豊田実 (英語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

豊田 実(とよだ みのる、1885年9月16日 - 1972年11月22日)は、英語学者、英文学者。

福岡県生まれ。青山学院高等科を経て、1912年青山学院神学科卒業[1]東京帝国大学英文科卒。青山学院教授、東京女子高等師範学校教授、1923年英国、フランスに留学する。1925年九州帝国大学教授。29年「当時ノ科学哲学及ヒ神学関係ヨリ観タルヂヨージ、エリオツトノ心意発展ニ関スル研究」で東京帝大文学博士。1946年青山学院院長、1949年青山学院大学初代学長。1964年日本英学史学会初代会長。

英学史を専門としたが、英文学の翻訳、研究も行なうキリスト教徒だった。日本英学史学会で豊田実賞が設けられている。

著書[編集]

  • 『英語発音法』 英語倶楽部社、1922
  • 『語学畑の副産物』 冨山房、1938
  • 『日本英学史の研究』 岩波書店、1939
  • 『ヂョーヂ・エリオット』 研究社〈英米文学評伝叢書〉、1939
  • 『日英語比較音声学』 研究社(研究社英米文学語学講座〉、1944
  • 『バイブル邦譯の由來』 惇信堂、1946
  • 『アメリカ英語とその文体』 研究社出版(新英米文学語学講座)、1951
  • 『私の歩いて来た道 人生と信仰』 松柏社、1973

翻訳[編集]

その他[編集]

  • 「豊田博士還暦記念文学論文集」九州帝国大学文学研究会、惇信堂、1946
  • 『熟語本位英和中辭典』 斎藤秀三郎、豊田増補新版、岩波書店、1950

脚注[編集]

  1. ^ 青山学院編集委員会編「青山学院120年」 1996年, pp.89