えのきどいちろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

えのきど いちろう(男性、1959年[1]8月13日 - )は、日本コラムニスト[2]。本名:榎戸 一朗(読み方同じ)。Vジャンプにて我輩はゲームである。を連載中。

略歴[編集]

秋田県出身[1]中央大学杉並高等学校中央大学経済学部卒業。大学在学中に仲間内で発刊したミニコミ誌『中大パンチ』が宝島の編集者の目に留まり、在学中からコラムニストとして活動を始める。消しゴム版画家のナンシー関ホットドッグプレスの編集者(当時)をしていた、いとうせいこうに紹介して、世に送り出した。
2007年から、アイスホッケークラブチーム「H.C.栃木日光アイスバックス」の運営会社である、株式会社栃木ユナイテッドの取締役を務める。北海道日本ハムファイターズの大ファンとしても知られ、現在も北海道新聞や文春野球でコラムを掲載している。えのきど自身も少年時代は釧路市に在住しており、野球やアイスホッケーに興じていたという。

アルビレックス新潟のサポーターでもあり、公式ウェブサイトの「アルビレックス散歩道」や新潟日報等でコラムを手掛けている。
執筆活動と共に、テレビ・ラジオのレギュラーも数多く、テレビ番組では、2002 FIFAワールドカップ開催時にスカパー!で関連番組の司会を務め、ラジオ番組では、文化放送の平日帯 朝ワイド番組のパーソナリティを4年間 担当した。

テレビゲーム好きで桃太郎電鉄は1回目で全物件制覇ができるが、リセットを何度も使う。妻もゲーム好きで、UNOの日本チャンピオン。

ペンネーム・芸名が平仮名の理由は漢字表記の「榎戸」だと「えのど」と間違えられるから。

著書[編集]

  • 「女子プロレスによろしく」
  • 「えのきどいちろうニッポン非公認記録」
  • 「社会の窓」
  • 「新・ニッポン非公認記録」
  • 「妙な塩梅」
  • 「東京3D案内」
  • 「井上陽水全発言」
  • 「ラブなんだな」
  • 「二十世紀の梨と真実」
  • 「心配御無用」
  • 「妙な塩梅」(文庫バージョン)
  • 「西へ行く者は西へ進む」
  • 「我輩はゲームである。其ノ壱」 (集英社、2008年12月19日)ISBN 4087794903
  • 「我輩はゲームである。其ノ弐」(集英社、2010年9月21日)ISBN 4087795691
  • 「サッカー茶柱観測所」
  • 「F党宣言!俺たちの北海道日本ハムファイターズ」
  • 「アルビレックス散歩道 2009-2010」(アルビレックス新潟公式サイトでの連載をまとめたもの。アルビレックス新潟オフィシャルインターネットショップでのみ購入可能)
  • 「アルビレックス散歩道 2011」
  • 「愛の山田うどん 廻ってくれ、俺の頭上で!!」(北尾トロとの共著)
  • 「アルビレックス散歩道 2012」
  • 「みんなの山田うどん かかしの気持ちは目でわかる!」(北尾トロとの共著)

出演[編集]

現在の主な出演[編集]

過去の主な出演[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]