桃太郎電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桃太郎電鉄シリーズ > 桃太郎電鉄

桃太郎電鉄』(ももたろうでんてつ)は、1988年12月2日にハドソンから発売された、ファミリーコンピュータボードゲームソフトである。桃太郎電鉄シリーズの第1作、また桃太郎シリーズの第2作で、タイトルは桃太郎シリーズの初回作『桃太郎伝説』のセルフパロディ。略称は、頭文字で省略した場合前作の略称「桃伝」(ももでん)と同じ読みになるので、混同を避けるため「桃鉄」(ももてつ)となっている(カートリッジには「桃鉄」と大きく描かれており、さくまあきら土居孝幸が携わっていた『ジャンプ放送局』でもネタにされていた)。パッケージにはサブタイトル「日本一周すちゃらかトレイン」が併記されている[1]

概要[編集]

シリーズの第1作目。シリーズの根本的なシステムの多くは2作目以降になってから確立されたものが多く、また、現在の作品では存在しないシステムやルールも多い。

さくまあきらは夕張メロンピュアゼリーの味に感激し、「どうしてもこの素晴らしい商品をみんなに知ってほしい」と思い、その手段としてゲームソフト「桃太郎電鉄」を開発したと自身の日記に綴っている。

ルール[編集]

  • スタート地点は東京駅で、国からの援助金100万円と200万円の鉄道路線を所持してスタートする。
  • 1年は春・夏・秋・冬の4ターン。1個サイコロを振り移動した後、2個サイコロを振って出た目の数に応じたイベントが発生する。内容は基本的に所持金の増減のみだが、秋のみそれ以外のイベントもある。基本的に出目の数が小さいほど良いイベントが起こる。
    夏に収入が多く冬に支出が多い点は、後のシリーズとも共通点がある。
    後のシリーズと異なり、相手プレイヤーを攻撃するイベントはない。
  • フェリーにはマスが用意されておらず港間の移動となり、サイコロを2個振ってイベントを決定するのみ(内容も地上とは一部違う)。移動で4ターン(1年)消費する。
  • 目的地は各プレイヤーによってばらばらで、全ての物件駅が対象となる。出目がオーバーしても通りかかるだけで到着となり、前回の目的地から距離が遠いほど援助金が多くもらえる。後のシリーズと異なり、貧乏神が存在しない。
  • 物件駅では通常の物件以外に鉄道が購入可能(購入単位は隣接物件駅までの区間、バス路面電車は物件扱い)。イベントで所持金が足りなくなると物件を半額で売却して補填する点は後のシリーズと同じだが、鉄道は売却不可能で、この点は後のシリーズの農林物件に近い。
    また、借金という概念が本作には存在しないため、全物件を売り払って所持金が足りなければ「無一文(=所持金0円)」になる。
    一定以上の資金または物件を所持していると、特定のマスに特定の季節に辿り着いた時にイベントが起きたり、特産品の物件を買うことができる。
  • 開始から数年および10年目前後にインフレが起こる。物件・鉄道の値段は変わらないが、収入・支出・援助金がそれまでの2倍になる。
  • 勝敗の基準は以下の3種類から選択可能。
    • 収益額が一定の金額に達した者
    • 既定の年数で収益額が最も高い者
    • 桃太郎ランド購入者(プレイヤーが全員人間の場合のみ)
    後のシリーズとは異なり、「所持金」は勝敗には影響されず、また収益率も全ての物件・鉄道において一律25%で、物件駅を独占しても収益率が2倍にならないため、実質上所持している鉄道・物件の価格の総合計で勝敗が判断されることになる。
    桃太郎ランド争奪戦でプレイした場合のみ、エンディングがスタッフロールとなる。

その他

  • タイトル画面のBGMが、初代桃太郎伝説での地上フィールドのBGMのアレンジである。
  • 目的地到着のBGM(その後の作品で言うところの「成功のファンファーレ」)は、数あるBGMの中で唯一、桃鉄シリーズの全作品で使われている。元々は初代桃太郎伝説の段アップ用音楽である。
  • 那覇へは秋の緊急会議のイベントのみで行ける(物件購入画面が終了すると、元のマスに戻る)。また、角館豊橋浦安宇治などには隠し物件がある。
  • 滋賀県佐賀県は、後のシリーズにて物件駅が全く登場しないことも多いが、本作では米原鳥栖がそれぞれ登場している。
    滋賀県は後のシリーズではたびたび登場し、佐賀県も2009年発売の『2010』で鳥栖が復活した。
  • ランダムでスリの銀次に遭遇し、所持金の半分、もしくは全てを盗まれてしまう。
  • 隠し物件を含めて全ての温泉物件を買い占めると、女湯の一枚絵が表示されるイベントが起こる。
  • 中津川などに止まると、コンサートのイベントが発生する。成功すれば臨時収入が得られる。対象となるマスは隠し物件駅と同様にマップに駅名が表示されていない。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ HAPPY』でのアレンジした本作のマップ曲のタイトルが「すちゃらかトレイン」となっている(原曲は「すちゃらか列車でいこう」)。

外部リンク[編集]