松岡和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松岡 和子(まつおか かずこ 1942年4月17日- )は、日本の翻訳家[1]演劇評論家[2]東京医科歯科大学名誉教授。国際演劇評論家協会会員。テレビドラマや映画の英語翻訳家だった額田やえ子は義理の従姉にあたる。

イギリス文学戯曲の他、小説や評論の翻訳を手がける。第2回湯浅芳子賞、第58回日本翻訳文化賞、第75回毎日出版文化賞企画部門受賞。シェイクスピア全作の新訳に取り組んでおり[2]彩の国さいたま芸術劇場での彩の国シェイクスピア・シリーズ企画委員のひとり。2021年にシェイクスピアの戯曲の完訳を達成した。

来歴[編集]

満州新京生まれ[2]。父親の前野茂は満州国の高官(司法部と文教部の次長)だった[3]。長春市から通化市に移って居住し、通化事件と思われる大量遺体遺棄の現場を目撃する[3]。父は中共軍にとらえられ、シベリアなどで11年抑留され、後にその体験を著書『生ける屍―ソ連獄窓十一年の記録』にまとめた[3]

引き揚げ後、父親の実家の岡山をへて、東京に移る。母は東京女子大学の出身であり、その同級生がカナダ人を招いて行っていた英語教室で10歳から英語を学ぶ[4]

1956年に父親が帰国するが、脳溢血状態での帰国であり、彼はすぐに入院する[4]

東京都立豊多摩高等学校東京女子大学英文科卒業、東京大学大学院修士課程修了。

1982年から東京医科歯科大学教養部英語助教授、教授となったが、1997年翻訳に専念するため退任した。2020年、文化庁長官表彰[5]。2022年朝日賞受賞。

エピソード[編集]

大学時代に加入したシェイクスピア研究会で、『真夏の夜の夢』のボトム役を演じたことで、芝居に開眼する[6]。 当初は演出志望であり、シェイクスピア翻訳者の福田恆存が主宰する劇団雲研究生をしていた事がある[7]

著書[編集]

  • 『ドラマ仕掛けの空間』(創樹社 1986年)
  • 『すべての季節のシェイクスピア』(筑摩書房 1993年/ちくま文庫、2022年4月)
  • 『シェイクスピア「もの」語り』(新潮選書 2004年)
    • 改題『「もの」で読む入門シェイクスピア』(ちくま文庫 2012年)
  • 『深読みシェイクスピア』(新潮選書 2011年/新潮文庫 2016年)

共著[編集]

翻訳[編集]

ちくま文庫版「シェイクスピア全集」[編集]

  1. ハムレット(1996年)
  2. ロミオとジュリエット(1996年)
  3. マクベス(1996年)
  4. 夏の夜の夢間違いの喜劇(1997年)
  5. リア王(1997年)
  6. 十二夜(1998年) 
  7. リチャード三世(1999年)
  8. テンペスト(2000年)
  9. ウィンザーの陽気な女房たち(2001年)
  10. ヴェニスの商人(2002年)
  11. ペリクリーズ(2003年)
  12. タイタス・アンドロニカス(2004年)
  13. オセロー(2006年)
  14. コリオレイナス(2007年)
  15. お気に召すまま(2007年)
  16. 恋の骨折り損(2008年)
  17. から騒ぎ(2008年)
  18. 冬物語(2009年)
  19. ヘンリー六世 全三部(2009年)
  20. じゃじゃ馬馴らし(2010年)
  21. アントニーとクレオパトラ(2011年8月)
  22. シンベリン(2012年4月)
  23. トロイラスとクレシダ(2012年8月)
  24. ヘンリー四世 第一部第二部(2013年4月)
  25. ジュリアス・シーザー(2014年7月)
  26. リチャード二世(2015年3月) 
  27. ヴェローナの二紳士(2015年8月)
  28. 尺には尺を(2016年)
  29. アテネのタイモン(2017年10月)
  30. ヘンリー五世(2019年1月)
  31. ヘンリー八世(2019年12月)
  32. ジョン王(2020年6月)
  33. 終わりよければすべてよし(2021年5月)、完結

社会的活動[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “運命としか思えない” 訳者が綴る『シェイクスピア全集』33巻個人全訳の舞台裏とは|じんぶん堂” (日本語). じんぶん堂. 2021年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c 『芸術新潮』 2016, p. 87.
  3. ^ a b c 朝日新聞「人生の贈りもの(2)」2022年4月19日掲載
  4. ^ a b 朝日新聞「人生の贈りもの(3)」2022年4月20日掲載
  5. ^ 令和二年度文化庁長官表彰名簿
  6. ^ 朝日新聞「人生の贈りもの(5)」2022年4月22日掲載
  7. ^ 戯曲を翻訳する幸せ。小森 2002, pp. 215–263に所収

参考文献[編集]

  • 小森収 『はじめて話すけど… : 小森収インタビュー集』フリースタイル、2002年7月。ISBN 978-4939138089 
  • 芸術新潮』第67巻第11号、新潮社、2016年11月。

外部リンク[編集]