角川学園小説大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

角川学園小説大賞(かどかわがくえんしょうせつたいしょう)は、角川書店が1997年から2010年まで主催していた、ライトノベル新人賞である。学園小説と称しているが、学園をキーワードにしていればジャンルを問うことはなく、作品について学校を舞台にした作品いわゆる「学園モノ」に限定しているわけではない。選考に際しては特定の作家による選考委員制度を設けておらず、角川書店のアニメ・コミック事業部が審査を行った。なお、2009年度の第13回より賞題を学園小説大賞に改めたが、2010年度の第14回をもって本賞を終了した。その代替として、2011年度よりスニーカー大賞が年1回から年2回の募集となった。

部門[編集]

  • 自由部門
  • ヤングミステリー&ホラー部門(第5~10回)

受賞者[編集]

斜字は未刊行。()内は改題。後にシリーズ化された作品については、受賞作(第1巻)の刊行時サブタイトルは割愛している場合がある。また、最終選考中でデビューした作家については本表より割愛している。リンクされている著者はプロデビューした者。

自由部門[編集]

回数 タイトル
(刊行時表題)
著者
(刊行時筆名
第1回
1997年
大賞 銀河鉄道☆スペースジャック 相川万里
黄昏の終わる刻
(トラブル・てりぶる・ハッカーズ)
後池田真也
金賞 歪む教室 関俊介
第2回
1998年
奨励賞 学園警護[城渓篇] 瀧川武司
第3回
1999年
大賞 幻想婚
(フィールド・オブ・スターライト―新任艦長はいつも大変)
鷹野良仁
奨励賞 朱美君がいっぱい。 嶋崎宏樹
第4回
2000年
優秀賞 ドラゴン・デイズ
(竜が飛ばない日曜日)
咲田哲宏
奨励賞 蛹の中の十日間 秋葉千景[1]
マグダミリア 三つの星
(バルビザンテの宝冠 王の星を戴冠せよ)
(ミゼリコルドの聖杖 永遠はわが王のために)[2]
高殿円
第5回
2001年
優秀賞 ネクストエイジ 野島研二
野島けんじ
ばいおれんす☆まじかる!~九重第二の魔法少女 林トモアキ
特別賞 ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ 滝本竜彦
第6回
2002年
大賞 光の魔法使い
バイトでウィザード 流れよ光、と魔女は言った)
椎野美由貴
優秀賞 消閑の挑戦者 パーフェクト・キング 岩井恭平
第7回
2003年
奨励賞 E×N きみとの縁てやつ 巻の一 どば
特別賞 純潔ブルースプリング 十文字青
第8回
2004年
優秀賞 アンダカの怪造学 日日日
奨励賞 多重世界の幻影ども
(世界のキズナ 混沌な世界に浮かぶ月)
有澤豊満(有澤透世
晴れ時どき正義の乙女 宮崎美由紀(宮崎柊羽
第9回
2005年
優秀賞 骨王(ボーンキング)
(骨王(ボーンキング)Ⅰ.アンダーテイカーズ)
野村佳
奨励賞 リバーシブル・シティ
リバーシブル 黒の兵士)
水月昂
地球防衛部!
(純情感情エイリアン1 地球防衛部と僕と桃先輩)
こばやしゆうき
第10回
2006年
奨励賞 えヴりでい・えれめんたる 宮本将行
アオの本と鉄の靴 吉野一洋
第11回
2007年
奨励賞 ×計画予備軍婦人部
(ヒミツのテックガール ぺけ計画と転校生)
平城山工学(平城山工
ウォーターズ・ウィスパー
(耳鳴坂妖異日誌 手のひらに物の怪)
眞木空人(湖山真
第12回
2008年
大賞 末代まで! 猫砂一平
第13回
2009年
優秀賞 なしのつぶて
"菜々子さん"の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕
高木敦 (高木敦史
暴走社会魔法学 夏村めめめ
U-20賞 ハワイ(How was it)?Vol.1 星野アギト
第14回
2010年
優秀賞 がらくたヴィーナス 宮越しまぞう

ヤングミステリー&ホラー部門[編集]

第5回から第10回まで全6回実施された。受賞した5作品のうち、刊行されたのは3作品のみである。

回数 タイトル
(刊行時表題)
著者
(刊行時筆名)
刊行年月 ISBN 備考
第5回(2001年) 奨励賞 匣庭の偶殺魔 北乃坂柾雪 2001年10月 ISBN 978-4044270018
氷菓 米澤穂信 2001年10月 ISBN 978-4044271015 後に角川文庫で新装丁で刊行
第6回(2002年) 優秀賞 魔を穿つレイン 渚辺環生 未刊
第7回(2003年) 受賞作なし
第8回(2004年) 奨励賞 キリングドール 鈴原まき 未刊
第9回(2005年) 優秀賞 青春俳句講座 初桜 水原佐保 2006年6月 ISBN 978-4048736930 四六判ハードカバーで刊行
第10回(2006年) 受賞作なし

注釈[編集]

  1. ^ 受賞作は未刊だが、後に「ルナティック・カーニバル 月の墜ちる夜」で同様のキャラが登場。
  2. ^ 刊行の際、『マグダミリア 三つの星 I暁の王の章』『マグダミリア 三つの星 II宰相の杖の章』と2巻に分けられ、後に現在のタイトルに改題された。