吉井町 (福岡県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉井町
廃止日 2005年3月20日
廃止理由 新設合併
浮羽町吉井町うきは市
現在の自治体 うきは市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
浮羽郡
団体コード 40481-1
面積 28.29km2
総人口 17,182
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 浮羽郡浮羽町浮羽郡田主丸町朝倉郡朝倉町朝倉郡杷木町八女郡星野村
町の木 モクセイカリン
吉井町役場
所在地 839-1393
福岡県浮羽郡吉井町大字新治316番地
外部リンク うきは市
座標 東経130度45分
北緯33度20分
 表示 ウィキプロジェクト

吉井町(よしいまち)は福岡県浮羽郡にあった、および現在のうきは市における旧同町町域の地域。

2005年3月20日に同郡浮羽町合併し、うきは市として市制施行したため、自治体としては消滅した。合併後の人口は約3万4000人。現在、町役場はうきは市役所吉井庁舎(議会設置庁舎)となり、業務が行われている。

地理[編集]

福岡県中南部(筑後地方)、福岡市の南東約40km、久留米市中心部から東に約25kmの場所に位置しており、現在のうきは市の北西部にあたる。町の北部を筑後川が、町の中央部を巨瀬川がそれぞれ東西に流れている。北部から中央部にかけては筑後平野の東端部にあたり比較的平坦な地形で、南部は耳納山地の一角を占めており山がちな地形である。

中心部は町の中央部にある。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

近現代[編集]

経済[編集]

産業[編集]

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば吉井町の篤農家は、「橋詰好、橋詰又三郎、原吉徳、原皎、鳥越新七、鳥越密三郎、鳥越吉太郎、彌吉澤次郎」などである[1]。橋詰又三郎、松田大策、矢野静一は農業を営み、福岡県多額納税者であった[2]

商工業
ジャーナリスト鳥越俊太郎の祖父にあたる。
素封家鳥越密三郎の長男。
  • 原皎(煙草元売捌)[3]
  • 藤山忠七(、洋物)[3]
  • 松田寛一(酒造)[3]
  • 彌吉勘吾(酒造)[3]
  • 彌吉澤次郎(薬種[3]
  • 彌吉久吾(福岡県多額納税者、製蝋)[2]
  • 矢野甚一(砂糖[3]
  • 矢野静一(薬品、洋品、飲料水)[3]
  • 矢野友吉(鉱業[3]
  • 矢野玄三(福岡県多額納税者、酒造)[2]
  • 矢野善三(会社員)[3]
  • 安武榮(仲買)[3]

地域[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

小・中学校[編集]

  • 吉井中学校
  • 千年小学校
  • 吉井小学校
  • 福富小学校
  • 江南小学校

いずれも吉井町立から合併によりうきは市立となった。

交通[編集]

鉄道[編集]

バス路線[編集]

一般路線バス[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

筑後吉井(鏡田屋敷)

吉井町出身の有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』75頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c 『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』73-76頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年12月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『福岡県壱万円以上実業家資産名鑑と大日本富豪家蓄財の経歴 大正11年8月現在』155-157頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 帝国実業奨励会編『福岡県壱万円以上実業家資産名鑑と大日本富豪家蓄財の経歴 大正11年8月現在』若越書院、1922年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。

関連項目[編集]