青江覚峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青江 覚峰
(1977-03-14) 1977年3月14日(41歳) -
覚峰
法名 釈覚峰
生地 東京都台東区
宗旨 浄土真宗
宗派 浄土真宗東本願寺派
寺院 湯島山 緑泉寺
著作 #著書を参照。

青江 覚峰(あおえ かくほう、1977年3月14日 - )は、日本浄土真宗東本願寺派僧侶料理評論家東京都台東区出身。本郷中学校・高等学校卒、カリフォルニア州立大学フレズノ校にてMBA取得。法名は「釈覚峰」(しゃく かくほう)で、緑泉寺住職

略歴[編集]

寺社フェス「向源」の副代表[1]を務め、2003年には仏教超宗派で集うインターネット寺院「彼岸寺」を立ち上げる。さらに暗闇での食育イベント「暗闇ごはん」、暗闇での地域再生企画「暗闇の旅路」などを主催している。

2003年にアメリカカリフォルニア州立大学フレスノ校にてMBA取得

2005年に日本初、お寺発のブラインドレストラン「暗闇ごはん[2]」スタート

2013年United States Army Japan and I-Corps (FWD)  Certificate of Appreciationを受ける

2014年、内閣総理大臣夫人安倍昭恵校長による「UZUの学校[3]」講師

2014年NHK Eテレ趣味Do楽 いただきます〜お寺のごはん[4]」 担当講師    

2016年国際交流基金/各国大使館主催でヨーロッパへ和食とお寺の料理を伝える講演ツアー[5]

家族[編集]

三児の父で、妻は『お寺に嫁いでしまった。』(青江美智子 2007)著者の青江美智子である。

著書[編集]

監修[編集]

単著[編集]

共著[編集]

連載[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]