北尾トロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北尾 トロ(きたお トロ、1958年1月23日[1] - )は、日本のフリーライター、個人事務所(株)ランブリン代表、『季刊レポ』編集長。本名は伊藤 秀樹福岡県福岡市生まれ。裁判傍聴を重ね、著書を多数執筆。

概要[編集]

東京都立日野高等学校法政大学社会学部卒業。フリーター編集プロダクションのアルバイトなど経て、フリーライター。

30代の初めライターの下関マグロらと脳天気商会という会社、バンドを数年やっていたことがある。下関マグロとは数冊、共著もある。30歳頃から、現在のペンネームで『別冊宝島』、『裏モノの本』などに執筆活動を開始。

1999年からインターネットを利用したオンラインの古書店「杉並北尾堂」を始める。ライターとしては、ゲイ、裏稼業、裁判傍聴ものなどサブカルチャーや一風変わった人生、生き方などを紹介するものが多い。40代になってからは、「本の町」を日本にもと考え、2008年には長野県高遠町を舞台に、「本の町プロジェクト」を展開している。

2010年に責任編集をつとめるノンフィクション雑誌「季刊レポ」を創刊。2015年、20号を刊行して終刊。

おもな著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.448

外部リンク[編集]