世田谷学園中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世田谷学園中学校・高等学校
世田谷学園正門
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人世田谷学園
設立年月日 1592年(創基)
1902年(現行)
創立者 曹洞宗
共学・別学 男女別学男子校
中高一貫教育 準完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科・専修科
学期 3学期制
高校コード 13649C
所在地 154-0005
公式サイト 世田谷学園 中学校・高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
世田谷学園中学校・高等学校の位置(東京都区部および多摩地域内)
世田谷学園中学校・高等学校

世田谷学園中学校・高等学校(せたがやがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都世田谷区三宿に所在し、中高一貫教育を提供する私立男子中学校高等学校である。曹洞宗が運営する。高等学校においては25人生徒を募集し(スポーツまたは仏教専修科)、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では3年間別々に学級を編成する準完全一貫校[1][2][3]

概要[編集]

1592年文禄元年) 曹洞宗吉祥寺学寮旃檀林)として誕生し、江戸時代には漢学研究の中心として幕府の昌平坂学問所東京大学の前身)と並び称された由緒ある伝統校である。

  • 中高一貫生は1学年200名程度と比較的小規模で、生徒一人一人の進学希望を達成すべくきめ細かな指導体制を整えている。
  • 3期制であり、1時限50分・週6日授業を行っている。[4][5]
  • 制服は、紺色詰襟(いわゆる学ラン)。

教育区分[編集]

中学校の第1学年および第2学年の前期2年間、中学校第3学年ならびに高等学校の第1学年の中期2年間と高等学校の第2学年および第3学年の後期2年間に区分する「2-2-2制」を採用している[7]

沿革[編集]

「旃檀林」の名称は中国唐代の禅僧の永嘉(ようか)大師玄覚(675~713年)の作とされる『証道歌』に「旃檀林に雑樹無し、鬱密深沈として獅子のみ住す」から取られた。世田谷学園の生徒は栴檀林に学ぶ誇り高き「獅子児」であるとされる。

  • 1902年明治35年)- 曹洞宗第一中学林に改称。
  • 1912年大正2年)- 現住所に校舎が移転。
  • 1924年(大正13年)- 校名を世田谷中学と改称。
  • 1948年昭和23年)- 世田谷高等学校を開設。
  • 1983年(昭和58年)- 校名を現在の世田谷学園中学校・高等学校に改称。

かつては普通科の他に商業科理数科および帰国生の受け入れを行っていた時期があったが、現在は全て無い(ただし、2019年度より帰国生優遇措置が導入予定である)。また過去には同じ曹洞宗立の駒澤大学に多くの者が進学していた。

教育理念・モットー[編集]

  • “Think & Share” -「天上天下唯我独尊」
  • 「明日をみつめて、今をひたすらに」 -“from Vision to Reality”
  • 「違いを認め合って、思いやりの心を」 -“from Respect for Each to Respect for All”

主要な学校行事[編集]

学園祭[編集]

学園祭の名称は「獅子児祭(ししじさい)」であり、毎年9月の第2日曜日と第3月曜日(敬老の日)に催され、7000人程度が訪れる。

  • 2009年度はインフルエンザ流行のため、中止になっている。

体育祭[編集]

体育祭は中学1年~高校3年生の5組(赤・青・黄・黒・白)の縦割りの編成で、様々な競技が行われる。第1回体育祭は6月1日代々木第一体育館で行われた。

  • 2016年度までは学園内の施設を用いて、水泳や各種球技を中心とした体育競技会というものを開催していた。

[8]

部活動[編集]

運動部・文化部がともに16、同好会が7つ存在する。

運動部[編集]

  • 硬式野球部は過去に1度選抜(1993年)に出場したことがある。
  • 空手道部・バスケットボール部・水泳部は、関東大会やインターハイ等に数多く出場している。
  • 柔道部は、講道学舎から生徒を受け入れていたため、毎年インターハイ等の全国大会に出場し、上位成績を修めていた。また、多数の著名な格闘家・柔道選手を輩出し、オリンピックのメダリストも数人輩出している。現在は受け入れをしておらず、一般生のみで活動している。獲得した全国タイトルは、計30回(金鷲旗14回・インターハイ6回・選手権10回)を誇る。

文化部[編集]

  • 生物部は、日本学生科学賞奨励賞を2年連続で受賞し、サイエンスキャッスル東北大会ではメタジェン賞を受賞した(ともに2016年)。
  • 小説の執筆だけでなくコントや落語も行う文芸部や、仏教青年会という特色ある部活動も存在する。

生徒会[編集]

  • 生徒会が全生徒により組織されるが、運営は主に直接選挙により選出された会長・副会長・各役員や有志の執行部らによって執り行われる。また、学園祭・体育祭の際にはそれぞれ実行委員会が組織され、運営を統括する。

入学方法[編集]

  • 一般の筆記試験による入学は中学校に限られる。現在は4教科(国語・算数・理科・社会)での受験方式のみだが、2019年度より算数単科目での「算数特選入試」(2月1日午後・特待生選抜20名)の新設が予定されている。[9]
  • 特待生の選抜は算数特選入試での20名と2月2日の10名の合計30名。特待生は入学後1年間学費が免除される。また在学中は成績に応じてその都度1年間の特待生が採用される。
  • 高等学校はスポーツ成績優秀者を選抜するスポーツ選抜(硬式野球柔道空手道バスケットボール等)が各学年に1クラスずつあり、他に仏教専修科がある。

交通アクセス[編集]

著者な卒業生・関係者[編集]

関係学校[編集]

大学・短期大学
高等学校・中学校

関連項目[編集]

脚注及び参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世田谷学園高校の学校情報-高校受験パスナビ旺文社)の「カリキュラム」によれば、「内部進学生とは3年間別クラス。」と記載されている。
  2. ^ 世田谷学園高校の入試情報-高校受験パスナビ(旺文社)によれば、推薦入学試験募集人員は12人、一般入学試験(スポーツ)募集人員は13人である。
  3. ^ 中学入試要項-世田谷学園中学校高等学校によれば、中学校生徒募集人員は200人、高等学校生徒募集人員は25人であり、両方の合計は225人となる。高等学校からの生徒募集数25人を中学校・高等学校からの生徒募集総数225人で除した数値の比率が11.11%である。『平成12年度版 全国注目の中高一貫校』(学習研究社1999年8月発行)の「要注意! この学校には高校から入れない!!」のp.68の表のうち「1999年の募集人員が少なかった私立高校の例」によれば、「高1生の在籍生のうち外進生比率が20%以下の主な学校」には世田谷学園が準完全中高一貫校として分類されている。
  4. ^ 校長のおはなし-世田谷学園中学校高等学校の「平成29年4月」による。
  5. ^ 2008年度までは2期制・1時限70分・週5日授業、2016年度までは2期制・1時限50分・週6日授業を行っていた。
  6. ^ 世田谷学園ご訪問 | ダライ・ラマ法王日本代表部事務所” (日本語). www.tibethouse.jp. 2018年4月25日閲覧。
  7. ^ 学習・進路指導-世田谷学園中学校高等学校の「中高一貫教育」による。
  8. ^ 体育祭の開催- 世田谷学園中学校・高等学校 の記載による。
  9. ^ 2019年中学入試について | 世田谷学園” (日本語). 世田谷学園. 2018年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]