齋藤希史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

齋藤 希史(さいとう まれし、1963年3月18日[1] - )は、日本漢文学者、東京大学教授。専門は中国古典文学、末-明治期の言語・文学・出版。

経歴[編集]

千葉県生まれ。開成中学校・高等学校京都大学文学部中国文学科卒、同大学院文学研究科博士課程(中国語学中国文学)中退。京都大学人文科学研究所奈良女子大学助教授、国文学研究資料館助教授、2005年東大総合文化研究科助教授、2007年准教授。2012年教授。2015年東大人文社会系研究科・文学部教授(中国文学)。

2005年『漢文脈の近代』でサントリー学芸賞受賞。2011年『漢文スタイル』でやまなし文学賞受賞。

著書[編集]

共著ほか
  • 編『日本を意識する 東大駒場連続講義』講談社選書メチエ、2005
  • 品田悦一 『「国書」の起源 近代日本の古典編成』新曜社、2019

校訂[編集]

松田清ロバート・キャンベル杉下元明鈴木健一日原傳堀口育男堀川貴司山崎一穎らと共編校注
  • 『新日本古典文学大系 明治編14 翻訳小説集1』岩波書店、2013
中川久定峯村至津子・秋山伸子・渡辺喜之と共編校注

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.317

関連項目[編集]

参考[編集]

  • 『漢文スタイル』著者紹介[1]

外部リンク[編集]