島田荘司推理小説賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島田荘司推理小説賞
各種表記
繁体字 島田莊司推理小說獎
簡体字 岛田庄司推理小说奖
注音符号 ㄉㄠˇ ㄊ|ㄢˊ ㄓㄨㄤ ㄙ ㄊㄨㄟ ㄌ|ˇ ㄒ|ㄠˇ ㄕㄨㄛ ㄐ|ㄤˇ
発音: ダオティエンヂュアンスー トゥイリーシャオシュオ ジャン
テンプレートを表示

島田荘司推理小説賞(しまだそうじすいりしょうせつしょう)は、2008年に台湾で募集が開始された推理小説を対象とする文学賞。

日本の推理作家・島田荘司の協力を得て台湾の出版社・皇冠文化出版が主催し、日本の文藝春秋、中国の当代世界出版社・青馬文化有限公司、タイの南美出版社の協賛で開始された。

2011年の第2回では、協賛する中国の出版社は訳林出版社、北京鳳凰雪漫文化有限公司となり、新たにイタリアの出版社Metropoli d'Asia S.r.l.とマレーシアの出版社Integra Majujayaも協力している。

受賞作は台湾だけでなく中国・日本・タイ・イタリアおよびマレーシア(英訳)で刊行される(第1回は台湾・中国・日本・タイ)。

第4回以降は金車教育基金会が主催団体となり、第4回は金車の商品名を冠した「噶瑪蘭・島田莊司推理小說獎」(カバラン・島田荘司推理小説賞)、第5回からは「金車・島田莊司推理小說獎」として開催されている。

概要[編集]

島田荘司の「本格」の定義[1]に合致する未発表の長編推理小説を募集している。字数は8万~15万字。応募者の国籍や居住地は問わないが、中国語での創作であることが求められる。賞金はないが、規定の印税が支払われる。最終選考まで残った応募者には楯、それ以外の1次選考通過者には賞状が贈られる。

主催する出版社が1次選考で10作品を選出し、2次選考では台湾のミステリ評論家詹宏志zh)や景翔らが3作品を選出する。最終選考は島田荘司本人が行い、受賞作を決定する。

作品の刊行
  • 受賞作 - 台湾(3000部以上)・中国(2万部以上((第2回は1万5千部))・日本・タイで刊行(第2回以降はイタリアおよびマレーシア(英訳)でも刊行)
  • その他の最終候補作 - 台湾(3000部以上)・中国(2万部以上(第2回は1万5千部))で刊行
  • 最終選考まで残らなくても、優秀作は『皇冠雜誌』に掲載される場合がある。その場合は雑誌の既定の原稿料が支払われる。

第1回(2009年)[編集]

第1回の応募は2009年2月28日必着。授賞式は2009年9月4日に行われた。

58作品[2]のうち10作品[3]が1次選考を通過した。島田荘司による受賞作・最終候補作の選評は『オール讀物』2009年11月号に掲載されている。

受賞作

  • 寵物先生 - 虛擬街頭漂流記 (日本語訳:寵物先生(ミスターペッツ)『虚擬街頭漂流記』文藝春秋、2010年4月、ISBN 9784163289601

最終候補作

  • 林斯諺 - 冰鏡莊殺人事件
  • 不藍燈(白一平) - 快遞幸福不是我的工作(幸せ宅急便はぼくの仕事じゃない[4]

1次選考通過作

  • Azure - 印加古墓之謎 (インカ古墓の謎)
  • 江暁雯 - 謀殺紅樓夢 (紅樓夢殺人事件)
  • 王山而 - 心術
  • 陳嘉振 - 不實的真相 (不実の真相)
  • 烏奴奴zh)、夏佩爾zh) - 獵頭矮靈
  • 譚剣zh) - 輪迴家族
  • 黄顕庭 - 夢之沙漏 (夢の砂時計)
  • 王稼駿 - 魔幻人生 ※規定違反により取消

第2回(2011年)[編集]

第2回の応募締切は2011年2月28日。授賞式は2011年9月9日に行われた。

65作品のうち9作品が1次選考を通過した。島田荘司による受賞作の選評は『オール讀物』2012年6月号および受賞作『世界を売った男』の巻末に掲載されている。

受賞作

  • 陳浩基(香港) - 遺忘・刑警 (日本語訳:陳浩基(サイモン・チェン)『世界を売った男』文藝春秋、2012年6月、ISBN 9784163814506

最終候補作[5]

1次選考通過作[5]

  • 林斯諺(台湾) - 無名之女 (無名の女)
  • 連環(中国) - 結界之徑 (結界の徑)
  • 江成(中国) - 再見,雪國 (バイバイ、雪国)
  • 王稼駿(中国) - 簒改
  • 雷鈞(中国) - 妙計
  • 文善(カナダ) - 客西馬尼

第3回(2013年)[編集]

第3回の応募締切は2013年2月28日。授賞式は2013年9月6日に行われた。

33作品のうち8作品が1次選考を通過した。

受賞作

  • 胡傑(台湾) - 我是漫畫大王(日本語訳:胡傑『ぼくは漫画大王』文藝春秋、2016年5月、ISBN 9784163904634
  • 文善(カナダ) - 逆向誘拐

最終候補作

  • 雷鈞(中国) - 見鬼的愛情 (幽霊に恋をしました[4]

1次選考通過作

  • 錦灰(中国) - 無雙
  • 王稼駿(中国) - 熱望的人 (熱望の人)
  • 林斯諺(台湾)- 馬雅任務
  • 貝爾夫人(台湾) - 雙重犯罪 血紅之塔
  • 冷言(台湾) - 輻射人

第4回(2015年)[編集]

第4回の応募締切は2014年12月31日。授賞式は2015年9月19日に行われた。

41作品のうち7作品が1次選考を通過した。

受賞作

最終候補作

  • 薛西斯(台湾) - H.A.
  • 提子墨(カナダ) - 熱層之密室 (熱圏の密室[6]

1次選考通過作

  • 顧日凡(香港) - 槴子花殺人事件
  • 耿偵詞(台湾) - 詹典神探探案系列―「大亞集團命案」
  • 游善鈞(台湾) - 神的載體 (神の乗り物[6]
  • 王稼駿(中国) - 阿爾法的迷宮 (アルファの迷宮[6]

第5回(2017年)[編集]

第5回の応募締切は2016年12月31日。授賞式は2017年9月23日に行われた。

43作品のうち7作品が1次選考を通過した。

受賞作

  • 黑貓C(香港) - 歐幾里得空間的殺人魔(ユークリッド空間の殺人鬼[7]

最終候補作

  • 弋蘭(台湾) - 誰是兇手(犯人は誰だ?[7]
  • 青稞(中国) - 巴別塔之夢 (バベルの塔の夢[7]

1次選考通過作

  • 有馬二(香港) - 溯迴之魔女
  • 游善鈞(台湾) - The Fake Full Moon
  • 王稼駿(中国) - 再見,安息島
  • 馬洪湉(中国) - 物候期

関連書籍・雑誌[編集]

  • オール讀物 2009年11月号(文藝春秋、2009年10月)
    • 島田荘司「いま、アジアのミステリーに何が起きているのか」(受賞作・最終候補作の選評含む)
  • ミステリーズ! vol.37 OCTOBER 2009(東京創元社、2009年10月)
    • 第1回島田荘司推理小説賞レポート
  • 本格ミステリー・ワールド2010(南雲堂、2009年12月)
    • 第一回島田荘司推理小説賞授賞式レポート - 冬陽(台湾推理作家協会
    • 受賞のことばと2009年台湾ミステリーの発展 - 寵物先生(ミスターペッツ)

脚注[編集]

  1. ^ 島田先生の本格ミステリーの定義について - 投稿者に求められる「本格」の定義(日本語)
  2. ^ 当初、公式サイトでは61作品とされていた。
  3. ^ 当初は11作品が1次選考通過とされたが、そのうち、王稼駿『魔幻人生』は雑誌に発表されたことのある作品だったため、公募の規定に合わず、取り消しとなった。
  4. ^ a b 各々単行本に表記された日本語題に従った。
  5. ^ a b 皇冠文化|第二屆【島田莊司推理小說獎】決選入圍名單揭曉!参照
  6. ^ a b c s_s_kingdomのツイート2017年9月29日閲覧。
  7. ^ a b c s_s_Kingdomのツイート2017年9月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]