泉晴紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

泉 晴紀(いずみ はるき、1955年2月11日 - )は、日本漫画家石川県金沢市出身。和泉晴紀名義でも活動。本名は泉靖紀、ペンネームはアルバイトの現場で間違えて「晴紀」と呼ばれたことから[1]。一時期頭髪を赤く染めていたことから、「レッドマン」とも。最初の妻は泉と離婚した後に漫画を描き始め、『モーニング』のちばてつや賞を受賞して漫画家デビューした[2]。2番目の妻は同じく漫画家の山崎紗也夏

美学校赤瀬川原平の「絵・文字工房」を卒業後、1981年、美学校の同期生、久住昌之とコンビを組み、泉昌之として『ガロ』誌に漫画を持ち込み、漫画家デビューする。初の週刊連載としては『ダンドリ君』がある。

それと並行して、「泉晴紀」単独の漫画やエッセイ、挿絵やポスター等のデザインの仕事でも活躍している。

作品リスト[編集]

単著[編集]

  • 美しき人々 泉晴紀顔面画報(白泉社 1984年8月)
  • 真剣なサル(白泉社 1987年7月)
  • 便所はどこだッ!! 一秒を争う書(ロングセラーズ 1988年3月)
  • 東京ズカン(秋田書店 1991年1月)
  • キュービック城の秘密(ソフトバンクパブリッシング 1999年5月)
  • インテリやくざ 文さん (鉄人社 2014年8月(和泉晴紀 名義)のち単行本未収録もまとめて鉄人社文庫)
  • インテリやくざ 文さん2 (鉄人社 2015年11月(和泉晴紀 名義)のち鉄人社文庫)

共著(泉昌之名義)[編集]

泉昌之を参照

共著(その他)[編集]

  • 大江戸疑惑人走る! (かとう祐介 作 泉晴紀 画)(白泉社 1986年2月)ゲームブック
  • オトナの漫画(原作/ダークマスター 漫画/泉晴紀)( エンターブレイン 2002年3月)
  • 実録!裏社会に生きる男たち「儲けの手口」漫画/泉晴紀 原作/鈴木智彦 (ミリオン出版 2007年2月)
  • 人間コク宝 まんが道 (吉田豪 著)泉晴紀インタビュー(コアマガジン 2012年10月)
  • ワルキューレ(原作/土屋ガロン 漫画/泉晴紀)(ビームコミックス 2015年3月)
  • グルメ漫画家の隠れ家酒場 土山しげる×和泉晴紀 同郷ほろ酔い対談(日本文芸社 2015年11月)
  • 辺境酒場ぶらり飲み (藤木TDC・和泉晴紀共著)(リイド社、LEED Cafe comics 2017年9月)
  • まんがアナタの知らない都市伝説DX「お父さん」漫画/泉晴紀(コアマガジン 2020年10月)

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ みうらじゅん対談集『正論』コアマガジン
  2. ^ 吉田豪『人間コク宝 まんが道』コアマガジン、2012年、107頁

外部リンク[編集]