門とする文庫レーベル「コージーブックス」が刊行された。

関連[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 杉江松恋 (2014年11月5日). “英国調、元祖コージー・ミステリの名作”. 文春オンライン. 2017年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e 古書店、バリスタにつづき占い師も登場! コージーミステリー人気の理由”. ダ・ヴィンチニュース (2013年3月4日). 2017年2月13日閲覧。
  3. ^ 斎藤美奈子 (2002). L文学完全読本. マガジンハウス. p. 194. ISBN 9784838714155.