東陽片岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東陽 片岡(とうよう かたおか 1958年6月16日[1] -)は、日本漫画家、イラストレーター。東京都板橋区出身。

来歴[編集]

多摩美術大学美術学部デザイン科卒業後、雑誌デザイナーをしていたが、並行して個人漫画のミニコミを発行。その特異さと完成度の高さから、評判になる。1994年、雑誌「ガロ」に投稿し入選。「長井勝一が選んだ最後の新人」とされる。

「東陽片岡」というペンネームの由来は、彼がで渡された名刺にあった名前だという[2]

四谷三丁目でスナックを経営している[3][出典無効]

作風[編集]

昭和を感じさせる、下町に暮らす人々とその生活をテーマとして、下品シュールを織り交ぜたエロ・グロ・ナンセンスでありながら、ダウナーで妙にリアリティを感じさせる独自の世界を描いている。映画『三丁目の夕日』のような「昭和」とは対極に位置する、下品で貧乏くさい「昭和」である。

作品は、スクリーントーンを使用せず、すべて手描きで、また、アシスタントも使用していない。登場人物が暮らす古アパートの、の細かい目をびっしりと描き込むのも特徴で、「畳職人漫画家」とも呼ばれる。

作品リスト[編集]

  • やらかい漫画(青林堂)- 初版発行1996年9月20日
  • されどワタシの人生(青林工藝舎)- 初版発行1999年3月20日
  • 段ボール低国の天使たち(実業之日本社/マンサンコミックス) - 初版発行2000年12月29日
  • 東陽片岡 哀愁劇場(青林工藝舎) - 初版発行2002年7月30日
  • お三十路の町(小学館
    • 巻の1 - 初版発行2002年9月20日
    • 巻の2 - 初版発行2002年11月20日
    • 巻の3 - 初版発行2004年9月20日 ※全3巻で終了した理由は「締め切りを守らない為の打ち切り」
  • うすバカ二輪伝(青林工藝舎)- 初版発行2003年11月20日
  • うすバカ風俗伝(青林工藝舎)- 初版発行2006年1月20日
  • やさぐれ煩悩ブルース(メディア・クライス)- 初版発行2008年2月
  • うすバカ昭和ブルース(青林工藝舎)- 初版発行2008年5月
  • ステテコ行進曲(青林工藝舎)- 初版発行2009年9月
  • ほどよい男たちのバラード(秋田書店)- 初版発行2009年9月
  • レッツゴー!! おスナック(青林工藝舎)- 初版発行2010年7月23日
  • 熟女ホテトルしびれ旅(青林工藝舎)- 初版発行2011年1月
  • シアワセのレモンサワー(愛育社) 2011年4月
  • コモエスタうすらバカ(青林工藝舎)- 初版発行2012年2月24日

映画出演[編集]

  • 「東陽片岡の甘い生活」 自主映画監督ダーティ工藤による、インタビュー・ドキュメンタリー。DVD発売。下記の2作品を収録。
    • 「東陽片岡のカク!」2001年
    • 「東陽片岡パッケージを描くの巻」2006年
  • 「東陽片岡のルサンチマン」2007年 やはりダーティ工藤監督による、東陽片岡主演によるフィクショナルな映画作品。
  • 美代子阿佐ヶ谷気分 2009年

主な登場人物[編集]

微妙に設定は異なるものの、各作品をまたいで共通の人物が登場するスター・システムがみられる。

  • 決斗兄弟
    • キックボクサー兄弟。実の兄弟では無い。ジムが潰れる等、が無い。チャンピオンを目指している。兄の名は不明。弟の名は順二。
  • ホームレス兄弟
  • ながし三兄弟
  • 山下さん
    • 印刷工場で働いている。無口。顔がそっくりなが居る。妹の仕送りで行く月イチのソープが楽しみ。涙もろい?
  • 寝たきり姉妹&お金屋さん
    • 病気でもないのに、働きもせず、古アパートの一室で常に寝ている姉妹。たまに「お金屋さん」が来てもってきてくれるお金で、生活している。
  • 作者
  • グチ聞き屋
  • ハンチング帽の男
  • 流し新太郎

脚注[編集]

  1. ^ 『シアワセのレモンサワー』著者略歴
  2. ^ 久住昌之『夢蔵』情報センター出版局、1995年
  3. ^ 玉袋筋太郎のナイトスナッカーズ2014年5月放送分より。

外部リンク[編集]