博士の異常な鼎談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
博士の異常な鼎談
Dr.Strangetalk
ジャンル 時事対談番組
放送時間 毎週木曜23:30 - 24:00(30分)
放送期間 2009年4月2日 - 2010年3月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TOKYO MX
テレビ神奈川
演出 飯島冬貴
世良田佳男
板垣忠彦
プロデューサー 杉山剛
佐野弘明
小西寛
出演者 水道橋博士浅草キッド
宮崎哲弥
テンプレートを表示

博士の異常な鼎談(はかせのいじょうなていだん)は、2009年4月2日から2010年3月25日まで放送されていた時事対談番組。サブタイトルは『Dr.Strangetalk』。

ソニー・ミュージックエンタテインメントが、2009年4月より東京メトロポリタンテレビジョン及びテレビ神奈川でスタートさせたプロジェクト「E!TV」のうちの一番組である。

概要[編集]

2008年12月末までインターネット映像配信サイト・ミランカで配信されていた、『博士も知らないニッポンのウラ』を前身とする対談番組。通常の地上波テレビでは取り扱えない「際どい」内容を扱う。番組のスタイルや出演者、スタッフも殆ど前身の『ニッポンのウラ』を踏襲している。

サブタイトルの『Dr.Strangetalk』は、当番組タイトルの元となった映画『博士の異常な愛情』の原題「Dr.Strangelove」に因んだもの。

出演者[編集]

放送リスト[編集]

テーマ ゲスト 放送日
001 徹底抗戦!ライブドア事件 堀江貴文(元ライブドア社長) 2009年4月2日
002 2009年4月9日
003 元裁判官が明かす裁判のウラ 井上薫(元横浜地裁裁判官 2009年4月16日
004 2009年4月23日
005 オバマ政権100日 どうなる? アメリカ 町山智浩映画評論家 2009年4月30日
006 2009年5月7日
007 小沢一郎の真実 松田賢弥ジャーナリスト 2009年5月14日
008 2009年5月21日
009 政界再編で実現! 脱・官僚国家 渡辺喜美政治家 2009年5月28日
010 2009年6月4日
011 この人のインタビューが今アツい! 吉田豪(プロインタビュアー) 2009年6月11日
012 この人の本が今アツい! 2009年6月18日
013 デーブ・スペクターの真実 デーブ・スペクター(TVプロデューサー) 2009年6月25日
014 日米テレビ文化論 2009年7月2日
015 マイケル・ジャクソン=小沢一郎 同一人物説
共感覚を持つ天才中野裕太・天才討論会
西寺郷太(ミュージシャン)
中野裕太俳優モデル
2009年7月9日
016 2009年7月16日
017 2009年7月23日
018 大川豊の突撃レポート傑作選
「金正日の料理人」秘録
大川豊大川興業総裁)
藤本健二(自称・元金正日専属料理人)
2009年7月30日
019 2009年8月6日
020 2009年8月13日
021 ネットはテレビを殺すのか? 土屋敏男(TVプロデューサー) 2009年8月20日
022 テレビと動画配信の未来 2009年8月27日
023 福岡伸一特別講義「生命とは何か」 福岡伸一分子生物学者 2009年9月3日
024 2009年9月10日
025 政権交代で日本は変われるか 有馬晴海政治評論家 2009年9月17日
026 2009年9月24日
027 大丈夫か!?鳩山内閣の外交安保 青山繁晴独立総合研究所代表取締役社長) 2009年10月1日
028 2009年10月8日
029 「テレビは見てはいけない」最新の洗脳 苫米地英人脳機能学者 2009年10月15日
030 Googleを買収するのは私「キーホールTV」の未来 2009年10月22日
031 元管理人が語る2ちゃんねるのウラ 西村博之(元2ちゃんねる管理人) 2009年10月29日
032 2009年11月5日
033 新型インフルエンザの真実 外岡立人(医学博士、元小樽市保健所長) 2009年11月12日
034 2009年11月19日
035 スプーン曲げ」エスパー清田くんの真実[1] 清田益章(脱・超能力者[2] 2009年11月26日
036 2009年12月3日
037 総選挙「東国原劇場」の舞台裏 東国原英夫宮崎県知事 2009年12月10日
038 「そのまんま東」から「宮崎県知事」までの歩み 2009年12月17日
039 政治家 東国原英夫の「日本列島改造論」 2009年12月24日
040 脳機能学者苫米地英人名言集[3] 苫米地英人脳機能学者 2009年12月31日
041 宇多丸の半生から見るサブカル40年史
ライムスター宇多丸流 映画のウラ
宇多丸ミュージシャンDJ 2010年1月7日
042 2010年1月14日
043 2010年1月21日
044 地球温暖化問題の真実 武田邦彦中部大学教授) 2010年1月28日
045 2010年2月4日
046 Twitterが世界を変える 津田大介メディアジャーナリスト) 2010年2月11日
047 2010年2月18日
048 政治を裏事情で読み解く
鳩山政権を科学する
高橋洋一(元財務官僚、元内閣参事官 2010年2月25日
049 2010年3月4日
050 2010年3月11日
051 マスメディアに未来はあるか 新聞編
電子書籍リーダーKindleが出版界を変える!?
マスメディアに未来はあるか テレビ編
佐々木俊尚ジャーナリスト 2010年3月18日
052 2010年3月25日

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
東京都 TOKYO MX 独立UHF局 木曜 23時30分 - 24時00分 同時ネット
神奈川県 tvk

※なお、4:3アナログ回線でのネットとなっているため、ネット受けとなる局では画質、音質の差が大きい (原則TOKYO MX発局、不定期にtvkから発局となる)

スタッフ[編集]

  • 構成:松崎まこと、山際良樹
  • 演出・ディレクター:飯島冬貴、世良田佳男、板垣忠彦
  • プロデューサー:杉山剛、佐野弘明、小西寛
  • 制作協力:K-max
  • 制作・著作:Sony Music

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第35回と第36回(清田益章の回)は宮崎哲弥のかわりに吉田豪がホストを担当した。吉田豪は第11回・第12回にゲストとして出演しているほか、前身番組『博士も知らないニッポンのウラ』の第37回(2008年10月15日)でもゲストとして出演している。
  2. ^ 放送冒頭での紹介・テロップに拠る。「脱・超能力者」というのは清田の自称で、社会的にはイベント企画会社の代表。
  3. ^ 苫米地英人出演回の総集編。前身番組『博士も知らないニッポンのウラ』時代の収録分を含む以下の回のダイジェスト。
    • 2008年6月収録の『ニッポンのウラ』第30回「洗脳のウラ」
    • 2008年9月収録の『ニッポンのウラ』第36回「スピリチュアルのウラ」
    • 2009年10月収録の『異常な鼎談』第29回-第30回「テレビは見てはいけない 最新の洗脳術」「Googleを買収するのは私 キーホールTVの未来」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TOKYO MX 木曜 23:30 - 24:00
前番組 番組名 次番組
テレビショッピング枠
博士の異常な鼎談
内村さまぁ〜ず
【木曜23時台前半より移動】
TOKYO MX E!TV 木曜日 第2部
前番組 番組名 次番組
(枠設立前につきなし)
博士の異常な鼎談
かんなぎ
【再放送、この番組から
30分繰下げの24:00-24:30】