久住昌之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久住 昌之
(くすみ まさゆき)
生誕 1958年7月15日(58歳)
日本の旗 東京都三鷹市
職業 漫画原作者漫画家ミュージシャンエッセイスト、装丁家
代表作 孤独のグルメ』(1994年 - )
中学生日記』(1998年
受賞 文藝春秋漫画賞(1999年)
みうらじゅん賞1999年
公式サイト Qusumi's Homepage
テンプレートを表示

久住 昌之(くすみ まさゆき、1958年7月15日 - )は、日本漫画原作者漫画家エッセイスト、装丁家。泉晴紀とともに泉昌之(いずみ まさゆき)としてコンビを組んだり、実弟の久住卓也とともにQ.B.B.としてコンビを組んで、作品を発表した。漫画業の他にも、デザイン・音楽など幅広い活動を行う。

経歴・人物[編集]

東京都三鷹市出身。法政大学社会学部卒業。大学在学中から美術や音楽活動に興味を持ち、美学校に通い、赤瀬川原平に師事した。また、南伸坊などと知り合う。1981年には、美学校の同期生、泉晴紀とコンビを組み、「泉昌之」として『ガロ』誌に漫画を持ち込み、漫画家デビューする。

また、写真家・滝本淳助とのコンビによる「写真四コマ漫画」も発表。滝本とはその後も交友が続き、彼の異常な価値観を描いた『タキモトの世界』。また、滝本や周辺の人が見た不思議な夢を聞き集めて、久住が絵に描いた『夢蔵』(漫画家の「東陽片岡」がそのペンネームを決める切っ掛けとなった夢も収録されている)なども執筆している。

1985年、初の単独著作『近くに行きたい 舞台は江ぐちというラーメン屋』を上梓。学生時代からいきつけにしていた駅前のラーメン屋「江ぐち」を舞台にしている。

1987年から『タモリ倶楽部』のコーナー「東京トワイライトゾーン」にも、滝本とともにレギュラー出演。

平行してデザインや装丁・エッセイの仕事でも活躍。

また、実弟の絵本作家・久住卓也との2人からなる漫画家ユニット「Q.B.B.」(Qusumi Brothers Bandの略。昌之が原作で、卓也が作画を担当)でも活動。『月刊漫画ガロ』にて1994年から1997年(『ガロ』休刊後、『アックス』に掲載)まで連載された『中学生日記』(青林工藝舎)で第45回文藝春秋漫画賞を受賞した。また、同作品は2006年山下敦弘監督により短編映画化され、その映画のDVDには『中学生日記』の新作漫画が添付されている。

谷口ジローとのコンビによる漫画『孤独のグルメ』は、イタリア・フランス・スペイン・イギリス・ブラジル等で翻訳出版、2012年にはテレビドラマ化され、久住は一部音楽も担当した。また水沢悦子の作画による『花のズボラ飯』もヒットし、2012年にテレビドラマ化され、音楽を担当した他、九墨正雪名義で出演もしている。

他に、江口寿史の元アシスタントである漫画家・河野哲郎とのコンビ作もある。河野のアメリカ漫画的な絵柄をいかした、アメリカほら話的なテイストな作品を書いている。

バンド活動も学生時代から行っており、楳図かずおの“まことちゃん”のバンドにも参加する他、自身のバンド「モダン・ヒップス」ソロ名義での「ミュージコミクス」The Screen Tones名義の「孤独のグルメ」でCDリリースなども行っている。

作品リスト[編集]

単著[編集]

共著(泉昌之名義)[編集]

共著(Q.B.B.名義)[編集]

共著(その他)[編集]

CD[編集]

  • 「ミュージコミクス」地底レコードB51F
  • 「孤独のグルメO・S・T」w/スクリーントーンズ 地底レコードB54F

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 孤独のグルメ 最終話(2012年3月、テレビ東京) - カウンター男性客 役
    • 孤独のグルメSeason2 最終話(2012年12月) - 久住さん 役
    • 孤独のグルメSeason4 最終話(2014年9月) - 久住さん 役
  • 花のズボラ飯(2012年10月、MBSテレビ) - 本屋の店長 役 ※九墨正雪名義
  • タモリ倶楽部(1987年ほか、テレビ朝日

ラジオ[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]

メールマガジン