杉作J太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉作 J太郎(すぎさく じぇいたろう、本名:杉恭介1961年9月26日 - )は、日本漫画家俳優タレントミュージシャンライター映画監督男の墓場プロダクション代表。

略歴[ソースを編集]

愛媛県松山市出身。愛光中学校中退、駒澤大学卒業。駒澤大学在学中、芸人を目指して友人の正狩炎(まさかり ほのお)とお笑いコンビ「コントB級ステークス」を組み『笑ってる場合ですよ!』の「お笑い君こそスターだ!」に出場したが、2日目の本番前、ビートたけしに楽屋で「がんばれよ」と声をかけられたことで、舞い上がった相方がセリフを全部忘れてしまい、0点で落選。芸人への道を諦める。

1982年、自販機本『ガール・ハンター』で漫画家デビューし、「ガロ」などで活動。敬愛する映画監督・深作欣二と、飯島洋一主演のピンク映画「人妻・OL・女子学生 狙って襲う」での役名・獣太郎より取った「杉作獣太郎」名義を使っていた[1]。「ガロ」1986年6月号より、現在の、「杉作 J太郎」に名義を改めた。画風はいわゆるヘタウマ。一時期、「平凡パンチ」の編集にも携わっていた。

放送作家の堀雅人の企画により、「L.L. COOL J太郎」(アメリカのラッパー、LL Cool Jのもじり)名義でラッパー・デビュー。ミニアルバムを1枚リリースしたが、2006年11月に「L.L. COOL J太郎」としての活動を引退すると発表した。

タレント活動では「もてないキャラ」、「童貞キャラ」として主に活動している(実際に童貞というわけではなく、初体験は26歳のときである[2])。架空の女性性交を行うエアギターならぬ「エアセックス」の提唱者でもある。また、『平凡パンチ』の企画(及び本人の希望)で、包茎手術を受けたこともある。また、その模様を蛭子能収がスケッチした。

プロレスの解説者としても知られ、冬木弘道が指揮していた頃のFMW(後はWEW)のストーリー構成に携わっていたことがある。

広島カープの大ファン[3]

14歳の春に恐喝に遭ってから東映ヤクザ映画の大ファンになったという。『仁義なき戦い 浪漫アルバム』(1998年徳間書店)や『ボンクラ映画魂』(洋泉社)、『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』共著(1999年、徳間書店)などの関係著作を持っている。2005年に、米国のPanik House社がリリースした、池玲子杉本美樹大信田礼子主演の、ピンキー・バイオレンス4作品DVDボックスセット"The Pinky Violence Collection"のブックレットには、『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』からの引用が多くあり、Special Thanks の名前の中には、クエンティン・タランティーノらと共に J-Taro Sugisaku、Takeshi Uechi (共著者の植地毅)の名前があるが、杉作本人は、このDVDのことも、名前が掲載されていることも、知らなかったようだ。

大のモーニング娘。、ことに加護亜依後藤真希ファン。 近年はAKB48も応援しており、その中でも高城亜樹を熱烈に推している。

また、『新世紀エヴァンゲリオン』ファン。同作品の劇場版からファンになり、それ以降は自身の描く女性キャラクターの髪型が、その作品に出ている綾波レイのものと同じということがよく見受けられる。近年ではエヴァ以外のアニメも好んで見るようになり、『蒼穹のファフナー』『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』『機動戦士ガンダム00』などの話題が語られることがある。

2003年には映画制作プロダクションである、男の墓場プロダクションを立ち上げる。2005年から、自身の初監督・初脚本映画作品の制作を開始。2006年、その作品は『任侠秘録 人間狩り』、『怪奇!!幽霊スナック殴り込み!』の二本立てとして公開された。

2007年、3作目の監督作品で、Vシネマとして企画された、横山まさみち原作『やる気まんまん』の実写映画が公開された。

2014年3月に、広島ホームテレビが制作のローカルバラエティ番組『アグレッシブですけど、何か?』へゲスト出演した際には、2000年代は自身がうつ病にかかっていたことを明かした。同番組には、シリーズ企画「アグレッシブ人生学部~中年うつ学~」への講師としての出演であり、「中年うつになるまでの経緯」「中年うつとは何なのか?」等の、中年うつに関する基礎的なことから、「中年うつからの脱出方法」「中年うつになりやすい人の傾向と対策」等を語った。上記に記述の「近年ではエヴァ以外のアニメも好んで見るようになり」のくだりは、自身のうつ病から脱出する方法の一環としてこれらのアニメを見ていたとも語っている。

近年は雑誌コラムも多い。

作品[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

単著[ソースを編集]

  • ヘイ!ワイルドターキーメン けいせい出版 1987.3
  • 卒業 さらば、ワイルドターキーメン 青林堂, 1987.3(のちに、『L.L.COOL J太郎―帰ってきたワイルドターキーメン』と改題)
  • ボンクラ映画魂 三角マークの男優たち 洋泉社, 1996.7
    • ボンクラ映画魂 完全版 燃える男優列伝(2016年2月25日、徳間書店[4]
  • ヤボテンとマシュマロ メディアワークス, 1999.4
  • 男の花道(2005年11月 筑摩書房 ISBN 4480420983) - 「ヤボテンとマシュマロ」の再構成に加え、雑誌「サイゾー」での連載と「東スポ伝説」(ピンポイント発行・扶桑社発売)に寄稿した作品を加えたオリジナル編集。
  • よりみちパン!セ <第5期> 恋と股間 理論社, 2008.10 のちイースト・プレスから再刊
  • 応答せよ巨大ロボット、ジェノバ 扶桑社,2010.12
  • 杉作J太郎が考えたこと 青林工藝舎,2011.5

編著・共著[ソースを編集]

  • 仁義なき戦い浪漫アルバム 杉作J太郎,植地毅編著 徳間書店, 1998.5
  • 東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム 杉作J太郎,植地毅編著 徳間書店, 1999.6
  • トラック野郎 浪漫アルバム 杉作J太郎,植地毅編著 徳間書店 2014.4
  • Jさん&豪さんの世相を斬る!@ロフトプラスワン[青春愛欲編] 杉作J太郎,吉田豪 ロフトブックス 2014.12
  • 宇宙刑事ダイナミックガイドブック 徳間書店(ハイパームック) 2015.1
  • 東映スピード・アクション浪漫アルバム 杉作J太郎,植地毅編著 徳間書店 2015.9
  • Jさん&豪さんの世相を斬る! @ロフトプラスワン[残侠風雲編] 杉作J太郎,吉田豪 ロフトブックス 2016.3

監督作品[ソースを編集]

音楽作品[ソースを編集]

CD[ソースを編集]

  • 「レッスル・ディスコ・フィーバー 」

  (ジャケット写真とライナーノーツ内の振り付け写真) - 1999年発売

  • 1st 「プッチRadio」(L.L. COOL J太郎名義として) - 2003年発売
1.すべてまぼろし feat:ダースレイダー
2.J. Said Knock You Out
3.ロバート・デ・ニーロになれなかったよ feat:宇多丸
4.Radio feat:シーモネーター&ダースレイダー
5.I NEED LOVE feat:シーモネーター&ダースレイダー
  • チャリティEP 「LESSON SEX E.P. / V.A.」(L.L. COOL J太郎名義で参加) - 2007年発売
1.Lesson Sex / PAM feat. L.L. COOL J太郎
2.Stroll Of Negligee / HALFBY feat. L.L. COOL J太郎
3.Lesson Sex (No-Cut-Accapella)

雑誌連載[ソースを編集]

出演作品[ソースを編集]

テレビ・ラジオ[ソースを編集]

映画・ビデオ[ソースを編集]

PV出演[ソースを編集]

映画制作に関して[ソースを編集]

上記の初監督映画は低予算で作られた為友情出演が多く、出演者から杉作の交友をうかがい知ることが出来る。主題歌は、『任侠秘録 人間狩り』はライムスターの『グレイゾーン』、『怪奇!!幽霊スナック殴り込み!』はクレイジーケンバンドの『まっぴらロック』である。クレイジーケンバンド横山剣と、ライムスター宇多丸はそれぞれの映画で出演もしている。

また、杉作は映画制作の際、脚本を全員には配布しなかった。主役やセリフの多い出演者には脚本を行き渡らせたが、そこでもコストの削減を目指した。脚本を渡さないことについては石井輝男監督の現場で会得した演出術との証言もある。その為、一部の出演者は現場に行くまでどのような事をするか分からなかったと云う。

2006年11月、『任侠秘録 人間狩り』と『怪奇!!幽霊スナック殴り込み!』がキングレコードよりDVD発売された。それに関する宣伝をする際、杉作は必ず「エヴァンゲリオン後藤真希でおなじみのキングレコードから発売中」と紹介する。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ TV Bros平成24年 1月7日号 95p
  2. ^ Web人生 2004年10月29日 杉作J太郎・童貞インタビュー
  3. ^ “話題の芸人、弁護士、僧侶…アツすぎる赤ヘル狂著名人たちの独白 25年分の広島カープ愛を語れ!!”. 週刊プレイボーイ: pp.164-169. (2016-10-3). 
  4. ^ 杉作J太郎が独自視点で解説、俳優650人分の大百科「ボンクラ映画魂」完全版”. 映画ナタリー (2016年2月24日). 2016年2月25日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]