推理漫画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

推理漫画(すいりまんが)は、日本における漫画作品の種類のひとつで、ミステリ(あるいはサスペンス)を扱う。探偵漫画(たんていまんが)とも呼ばれる。ただし、単なるホラー漫画ギャンブル漫画などは含まない。

概要[編集]

1980年代まではミステリを扱った漫画は少なかった[1]。原作が小説コミカライズ[2]以外では、探偵やスパイが主人公であるアクションのものが中心であった[1]。そのため小説でよくある伏線張り、論理的・意外性のある解決によって面白くする推理ものは傍流だった[1]

1992年に週刊少年マガジンの『金田一少年の事件簿』の登場が波紋、反響を呼ぶ[1]。先の今まで少数だった本格ミステリの要素を漫画にもってきて、解答編前に一種の懸賞形式で真相当てクイズを実施するというスタイルを導入、ヒットする[1]。この作品の成功を受けて週刊少年サンデーが『名探偵コナン』を連載し[3][4][5]、ヒット。

他にも1990年代後半には多数の推理漫画が発表されたが、その中で特に水準が高い作品が『金田一少年の事件簿』『名探偵コナン』『Q.E.D. 証明終了』である[5]

特徴[編集]

小説の場合はトリックの作成のために部屋配置や人物配置を記載する際には、文字とは別に図面を異質な形で新たに設けなければいけず、事件に置かれている現場でも重要な証拠を置くことについても文字で一々言及しなければならなかった。しかし、漫画の場合はコマ絵を並べる過程で部屋配置や人物配置などの図面を挿入することの自然さや、現場で重要な証拠も漫画描写の過程でさりげなく記載するほか、読者にじっくり読ませることが可能である[6]。事件解明前の犯人の描写は、『金田一少年の事件簿』の作者が犯人を黒いシルエットで表現する手法を考え付き、他の推理漫画でも採用されている。

作品[編集]

以下は発表順。漫画以外の媒体を原作としている作品(コミカライズ)は省略する[5]。※は掲載誌が幾度も変わっている漫画である。

事件推理がメインの作品[編集]

事件推理以外の要素も強い作品[編集]

似非推理漫画[編集]

バカミス犯罪漫画SF漫画ファンタジー漫画などの要素も強い作品も含む。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 日下三蔵「「名探偵コナン」は現代の「少年探偵団」だ」『ハヤカワミステリマガジン』(早川書房)2011年6月号<通巻664号>p.66
  2. ^ 藤子不二雄Aの『怪人二十面相』(『少年』1959年 - 1960年連載、光文社)や影丸穣也の『八つ墓村』(『週刊少年マガジン』1968年 - 1969年連載、講談社)があり、後者は1970年代の角川文庫横溝正史作品のリバイバルブームのきっかけになった作品。
  3. ^ 青山剛昌×天樹征丸×さとうふみや 豪華作家鼎談『名探偵コナン&金田一少年の事件簿』(小学館)2008年4月25日号<第1号>p.291
  4. ^ 村上貴史 「迷宮解体新書 第42回 青山剛昌」 『ミステリマガジン』(早川書房)2011年6月号<通巻664号>p.6
  5. ^ a b c 知的発見!探検隊 「世界の名探偵がよくわかる本 」 (イースト・プレス)p.50
  6. ^ 有栖川有栖 「ミステリ漫画の金字塔」 『ミステリマガジン』(早川書房)2011年6月号<通巻664号>p.17