テンペスト (シェイクスピア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファーディナンドとミランダ

テンペスト』(: The Tempest)は、イングランド劇作家ウィリアム・シェイクスピア作のロマンス劇。「テンペスト」とは「嵐」の意であり、日本語では『あらし』とも訳される。初演は1612年ごろ。シェイクスピア最後の作品といわれる(後に共作という形では作品を発表している)。

主要登場人物[編集]

プロスペロー
前ミラノ大公
ミランダ
プロスペローの娘
エアリエル
空気の精
キャリバン
島に住む怪獣
アロンゾー
ナポリ王
セバスチャン
王の弟
ファーディナンド
王の息子
アントーニオ
ミラノ大公、プロスペローの弟
ゴンザーロー
ナポリ王の顧問官

あらすじ[編集]

The Tempest

ナポリ王アロンゾー、ミラノ大公アントーニオらを乗せた船が大嵐に遭い難破、一行は絶海の孤島に漂着する。その島には12年前に弟アントーニオによって大公の地位を追われ追放されたプロスペローと娘ミランダが魔法と学問を研究して[1]暮らしていた。船を襲った嵐は、12年前の復讐をするために、プロスペローが手下の妖精エアリエルに命じて用いた魔法(歌[2])の力によるものだった。

王の一行と離れ離れになったナポリ王子ファーディナンドは、プロスペローの思惑どおりミランダに出会い、2人は一目で恋に落ちる。プロスペローに課された試練を勝ち抜いたファーディナンドはミランダとの結婚を許される。

一方、更なる出世を目論むアントーニオは王の弟を唆して王殺害を計り、また、島に住む怪獣キャリバンは漂着した賄い方と道化を味方につけプロスペローを殺そうとする。しかし、いずれの計画もエアリエルの力によって未遂に終わる。

魔法によって錯乱状態となるアロンゾー一行。だが、プロスペローは更なる復讐を思いとどまり、過去の罪を悔い改めさせ、赦すことを決意する。和解する一同。王らをナポリに送り、そこで結婚式を執り行うことになる。

最後に、魔法の力を捨て、エアリエルを自由の身にしたプロスペローは観客に語りかける。自分を島にとどめるのもナポリに帰すのも観客の気持ち次第。どうか拍手によっていましめを解き、自由にしてくれ、と。

主人公親子
12年前に漂着
島の住人等
嵐で漂着
 
妖精
エアリエル
←幽閉 魔女
シコラクス
(故人)
→信仰
セティボス

母子

信仰
←筒抜け 怪物
キャリバン

救出
酷使

うんざり
主人公
元ミラノ大公
プロスペロー
→島掠取
←復讐

父娘

追放

兄弟

復讐

結託

ミランダ
→叔父
←姪
現ミラノ大公
アントニオー
→教唆 ナポリ王弟
セバスティアン
執事
ステファノー
道化師
トリンキュロー

結託

害意

兄弟

出来心
ナポリ王
アロンゾー
→臣下
←領主

恋人

父子

領主

臣下
ナポリ王子
ファーディナンド
ナポリ貴族
フランシスコー
エイドリアン

プロスペローの台詞

We are such stuff as dreams are made on, and our little life is rounded with a sleep.

第4幕第1場

我々は夢と同じ物で作られており、我々の儚い命は眠りと共に終わる

は、多くの文学作品で引用されている。

音楽作品[編集]

  • ベートーヴェンピアノソナタ第17番は『テンペスト』の通称を持つ。これはベートーヴェンが弟子のシントラーにこの曲の解釈について質問された際に「シェイクスピアの『テンペスト』を読め」と返答したという逸話に由来する。
  • チャイコフスキーはシェイクスピア劇を題材に3曲の「幻想序曲」を作曲しており、その一曲が『テンペスト』である。
  • シベリウスはこの戯曲のために付随音楽を作曲している。後にその中から序曲と2つの組曲が演奏会用に編まれた。

映像化[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 菊地, 善太 (2006年). “『テンペスト』の一考察 プロスペローの学問 (PDF)”. 日本大学. 2009年8月11日閲覧。
  2. ^ 菊地, 善太 (2005年). “『テンペスト』 における魔法に変容する音楽 Music Transformed to Magic in The Tempest (PDF)”. 日本大学. 2009年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]