吉田豪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田 豪
ペンネーム 吉田光雄(Twitter上でのネーム)
誕生 吉田 豪
(1970-09-03) 1970年9月3日(47歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京デザイナー学院
ジャンル 書評インタビュアーコラムニスト
代表作 人間コク宝、聞き出す力
テンプレートを表示

吉田 豪(よしだ ごう、1970年9月3日[3] - 、本名同じ[4])は、プロ書評家、プロインタビュアーライター[5]

経歴[編集]

東京都練馬区出身[6]。小学生の時に『国際映画社』『サンライズ』作品を初めとするアニメ好きとなり、古本でアニメ雑誌、レコードなどを購入して徹底研究。のちの古本購入、レコードCD収集人生のスタートとなった。なお、最初に買ったレコードは『宇宙戦士バルディオス』の挿入歌「立て!バルディオス」であった[7]

中学校二年次の時に、「アニヲタだとナメられる」「このままだとヤバイ」と感じてアニメグッズをすべて売り払い、『月刊ヤングオート』(芸文社)など書籍を読んで不良文化を研究し、アニメ好きの友人との関係を断った[8]。また当時不良文化であったアイドルにはまり松本伊代岡田有希子のファンとなった[9]

LAUGHIN' NOSEに出会ったのを契機にパンクにハマり、ハードコア・パンクのミニコミ『修羅』のスタッフとなる[10]。この頃の経験から、パンクとそこから派生した音楽に詳しい。当時、最も影響を受けたバンドはREALであった[11]

高校卒業後、東京デザイナー学院の編集デザイン科へ進学。卒業制作で当時の学長の暴露本を制作するために清掃係の人に話を聞きに行くなどの綿密な取材をしていた。この頃より現在のスタイルを確立する[12]

また、在学中には反戦反核、反オタクをテーマにするバンドを組み、MC5スナッフジョニー・サンダース、アニソンのカバーでオタク批判の歌を歌ったり、漫画研究会のクイズ大会に殴り込みで参加し、優勝したりしたという[13][14]

就職活動を始めるが、DOLLを受けた際に違和感を覚え、音楽雑誌以外にも目を向けるようになる。ふゅーじょんぷろだくと発行の『コミックボックス』編集部に内定するも、内定を辞退して就職浪人となる[15]。そして結局、編集プロダクションのアートサプライに入社[6]。『VOW』(宝島のコーナー)投稿選考主任[6]、『ビデオボーイ』(英知出版)で杉作J太郎平山夢明の原稿の書き起こしなどを務める[16]

紙のプロレス時代:1993-2004[編集]

入社から2年後、『紙のプロレス』(以下、紙プロ)と出会う。『紙プロ』がイベントを行った時に、ターザン山本高田文夫のトークイベントの動員が悪かったため、サクラで来るよう言われ、イベント終了後、編集長に挨拶に行ったところ、そのまま『紙プロ』編集部まで連れて行かれ、朝まで仕事をさせられる。その報酬がよかったため、以後アルバイトで手伝うようになる。

後に『紙プロ』へ完全移籍。「プロレス用語大辞林」「日佐夫クン人生劇場 書評の星座」などのコーナーを担当する。この時期に、従来の漫画評論で無視されていた梶原一騎のダークな作品を論じた『マンガ地獄変』(水声社)にメイン・ライターとして参加。

1996年、発行会社のダブルクロスが分裂し、『紙のプロレス RADICAL』になって以降は、紙プロの編集部に机を置きながらフリーライターとして活動[17]。『BUBKA』(コアマガジン)『ダカーポ』(マガジンハウス)など、30本前後の連載を抱える人気ライターとなる。

『紙のプロレスRADICAL』は、SWSの再評価など他の専門誌が扱わないレスラー、団体にスポットを当て、当時の業界の権威であった新日本プロレス週刊プロレスにアンチを唱える姿勢で、タブーの少ない雑誌としてカルト的な人気を博した[18]

編集長の山口日昇がPRIDEに運営に関わる様になって以降、利害関係ができてしまい、「紙プロはDSEの機関紙と揶揄される」ほどPRIDE一辺倒の雑誌になった。吉田はこれに対して、誌面で行なわれる山口との対談などで批判的なスタンスを取りバランスを取る役割を担っていた[18]

2004年、紙プロであるプロレスラーの妻の本を書評した際、山口に呼び出されてそのプロレスラーから叱責を受けることとなる。吉田は、これを「パートナー変更宣言だった」「今まで普通にできていたことがPRIDEとの利害関係が生じて、できなくなってしまったから起こった事件」と述べている。他の編集部員は吉田の残留を望んだが新しい事務所に移転時、山口の妻から吉田の机を置かないことを告げられ、紙プロを去る[17]

山口とは2012年2月に紙プロの後継紙KAMINOGEにて対談を行った。山口はPRIDEの運営に入り込んだ結果、億単位の借金を負ってしまい「今となっては豪ちゃんの言う通りかもな、ホントに…」と語っている[17]

完全フリー[編集]

紙プロ離脱後は、新宿二丁目の事務所を拠点に活動。2000年代中盤以降は、出版不況の煽りを受けて、ライターとしての仕事が減少するのに反比例して、後述の『ストリーム』(TBSラジオ』)にレギュラーコメンテーターとしての定着して以降は、テレビ、ラジオ、イベントなど喋りの仕事が急増した。

2004年4月、TBSラジオストリーム』のレギュラーコメンテーター(同時に町山智浩もレギュラーとなった)として定着。後継番組の『小島慶子 キラ☆キラ』、『たまむすび』にもレギュラーとして参加している(全て途中参加)。2013年から2016年3月まで『ストリーム』で共演していた松本がパーソナリティを務める『With you』(ベイエフエム)で楽曲紹介コーナーを担当していた。

2005年、ライターの照山紅葉(秦野邦彦)とポッドキャスト番組『豪さんのポッド』を開始(2010年12月30日を最後に更新停止中)。2013年2月から再び照山とニコニコ生放送『平熱大陸』(直前に吉田が出演した『情熱大陸』に掛けている)が放送開始。

2008年より、ネイキッドロフトで杉作J太郎とのトークイベント「Jさん&豪さん世相を斬る!」がスタート[19]ロフトプラスワンに会場を移してからは名物企画となり、2014年12月には書籍化もされている。

アイドルブーム以降は、『豪STREAM』、ミスiD講談社)の選考委員、『ラストアイドル』(テレビ朝日)の審査員、『ザ・カンムリラジオ with プロインタビュアー・吉田豪』(アール・エフ・ラジオ日本)などアイドル関連の仕事も多い。アイドルのCDは(AKB48などの)大物以外、流通している物は、カップリングの曲違いも含めて全て購入してきたが、近年のカップリング曲のバージョン違いの多さに諦めた模様[20]。それでも、自分よりアイドルの音源を買ってそうなのは南波一海(2016年より渋谷LOFT9で「吉田豪×南波一海の“このアイドルが見たい”」を開催)くらいだろうとツイートしている[21]。なお、アイドルプロデュースについてのオファーもあるが、絶対に受けないことを公言している[22]

人物[編集]

自ら「プロインタビュアー&プロ書評家」と名乗っているのは、自分の仕事のうちプロを名乗れるレベルなのは書評とインタビューくらいと思っていることから[23]。 取材前の下調べや原稿作成は必ず自分自身で行い、「下調べをしないのはプロ失格」と言い切る。インタビュー起こしも専属の担当者(元紙プロ編集者の「ジャイ子」[24])を雇っている[25]

リリー・フランキーを師匠として尊敬しているが、締め切り破りの常習犯であることに関しては「反面教師にしている」として、原稿の締め切りを守らないことはない。

タレント本やグッズの収集家としても有名で、新宿二丁目の仕事場はタレント本だけで埋まっている[26]。古書店やネットオークションを駆使してタレント本人すら所蔵していないグッズまで収集している。蔵書として下調べに活用しているのみならず、インタビューの際に相手の懐に飛び込むためのつかみとして、見せたり進呈したりすることもある。「さんまのまんま」(関西テレビ放送)に出演した際は、かつて明石家さんまが出版した著書をカバンから取り出し、その一節を披露してさんまを狼狽させた[27]。2008年に掟ポルシェの自宅が火事になったときには、事務所の一部を仮住まいとして提供したこともある[28]

『Meets別冊東京通本』で「ノンケなのに二丁目在住」というインタビューが掲載され、ゲイクラブでポールダンスを踊った写真が掲載されたことがある。交通の便を考えてとのことだが、独身であることもあいまって当然疑われている。本人はそれを面白がってネタにしたり、インタビュー時に名刺で住所を見せた際そっち方面の人のガードがゆるくなることを利用したりしている。住所を知らせた両親から、本気で心配された内容の手紙が届いたこともある。

その徹底的な事前調査により、取材相手が忘れているエピソードを指摘することがあり、本人よりも詳しいと言われる[6]真樹日佐夫[29]角川春樹[30]ミッキー安川[31]百瀬博教[32]などには特に気にいられ事あるごとに取材を依頼されていた。また、「CONTINUE」や「Quick Japan」の別冊で羽海野チカにインタビューし「公式カウンセラー」とも呼ばれる[33]

一方で、樹木希林にインタビューした際には、編集者が持参した単行本の帯に「本人よりもその人に詳しい芸能史上最強のインタビュアー」と書かれていたおかげで、インタビュー開始から1時間たっても「私の知らない話がまだ出てこない」と嫌味を言われたこともある[34]。また、「CONTINUE」での岡本夏生インタビューでは岡本による再三の原稿チェックの末、吉田が書いた部分が全くなくなるほどに改変された[33]。ただし、インタビュー相手にひどい目に遭わされても、そのこと自体をネタとして昇華してしまうため、そのインタビュー相手を嫌いになることはほとんどない[35]

タレントとの付き合いはほぼインタビューのみで、取材以外でタレントから電話がかかってきたときに冷たくあしらったりするなど、仕事の必要が無いところでの交流を無くしている。

踏み込んだインタビュー内容となってしまったため、雑誌の連載ではOKが出ても、単行本収録はNGとなることがある。例えば、畑正憲は、吉田の周到な下調べに対して、「ど〜こでそんなことを! 初めてだなあ、そんなこときかれるの(笑)」「こんなに感激したインタビューは初めてだよ」「ボクは、絶対あなたの名前を忘れない!」とインタビュー中に激賞している。しかし、パブリックイメージとかけ離れたエピソードを話しすぎたため、単行本『男気万字固め』へ収録は畑サイドからNGとなった。その際に「…でも、吉田さんに伝えておいてください。あなたは必ず成功する」と言付けされたので、吉田はそれだけで満足だったと述べている[36]

タレントの過去の「やんちゃな」エピソードを聴きだすことに定評がある。明らかに犯罪行為だったりするが、吉田は「ダハハハ」「最高」「そこが信頼できる」などと褒めつつさらに語らせている。それをジャッジするのは読者であって聞き手ではない、という考えによるもの。

東京23区内での仕事の際はほぼ全て自転車で移動する[37]

高校時代に傾倒した動物の権利保護などを掲げていたパンクバンドの影響[38]菜食主義者となり、主食は納豆[26]ストレート・エッジヴィーガンではなく、アルコール乳製品をダシに使ったラーメンなどは口にする。(無下に断れない状況で)中村日出夫のホームパーティーでホルモン焼きを振舞われた時などは笑顔で相槌を打ちながら咀嚼するフリだけして吐き出し、傍らのに与えていた[39]。2008年には、動物の倫理的扱いを求める人々の会(PeTA)のネット投票で、モリッシーナオミ・ワッツなどに並んで「世界で最もsexyなベジタリアンセレブの一人」に選出されたことを「世界的でも、セクシーでもないのに!」とネタにしている[40]

アイドルしか聞かないと思われることがあるが[41]、経歴にもあるように10代でパンクに傾倒しており、現在でもTV出演時にGASTUNKなどの当時のパンクバンドのTシャツを着ていることが多い[42]。パンク以外ではギターポップ、アノラック好きであると公言している。

Twitter[編集]

Twitterのプロフィールでは、「自分検索とリツイートがライフワーク」としており、 エゴサーチは「3分に1回検索する」と公言[43]。2014年3月29日放送の『オールスター感謝祭』(TBSテレビ)に出演した際には、堀江貴文とともに生放送中のスタジオからツイートしていた[44]

リツイートについては、「無償でまとめサイトを作ってるみたいなもの」と語る。謎の義務感や自らの興味の他に、タイムラインを読んでもらえることが自らの効果的な宣伝になるとの考えを持っている[45]。リツイートが元でトラブルに巻き込まれることもしばしばだが、自ら「人が厄介に思うようなことを厄介と思わないタイプ」と分析しており、揉め事に巻き込まれることが宣伝になるとしている。

2014年11月にやしきたかじんについての本(「殉愛」)を書いた作家(百田尚樹)がたかじんの曲を多数作詞した作詞家(及川眠子)を知らなかったというのは迂闊ではないかと実名(括弧内)を伏せてツイートしたところ、百田からブロックされた[46](その後、週刊ポストで百田にインタビューしたことでブロックは解除された[47])。また、2015年初頭にキス写真流出が発覚して以来、岡田斗司夫の愛人騒動について積極的にリツイートを行い、不定期出演している「モーニングCROSS」(TOKYO MX)でも複数回にわたり取り上げていたが[48]、当時、岡田の元愛人からダイレクトメッセージでタレコミがあったという[45]

吉田本人が原因としての炎上は、2017年10月23日(22日深夜)放送「ラストアイドル」のジャッジ(暫定メンバーの長月翠ではなく挑戦者の蒲原令奈を選んだ)を巡るものが有名で、自ら選ぶ「吉田豪炎上ランキング2017」の1位にも挙げている[49]。番組スタッフが炎上直後の吉田に出演オファーを行い、1stシーズン最後のジャッジを担当。さらにサンシャインシティ噴水広場でのデビューイベント[50]Zepp Tokyoでのワンマンライブ[51]など節目となるイベントにも登場している。

ちなみに、Twitter上の名前は「吉田光雄」(長州力の日本名)としているため、こちらが本名と勘違いされることがある[4]。また、朝青龍に長州力のアカウントだと間違われたことがある[52]

評価[編集]

古舘伊知郎は報道ステーション就任以来、10年間拒否していたインタビュー取材を吉田豪指名で解禁した。古舘は『紙のプロレス』時代の吉田豪のファンであり、近年タレント本関係で活躍している吉田豪と同一人物であると知って非常に驚いたと述べている[53]

福山雅治[54]有吉弘行浅草キッド[55]博多大吉なども紙のプロレス時代からの吉田のファンである旨の発言をしている。

木下百花(現・百花)BUBKA2016年7月号のインタビューで、当時NMB48チームMのチームメイトだった矢倉楓子に「その世界(サブカル)のスーパースターみたいな人」と説明[56]。木下はプライベートで原宿や大阪で吉田とデートしたことを公言しているが、木下ファンから吉田への抗議は皆無だったとのこと[57]

一方で、徳光和夫伊集院光は、吉田の著作の読者であるが吉田豪のインタビューを受けないことを公言している[58]

エピソード[編集]

1995年に発売されたダークヒロカズ著『催眠術師になりたい』のゴーストライターをしている[59]。東京都東大和市で女性11人と一夫多妻「ハーレム生活」を送っていた自称占い師の男が逮捕された際、所持していた為、「危険な本」として報道されたが[60]、中身は、吉田が書いたものである。事件以降、『催眠術師になりたい』はネットオークションでプレミアが付き、非常に高値で取引されている。

『紙プロ』時代、高田延彦の対戦相手を探していたUインターの鈴木健にアブドーラ・ザ・ブッチャー戦を提言した。高田は、ブッチャー戦は経営危機のUインターの為に組まれた屈辱的なもので、試合後にヒクソン・グレイシーと戦うことを決意したと伝記の「泣き虫」で述べており、吉田の発言がPRIDE成立の遠因となったことになる[61]

2010年夏、関西ローカルながら初の冠番組『プロインタビュアー 吉田豪の元○○な人々』を始める際、人選会議にて田代まさしの地上波解禁を試みたが局側からNGが出てしまい実現できなかった。その後、田代が再び薬物で逮捕されてしまい、後日DVD発売の際に、「田代まさしを起用しなくてよかった」とQuickJapan Vol.83(太田出版)で語っている。

自身がインタビューした人物についてテレビなどでエピソードを話すとき、テレビ局側からネタを指定されることが多いと述べている。「樹木希林内田裕也を鉄パイプでボコボコにした」「玉置浩二へのインタビュー時のエピソード」などが多い。そのため、「『吉田豪がまた同じ話をしていた』などの視聴者の意見を見ると非常にモヤモヤする」と述べている[62][63]

沢尻エリカの一連の騒動直前に、映画『クローズド・ノート』についてインタビュー取材を行い、舞台挨拶同様の険悪な雰囲気を余す事無く活字化し[要出典]話題になる。その結果、複数の媒体から沢尻エリカ取材についての取材を受けるという珍しい体験をする[64]

士道館館長である添野義二の仲介で、作家である小島一志と電話で話した後、数度にわたり小島やその息子で共著者の小島大志から電話で脅迫を受けたことを明かし、批判した[65]。また非通知の番号からいたずらの留守番電話が入れられたこと、そのメッセージの内容がYOUTUBE上にアップロードされている「小島から受けた脅迫電話」とされているものと酷似していることを明らかにしている[66]。吉田は2014年4月に読者からメールで「『芦原英幸正伝』掲載の電話番号に電話したら、その後、怒鳴り声や叫び声、ノイズのいたずら電話の着信が20件ほど入るようになった」と相談されたことを明かしている[67]。 これに対して小島大志は自らのブログ上でそのようなことはしていないと主張し、「興行畑で40年という、生粋の稼業者」に今回の件について話したところ、「百歩譲ってイタズラ電話が本物でも、それで脅されたから、会う必要はないなんていかにもオカマらしい言い草だ」「俺が若い衆使って引っ張ってくるよ」と言ってもらったと記した[68]。 吉田はかつて『芦原英幸伝 我が父、その魂』を「自らの意見や主張したいことを、インタビュー相手の発言を装って書いたものである[69]」、その後の芦原会館とのトラブルを「脅迫や名誉棄損。物書きとしてプロではない」と評した。また、小島が『大山倍達の遺言』を発売後すぐに極真会館(松井派)から業務を委託され、事務所を松井派ビル内に移転したことに触れ「中立的に執筆されていない[69]」と評している。

2015年12月7日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)に地下アイドル特集のコメンテーターとして出演した際、ビートたけしから「週刊誌で俺の顔が曲がっているとか書いたらしいじゃないか?」と脅されたが、たけしの勘違いであった(水道橋博士は件のコラムを書いたのは吉田潮ではないかと推測している[70])ことが判明し、収録途中に「吉田さん、さっきはごめんな」と謝られ、のちに謝罪文を贈られている[71]

2017年には、インタビューをめったに受けないことで有名な明石家さんまに対して、NETFLIXのインタビュー形式のCMで聞き手を務め、2日間に渡り密着した[72]。CMを企画した電通の担当者は、「吉田はさんまも一目置く存在。真剣勝負の話を引き出すには欠かせない」との旨語っている[73]。吉田自身もCM公開にあたり「長年の夢が叶った」とツイートしている[74]。。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『男気万字固め』(エンターブレイン、2001.6/幻冬舎文庫、2007.2)
  • 『人間コク宝』(コアマガジン、2004.12)
  • 『元アイドル!』(ワニマガジン社、2005.6/新潮文庫(改訂版)、2008.6)
  • 『吉田豪のセメント!!スーパースター列伝パート1』(エンターブレイン、2006.4)
  • 『元アイドル!2』(ワニマガジン社、2007.4)
  • 『続・人間コク宝』(コアマガジン、2007.11)
  • 『Hon-nin列伝 セキララなオンナたち』(太田出版、2008.2)
  • 『BAND LIFE バンドマン20人の音楽人生劇場独白インタビュー集』(メディアックス、2008.5)
  • 『新・人間コク宝』(コアマガジン、2010.11)
  • 『サブカル・スーパースター鬱伝』(徳間書店 、2012.7/徳間文庫カレッジ、2014.11)
  • 『人間コク宝 まんが道』(コアマガジン、2012.10)
  • 『吉田豪の喋る!!道場破り プロレスラーガチンコインタビュー集』(白夜書房、2013.2)
  • 『人間コク宝 サブカル伝』(コアマガジン、2014.2)
  • 『聞き出す力』(日本文芸社、2014.12)、新書版
  • 『吉田豪の空手★バカ一代-“地上最強の人生”インタビュー集-』(白夜書房、2016.8)
  • 『続 聞き出す力』(日本文芸社、2016.12)、新書版
  • 『吉田豪の“最狂”全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集』(白夜書房、2017.7)

共著・編著[編集]

  • 『マンガ地獄変』(植地毅、宇田川岳夫らとの共著、水声社、1996.10)
  • 『悶絶!プロレス秘宝館』(共著、バーン・コーポレーション、1997.2)
  • 『マンガ地獄変2 男魂マンガ高校』(植地毅,宇田川岳夫らとの共著、水声社、1997.8)
  • 『悶絶!プロレス秘宝館vol.2』(共著、バーン・コーポレーション、1997.12)
  • 『マンガ地獄変3 トラウマ・ヒーロー総進撃!』(植地毅,大西祥平、大久保太郎らとの共著、水声社、1998.2)
  • 『犯罪地獄変』(共著、水声社、1999.1)
  • 『悶絶!プロレス秘宝館vol.3』(共著、バーン・コーポレーション、1999.4)
  • 『プロレス・格闘技超“異人”伝 リングの外でもスゴい人々』(スーパーバイザー担当、洋泉社、2006.3)
  • 『コラムの花道 2007傑作選』(TBSラジオストリーム、アスペクト 2008.3)
  • 『豪さんのポッド 吉田豪のサブカル交遊録』(照山紅葉共著、白夜書房、2009.11、改訂版・徳間文庫カレッジ、2014.11)
  • 『賢人の話し方 : コミュニケーションの勝者はビジネスの勝者。会話が続く人になれ!』(田原総一朗,中谷彰宏,吉田豪, 林都,福澤朗 共同監修、幻冬舎、2012)
  • 『電池以下』(掟ポルシェ共著、アスペクト、2012.9.26)
  • 『Jさん&豪さんの世相を斬る! @ロフトプラスワン[青春愛欲編]』(杉作J太郎との共著、ロフトブックス、2014.12.24)
  • 『この劇画が凄い! 劇画スーパースター烈伝』(日本文芸社、2015.8.29)
  • 『Jさん&豪さんの世相を斬る! @ロフトプラスワン[残侠風雲編]』(杉作J太郎との共著、ロフトブックス 2016.3.7)
  • 『吉田豪の豪ing アンダーグラウンド』(シンコーミュージック、未定)

復刊監修[編集]

  • 『俺、勝新太郎』(勝新太郎著、廣済堂文庫、2008.8)
  • 『おこりんぼさびしんぼ』(山城新伍著、廣済堂文庫、2008.8)
  • 『俺はロッキンローラー』(内田裕也著、廣済堂文庫、2008.12)

CD[編集]

  • 『HMV入門編シリーズ 吉田豪監修 ライブアイドル入門』(2011.8)
  • 『キング・ソングス・オブ・キャプテンレコード King songs of CAPTAIN RECORDS}(吉田豪 選曲、2012)
  • 『ミク★パンク 創世編』(2012.10)
  • 『ミク★パンク ミッド・エイティーズ・オン・キャプテンレコード』(2012.10)
  • 『Our Shining Idol 今君に会いたい』(2013.3)
  • 『リングの女神達~女子プロスーパースター列伝~』(2013.6)
  • ハロー!プロジェクトの全曲から集めちゃいました! Vol.2 吉田豪編』(2014.1)

DVD[編集]

  • 『プロインタビュアー吉田豪の元○○な人々vol.1 』(ポニーキャニオン、2010.09)
  • 『プロインタビュアー吉田豪の元○○な人々vol.2 』(ポニーキャニオン、2010.10)
  • 『モーニング娘。’14 バースデーイベント2014“生田衣梨奈&鈴木香音”』

現在のレギュラー・連載[編集]

雑誌[編集]

  • 漫画ゴラク』(日本文芸社、隔週金曜日掲載、「聞き出す力【コラム】」)
  • BUBKA』(白夜書房、毎月月末発売)
    • 「BUBKA流スーパースター列伝」(インタビュー、2017年9月号より「レジェンド漫画家編」)
    • 「〜迷える子羊に捧ぐ TALK JAM〜 108WORDS」(百花とのトークライブ(後述)の模様を掲載、2018年5月号 - )
  • ミュージック・マガジン』(ミュージックマガジン社発行、奇数月号掲載、「吉田豪のアイドルマスター【アイドル楽曲メモ】」、2008年3月号 - )
  • 週刊プレイボーイ』(集英社、毎週月曜日発売、「リリー・フランキーの人生相談【構成のみ】」)
  • 実話BUNKA超タブー』(コアマガジン、「人間コク宝インタビュー」)
  • QUIZ JAPAN』(ほるぷ出版、不定期、【インタビュー】vol.4 - )
  • BRODY』(白夜書房【インタビュー】vol.1 - )

ラジオ[編集]

WEB連載[編集]

  • ボクがこれをRTした理由(2017年11月 -、TABLO(旧・TOKYO BREAKING NEWS))
  • プロインタビュアー吉田豪の60分3本勝負(2015年2月 - 、デイリーニュースオンライン)

ネット配信[編集]

  • 『JGO』(2010年5月 - 不定期、DOMMUNE)出演:杉作J太郎、吉田豪
  • 『居酒屋タックルズ』(2012年11月 - 毎月月末、ニコニコ生放送)出演:久田将義、吉田豪
  • 『吉田豪の平熱大陸』(2013年2月 - 毎月中旬、ニコニコ生放送)出演:吉田豪、照山紅葉
  • 『タブーなワイドショー』(2016年8月 - 毎月中旬、ニコニコ生放送)出演:久田将義、吉田豪
  • 今夜、釈明しますm(_ _)m 慰謝料1億円&8股疑惑を釈明&追及SP(2017年4月30日、AbemaGOLDチャンネル[75] - 記者
  • 逆指名インタビュー(2017年10月30日、AbemaTVAbemaNewsチャンネル)[76]
  • AbemaTVインタビュー駅伝(2018年1月3日、AbemaTV)

イベント[編集]

  • Jさん豪さんの世相を斬る!(不定期、ロフトプラスワン 他、2008年 - )
  • 吉田豪 大生誕祭!!(毎年9月、阿佐ヶ谷ロフトA(2008年 - 2015年、2017年)、LOFT9(2016年))出演・吉田豪、掟ポルシェ松本ともこ
  • Jさん豪さん掟さんRECさんボーイズトーク(とよはしまちなかスロータウン映画祭関連イベント、2010年 - )
  • 吉田豪×南波一海 アイドル伝説(不定期、アメリカ村 FANJ Twice 他、2011年 - )
    2014年のVol.3よりMCに南波が加わる[77]
  • T-Palette Records感謝祭(2012年 - 2015年)、TOWER RECORDS presents ザ・感謝祭(2017年 - )※MC
  • 豪さんの日SP!(毎年5(豪)月3(さん)日、ロフトプラスワン、2013年 - )
    2012年の5月3日は「豪ストリーム@ロフトプラスワン」として開催。
  • 復活!雑談天国(不定期、ロフトプラスワン、2015年 - )
    『Rooftop』での連載「吉田豪の雑談天国(ニューエストモデル風)」連動[78]
  • 吉田豪×南波一海の“このアイドルが見たい”(不定期、LOFT9 、2016年 - )出演・吉田豪、南波一海、嶺脇育夫(出演しない回あり)
    2016年1月、ロフトプラスワンにて「吉田豪の「雑談天国」新春スペシャル!!「吉田豪×南波一海のアイドル大放談2016」」として開催。2016年7月よりLOFT9でレギュラー化。
  • 吉田豪×小林清美ぶっちゃけトークライブ(不定期、K&Mミュージック新宿店、2016年 - )
  • 百花×吉田豪 トークイベント 〜この世の陰謀、救い、そして私達〜(概ね月1回、2018年 - )

過去の出演・連載[編集]

雑誌等[編集]

  • 紙のプロレス』(ワニマガジン「プロレス用語大辞林」、「日佐夫クン人生劇場 書評の星座」 - vol.22)
  • 『Rintama』(ワニマガジン)
  • 紙のプロレスRADICAL』(「吉田豪人 生劇場書評の星座part2」、No.1-)
  • ゴング格闘技』(イースト・プレス、毎月23日発売「新★書評の星座【書評】」)
  • TV Bros.』(東京ニュース通信社)
  • 『TVチョップ』
  • ダカーポ』(マガジンハウス、【インタビュー連載】「ダカーポNo.482」-「ダカーポNo.507」)
  • ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA・メディアファクトリーブランド)
  • SPA!』(扶桑社)
  • POPEYE』(マガジンハウス、「10000字インタビュー」 - 2010年1月号)
  • ホイップ』(コアマガジン)
  • 小学三年生』(【インタビュー】2002年4月号 - 2002年10月号)
  • CONTINUE』(「電池以下【インタビュー】」 2001.3 - 2010.2)
  • 『Chuッ スペシャル』(ワニマガジン)
  • BREAK MAX』(コアマガジン、 - 2013年5月号)
  • 『@BOOING』(曙出版)
  • 『言語道断』(メディアックス)
  • 『爆写EX』 (メディアックス)
  • BUBKA』(「悪いヤツほどよく喋る【田代まさし対談】」「吉田豪・コンバットREC 豪STEREAM【豪STREAMを活字化】」 2010年8月号-)
  • クロスビート』(「吉田豪の豪ing アンダーグラウンド【コラム】」)
  • BURRN!』(「マッチョドラゴン【プロレスコラム】」)
  • 『BURST』(コアマガジン、「電撃ビリビリロック秘宝館」)
  • フィギュア王』(「豪ちゃんのしゃかりきコロンブス【グッズ紹介】」)
  • 『ハイパーホビー』(徳間書店)
  • わしズム
  • 『SPORTS Yeah!』
  • 産経新聞 関西版』
  • 朝日新聞』(新刊マンガ書評)
  • 『hon-nin』(太田出版)
  • 夕刊フジ
  • 月刊アフタヌーン』(講談社)
  • Rooftop
  • 映画秘宝』(洋泉社)
  • AERA』(朝日新聞出版)
  • 『relax』(マガジンハウス)
  • 『アクションカメラ』(ワニマガジン)
  • 『QuickJapan』(太田出版)
  • モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス)
  • ゴング格闘技』(日本スポーツ出版社「私だけが知っている【格闘技関係者インタビュー】」)
  • B.L.T.』(東京ニュース通信社
    • 「吉田豪の青春賛歌アイドル盆地【アイドルインタビュー】」( - 2010年10月号)
    • 「ぶらり豪【アイドルインタビュー】」( - 2018年5月号)
  • 『Black Box』(マイウェイ出版、「アイドルだって人間だもの【アイドルコラム】」 - 2015年3月号)
  • 『宝島AGES』(宝島社、不定期、【コラム】、2014.12 - 2015.6)
  • 『スーパー写真塾』(コアマガジン、隔月22日発売、「失言レストラン【コラム】」)
  • 『キャラクターランド』(徳間書店)

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

  • 『すてごろ 梶原三兄弟激動昭和史』(2003年)
  • 『いかレスラー』(2004年)
  • 『任侠秘録 人間狩り』(2006年)
  • やる気まんまん』(2007年)
  • 『新・四角いジャングル 虎の紋章』(2010年)
  • モテキ』(2011年)

WEB連載[編集]

  • 『webダヴィンチ・4ちゃんねる!!』
  • 『読み換える金狼・吉田豪の僕はこんな本を読んで、シマッタ』
  • 『吉田豪のギリギリレビュー』
  • スカパー! バトルLIFE!!』(携帯サイト、格闘コラム
  • 『紙プロhand』
  • 『吉田豪の数奇人探訪』(OCN、ウェブマガジンOG)
  • 『ほぼ週刊吉田豪』(2013年7月 - 、TOKYO BREAKING NEWS)

ネット配信[編集]

その他[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • SAWA「いじっぱりマーメイド」MV(2017年2月14日)※出演[79]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ■第139回『豪さんのポッド』(09年10月29日 リリー・フランキー前編)”. 豪さんのポッド (2009年10月29日). 2016年5月25日閲覧。
  2. ^ 『続 聞き出す力』(日本文芸社)p.49
  3. ^ 「TAO」 企画前夜:ゲスト→吉田豪  2008年9月29日 (月)
  4. ^ a b 吉田による2011年3月14日のツイート2015年2月6日閲覧。
  5. ^ 吉田豪|著者プロフィール”. 新潮社. 2018年5月9日閲覧。
  6. ^ a b c d 吉田豪 アーティストプロフィール ラジオデイズ
  7. ^ 『目利きや!8』第4回 吉田豪さん 1/4”. メディアプルポ. 2014年12月26日閲覧。
  8. ^ 『目利きや!8』第4回 吉田豪さん 2/4”. メディアプルポ. 2014年12月26日閲覧。
  9. ^ 『レコード・コレクターズ増刊 アイドルソングベスト100 1970-1989』p.54
  10. ^ 『CROSS BEAT 2012年1月号』豪ing アンダーグラウンド「人生で大切なことはすべてラフィン・ノーズが教えてくれた」
  11. ^ 吉田による2014年9月27日のツイート2015年3月21日閲覧。
  12. ^ 吉田豪 卒業の思い出を語る『卒業制作で校長の暴露本を作成』”. miyearnZZ Labo (2014年2月20日). 2014年12月26日閲覧。
  13. ^ 吉田による2011年5月6日のツイート2014年12月26日閲覧。
  14. ^ 『CROSS BEAT 2010年7月号』(シンコーミュージック)「豪ingアンダーグラウンド」p.164
  15. ^ 吉田による2012年10月10日のツイート2017年3月16日閲覧。
  16. ^ 吉田による2010年4月9日のツイート2015年7月2日閲覧。
  17. ^ a b c 『KAMINOGE vol.2』p.144-p.159 「吉田豪VS山口日昇」
  18. ^ a b 吉田豪「『紙のプロレス』の我が闘争!!」『取材拒否!―リングの外にも、これだけの修羅場があった! 』桃園書房、2005年
  19. ^ 祝!『Jさん豪さんの世相を斬る!』書籍化記念インタビュー!”. Rooftop (2014年11月1日). 2015年11月8日閲覧。
  20. ^ 吉田による2014年10月21日のツイート2015年11月8日閲覧。
  21. ^ 吉田による2017年1月11日のツイート2017年1月24日閲覧。
  22. ^ 吉田豪が〈PENGUIN DISC〉を立ち上げた南波一海に訊く、音楽ライターがいまアイドル・レーベルを始める理由”. Mikiki (2016年10月3日). 2016年10月6日閲覧。
  23. ^ 『聞き出す力』(日本文芸社)p.200
  24. ^ ■第39回『豪さんのポッド』”. 豪さんのポッド (2007年2月25日). 2015年11月14日閲覧。
  25. ^ 『聞き出す力』p.106-107
  26. ^ a b 2012年12月31日放送『情熱大陸』”. TVでた蔵 (2012年12月31日). 2014年12月26日閲覧。
  27. ^ 吉田豪持参、自著のポエムにさんま大慌て”. お笑いナタリー. ナターシャ (2013年5月10日). 2015年6月6日閲覧。
  28. ^ 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風) 第二回ゲスト:掟ポルシェ”. Rooftop (2010年1月1日). 2016年11月22日閲覧。
  29. ^ 『人間コク宝』(コアマガジン)まえがき(2-6ページ)
  30. ^ 『電池以下』(アスペクト)- 「角川春樹」の章
  31. ^ 『人間コク宝』(コアマガジン)159-178ページ
  32. ^ 『豪さんのポッド』(白夜書房)139ページ
  33. ^ a b 復刊した『CONTINUE』編集長「『ポプテピピック』は『あらびき団』に近いもの感じた」”. BuzzFeed NEWS (2018年2月17日). 2018年2月25日閲覧。
  34. ^ 『聞き出す力』p140
  35. ^ 吉田による2015年6月16日のツイート2015年6月17日閲覧。
  36. ^ 『男気万字固め』(幻冬舎文庫)あとがき
  37. ^ モノづくりスピリッツ発見マガジン『第7回 静かな電動自転車ブーム到来!?』”. パナソニック (2007年11月29日). 2014年12月26日閲覧。
  38. ^ 吉田による2012年7月11日のツイート2015年4月4日閲覧。
  39. ^ 『豪さんのポッド』(白夜書房)144ページ
  40. ^ PeTA「Meet the Sexiest Vegetarian Celebrity Winners!」”. PeTA公式サイト. 2015年8月11日閲覧。
  41. ^ 吉田による2013年10月2日のツイート2015年7月3日閲覧。
  42. ^ 吉田による2014年3月6日のツイート2015年7月3日閲覧。
  43. ^ でんぱ組.inc「W.W.D / 冬へと走りだすお!」インタビュー(5/8)”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2015年2月16日閲覧。
  44. ^ TBS「オールスター感謝祭」になぜか出演してきましたよ!『ほぼ日刊 吉田豪』連載132”. 東京ブレイキングニュース (2014年3月31日). 2015年2月6日閲覧。
  45. ^ a b 炎上請負人ことプロインタビュアー吉田豪に聞く「芸能人とSNSの使い方」”. KAI-YOU (2017年9月27日). 2017年9月28日閲覧。
  46. ^ 百田尚樹のたかじん本騒動をリツイートしていたら...『ほぼ日刊 吉田豪』連載173”. 東京ブレイキングニュース (2014年11月24日). 2015年2月19日閲覧。
  47. ^ 百田尚樹氏のTwitter観「フォロワー15万人で自由に書けん」”. NEWS ポストセブン. 小学館 (2016年1月4日). 2016年3月23日閲覧。
  48. ^ ““はあちゅう”こと伊藤春香さん 「岡田斗司夫さんに抱かれたのか? とツイートが来るが、庭のダンゴムシくらいどうでもいい」”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2015年2月17日). http://getnews.jp/archives/822207 2015年1月19日閲覧。 
  49. ^ 吉田豪氏 本人が選ぶ“吉田豪炎上ランキング2017”は『ラストアイドル騒動』が1位に。本人が「超恐ろしい」と語る後日談も掲載”. ニコニコニュースORIGINAL (2017年12月28日). 2018年3月1日閲覧。
  50. ^ 「ラストアイドル」ファミリー25名全員参加のデビューイベントが大盛況”. ドワンゴジェイピーnews (2017年12月20日). 2018年3月1日閲覧。
  51. ^ ラストアイドル、バレンタインに初コンサート 2ndシングルは4・18発売決定”. ORICON NEWS (2018年2月14日). 2018年3月1日閲覧。
  52. ^ 吉田による2012年12月12日のツイート2015年3月20日閲覧。
  53. ^ 『AERA 2014年7月14日号』
  54. ^ 吉田のmixi日記、2005年8月14日
  55. ^ 水道橋博士の本と誠 第4回 吉田豪「男気万字固め」
  56. ^ NMB48木下百花が「噂のデート」真相を告白”. ドワンゴジェーピーニュース (2016年6月4日). 2017年2月18日閲覧。
  57. ^ 吉田による2016年6月14日のツイート2017年2月18日閲覧。
  58. ^ 『聞き出す力』(日本文芸社)P.196
  59. ^ 豪さんのポッド33回。『聞き出す力』p.193にも掲載。
  60. ^ ハーレム男「催眠術師になりたい」所持”. 日刊スポーツ. 2014年12月2日閲覧。
  61. ^ 『聞き出す力』134-135ページ
  62. ^ 『人間コク宝』(コアマガジン)251-276ページ「内田裕也」の章
  63. ^ TV Bros. 2010年9月18日号掲載「玉置浩二の激白」
  64. ^ 【エンタがビタミン♪】赤江アナ&吉田豪が語る。沢尻エリカの“「別に」騒動”と涙のインタビューの全真相。”. Techinsight (2013年2月21日). 2014年12月26日閲覧。
  65. ^ 脅迫なう...某空手ライターから脅しの電話:その1『ほぼ日刊 吉田豪』連載159”. 東京BREAKING NEWS. 2014年12月7日閲覧。
  66. ^ 作家 小島一志氏からの留守番電話へのメッセージ”. Throatdeep. 2014年12月7日閲覧。
  67. ^ 吉田豪 「書評の星座」. 『ゴング格闘技』2014年4月号
  68. ^ 某空手ライターが...その後の脅迫なう:エピソード2『ほぼ日刊 吉田豪』連載166”. 東京BREAKING NEWS. 2014年12月7日閲覧。
  69. ^ a b 吉田豪 「書評の星座」. 『ゴング格闘技』2012年7月号・8月号
  70. ^ 2016年春場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(1)たけしさんからの恫喝は奇跡体験”. アサ芸プラス (2016年5月7日). 2017年11月22日閲覧。
  71. ^ ビートたけしが吉田豪氏に宛てたA4判3枚にわたる謝罪文の全貌が明らかに!”. アサ芸プラス (2016年3月31日). 2016年5月13日閲覧。
  72. ^ 初めて芸能界に疲れたときは…明石家さんま、3年ぶりCMで“ホンマの話”(2/4ページ)”. SANSPO.COM (2017年8月28日). 2017年12月11日閲覧。
  73. ^ PICK UP 地上波のスターがテレビで見せない姿を捉えた NETFLIX「人間、明石家さんま。」”. ブレーンデジタル版. 2017年12月11日閲覧。
  74. ^ 吉田光雄の2017年8月28日のツイート2017年12月11日閲覧。
  75. ^ 今夜、釈明しますm(_ _)m #1 慰謝料1億円&8股疑惑を釈明&追及SP”. AbemaTV (2017年4月30日). 2017年5月4日閲覧。
  76. ^ ASKAがAbemaTVで真相語る。地上波になかった「逆指名インタビュー」”. AV Watch (2017年10月26日). 2017年11月12日閲覧。
  77. ^ 吉田豪×南波一海 アイドル伝説vol.3 〜If The Idol Are United〜”. Peatix. 2015年11月13日閲覧。
  78. ^ 吉田 豪の雑談天国(ニューエストモデル風) > 第一回ゲスト:志磨遼平(ドレスコーズ)[前編]”. Rooftop (2015年5月1日). 2015年11月13日閲覧。
  79. ^ 「いじっぱりマーメイド」2/14ミニアルバム発売タイトルソング!. WasaMagical.. (2016年12月23日). https://www.youtube.com/watch?v=LoeAPizYqeU 2017年3月16日閲覧。 

外部リンク[編集]