耳納山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
耳納山地
宮の陣橋より望む筑後川と耳納山地
宮の陣橋(久留米市)から
所在地 日本の旗 日本 福岡県
位置
最高峰 鷹取山 (802m)
延長 30km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
西方からの遠景。北麓(左側)は急で南麓(右側)は緩やか。

耳納山地(みのうさんち)は、福岡県筑後地方にある山地名。水縄山地とも表記する。

概要[編集]

耳納山地は久留米市に端を発し、大分県境まで至る。広義では津江三山(釈迦岳御前岳渡神岳)などの津江山地を含めた範囲を指す。

山地北縁に存在する水縄断層によって形成されたと考えられており、北側(久留米市側)は急な崖状、南側(八女郡側)は緩斜面となっている。東端にある森は、滝のある水源の森として水源の森百選に選定され[1]筑後川水系巨瀬川名水百選に選定された清水湧水の重要な水源となっている。

関連項目[編集]

関係自治体[編集]

山名・峠名[編集]

  • 山:高良山、耳納山、グライダー山、鷹取山
  • 峠:かんかけ峠、合瀬耳納峠

歴史・地震[編集]

道路[編集]

観光地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 滝のある水源の森 - 水源の森百選 - 林野庁