美代子阿佐ヶ谷気分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

美代子阿佐ヶ谷気分』(みよこあさがやきぶん)は、安部慎一1971年に『ガロ』3月号に発表した日本漫画作品、およびそれを原作とした日本映画

映画[編集]

美代子阿佐ヶ谷気分
監督 坪田義史
脚本 福田真作
坪田義史
原作 安部慎一
製作 白尾一博
宮下昇
製作総指揮 岡田博
出演者 水橋研二
町田マリー
主題歌 SPARTA LOCALS
「水のようだ」
撮影 山崎大輔(撮影監督)
与那覇政之(撮影)
編集 白尾一博
坪田義史
配給 ワイズ出版
公開 日本の旗 2009年7月4日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

「美代子阿佐ヶ谷気分」も含めた多数の安部の短編作品が原作となっており、1970年代から1990年代までの安部とその妻・美代子の人生を、虚実皮膜に描いている。

また主題歌には、安部の息子たちがボーカル、ベースをつとめるバンドSPARTA LOCALSの曲が採用されている。

国内外の映画祭に招待される。第31回ヨコハマ映画祭にて町田マリーが最優秀新人賞受賞、第19回 (2009年度)日本映画プロフェッショナル大賞個人賞で町田マリーが新人奨励賞受賞、Cinema Digital Seuol(韓国/2010)でブルーカメレオン賞、映画コラージュ賞をW受賞、など。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

なお、マヘル・シャラル・ハシュ・バズの音源に関しては、原盤を有するオルグレコードには無断で引用されていることが、渚にての柴山によって指摘されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ ひとこと、ORG RECORDS、2013年3月31日参照。

外部リンク[編集]