ロバート・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロバート・キャンベル(Robert Campbell、1957年 - )は、アメリカ合衆国出身の日本文学者国文学研究資料館館長。専門は近世文学から明治期文学、特に江戸中期から明治の漢文学芸術思想などに関する研究。

人物[編集]

ニューヨーク出身(アイルランド系アメリカ人)。カリフォルニア大学バークレー校卒業。ハーバード大学大学院東アジア言語文化学科博士課程修了。1992年Ph.D.(文学博士、日本文学専攻)取得。九州大学研究生として留学後、九州大学文学部講師(1990年 - 1993年)、国文学研究資料館助教授(1995年 - 2000年)、東京大学総合文化研究科助教授、2008年教授。2017年国文学研究資料館館長。流暢な日本語を話し、日本文化への造詣も深い。BS朝日番組審議会委員。

著書[編集]

  • 『読むことの力 東大駒場連続講義』編著 講談社選書メチエ 2004年
  • 『ロバートキャンベルの小説家神髄 現代作家6人との対話』編著 NHK出版 2012年
  • 『明治文学の語り方 近代日本をクラウドで考える』編著 岩波書店 2017年

共編・共著[編集]

  • 『パリ1900年・日本人留学生の交遊 - 『パンテオン会雑誌』資料と研究』(責任編集・共編、ブリュッケ、2004年)
  • 『江戸の声 黒木文庫でみる音楽と演劇の世界』(駒場美術博物館、2006年)
  • 『Jブンガク 英語で出会い、日本語を味わう名作50』 東京大学出版会 2010年

校注[編集]

出演[編集]

情報番組[編集]

バラエティー番組[編集]

外部リンク[編集]