河合祥一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河合 祥一郎(かわい しょういちろう、1960年7月6日 - )は、日本の英文学者。東京大学総合文化研究科教授(表象文化論)。専門はシェイクスピア

人物[編集]

福井県生まれ。私立武蔵高校卒業、東京大学文学部英文科卒業、同大学大学院人文社会系研究科修士課程修了、ケンブリッジ大学に学び博士号取得、1994年東大教養学部専任講師、1997年助教授、東京大学文学博士。博士論文は『ハムレットは太っていた!』として公刊されている。2001年同著でサントリー学芸賞受賞。2007年准教授、2011年2月教授。

東大名誉教授だった高橋康也の女婿であり、また祖母の大叔父がシェイクスピア戯曲を初めて全訳した坪内逍遥である。父は四国財務局長や名古屋証券取引所理事長を務めた河合一郎

博士論文を書いた際、あまりの苦しさに、もう学者をやめたいと高橋に訴えたと著書あとがきにあり、学問の厳しさを伝える話となっている。

角川文庫でシェイクスピア戯曲の新訳を刊行中であるが、『ハムレット』の翻訳で、有名だが実は誰も翻訳で使ったことのない「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」を用いた。また、シェイクスピアに関する初期の言及として有名なロバート・グリーンの「成り上がりもののカラス」を、シェイクスピアではなく俳優ジェイムズ・アレンのことだと論じて論争となった。また、シェイクスピア全作品上演を目標に掲げる彩の国シェイクスピア・シリーズの企画委員長を務める。

2008年、『リチャード三世』を狂言化した『国盗人』を書き、野村萬斎が主演・演出した。

2014年に「Kawai Project」(カワイ プロジェクト)を立ち上げ、新訳・演出を担当した舞台の上演を行っている。

主な著作[編集]

単著[編集]

翻訳[編集]

編著・共著[編集]

  • 『シェイクスピアへの架け橋』高田康成野田学との共訳、東京大学出版会、1998年
  • 編著『シェイクスピアは誘う 名せりふに学ぶ人生の知恵』小学館、2004年
  • 『シェイクスピア・ハンドブック』小林章夫との共著、三省堂、2010年
  • 編著『幽霊学入門』、新書館、2010年
  • 編著『こんなに面白かった「シェイクスピア」』PHP文庫、2014年

主な舞台作品[編集]

※記載のない限り、新訳・演出を担当。

Kawai Project

参考[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]