滝本淳助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

滝本 淳助(たきもと じゅんすけ、1954年 - )は、日本のカメラマン

来歴[編集]

東京都出身。法政大学在学中の1973年[1]、劇団「東京キッドブラザース」に在籍していた巻上公一(1978年にヒカシューを結成)に誘われて独学で写真を学び[2]、同劇団の専属カメラマンを務める。

1978年[3]、巻上から末井昭(編集者で『写真時代』の創刊者)を紹介され、雑誌などでフリーカメラマンとして活動する[4]

久住昌之によるレポート「タキモトの世界」は、雑誌『写真時代』(白夜書房)の1985年9月号から1989年8月号まで連載され、これをまとめて1992年に同タイトルで単行本として太田出版から刊行された。その後2013年復刊ドットコムから復刊された[5][6]。久住との雑談形式で、ペパロニライスなど[7]、滝本が持つさまざまな価値観が言語化されている[3]

1989年TBSの『三宅裕司のいかすバンド天国』にも出場したロックバンド大島渚」に、ドラム・タンバリンで参加した(アルバム第1作のみ)。他のメンバーにはみうらじゅん喜国雅彦らがいた。

テレビ[編集]

連載[編集]

著書[編集]

  • 「ア・ン・バ・ラ・ン・ス ヒカシュー詩・写真集」滝本淳助撮影 パブリッシャーハウスアミューズ 1981
  • 「写真四コマ漫画」久住昌之 作,滝本淳助 撮影 白夜書房 1984
  • 「東京トワイライトゾーン : タモリ倶楽部」久住昌之, 滝本淳助 著 日之出出版 1989
  • 「タキモトの世界」 - 久住昌之と共著
  • 「東京3D案内」 滝本淳助 撮影,えのきどいちろう 著 ソニー・マガジンズ 1993
  • 「ステレオ必勝ガイド VOL.1」ステレオ必勝ガイド編集部編、太田孝幸&滝本淳助:総指揮 1993
  • 「夢蔵 Super dream collection」久住昌之 情報センター出版局、1995(久住昌之の単独名義の著作だが、登場する夢の大半が、滝本が見た夢である)
  • 「三昧般若経」 滝本淳助 写真 無双舎 2010
  • 「滝本夢絵日記」 滝本淳助 著,久住昌之 聞き手 ポット出版 2015

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]