有馬晴海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有馬 晴海
生誕 (1958-04-02) 1958年4月2日(61歳)
日本の旗 日本 鹿児島県川辺郡坊津町
教育 立教大学経済学部
職業 政治評論家コメンテーター
代表経歴 リクルート社員

有馬 晴海(ありま はるみ、1958年4月2日 - )は日本政治評論家コメンテーター

経歴[編集]

1958年、鹿児島県川辺郡坊津町出身[1]立教大学経済学部卒業リクルート社に入社。当時優秀社員ベスト10人内の1人に入る成績を収めた[2]唯一の男性社員だった。1985年、リクルートを退職し、国会議員秘書へ転身。1996年に政治評論家として独立。 現在はテレビラジオ出演や、新聞雑誌での政治評論や講演活動を続ける一方、研究会「隗始塾」[3]を主催している。また、ポスト小泉レースにおいて用いられた麻垣康三という造語を発案した。

出演[編集]

テレビ[編集]

準レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

ラジオ[編集]

著作[編集]

  • 『議員秘書の打ち明け話―金に、選挙に、陳情に…元議員秘書が明かす政治の裏』 - コスモ出版1995年
  • 『政治家の禊―有馬晴海の選挙リポート』 - 近代文芸社2000年
  • 『永田町Newパワーランキング100』 - 薫風社2006年

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]