鴻巣友季子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鴻巣 友季子(こうのす ゆきこ、1963年7月15日 - )は、翻訳家エッセイスト

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。母は日本舞踊家[1]成城大学卒業、柳瀬尚紀に師事し、お茶の水女子大学英文科大学院修士課程修了、1987年から翻訳を始める。当初は心理学書、ミステリーサスペンスの翻訳が多かったが、2000年にノーベル文学賞作家ジョン・クッツェーの『恥辱』を訳し、新潮文庫の『嵐が丘』の新訳を刊行した。ほかにカナダマーガレット・アトウッドの翻訳もある。

1995年、BABEL国際翻訳大賞BABEL新人賞を受賞。1999年、トマス・H・クック『緋色の記憶』の翻訳で、BABEL国際翻訳大賞ミステリ部門を受賞。

著書[編集]

共著
  • 『翻訳問答 英語と日本語行ったり来たり』(片岡義男との共著)左右社、2014 

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 『文藝年鑑2011』
  • 『現代日本人名録』

[編集]

  1. ^ 『新刊展望』2011年12月