たくさんのふしぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

たくさんのふしぎ』は、福音館書店が発売している月刊科学絵本シリーズ。小学3・4年生向け。全40ページ。

概要[編集]

1985年4月に創刊。小学校3年生以上向けに、科学的な絵本を毎月刊行している。執筆者は毎月異なり、著名な執筆者に谷川俊太郎タイガー立石星野道夫角野栄子本川達雄高頭祥八森枝卓士らがいる。

人気だった作品は、「たくさんのふしぎ傑作集」と題して福音館書店から単行本化されている[1]

巻末に「ふしぎ新聞」と呼ばれる新聞型の連載ページが付属している。主なコーナーは、著者のコメントのほか、たくさんのふしぎの会員と、校腸(こうちょう)(校長ではない)高橋幸子とのチャット系の、毎月のテーマに合わせたお便りを紹介する「みみずの学校コーナー」。

福音館書店が刊行している他の科学的な月刊誌には現在「かがくのとも」(5〜6歳向け、1969年創刊)と「ちいさなかがくのとも」(3〜5歳向け、2002年創刊)がある。

単行本化された作品[編集]

「たくさんのふしぎ」で人気のあった号は「たくさんのふしぎ傑作集」として福音館書店から単行本化されている。また、「たくさんのふしぎ」で出た号の中には、後に他社から単行本化された作品もある。

たくさんのふしぎ傑作集[編集]

1989年から「たくさんのふしぎ傑作集」として表紙(作品によっては記述も)を初出時より一部改訂して刊行している。中には月刊誌として刊行されてから10年、20年経ってから傑作集で復刊する作品もある[2]

他社から単行本化[編集]

  • 御殿場線ものがたり (宮脇俊三 文/黒岩保美 絵) - 1986年3月号、、1992年10月 「たくさんのふしぎ傑作集」として刊行、2015年12月 復刊ドットコムから単行本化
  • 青函連絡船ものがたり (宮脇俊三 文/黒岩保美 絵) - 1988年1月号、1992年10月 「たくさんのふしぎ傑作集」として刊行、2016年 復刊ドットコムから再単行本化
  • ふしぎな鳥の巣(初出時のタイトルは「鳥の巣」、鈴木まもる作) - 2004年4月号、2007年10月偕成社より刊行

関連本[編集]

  • ふしぎふしぎ200 (ふしぎ新聞社 編・著) - 2001年11月20日刊
2001年11月号で通巻200号となった記念本。

喫煙描写による販売中止[編集]

2010年2月号『おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり』(太田大輔 文・絵)は、販売中止されることが2009年12月28日に発表された[3][4]。作品内で主人公の祖父はたばこ好きの設定となっており、孫二人と一緒にいる場面でもパイプで喫煙している姿も複数描かれている。また、巻末に「たばこと塩の博物館」の協力がクレジットされている。これらにより、世界保健機関 (WHO) によるたばこ規制枠組条約に違反してるとの指摘や、「たばこと塩の博物館」の運営母体である日本たばこ産業 (JT) の関与が疑われるとの指摘もあった。福音館書店は喫煙および受動喫煙による健康被害の認識が足りなかったことを認め、協力のクレジットは作品内で描かれる江戸時代の風俗に関して時代考証を依頼したためで、日本たばこ産業が作品内容に関与した疑いは否定し、販売中止および回収の決定を発表した。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 【小学3年生から】たくさんのふしぎ|月刊誌のご案内|福音館書店”. 福音館書店. 2018年8月11日閲覧。 “「たくさんのふしぎ傑作集」のご紹介

    「たくさんのふしぎ」の中でも、特に人気のあったバックナンバーは、「たくさんのふしぎ傑作集」(ハードカバー)として刊行しています。”
  2. ^ 1994年2月号『南極のスコット大佐とシャクルトン』は2016年4月に刊行
  3. ^ 塚田和敏(福音館書店 代表取締役社長) (2009年12月28日). “「たくさんのふしぎ」2010年2月号『おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり』についてのおしらせ”. 福音館書店. 2009年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月16日閲覧。
  4. ^ 喫煙描写の児童誌 指摘受け販売中止:ニュース:教育:YOMIURI ONLINE(読売新聞)”. 読売新聞 (2009年12月29日). 2010年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月16日閲覧。