うんちく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うんちくとは、ある分野について蓄えた知識のこと。薀蓄蘊蓄うん蓄ウンチクと表記される。また、その知識について滔々と語ることを「うんちくを傾ける」という。

概要[編集]

本来は学者などが長年の研究で蓄えた知識のことを指すが、『減点パパ ウンチクまんが』(古谷三敏、1980年-)というマンガもあるように、近年では雑学と同様の意味で使われることも多くなった。

様々な分野がうんちくの対象になるが、一般的な場面では食物のうんちくが語られることが多い。

関連項目[編集]