推理小説の賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

推理小説の賞(すいりしょうせつのしょう)は、推理小説および推理小説に関する評論・研究等に与えられる賞。または、推理小説の分野に貢献のあった個人に贈られる賞。

日本[編集]

年間最優秀作品の表彰[編集]

発表された日本国内の推理小説から年間最優秀作品を選んで表彰する賞には、1948年に始まった日本推理作家協会賞日本推理作家協会主催)がある。アメリカ合衆国アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞(1946年 - )、イギリス英国推理作家協会(CWA)賞(1955年 - )と並んで、世界でも屈指の長い歴史を持つ賞である。部門には変遷があるが、2000年以降は「長編及び連作短編集部門」「短編部門」「評論その他の部門」の3つに分かれている。このうち短編部門の受賞作は、日本推理作家協会編のアンソロジー『ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑』(講談社、毎年7月頃刊行)に収録される。

また2001年には、推理小説の中で特に「本格推理小説」に対象をしぼって優秀作品を表彰する本格ミステリ大賞本格ミステリ作家クラブ主催)が始まっている。こちらは、「小説部門」「評論・研究部門」の2部門がある。本格ミステリ大賞には短編小説部門はないが、優秀な短編作品は本格ミステリ作家クラブ編のアンソロジー『本格ミステリ 本格短編ベスト・セレクション』(講談社ノベルス、毎年6月頃刊行)の収録作として選出される。

推理作家の名を冠した賞としては、ハードボイルド作家大藪春彦の業績を記念した大藪春彦賞(大藪春彦賞選考委員会主催、徳間書店後援、1999年 - )があり、当初よりハードボイルドに限らず広くエンターテインメント作品を対象に表彰を行っている。この賞は、「優れた物語世界の精神を継承する新進気鋭の作家および作品に贈られる」とされている[1]。2010年に第1回の選考結果が発表される山田風太郎賞(角川文化振興財団、角川書店主催)は、推理小説から時代小説伝奇小説まで幅広いジャンルで活躍した作家山田風太郎の名を冠した賞で、新人・中堅作家の小説の中から、「ミステリー、時代、SFなどジャンルを問わず、その年に発表された最も面白いと思われる作品」に授与される[2]

以上は基本的に、国内の作品を評価し表彰するものだったが、2009年には日本語に訳された翻訳ミステリーの年間ベスト1を選ぶ翻訳ミステリー大賞も創設されている。

また、賞ではないが、1年間に刊行された日本国内および翻訳の推理小説を作家や評論家、ファンが順位づけするランキングも、ランキング本の出版や雑誌へのランキング掲載という形で多く発表されている(推理小説#推理小説のランキング参照)。

年間最優秀作品(および評論等)を表彰する賞
賞名 開始年 主催 部門(対象) 備考
日本推理作家協会賞 1948年 日本推理作家協会 「長編及び連作短編集部門」「短編部門」「評論その他の部門」 例年3月に候補作発表、4月に受賞作発表
本格ミステリ大賞 2001年 本格ミステリ作家クラブ 「小説部門」「評論・研究部門」 例年2月に候補作発表、5月に受賞作発表
翻訳ミステリー大賞 2010年 翻訳ミステリー大賞シンジケート 翻訳の推理小説 2010年3月に第1回受賞作発表
大藪春彦賞 1999年 大藪春彦賞選考委員会主催、徳間書店後援 日本国内の小説(推理小説に限らない) 例年1月に受賞作発表
山田風太郎賞 2010年 角川文化振興財団、角川書店 日本国内の小説(推理小説に限らない) 2010年10月に第1回受賞作決定

(年は、最初に結果発表・授賞が行われた年)

  • 日本推理作家協会賞および本格ミステリ大賞の過去の結果は、選評・受賞のことばも含めすべて公式サイトで見ることができる(最新の選評は、それぞれ『オール讀物』7月号・『ジャーロ』夏号(6月刊行)に掲載される)。大藪春彦賞の選評は『問題小説』3月号に掲載される。

個人に対する表彰[編集]

推理小説の発展に寄与した個人に与えられる賞としては、光文文化財団が主催する日本ミステリー文学大賞(1998年 - )があり、毎年1名を選んで賞を授与している。存命の作家・評論家に贈られるのが普通だが、作家の死去後に特別に賞が贈られたこともある。また、年間最優秀作品を表彰する上述の本格ミステリ大賞(本格ミステリ作家クラブ主催、2001年 - )でも、推理小説の発展に貢献した個人に対して特別賞が贈られることがあり、今までに推理作家の鮎川哲也、講談社の編集者宇山日出臣、東京創元社の編集者戸川安宣、日本・台湾で編集者・評論家として活動する島崎博の4名に贈られている。

また、現在は長編の公募新人賞になっている江戸川乱歩賞も、初めは、その年に推理小説に関して業績をあげた人に対して、過去の実績も考慮して贈呈する賞として始まった[3]。第1回(1955年)は当時雑誌『宝石』に連載中だった「探偵小説事典」が評価され、推理小説評論・研究家の中島河太郎が受賞し、第2回(1956年)は個人ではなく「ハヤカワ・ポケット・ミステリ」(1953年 - )の出版という業績に対して、出版社である早川書房が受賞している。第3回以降、現在のような長編の公募新人賞となった。

推理小説の発展に寄与した個人に贈られる賞

公募の新人賞[編集]

長編の公募新人賞[編集]

公募の新人賞では、1955年に創設された江戸川乱歩賞日本推理作家協会主催、講談社・フジテレビ後援)が最も歴史が長い。江戸川乱歩賞は第3回(1957年)より長編推理小説を公募する新人賞となっており、多くの作家を生みだしている。ほかに著名な推理作家の名を冠した長編の公募新人賞に横溝正史ミステリ大賞角川書店主催、1981年 - )、鮎川哲也賞東京創元社主催、1990年 - )がある。3賞とも長編の推理小説を募集するものだが、鮎川哲也賞は特に本格推理小説を志す新人のための賞である[4]。なお、3賞とも初期には江戸川乱歩横溝正史鮎川哲也本人が最終選考に参加していた。

ほかに、長編推理小説を募集する新人賞に、日本ミステリー文学大賞新人賞(光文文化財団主催、刊行は光文社、1998年 - )、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞(広島県福山市主催、刊行は講談社・光文社・原書房、2008年 - )がある。日本ミステリー文学大賞新人賞は、推理小説のアンソロジーの編集や推理小説に関するさまざまな企画を行う推理小説専門図書館「ミステリー文学資料館」を運営する光文文化財団が主催する賞である。一方、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞は、推理作家島田荘司の出身地である広島県福山市が主催する賞で、最終選考は島田荘司が1人で行う。後者は、応募要項に本格推理小説を募集すると明記している点が特徴である。

以上の5つ(乱歩賞横溝賞鮎川賞日本ミステリー文学大賞新人賞ばらのまち福山ミステリー文学新人賞)は、最終選考委員を推理作家が務めるものである。一方、『このミステリーがすごい!』大賞宝島社NECビッグローブ株式会社メモリーテック株式会社主催、2002年 - )は、評論家が最終選考委員を務める。この賞は、1988年から推理小説のランキング本『このミステリーがすごい!』を刊行している宝島社が創設した公募の新人賞で、賞金は現行の推理小説の公募新人賞では最も高額の1200万円である。

また、以上の6つの賞以外に、2010年には早川書房と早川記念文学振興財団が主催するアガサ・クリスティー賞も新設された。

メフィスト賞(1996年 - )は講談社の文芸誌『メフィスト』で募集される賞で、長編に限らず短編でも場合によっては選考対象になる(蘇部健一)。募集要項では「広義のエンタメ作品」としているが、推理小説やミステリ要素が強い作品の受賞が多い。選考は下読みを介さずに編集者だけで行う。募集・選考は随時行われるため、1年間に複数の作品が刊行される。講談社では、講談社BOX新人賞講談社Birthなど同じく編集者が直接選考する賞を創設しており、この2つでも推理小説が選ばれることがあるが、その割合はメフィストよりもさらに低い。

上に挙げた乱歩賞横溝賞鮎川賞以外にも、日本の推理作家の名を冠した公募の新人賞として、島田荘司推理小説賞(2009年 - )があるが、これは日本ではなく台湾で実施されているもので、中国語で書かれた長編推理小説を対象とする公募新人賞である。受賞作は日本語に翻訳され、文藝春秋から刊行される。また、日本文学振興会が主催する松本清張賞(1994年 - 、刊行は文藝春秋)は、推理小説から歴史小説・時代小説まで幅広いジャンルで活躍した作家松本清張の業績を記念したもので、以前は推理小説または歴史・時代小説を公募する新人賞だったが、第11回(2004年)からはジャンルを問わずエンターテインメント作品を募集する賞になっている(松本清張賞は、第5回(1998年)までは短編の賞)。

長編の公募新人賞
賞名 開始年 主催(出版社) 最終選考委員 正賞 副賞(賞金)
江戸川乱歩賞 1955年 日本推理作家協会講談社 今野敏京極夏彦桐野夏生石田衣良有栖川有栖 江戸川乱歩 1000万円
横溝正史ミステリ大賞 1981年 角川書店 有栖川有栖恩田陸黒川博行道尾秀介 金田一耕助 400万円
鮎川哲也賞 1990年 東京創元社 笠井潔北村薫島田荘司山田正紀 コナン・ドイル 印税全額
日本ミステリー文学大賞新人賞 1998年 光文文化財団(光文社 綾辻行人石田衣良近藤史恵藤田宜永 シエラザード 500万円
『このミステリーがすごい!』大賞 2002年 宝島社など計3社 大森望香山二三郎茶木則雄、吉野仁 - 1200万円
ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 2008年 広島県福山市(講談社・光文社・原書房 島田荘司 トロフィー 印税全額
アガサ・クリスティー賞 2011年 早川書房、早川記念文学振興財団 東直己北上次郎鴻巣友季子ハヤカワミステリマガジン編集長 100万円
新潮ミステリー大賞 2014年 新潮社 伊坂幸太郎貴志祐介道尾秀介 300万円
松本清張賞(推理小説に限らない) 1994年 日本文学振興会文藝春秋 石田衣良角田光代北村薫桜庭一樹葉室麟 時計 500万円
メフィスト賞(推理小説に限らない) 1996年 講談社文芸図書第三出版部 講談社文芸図書第三出版部編集部員 シャーロック・ホームズ 印税全額

(年は、募集を開始した年ではなく、最初に結果発表・授賞が行われた年。選考委員や正賞・副賞は最新のもの。締切や枚数、結果発表の時期など詳細は各ページを参照のこと。)

  • 江戸川乱歩賞の過去の結果は、選評・受賞のことばも含めすべて日本推理作家協会公式サイトで見ることができる(最新の選評は『小説現代』7月号に掲載される)。横溝賞の選評は『野性時代』4月号、鮎川賞の選評は『ミステリーズ!』10月刊行号、日本ミステリー文学大賞新人賞の選評は『小説宝石』12月号、松本清張賞の選評は『オール讀物』6月号、メフィスト賞の選評は『メフィスト』に毎号掲載される(応募作全て)。『このミステリーがすごい!』大賞は公式サイトで過去の選評と受賞者コメントを、福山ミステリー文学新人賞は公式サイトで最新回の選評を公開している。

短編の公募新人賞[編集]

短編を公募する賞には、雑誌で募集される賞として、月刊の文芸誌『小説推理』で募集される小説推理新人賞双葉社主催、1979年 - )、隔月刊のミステリ雑誌『ミステリーズ!』で募集されるミステリーズ!新人賞東京創元社主催、2004年 - )がある。前述の通りメフィスト賞は、連作形式にするなどして規定枚数以上になれば選考対象になる。

また、地方文学賞にもいくつか推理小説を募集するものがある。東京都北区が主催し実業之日本社が協賛する北区 内田康夫ミステリー文学賞(2003年 - )は、北区出身の推理作家内田康夫の協力のもとに創設された賞で、内田康夫本人も最終選考に参加する。大賞作品は文芸誌『月刊ジェイ・ノベル』(実業之日本社)に掲載される。

推理小説のみを募集するものではないが、推理作家笹沢左保の提唱により創設された九州さが大衆文学賞もある。これは、推理小説または歴史・時代小説を募集するもので、笹沢の死去後はその功績をたたえ、大賞を「笹沢左保賞」としている。湯河原文学賞は「トラベルミステリー・サスペンス・ホラー・恋愛など現代を舞台にした小説」[5]を募集するもので、湯河原在住の推理作家西村京太郎が最終選考委員を務める。

短編の公募新人賞(下側は地方文学賞)
賞名 開始年 主催 作品・選評掲載誌 最終選考委員 正賞 副賞(賞金)
小説推理新人賞 1979年 双葉社 小説推理』8月号 綾辻行人有栖川有栖光原百合 - 100万円
ミステリーズ!新人賞 2004年 東京創元社 ミステリーズ!』10月号 新保博久法月綸太郎米澤穂信 懐中時計 30万円
賞名 開始年 地域 作品・選評掲載誌 最終選考委員 正賞 副賞(賞金)
九州さが大衆文学賞(笹沢左保賞) 1994年 佐賀県佐賀市 小説NON』7月号(祥伝社) 森村誠一夏樹静子北方謙三 - 100万円
湯河原文学賞 2001年 神奈川県湯河原町 『小説NON』6月号 西村京太郎 - 50万円
北区 内田康夫ミステリー文学賞 2003年 東京都北区 月刊ジェイ・ノベル』4月号(実業之日本社 内田康夫、北区長ほか - 100万円

評論の公募新人賞[編集]

推理小説の評論を対象とする新人賞は、創元推理評論賞東京創元社主催、1994年 - 2003年)終了後は、同賞の選考委員や受賞者が中心となって結成された探偵小説研究会が募集する探偵小説評論賞(2007年 - 2009年)があった。探偵小説研究会は、現在は賞という枠組みをはずして論考の募集を行っている。


終了した公募新人賞[編集]

長編[編集]

すでに募集を終了した長編の公募新人賞には以上のようなものがある。サントリーミステリー大賞は一時期日本語以外の作品の応募も受け付けており、受賞した際には日本語に翻訳されて刊行された。新潮ミステリー倶楽部賞からは伊坂幸太郎ホラーサスペンス大賞からは道尾秀介がデビューしている。KAPPA-ONE(カッパワン)は、メフィスト賞と同じように編集者が直接選考し優秀作を刊行する新人賞で、『本格推理』(光文社文庫)から選抜された第1期の4人(石持浅海東川篤哉加賀美雅之林泰広)以外では、詠坂雄二らがデビューしている。

短編[編集]

すでに募集を終了した短編の公募新人賞には以上のようなものがある。宝石賞は、それ以前から積極的に新人を発掘していた推理小説雑誌『宝石』が設けたもので、第4回と第5回は「宝石短編賞」という名称で実施された。また、1962年および1963年には「宝石中編賞」も実施された[6]幻影城新人賞は小説部門と評論部門があったが、小説部門では泡坂妻夫連城三紀彦田中芳樹らがデビューした。創元推理短編賞は、現在はミステリーズ!新人賞として実施されている。オール讀物推理小説新人賞からは西村京太郎赤川次郎宮部みゆき石田衣良らがデビューした。この賞は、2008年より既存のオール讀物新人賞と一本化された。光文社文庫の『本格推理』および『新・本格推理』は、本格推理短編の公募アンソロジーである。賞ではないが、のちに作家としてデビューする人の作品が多く掲載された。選者は鮎川哲也、後に二階堂黎人が務めた。

ライトノベル(長編)[編集]

ライトノベルでも、一時期ミステリーの賞が設けられた。角川学園小説大賞のヤングミステリー&ホラー部門からは、米澤穂信がデビューしている。この賞は角川書店の編集部が選考する賞だったが、富士見ヤングミステリー大賞は推理作家が最終選考委員を務める賞で、受賞者には有栖川有栖の推薦を受けてデビューした彩坂美月らがいる。それぞれの刊行レーベル角川スニーカー文庫〈スニーカー・ミステリ倶楽部〉富士見ミステリー文庫も、賞(部門)の終了に前後して刊行を終えている。

児童文学(短編)[編集]

このシリーズは、全国から公募して選んだ短編ミステリーのアンソロジーである。2001年7月に1巻から5巻まで、2002年7月に6巻から10巻までが刊行された。2001年7月刊の第2巻には、ほぼ同時期に小説推理新人賞を受賞した山之内正文の作品が採用されている。

評論[編集]

短編推理小説を募集していた宝石賞では、第1回のみ宝石評論賞も実施された[6]幻影城新人賞の評論部門からは栗本薫らがデビューしている。創元推理評論賞の選考委員と受賞者は、のちに探偵小説研究会を結成し、同賞の終了後は探偵小説評論賞を公募した。現在、探偵小説研究会は、賞という形をとらずに論考を募集している。

日本以外[編集]

推理作家団体が主催する賞については「推理作家#推理作家の団体」も参照。

アジア[編集]

台湾[編集]

日本の推理作家島田荘司が最終選考を務める賞。応募者の国籍は問わず、中国語で書かれた長編推理小説を募集する。受賞作は、台湾だけでなく中国、日本、タイで(第2回からはイタリアでも)刊行される。島田荘司の選評は『オール讀物』に掲載される。
短編の公募新人賞で、第1回島田荘司推理小説賞を受賞した寵物先生(ミスターペッツ)や、同賞で最終選考に残った林斯諺も以前にこの賞を受賞している。台湾以外からの募集も受け付けており、香港の応募者が大賞を受賞したこともある。

韓国[編集]

季刊ミステリ新人賞は、韓国推理作家協会が刊行する『季刊ミステリ』(2002年 - )誌上で募集されている賞で、受賞作は同誌に掲載される。

タイ[編集]

タイナンミー・ブックス出版社が設けている賞。受賞作では、チャッタワーラック『二つの時計の謎』が日本語訳されている。ナンミー・ブックス出版社は、タイで最も多く推理小説を刊行している出版社で、島田荘司推理小説賞にも協賛している。[7]

欧米・オセアニア[編集]

英語圏[編集]

推理作家団体主催
推理小説のファンクラブ等主催

非英語圏[編集]

フランス語圏
ドイツ語圏
北欧
  • ガラスの鍵賞 - スカンジナヴィア推理作家協会(the Crime Writers of Scandinavia)主催
ノルウェー・スウェーデン・フィンランド・アイスランド・デンマークの作品が対象の賞

脚注[編集]

  1. ^ 大藪春彦賞公式サイト Archived 2013年5月21日, at the Wayback Machine.参照
  2. ^ 山田風太郎賞公式サイト参照
  3. ^ 日本推理作家協会 江戸川乱歩賞の制定参照
  4. ^ 鮎川哲也賞の応募要項に付された鮎川哲也本人のことば参照
  5. ^ 湯河原町文学賞 第9回募集要項参照
  6. ^ a b 「宝石賞」『日本ミステリー事典』新潮社、2000年 参照
  7. ^ 宇戸清治「タイ・ミステリーの過去と現在」(チャッタワーラック『二つの時計の謎』講談社、2009年 巻末の解説)参照

参考文献[編集]

  • 権田萬治監修『海外ミステリー事典』新潮社、2000年(英語圏の賞およびフランスの賞について参照)

関連項目[編集]