ジュリー・テイモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Julie Taymor
ジュリー・テイモア
ジュリー・テイモア
生年月日 (1952-12-15) 1952年12月15日(70歳)
出生地 マサチューセッツ州ニュートン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督、舞台監督、脚本家
活動期間 1997年–
配偶者 エリオット・ゴールデンサール
主な作品
舞台版ライオンキング
テンプレートを表示

ジュリー・テイモア: Julie Taymor 1952年12月15日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身の舞台演出家、映画監督、脚本家。1997年公開のミュージカル版『ライオンキング』で演出作家としてデビューし、トニー賞最優秀監督賞のほか衣装デザイン賞を贈られる。

略歴[編集]

大学で政治学の教授であった母と産婦人科医の父の間に、マサチューセッツ州にて生まれる。幼いときから演劇に魅了され、色々な劇団に携わる。15歳時には、両親の薦めで海外生活体験プログラムに参加、スリランカ、インドに滞在した。パリでは、ジャック・ルコック国際演劇学校(École Internationale de théâtre Jacques Lecoq(英語)パントマイムを学んだ。帰国後、オバーリン大学に入学。神話学を学びながらジョセフ・チャイキン主催オープンシアター(英語)に参加。また、在学中の1973年夏には、シアトルで行われた東洋文化のワークショップで、インドネシアの仮面舞踊演劇トペン[1]や、人形劇ワヤンについて学んだ。

1974年の卒業後、ワトソン奨学金を得て日本では文楽を学び[2]、インドネシアでは仮面舞踊のグループを立ち上げた。

ブロードウェイ・ミュージカルの『ライオン・キング』の演出で女性監督初のトニー賞[2][3]シェイクスピア劇場カンパニー (英語)から同じくウィリアム・シェイクスピア古典演劇賞を受賞した[2](通称Will Award)。映画『フリーダ』でメキシコの画家フリーダ・カーロを描きアカデミー賞最優秀オリジナル曲賞(「Burn It Blue」作曲)以下5部門の候補に残った。映画『Across the Universe[注釈 1]は著作権者のオノ・ヨーコポール・マッカートニーの承認を受けている。若手の舞台演出家を対象に、2016年に助成制度「テイモア世界演劇フェローシップ」Taymor World Theater Fellowship を創設した[4][5][3]。これはアフリカ、中南米、アジア、中東の希望地を訪れて演劇の現場を取材し、帰国後、アメリカの演劇界交流につくす人材を選ぶ制度で、旅費滞在費に当てる助成金3万アメリカドルを支給して新しい体験と実験の機会を提供する[3]

2022年には第35回東京国際映画祭のコンペティション部門審査委員長に就任した[6]

主な監督作品[編集]

舞台作品[編集]

  • Juan Darien (1996)
  • ライオン・キング (1997)
  • The Green Bird (2000)
  • The Magic Flute (2005)
  • Spider-Man: Turn Off the Dark (2010)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「1960s Beatles jukebox musical」(ビートルズの1960年代名曲ジュークボックス式ミュージカル)と評された。

出典[編集]

  1. ^ 息づく仮面―バリ島の仮面舞踊劇トペンと音楽”. older.minpaku.ac.jp. 国立民族学博物館. 2022年9月25日閲覧。
  2. ^ a b c Berger, Laura (2015年9月30日). “Julie Taymor Becomes First Woman Director to Win Shakespeare” (英語). web.archive.org. Women and Hollywood. 2015年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月25日閲覧。
  3. ^ a b c Julie Taymor Launches Fellowship for Young Theater Directors” (英語). womenandhollywood.com. 2022年9月25日閲覧。
  4. ^ TAYMOR WORLD THEATER FELLOWSHIP” (英語). TAYMOR WORLD THEATER FELLOWSHIP. 2022年9月25日閲覧。
  5. ^ Editors, American Theatre (2016年3月4日). “Julie Taymor Creates World Theatre Fellowship for Directors” (英語). AMERICAN THEATRE. 2022年9月25日閲覧。
  6. ^ 「東京国際映画祭の開催は勝利」仏女優イザベル・ユペールが来日に感激” (日本語). TOKYO HEADLINE (2021年10月30日). 2022年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]