掟ポルシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おきてポルシェ
掟ポルシェ
生年月日 (1968-05-03) 1968年5月3日(48歳)
出生地 日本の旗日本北海道留萌市

掟ポルシェ(おきてポルシェ、1968年5月3日 - )は、ニュー・ウェイヴ・バンド「ロマンポルシェ。」のボーカル、楽器、及び説教担当。

来歴[編集]

北海道留萌市生まれ。北海道留萌高等学校を卒業後、上京し立正大学卒業。ライターとして活動。『紙のプロレス』『BUBKA』『TV Bros.』などの雑誌に連載を持っている。DJ集団・申し訳ナイタズの一員として、ギュウゾウ電撃ネットワーク)、宇多丸ライムスター)らと全国を回りプレイ。さらに役者・声優としても活動中。今の芸風になったのは30歳代からで、それまでは宍戸留美のおっかけをやっていた。女子プロレスには多額の金を注ぎ込み、そのせいでサラ金から多額の借金を背負った事もあった。長髪で目にはラメのメイク、上下白の学ランもしくはスーツ(夏季は褌一丁の場合も)がトレードマーク。

2006年の夏から犬(キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのオス)を飼い始めてからは、犬を溺愛する日々で、アイドル熱は収まりつつあるらしい。また、2012年からは「掟ポルシェ with ニコル(愛犬)」名義でのライブ活動(ジャンル的にはJUKE/FOOT WORK)も行っている。

テレビ番組『くるくるドカン〜新しい波を探して〜』では、「男は橋を使わない!」と宣言し、東海道五十三次を徒歩移動してその間にある川をすべて泳ぐという意味不明な「男気」を示した。ただし、後に同番組のドッキリ企画において、実際には全部の川を泳いで渡っていないことが判明する。ロマンポルシェ。の3rdシングル「男は橋を使わない」に収録されている表題作は、この企画についてをテーマにした楽曲であり(ただしタイアップという訳ではなく勝手に使用しただけ)、掟は自身のブログで「ベタすぎて自家中毒で嘔吐が止まらなさそうなタイトル」と語っている。

以前、ロマンポルシェ。のステージでは模造刀を振り回すパフォーマンスを行っていた。ツアーでたまたまロマンポルシェ。と氣志團が同じホテルに宿泊した際、綾小路翔がロビーに模造刀を入れたゴルフバッグを抱えた掟ポルシェを見て驚愕した。

2004年に行われたイベント「(有)申し訳ナイト」で、客席を煽りつつ「今から登場するオマンコはそんじょそこらのオマンコとは違う!」とゲストのインリン・オブ・ジョイトイを紹介したところ、インリンは「明らかなセクシャルハラスメントであり女性に対する侮辱」であるとして激怒。掟は楽屋でインリンに「私のようなアーティストを、貴方のような芸人風情に、このような下品な言葉で紹介されるのは心外!」と怒鳴られる結果となる。後日、掟がインリンの公式サイト掲示板に謝罪文を書くことで騒動は収束したが(現在は削除済み)、今でも両者の仲は険悪であるらしく、ロマンポルシェ。自身のライブMCで時折ネタとして使われるほか、両者が共に連載を持っていた『TV Bros.』の記事中で意味深に書かれたりしている。

2010年正月、住んでいる行政地区の広報の表紙を一家で飾った。

2012年6月に『TV Bros.』記事のため、カーカスのギタリスト、ビル・スティアーにインタビューをした[1]

2014年、ひとり打ち込みデスメタルソロプロジェクト「ド・ロドロシテル」名義でのライブ活動を開始。

2015年3月、アメリカテキサス州オースティン市で行われたSXSWにDJとして出演。

2017年現在、妻の実家がある福岡に引っ越し、福岡と東京を行き来する生活を送っている[2]。妻の実家の書店(「書斎りーぶる」菊竹金文堂福岡天神店)では掟自身がホストを務めるトークイベントも行われている[2]。ちなみに、掟の妻と藤井フミヤの妻はいとこ同士にあたる[3]

ロマンポルシェの活動を開始する以前に、「アストロ球団」(後にアストロ・ディスコ・キングに改名)というボアダムスの影響下にある音楽性を持ったバンドでボーカル・ギターを担当していた。アストロ球団のメンバーは、鬼塚こうすけ(ギター、後にSWEET&HONYに参加)、鬼塚たけし(inst)、山路賢(ドラムス)、藤原安江(ベース)、鳥海雄希(inst、デビューライブで1回だけ担当、エロ漫画家)。アストロ球団には、中原昌也もある一時期参加する話もあった。また、bloodthirsty butchersの吉村秀樹とは高校時代からの知り合いであった。

趣味[編集]

アイドル[編集]

長年にわたる熱狂的なアイドルファンであり、ロマンポルシェ。も当初は宍戸留美応援ユニットであった。

長年のハロー!プロジェクトのファン、特にBerryz工房菅谷梨沙子のファンである。

Perfumeをインディーズ時代から評価するなどアイドルオタクでもある。Perfumeについては、ブレイク前に自身の結婚式に招きライブを行い、2010年11月3日に東京ドームにて行われたライブにも駆けつけている。Perfumeを黎明期から下支えした。

2008年末頃から、バニラビーンズを対バンやリミックス、イベントの司会などを通して推薦している。『TOKYO IDOL FESTIVAL』(TIF)では、第1回の2010年から2013年まで、男性ながら4年連続出演者としてクレジットされており、1日目夜の「IDOL CLUB NIGHT」でのDJや、バニラビーンズとのユニット「掟ビーンズ」は恒例であった。

2014年以降は、富士山ご当地アイドル3776を応援している。2016年3月26日放送のゴッドタンで「とにかく曲がいい」アイドルとして3776を紹介した。


主な出演[編集]

バラエティ番組[編集]

音楽番組[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • 「誘拐の掟」x 掟ポルシェ 劇場マナーCM(2015年)[4]

著書[編集]

  • 『男道コーチ屋稼業』マガジン・ファイブ、2004年7月、ISBN 4-434-04681-0
  • 『説教番長・どなりつけハンター』文藝春秋、2002年2月、ISBN 4-16-358010-7

関連書籍等[編集]

漫画原作[編集]

雑誌連載[編集]

作品[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]