この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

神田愛花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

かんだ あいか
神田 愛花
プロフィール
本名 日村 愛花(旧姓:神田)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1980-05-29) 1980年5月29日(38歳)
血液型 O型
最終学歴 学習院大学理学部数学科卒業
所属事務所 セント・フォース
職歴 NHKアナウンサー
福岡東京アナウンス室、2003年 - 2012年)
活動期間 2003年 -
配偶者 日村勇紀2018年 - )
公式サイト セント・フォース
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
その他 第56回NHK紅白歌合戦スキウタ』お披露目隊
福岡局第2代地上デジタル放送推進大使

神田 愛花(かんだ あいか、1980年5月29日 - )は、日本フリーアナウンサーセント・フォース所属。元NHKアナウンサー。身長156cm。本名:日村 愛花(ひむら あいか、旧姓:神田)。夫はお笑いコンビバナナマン日村勇紀

人物

学生時代

大妻中学校・高等学校を経て学習院大学理学部数学科卒業[1]。中学・高校時代には生徒会長を務めた。

大学時代は飯高茂(学習院大学理学部数学科教授)研究室に在籍した[2]。また、大学在学中には女性ファッション雑誌読者モデルとして登場したことがあるほか、3年生時にはミスキャンパスコンテストで、「準ミス学習院」に選ばれた[1]

NHKアナウンサー

大学卒業後、2003年入局。初任地は拠点局の福岡放送局だった[1]

福岡局時代から(特に2005年以降)度々全国区の番組に出演、2005年には青山祐子の代役で『サタデースポーツ』、『サンデースポーツ』のキャスターを務めたほか、第56回NHK紅白歌合戦スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』のお披露目隊として先輩の高山哲哉とともに日本全国を走り回った。主に東日本担当であった。また、2006 FIFAワールドカップ放送では総合テレビで日曜日の朝に放送されていたウィークリーハイライトのサブMCも務めた。このこともあり期間中は毎週上京していた。

2007年春の東京異動後、2年間務めた塚原愛の後任としての『爆笑オンエアバトル』6代目司会(この時、キャッチフレーズは「愛から愛花へ」)[3] と、BS hiの番組『にっぽん力検定』(その後『双方向クイズ にっぽん力』に改題)の司会となった[4]。また、2007年11月25日には、全国高等専門学校ロボットコンテストの全国大会の司会を担当した。

2008年フジテレビで放送された『FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』内「さんま・中居の今夜も眠れない」では、明石家さんまが選ぶ「さんまのラブメイト10」の4位とされた[5]

2012年2月にNHKを退職する意思を伝え[6]、3月31日付で退職。

フリーアナウンサー

退職後にフリー転身を目指して複数の芸能事務所と所属契約の交渉を行い、2012年7月、セント・フォースに所属することが決まる[7]

同年10月2日よりフリーとして活動開始。TBSラジオの『ザ・トップ5〜リターンズ』のパーソナリティ(毎週火曜日)[8] などに出演。

2013年4月から1年間フジテレビ『めざにゅ〜』のメインキャスター(月曜 - 水曜)を務めた[9]

2015年4月17日発売の写真週刊誌フライデーにてお笑いコンビバナナマン日村勇紀との交際を報じられ[10]、双方の事務所も交際を認めた[11]。ただし神田の母親は交際を反対し、日村の母親も、神田との交際には反対していた[12]

2018年4月7日、日村勇紀との婚姻届を提出[13]。日村が当日の『バナナマンのバナナムーンGOLD』で報告した。

趣味・嗜好

趣味は、海釣り[1][14]歌舞伎鑑賞[1]

資格・免許

出演番組(NHK在職時代)

レギュラー番組
単発番組など

出演番組(フリー転向後)

現在の出演番組

テレビ

過去の出演番組

テレビ

ラジオ

ウェブテレビ

同期の女性アナウンサー

脚注

  1. ^ a b c d e “元準ミス学習院の神田愛花アナ 福岡時代から全国放送に異例の抜てき”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年7月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/07/05/kiji/K20120705003611660.html 2015年7月26日閲覧。 
  2. ^ サイエンスインタビュー 第3回 「挑戦し、極める」”. 学習院大学理学部. 2015年4月21日閲覧。
  3. ^ なお、この番組には夫である日村もバナナマンとして出場経験があるが、バナナマンが出場した年は1999年度から2003年度までであるため、ここで神田と日村が共演した事は一切無い
  4. ^ なお、『スキウタ』の相方だった高山はかつて『オンエアバトル』の3代目司会者だった。
  5. ^ この企画では2006年、同じくNHKアナウンサー・鈴木奈穂子が5位となっている。
  6. ^ NHK神田アナ退社、フリーに転身へ 日刊スポーツ 2012年2月13日閲覧
  7. ^ 元NHKアラサー美人 神田愛花アナがフリー転身 スポーツニッポン 2012年7月5日閲覧
  8. ^ TBSラジオ 秋の新番組情報! TBSラジオ
  9. ^ 元NHK神田愛花「めざにゅ〜」で早朝の顔に (リンク先から見られる2ページ目も参照)2013年3月7日閲覧。
  10. ^ 『バナナマン日村とあの元NHK美人アナ仰天の半同棲中』フライデー 2015-04-17。2015年4月18日閲覧
  11. ^ 『バナナマン日村 8歳下・神田愛花アナと熱愛、ともに認める』(スポニチアネックス 2015年4月17日配信) 2015年4月18日閲覧
  12. ^ バナナマン日村の母激怒!神田愛花との結婚は「絶対ない!」(2015年7月4日)、女性自身公式サイト。
  13. ^ “バナナマン・日村 神田愛花と結婚 交際約3年 45歳の春”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年4月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/07/kiji/20180407s00041000076000c.html 2018年4月7日閲覧。 
  14. ^ アナウンスルームブログ:神田愛花 NHKオンラインアナウンスルームブログ 2011年10月13日付(web魚拓による保存措置)
  15. ^ 「亀田興毅に勝ったら1000万円」対戦相手決定”. ナリナリドットコム (2017年5月2日). 2017年5月7日閲覧。

外部リンク

先代:
塚原愛
(2005年4月 - 2007年3月)
爆笑オンエアバトル司会者
神田愛花
(2007年4月 - 2008年3月)
次代:
小松宏司
(2008年4月 - 2010年3月)